基礎知識

ドスパラでおすすめのカスタマイズ&追加オプション

ドスパラのおすすめカスタマイズ

ドスパラのゲーミングPC「ガレリア」は、予算や用途に合わせて細かくカスタマイズできる点が大きな魅力です。

しかしながらカスタマイズの選択肢が多すぎて、ある程度パソコンの知識がある方でないとわかりづらいのも事実。

そこでこのページでは、おすすめのカスタマイズや追加オプションについて、パソコンが苦手な方にもわかりやすいように詳しく解説しています。

ガレリアの購入を検討中の方は、ぜひご覧ください。

重要度の高いカスタマイズ

GALLERIA ZZ

ここでは記事執筆時点で人気ランキング1位のGALLERIA XFをベースに、オプション内容について解説します。

まずは数あるカスタマイズの中で、とくに重要度の高い項目をピックアップしました。

カスタマイズできる項目はモデルや時期によって変わることがあります。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

メモリ

メモリのカスタム

今どきの最新ゲームを快適に動かしたいなら、メモリは16GBがひとつの基準。

8GBでも動かすことはできますが、重いゲームはフレームレートが低下したり、ゲーム実況をスムーズに配信できないなどデメリットが目立ちます。

がっつり動画編集もしたいならメモリは32GB欲しいですが、ゲームだけなら32GBは過剰。

メモリ64GBはもはやロマンの世界なので、明確な用途がない限り選ぶ必要はありません。

ストレージ

メモリと同じくらい重要なのがストレージ。

ガレリアのミドルクラス以上はSSDとHDDのデュアルストレージになっていることが多いです。

GALLERIA XFの標準仕様であるNVMe SSD 512GBとHDD 2TBの構成は、とても理想的といえます。

ストレージのカスタム

ひとつの目安としてSSDは500GB以上、HDDが1TB以上の構成なら、すぐにストレージがいっぱいになることはないでしょう。

絶対にやってはいけないのは、予算を抑えるためにSSDを削ってHDDのみにすること。

ストレージがHDDだけだと、パソコンの起動やゲームの読み込みが劇的に遅くなるので、大きなストレスを味わいます。

各ストレージの転送速度がどれくらいちがうかは、以下のグラフをご覧ください。

ストレージの転送速度
NVMe M.2 SSD
(Gen4)
5,000
NVMe M.2 SSD
3,000
SSD(SATA)
550
HDD
120

NVMe M.2 SSD(Gen4)は今のところ限られた環境下でしか使えないため、参考程度にお考え下さい。

予算に余裕があるならNVMe SSDのみの贅沢構成、コスパを重視するならSSDとHDDのデュアル構成がおすすめです。

パソコン下取りサービス

下取りオプション

パーツのカスタマイズではありませんが、古いパソコンが自宅に眠っているなら下取りサービスをぜひ利用しましょう。

パソコンは粗大ごみとして捨てられないため、処分はとても面倒くさいです。

その点、下取りに出してしまえば無料で不用品を処分できて、しかもパソコンが1,000円値引きされます。

心当たりがある方は、注文時に忘れずにチェックしてください。

予算内ならおすすめのオプション

空冷CPUクーラー

メモリやストレージほど重要度は高くないものの、予算に余裕があるなら検討したいカスタマイズについてご紹介します。

オプションを追加していくほど金額も上がっていくので、見積画面でポチポチしながら最終的な着地点を探ってみてください。

CPU

CPUのカスタムCPUは値段が高いほど性能も上がります。

とはいえ同じCore i7-9700であれば、FからKに変えたところで劇的な変化は実感しづらいです。

予算に余裕があって、少しでもパソコンの性能を高めたいならアップグレードを考えましょう。

CPUファン

CPUファンのカスタム

GALLERIA XFはCPUファンのカスタマイズができないようですが、虎徹 MarkⅡに変更できるモデルもあります。

静音パックまんぞくコースでもそれなりに冷えますが、あくまで普通レベルの性能。

筆者個人としては簡易水冷を選べるようになるとうれしいです。

CPUグリス

CPUグリスの選択

CPUグリスは最上位でも1,900円(税別)と手ごろで、ゲーム中のCPU温度を数度は下げられるのでコスパ抜群です。

ゲーミングPCに搭載されるCore i7やCore i9はがっつり発熱するので、パソコンを少しでも長く大切に使いたいなら、グリスをアップグレードしておきましょう。

