レビュー

GeForce RTX 3060レビュー|価格が落ち着けばコスパ良好なグラボ

GeForce RTX 3060レビュー

PalitのRTX 3060 Dual OC 12GBを購入しました。

このページでは、定番のベンチマークソフトや各種ゲームで検証したRTX 3060の性能について詳しくまとめています。

グラフィックカードの買い替えやRTX 3060を搭載したゲーミングPCの購入を検討している方は、ぜひご覧ください。

Palit RTX 3060 Dual OC 12GB

Palit RTX 3060 Dual OC 12GB

今回購入したRTX 3060はPalitのもの。

RTX 3060 TiはMSIを買ったので今回もMSIで統一しようかと思いましたが、チェックしたときにはすでに売り切れていました。

まずはグラフィックカードのデザインやスペックなど、基本的な情報からお伝えします。

「そんなことよりベンチマークスコアが見たい!」

という方はこちらをご覧ください。

主なスペック

Palit RTX 3060 Dual OC 12GB

まずは主なスペックを表にまとめました。

Palit RTX 3060 Dual OC 12GBのスペック
ビデオメモリ12GB(GDDR6)
コア数3,584
コアクロック1837MHz(ブーストクロック)
メモリバス幅192bit
メモリスピード15 Gbps
占有スロット2
補助電源8ピン ×1
サイズ245×119×40mm

購入価格は配送料と消費税込みで58,000円。

上位モデルのRTX 3060 Tiを58,080円で買った筆者としては、非常にモヤっとする金額。

今はグラボ全体の価格が上がっているので仕方ないとはいえ、このモヤモヤ感は止められません。

GPU-Zの結果は以下の通り。

GPU-Zの結果

ビデオメモリはサムスン製のようです。

もっと詳しいスペックを知りたい方は、Palitの公式サイトをご確認ください。

RTX 2060からRTX 3060 Tiまでの主なスペックを比較すると以下の通り。

主なGPUのスペック比較
RTX3060TiRTX3060RTX2070RTX2060
CUDAコア4864358423041920
クロック1.41~
1.67GHz
1.32~
1.78GHz
1.41~
1.62GHz
1.36~
1.68GHz
メモリタイプGDDR6
メモリ容量8GB12GB8GB6GB
メモリバス幅256bit192bit256bit192bit
TDP200W170W175W160W
推奨電源600W550W550W500W

RTX 2060と比較すると、コア数やビデオメモリが大幅にアップしています。

先にお伝えしておきますが、ビデオメモリが多い=高性能とは言い切れません。

デザイン

前面
背面

Palit RTX 3060 Dual OC 12GBはツインファンで、仕様上の寸法は245×119×40mm。

高級感はありませんが、そこまで安っぽさも感じさせない、全体的に落ち着いたデザインです。

2スロット占有ということもあり、MicroATXやMiniITXなどのマザーボードと合わせて、コンパクトなゲーミングPCを組むことも可能。

シングルファンやトリプルファンなど、各メーカーからさまざまなモデルが販売されているので、用途に合ったものを選んでください。

側面

補助電源は8pin×1。

「GEFORCE RTX」の文字は光ります。

ほかのグラボと比較

RTX 3060 Ti(MSI RTX 3060 Ti VENTUS 2X OC)とGTX 1660 SUPER(Palit GTX1660 SUPER StormX)と大きさを比べてみました。

やはり見た目のカッコよさという点ではMSIに分があるように感じます。

静音性はそこそこ良好で、ゲーム中にファンの回転音が気になることはほとんどありません。

出力端子

出力端子

出力端子は以下の通り。

  • HDMI ×1
  • DisplayPort ×3

最大4画面まで出力可能で、最大解像度は7,680×4,320(8K)に対応しています。

USB Type-Cは非搭載。

RTX 3060のベンチマーク結果

Palit RTX 3060 Dual OC 12GB

ここからは定番ベンチマークソフトをはじめ、各種ゲームでRTX 3060の性能を細かくチェックしていきます。

検証で使用したパソコンのパーツ構成は以下の通り。

CPUやメモリはオーバークロックせず、すべて定格で動かしています。

検証用PCのパーツ構成
ケースFractal Design Define R6
CPUIntel Core i9-9900K
マザーボードMSI MEG Z390 ACE
メモリ64GB(DDR4-2666、16GB×4)
CORSAIR VENGEANCE LPX
電源CORSAIR HX1200i(80PLUS PLATINUM)

