基礎知識

HPのOMENは要注意?排熱や低めの電源容量は実用上問題なし

OMENの排熱や電源容量は大丈夫?

日本HPが販売するゲーミングPC、OMEN。

洗練されたデザインで非常に人気の高いモデルですが、ネガティブな口コミや投稿が散見されるのも事実。

当サイトでは45Lと40Lの実機をメーカーからお借りして、たびたび指摘されるポイントが真実なのか実際に検証しました。

OMENが気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

OMEN購入時に気になるポイント

LEDライティング

OMENについて、Youtubeのコメントで度々質問をもらうポイントは以下の通り。

OMENの注意点
  1. ケースの排熱が心配
  2. 電源の容量が最低限
  3. 価格や納期が不安定

それぞれ順にご説明します。

ゲーム用途なら排熱は心配無用

すでに販売を終了していますが、以前販売していたOMENの25Lや30Lは、度々排熱が問題視されていました。(当サイトでは未レビュー)

40Lや45Lについては実機をお借りして検証したところ、ゲームを動かす程度なら排熱を気にしすぎる必要はありません。

ケース内部

45Lは最上位モデルかつ、ラジエーターをケースの外部に設置する特殊なケースを採用していることもあり、冷却性能は申し分なし。

40Lもゲームを動かす程度ならまったく問題ないものの、CINEBENCHなどでCPUに高い負荷をかけると、温度が上がりやすいように感じました。

水冷CPUクーラー

120mmラジエーターでフルパワーのCore i7-12700Kを冷やしきるのは、さすがに限界があると思われます。

とはいえ実用上、CPU使用率が100%になるまで負荷をかけることは滅多にありません。

CINEBENCHのスコアで世界記録を目指したい方には大きな問題となりえますが、そもそもそんな方はBTOでPCを買おうとすることが間違いです。

現在発売されているOMENには、ゲーミングPCとしての十分な冷却性能が備わっている、と考えて問題ありません。

現在販売中の25Lは未検証ですが、ゲーム用途であれば問題はないと思われます。

ソフトウェアでモードチェンジ

OMEN Gaming Hub

OMENには専用ソフトウェア「OMEN Gaming Hub」がプリインストールされています。

PCのパフォーマンスやファンの回転を簡単に調整できる、とても便利なソフトウェアです。

パフォーマンスモード

パフォーマンスモードはゲームのフレームレートも伸びやすくなりますが、ファンがフル回転してうるさくなるのがデメリット。

静音モードに変えてもフレームレートが激減するわけではないため、排熱や騒音が気になる方はモードチェンジ機能の活用を推奨します。

ファンの増設や交換も要検討

45Lと比べて排熱がやや弱い40Lですが、ケース天面に120mmファンを2つ増設できそうなスペースが用意されています。

ケースの天面

エアフローを強化したいなら、自身でファンを増設してみても良いでしょう。

メモリとの干渉がやや心配ですが、240mmラジエーターの簡易水冷クーラーに交換するのも選択肢のひとつです。

ケースの裏側にはファンハブも用意されており、マザーボードの端子が足らなくなる心配はありません。

ファンハブ

ただし、パーツ交換が原因でPCにトラブルが発生した場合、メーカー保証を受けられなくなる恐れがあります。

ケースファンの交換や増設はそこまで難しい作業ではありませんが、初心者の方は慎重に判断してください。

ケースファンでどの程度CPUやGPUの温度が変化するかは、以下の動画で詳しく解説しています。

電源容量も致命的な問題は無し

電源

「OMENは電源容量が少ない!」という指摘もよく目にします。

記事執筆時点での各モデルの電源容量は以下の通り。

OMEN 電源容量
45L800W(80PLUS GOLD)
40L800W(80PLUS GOLD)
25L(AMD)600W(80PLUS GOLD)
25L(Intel)500W(80PLUS BRONZE)

この中ではCore i7とRTX 3060を搭載した25L(Intel)の電源容量の低さが目立ちます。

NVIDIAの公式サイトによると、RTX 3060の推奨電源は550W。

国内BTOメーカーも、RTX 3060を搭載したマシンでは600W以上の電源を搭載していることがほとんどです。

25L(Intel)のスペックだと、ゲーム起動中の消費電力は300~350Wとなるため、電源容量が500Wあれば大きな問題はありません。

しかしながら変換効率はやや落ちますし、電源の負荷率が高まることで内蔵ファンがたくさん回転し、騒音の上昇やファンの寿命が短くなるというデメリットもあります。

致命的な問題はないものの、将来的にPCのパーツを交換したり、1日でも長く使うことを考えると、ベストな状態ともいえない、というのが本音です。

Core i9とRTX 3090を搭載した45Lも、電源容量に余裕があるとは言えません。

低容量電源の検証結果

450Wの電源

推奨容量より低い電源でゲームを動かすとどうなるか、実際に450Wの電源を購入して検証しました。

結論としては普通にゲームを動かせて、致命的な問題は何も発生せずでした。

気になる方は以下の動画もあわせてご覧ください。

価格の安さと納期の速さは運次第

OMENの価格は業界相場と比較するとやや高めです。

しかしながら時期による変動が大きく、たとえば2022年の春頃は業界最安に近いレベルまで値下げしていました。

納期も非常に不安定で、タイミングが悪いと注文時のステータスが「納期不明」となっていることも。

納品日不明

記事執筆時点では1週間ほどの納期で届くモデルが多いようですが、こればかりは日々変動するため、公式サイトで最新情報を確認するしかありません。

OMENに限らず、ゲーミングPCの値動きは誰にも読めないため、いつ買うべきかは自分自身で決断してください。

そして購入後は価格変動をチェックしないことが幸せでいるコツです。

クーポンの活用がおすすめ

クーポン適用価格

OMENなどの人気PCが少し安く買える、期間限定クーポンを用意しています。

割引率や対象モデルは時期によって変動する可能性がありますが、HPのPCが気になっている方はぜひご活用ください。

HPの10%割引クーポン
OMENなどの人気PCが最大10%OFFで買える!HPの割引クーポン【2022年11月】日本HPのオンラインストア(HP Directplus)で利用できるクーポン情報をまとめています。 現在利用可能なクーポンは以下の...

セールやキャンペーンを確認

HPのセール

HPでPCを買うなら、週末限定セールをはじめ、期間限定のキャンペーンなども活用すると一層お得です。

一部のモデルが即納(翌日配達)に対応していたり、Amazonギフト券が最大10,000円分もらえるキャンペーンを実施していることも。

キャンペーンの内容や対象モデルは時期によって異なるため、こまめに公式サイトをチェックしてみてください。

OMENの特徴を理解して購入を

グラフィックカード

OMENはとても人気ですが、他社のゲーミングPCと比べて気になる点があるのも事実。

ゲームや動画編集などの用途がメインなら、排熱や電源容量を気にしすぎる必要はありません。

メーカー保証が外れるリスクはあるものの、ある程度スキルがあるなら自身で改造するのも楽しみ方のひとつです。

ゲーミングPCは高い買い物ですから、製品やメーカーの特徴をよく理解したうえで選んでください。

OMENのレビュー記事もあわせてご覧いただくと、より分かりやすいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です