電源

ストレージのカスタム

予算に多少余裕があるなら、電源のアップグレードもおすすめ。

標準仕様だと80PLUS認証で下から2番目のBRONZEグレードを搭載。

各グレードの電気変換効率を表にまとめると以下の通り。

80PLUS 変換効率のちがい
負荷率20%50%100%
STANDARD80%80%80%
BRONZE82%85%82%
SILVER85%88%85%
GOLD87%90%87%
PLATINUM90%92%89%
TITANIUM92%94%90%

電源はパソコンの心臓にあたるパーツで、万が一電源にトラブルが起きるとマザーボードやCPUなど、ほかのパーツにまで被害が及ぶことも。

グレードの高い電源ほど発熱を防げて、パソコンの故障率を下げられるので、できれば80PLUS GOLD以上にカスタマイズしたいところ。

80PLUSについて詳しく知りたい方は、以下のサイトがとても参考になります。

追加ケースファン

とことん冷却性能をアップしたいなら、トップやサイドにケースファンを追加しましょう。

ファンのサイズが大きいほど冷えやすいです。

ガレリアのケースは冷却効率が高く、標準仕様でも十分冷えるので優先度は低め。

無線LAN

無線LANの追加

ガレリアのデスクトップモデルは有線でインターネットにつなげる想定で作られているため、無線でインターネットにつなげたいなら無線LANの追加オプションが必要です。

ただし、無線LANのアダプターは5,980円(税別)と高額。

USBで接続するタイプの無線LANアダプターなら2,000円前後で買えるので、Amazonなどで買ったほうが出費を抑えられます。

ガレリアのゲーミングノートは無線でつなげられます。

キーボードとマウス

デバイスの選択

ゲーム用のキーボードとマウスを持っていないなら、標準キーボードと標準マウスを追加してもいいでしょう。

標準キーボード
標準キーボード
標準マウス
標準マウス

1,980円で買えるデバイスとしては悪くない性能です。

とはいえ有名メーカーのゲーミングマウスやキーボードと比べると、大きな差があるのも事実。

すぐに新しいものが欲しくなる可能性は高いので、積極的におすすめはしません。

有名メーカーも選択可

外部メーカーのデバイス

LogicoolやRazerなど、有名メーカーのマウスやキーボードも追加オプションで選べます。

パソコンと一緒に届くのは便利ですが、選択肢が少なく、Amazonと比べて大幅に安いわけでもありません。

キーボードやマウスはゲームの操作に直結するので、自分に合うものをじっくり比較検討して選ぶべきです。

デバイス選びで迷ったときは、以下の記事もあわせてご覧ください。

光学ドライブ

光学ドライブの追加

標準仕様のガレリアには光学ドライブが搭載されていません。

DVDにデータを保存したい方やBlue-rayで映画やアニメを見たい方は、光学ドライブを追加しましょう。

使用頻度があまり高くないなら、外付けの光学ドライブをつなげてもよさそうです。

5インチオープンベイ

5インチオープンベイの追加

選ぶ人は少ないと思いますが、5インチオープンベイには小物入れも追加できます。

パソコンの空きスペースを有効活用したいなら、検討してみてください。

心配なら追加したいオプション

ストレージケース

ガレリアの追加オプションはパーツのカスタマイズだけではなく、セキュリティソフトや出張セットアップなどのサービスも選べます。

パソコンに苦手意識がある方、はじめてパソコンを買う方で予算に余裕があれば検討してみてはいかがでしょうか。

ガレリアの故障や初期不良が心配な方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

ドスパラは壊れやすくて初期不良が多い
ドスパラは壊れやすくて初期不良が多いと言われる理由「ドスパラのゲーミングPCは壊れやすい!」 というネット上の口コミを見つけて心配になる方は少なくありません。 ゲーミングPC...