Ryzen 9 5950Xなどの最新世代ハイエンドCPUを使えば、全体的にもう少しスコアが伸びると思われます。

CPUなどのパーツ構成を変えて計測した結果も別途まとめているので、あわせてご覧いただくとよりわかりやすいです。

Core i7-11700K
Core i7-11700K

検証結果を見る

Ryzen 5 5600X
Ryzen 5 5600X

検証結果を見る

Core i5-11400F
Core i5-11400F

検証結果を見る

Core i5-10400F
Core i5-10400Fのベンチマーク

検証結果を見る

いずれも筆者のPCで検証した結果です。あくまで参考程度にご覧ください。

3D Mark

3D Mark

まずは超定番、3D Markの各種ベンチマークを試した結果をご紹介します。

Time Spy

Time Spyのスコア比較
RTX 3070
13,227
RTX 3060Ti
11,639
RTX 3060
9,070
RTX 2080
10,603
RTX 2070
9,653
GTX 1660 SUPER
6,407

RTX 2060およびRTX 2060 SUPERは未所持のため手持ちのデータがないのですが、おそらくRTX 2060 SUPERと同程度のスコアと思われます。

Fire Strike

Fire Strikeのスコア比較
RTX 3070
26,029
RTX 3060Ti
24,173
RTX 3060
19,807
RTX 2080
22,875
RTX 2070
21,122
GTX 1660 SUPER
14,726

Fire StrikeもRTX 2070のスコアにあと一歩届かず。

Port Royal

Port Royalのスコア比較
RTX 3070
8,250
RTX 3060Ti
6,912
RTX 3060
5,183
RTX 2080
6,266
RTX 2070
5,360

レイトレーシング性能でもRTX 2070に届きませんでした。

NVIDIAさん、RTX 3060 Tiと差をつけすぎじゃないでしょうか。

定番ベンチマーク

FF15

続いてこちらも定番のFF15とFF14のベンチマークソフトを試しました。

FF15

FF15(4K)
高品質3,976(普通)
標準品質4,698(やや快適)
軽量品質6,488(快適)
FF15(FHD)
高品質9,252(とても快適)
標準品質12,453(非常に快適)
軽量品質15,175(非常に快適)

フルHDなら高品質で「とても快適」をたたき出せますが、4Kでは大幅にダウン。

さすがにグラフィックの重いゲームを4Kでプレイするのはしんどい印象です。

FF15(4K、高品質)の比較
RTX 3070
5,819
RTX 3060Ti
5,353
RTX 3060
3,976
RTX 2080
4,591
RTX 2070
4,074

FF15クラスの重いゲームを4Kでサクサク動かしたいなら、RTX 3080以上を推奨します。

FF15(FHD、高品質)の比較
RTX 3070
12,186
RTX 3060Ti
11,803
RTX 3060
9,252
RTX 2080
10,364
RTX 2070
9,384

FF14

FF14(最高品質)
4K7,355(非常に快適)
フルHD16,960(非常に快適)

FF14のような軽めのゲームなら、4Kでもそれなりに動かせるようです。

FF14(4K、最高品質)の比較
RTX 3070
10,858
RTX 3060Ti
10,006
RTX 3060
7,355
RTX 2080
8,900
RTX 2070
7,590

コストを抑えて4Kで光の戦士になりたいなら、RTX 3060はひとつの選択肢になるかもしれません。

FF14(FHD、最高品質)の比較
RTX 3070
19,846
RTX 3060Ti
19,056
RTX 3060
16,960
RTX 2080
19,071
RTX 2070
18,090

FPS・TPSゲーム

Apex legends

ここからは実際にいくつかのゲームをプレイして、フレームレートの平均値を算出しました。

いずれも各ゲームの最高画質に設定して、フルHD解像度のゲーミングモニター(リフレッシュレート240Hz)を使用。

まったく同じ条件で検証したわけではないので、誤差が含まれるものとご理解ください。

Apex Legends

Apex Legends(FHD)の比較
RTX 3070
202
RTX 3060Ti
182
RTX 3060
142
RTX 2080
180
GTX 1660 SUPER
108

最高画質だとイマイチ伸びませんが、低画質まで落とせば200前後で安定しました。

カジュアルに遊ぶには十分すぎるスコアです。

低画質でフレームレート上限の300前後で張り付かせたいなら、RTX 3070以上を推奨します。

フォートナイト

フォートナイト(FHD)の比較
RTX 3070
211
RTX 3060Ti
178
RTX 3060
146
RTX 2080
204
GTX 1660 SUPER
82

フォートナイトも最高画質だと150前後ですが、低画質(3D解像度のみ100%)なら280前後まで伸びます。

DXR(レイトレーシング)はOFFで検証した結果です。

PUBG

PUBG(FHD)の比較
RTX 3070
155
RTX 3060Ti
134
RTX 3060
126
RTX 2080
154
GTX 1660 SUPER
114

PUBGもパッとしない結果です。

GTX 1660 SUPERと比べれば悪くないスコアですが、購入金額を考えるとモヤります。

CoD:BOCW

CoD:BOCW(FHD)の比較
RTX 3070
167
RTX 3060Ti
156
RTX 3060
108
RTX 2080
152
GTX 1660 SUPER
84

CoD:BOCWは最高画質(DXR OFF)で100前後のフレームレートでした。

チームデスマッチを同一マップ、ボットモードでプレイした結果です。

最低画質まで落とすと180前後まで伸びます。

VALORANT

VALORANT(FHD)の比較
RTX 3070
288
RTX 3060Ti
268
RTX 3060
220
RTX 2080
277
GTX 1660 SUPER
208

この辺りからゲームによってはGTX 1660 SUPERにすら負けるのでは、とヒヤヒヤしながら検証していました。

4KやWQHDの高解像度

4KやWQHDの高解像度

続いてWQHD(2,560×1,440)、4K(3,840×2,160)の高解像度でそれぞれゲームをプレイしました。

いずれも最高画質で、DLSS(Deep Learning Super Sampling)もONにしています。

フォートナイト

フォートナイト
FHD
146
WQHD
138
4K
104

フォートナイトは4Kの最高画質でも100前後のフレームレートを出せました。

フォートナイト(4K)の比較
RTX 3070
121
RTX 3060Ti
106
RTX 3060
104
RTX 2080
103

12GBというたっぷりなビデオメモリが功を奏しているのか、4Kでは上位モデルといい勝負をしています。

フォートナイトのようなシューターゲームを4Kでプレイする人は極めて少ないと思いますが。

モンスターハンターワールド:アイスボーン

MHW:IB
FHD
74
WQHD
72
4K
42

モンハンワールドはHigh Resolution Texture PackもONにした状態でテスト。

同一のフリークエストを同一装備で周回したところ、4Kでは40前後にまで落ちました。

フルHDとWQHDでほとんど差がないのは、DLSSがいい仕事をしているため。

DLSSをOFFにすると大幅にフレームレートが落ち込みます。