セキュリティ対策

セキュリティ対策

ガレリアには有名セキュリティソフトのノートン(30日版)が最初からインストールされています。

ノートン1年分の通常価格は4,280円なので、1,000円(税別)で追加できるのはかなりお得。

ウィルスバスターやマカフィーなど、ほかのウィルス対策ソフトをすでに利用しているなら不要ですが、何も持っていないならおすすめです。

延長保証

延長保証

ガレリアは1週間の初期不良対応期間と1年間の標準保証が付きます。

故障やトラブルが心配な方には延長保証をおすすめしますが、価格は少々高め。

筆者個人としては、ドスパラのモバイル会員に登録して初期不良対応期間を30日に延長するだけで十分かと思います。

セーフティサービス

セーフティサービス

セーフティーサービスとは過失による故障でも修理代金が無料になるサービス。

手厚いサービスではありますが、月額680円(税別)は高いと感じます。

丁寧に扱えばパソコンは簡単に壊れませんので、積極的にはおすすめしません。

セーフティーサービスについて詳しく知りたい方は公式サイトをご覧ください。

おすすめしないカスタマイズ

GALLERIA ZZ

最後におすすめしないカスタマイズについてもご紹介します。

あくまで筆者個人の意見ですので、必要性を感じているなら追加してください。

OS

OSの選択

モデルによってはWindows10 Proを選べますが、ゲーム用途がメインならProは必要ありません。

office

officeの追加

「ガレリアを仕事でも使いたい!」という方はOfficeを追加しましょう。

ただし、WordとExcelが使えるOffice Personalでも20,000円(税別)と高額。

使用頻度があまり高くないなら、無料で使えるGoogleのドキュメントやスプレッドシートで代用するのもひとつです。

ケース

ケースのカスタム

GALLERIA XFはATX規格のKTケース以外選べません。

ほかのメーカーのケースを選べるモデルもありますが、専用ケースで問題ないでしょう。

GALLERIA XT
GALLERIA XT

DellのALIENWAREやHPのOMENと比べると高級感やスタイリッシュさには欠けますが、必要十分な機能が備わっています。

サイドパネル

サイドパネルの変更

サイドパネルをアクリルパネルに変更できるモデルもありますが、筆者はおすすめしません。

ガレリアは裏配線ではなく、光るパーツも非搭載。

アクリルパネルで中身を見せたところで、一切映えません。

ケース内部

メンテナンス性は高いものの、デザイン性や見た目のカッコよさという点ではほかのメーカーに劣ります。

パーティション分割

パーティション分割の選択

パーティション分割とは、ひとつのストレージを2つに分割する作業のこと。

リカバリーの際に役立ったり、パソコンのパフォーマンスアップにつながることもありますが重要度は低め。

今はSSDとHDDのデュアル構成が一般的なので、パーティションを分割する必要がありません。

大容量HDD1台だけで運用するような場合はオプションに加えても良いですが、無料で使えるパーティション分割ソフトもあるので、やはりおすすめしづらいです。

オンラインバックアップサービス

オンラインバックアップサービス

オンラインストレージでバックアップができるのは便利ですが、月額900円(税別)は高いです。

データの容量次第ではあるものの、有名オンラインストレージの無料プランで十分まかなえることも多いです。

オンラインストレージに年間11,880円かけるなら、Amazonのプライム会員になったほうが断然お得。

写真データなら無制限、その他のデータも5GBまで保存できて、プライムビデオなどほかのサービスも使えます。

もしくは外付けのストレージを買ったほうが、ランニングコストを抑えられます。

データ復旧安心サービス

データ復旧安心サービス

データ復旧安心サービスも、こまめにバックアップしていれば必要ありません。

消えてしまうと困るデータは、2重、3重にバックアップするのが基本です。

初期設定代行サービス

初期設定代行サービス

今どきのパソコンは初期設定がとても簡単です。

SteamやOriginなどのゲームクライアントソフトも、画面に従ってポチポチすればほんの数分で終了。

Windowsの復元用メモリも、1,000円程度で買えるUSBメモリがあれば簡単に作れます。

わざわざ数千円も払う必要はないでしょう。

出張サービス

出張サービス

学業や仕事などであまりに忙しく、予算にたっぷり余裕があるなら、諸々の初期設定をすべてお任せできる出張サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

パソコンの設置からインターネットの接続まで、プロに丸投げできます。

用途に合ったカスタマイズを

GALLERIA ZZ

ゲーミングPCのカスタマイズは、用途に合わせて考えることが大切です。

「ApexLegendsができればそれでいい!」

という方であればストレージは最小限の構成でよいでしょう。

動画編集もしたいならメモリを32GBまで増やしてもいいですし、動画素材を保存するためにHDDをたっぷり仕様に変えてもいいと思います。

ゲーミングPCでやりたいことを明確にすれば、必要なオプションも定まっていきますよ。

ドスパラは見積もり内容を一時保存できるので、じっくり吟味してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。