MHW:IB(4K)の比較
RTX 3070
62
RTX 3060Ti
48
RTX 3060
42
RTX 2080
46

PS4のフレームレートが30前後なので、40以上をキープできればゲームに支障はありません。

高フレームレートのヌルヌル感は味わえないものの、4Kモニターでもそこそこ快適に遊べます。

レイトレーシング性能

Bright Memory

ここからはRTX 30シリーズの目玉ともいえる、レイトレーシングに注目して各種ゲームを試しました。

Bright Memory RTX Benchmark

Bright Memoryの比較
RTX 3070
82
RTX 3060 Ti
70
RTX 3060
54
RTX 2080
57

掲載しているスコアは以下の設定で試したときの平均フレームレートです。

  1. 解像度:フルHD
  2. RTX Quality:Very High
  3. DLSS:Quality

もう一度書きますけど、RTX 3060 Tiと差をつけすぎじゃありませんか。

フォートナイト

フォートナイト(FHD、DXR ON)の比較
RTX 3070
78
RTX 3060Ti
68
RTX 3060
66
RTX 2080
74

DXR ONの状態ではRTX 3060 Tiと同程度のフレームレートを出せました。

検証のためにプレイしていますが、フォートナイトでDXR ONはなるべく使わないほうがいいです。

見た目がちょっと変わるだけで、メリットがほとんどありません。

Battlefield V

Battlefield V(FHD、DXR ON)の比較
RTX 3070
116
RTX 3060Ti
94
RTX 3060
88
RTX 2080
98

激重FPSゲームのBattlefield Vは、DXR ONで90前後のフレームレートを出せました。

CoD:BOCW

CoD:BOCW(FHD、DXR ON)の比較
RTX 3070
96
RTX 3060Ti
88
RTX 3060
72
RTX 2080
84

CoD:BOCWもDXR ONの状態では70前後のフレームレートでした。

シングルプレイのキャンペーンをプレイするなら、グラフィック重視の設定でもいいかもしれません。

WATCH DOGS LEGION

WATCH DOGS LEGION(DXR ON)
RTX 3070
75
RTX 3060Ti
72
RTX 3060
40
RTX 2080
75

激重アクションゲームのWATCH DOGS LEGIONは、ベンチマークモードを使用。

ゲームとの相性が良くないのか、フレームレートが大幅にダウンしました。

Cyberpunk 2077

Cyberpunk 2077(DXR ON)
RTX 3070
78
RTX 3060Ti
74
RTX 3060
44
RTX 2080
58

Cyberpunk 2077もDXR ONではフレームレートが伸びません。

40前後出ていればそれなりに動かせますが、複数の敵に囲まれたときなどはカクつきが目立つので、画質を落としたほうが良いでしょう。

ゲーム実況・ライブ配信

ApexLegendsの配信

最後にOBSで配信と録画を試して、フレームレートがどれくらい落ち込むかを検証しました。

Apex Legendsの配信を試したところ、以下の設定であればスムーズにライブ配信ができました。

OBSのおすすめ設定
ゲームの画質
出力解像度1080p(1,920×1,080)
FPS共通値60
映像ビットレート3,000 Kbps
配信エンコーダハードウェア(NVENC)
音声ビットレート128
高度なエンコーダ設定Max Performance
録画品質高品質、ファイルサイズ中
録画フォーマットmkv
配信後にmp4へ再多重化
録画エンコーダハードウェア(NVENC)

ハードウェアエンコードの場合、ゲームの画質を落とさないと配信が静止画になってしまうので要注意。

CPUがCore i7やRyzen 7以上なら、録画のエンコードをソフトウェア(x264)に変えてみるのもおすすめです。

ゲームに合わせて多少の調整は必要ですが、ライブ配信でもそこそこ頑張れます。

ゲームプレイ中の消費電力

ゲームプレイ中の消費電力

CORSAIRの「iCUE」でHX1200iの電源入力ログを5秒間隔で10分間取得し、Apex LegendsをフルHDモニターでプレイ中の消費電力を計測。

200から400Wあたりで大きく変動していますが、平均値としては304Wでした。

消費電力の比較
RTX3070
383
RTX3060Ti
288
RTX3060
304
RTX2080
362

これはRTX 3060単体の消費電力ではなく、検証用PC全体での消費電力です。

今回検証した限りだと、RTX 3060 Tiの消費電力をわずかに上回りました。

NVIDIAの公式サイトでは推奨電源が550Wとされていますが、600W積んでおいたほうが良さそうな結果です。

搭載するCPUやその他パーツによって最適な電源容量は変わります。

RTX 3060を安く購入するコツ

Palit RTX 3060 Dual OC 12GB

ここからはRTX 3060の購入を検討している方へ、どこで買うとお得なのか、について簡単にまとめておきます。

グラフィックカード

RTX 3060のグラボを買うなら、真っ先に検討したいのはPCショップ。

関東なら秋葉原、関西なら日本橋など、馴染みのお店がある方は、まずは足を運んでみてはいかがでしょうか。

とはいえ、お住まいの地域によっては「近所に安く買える店がない!」という方もいるでしょう。

ネット通販でグラフィックカードを買うときのおすすめショップを表にまとめました。

グラボ購入におすすめのショップ
TSUKUMO品ぞろえが豊富で梱包も恐ろしく丁寧。
都内だと注文の翌日に届くのも魅力。
PCパーツを買うときの信頼度は抜群です。
パソコン工房TSUKUMOに負けないレベルの品ぞろえ。
お住まいの近くにパソコン工房の店舗があれば
何かあったときすぐ相談できるのも魅力。
ark(アーク)秋葉原の老舗パソコン専門ショップ。
梱包の丁寧さやサポート面は完璧ですが、
品ぞろえと発送スピードではやや劣る印象。
ドスパラゲーミングPCのGALLERIAでおなじみ。
Palitのグラボはドスパラ専売。
モバイル会員になっておくといろいろお得。
Amazon品ぞろえと発送の速さ、カスタマーレビューの
件数では圧倒的。簡素すぎる梱包が最大の弱点。
精密機器の購入はちょっと怖い。
楽天市場品ぞろえはAmazonに負けないが、
梱包や発送スピードはショップ次第。
楽天ポイントを使えるのが最大の強み。

楽天で買うときはビックカメラやJoshinなど、有名量販店なら発送が速くて梱包も丁寧なのでおすすめです。

Amazonは転売価格で販売されているものも散見されるため、くれぐれも気を付けてください。

フリマアプリなどを利用した個人売買は、リスクが高いためおすすめしません。

ゲーミングパソコン

GALLERIA XA7C-R37

まだ販売を開始していないメーカーも多いですが、RTX 3060を搭載したゲーミングPCの最安値を調査しました。

いずれも消費税と配送料込の価格です。

主なスペック
ドスパラフロンティアパソコン工房TSUKUMO
モデルGALLERIA
RM5R-R36
GXシリーズLEVEL-M046
iX4-RBS
G-GEAR
GA5A-D210/T
CPURyzen 5 3500XCore i5-10400FCore i5-10400Ryzen 5 3500
GPUGeForce RTX 3060
メモリ16GB(8GB×2)8GB(8GB×1)8GB(8GB×1)16GB(8GB×2)
ストレージ512GB NVMe SSD512GB NVMe SSD240GB SSD500GB NVMe SSD
電源650W
80PLUS BRONZE
600W
80PLUS GOLD
700W
80PLUS BRONZE
550W
80PLUS BRONZE
販売価格133,280円133,980円137,478円142,000円
公式サイト詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る

記事執筆時点でもっともコスパが高いのはドスパラといえそうです。

フロンティアも悪くないですが、メモリが8GBのシングルチャネルというのは気になるところ。

アフターサポートや納期などの点も比較しながら、納得のいく1台を見つけてください。

ゲーミングPCの仕様および価格は時期によって変動します。最新情報は必ず各社の公式サイトでご確認をお願いします。

RTX 3060のレビューまとめ

Palit RTX 3060 Dual OC 12GB

今回はPalitのRTX 3060 Dual OC 12GBでいろいろ遊んでみました。

筆者は上位モデルのRTX 3060 Tiをほぼ同価格で買ってしまっていることもあり、最初から最後までモヤっと感がぬぐえませんでした。

たとえばGTX 1060やGTX 1650からの買い替えとして考えるなら、悪くない選択肢だと思います。

RTX 2060やRTX 2060 SUPERをお持ちの方は、最低でもRTX 3060 Ti以上を候補に入れたほうが良いでしょう。

今はグラボ全体が値上がり傾向なので仕方ありませんが、4万円台で買えるようになったらお得感が出てきそうです。

予算や求める性能に合わせて、納得のいくグラフィックカードを選んでください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。