レビュー

GeForce RTX3070レビュー|RTX2080の性能を超える高コスパグラボ

GeForce RTX3070レビュー

PalitのRTX3070 GamingPro OC 8GBを購入しました。

このページでは、定番のベンチマークソフトや各種ゲームで検証したRTX3070の性能について詳しくまとめています。

グラフィックカードの買い替えやRTX3070を搭載したゲーミングPCの購入を検討している方は、ぜひご覧ください。

Palit RTX3070 GamingProの概要

Palit RTX3070 GamingPro

今回購入したRTX3070はPalitのもの。

販売解禁後の翌日、ドスパラ秋葉原本店に足を運んでみたら、普通に売っていたので買ってきました。

RTX3080は販売解禁後から入手困難な状態が続いていますが、RTX3070は各メーカーともに在庫が潤沢なようで、一部の人気モデル以外は比較的スムーズに買えるようです。

まずはグラフィックカードのデザインやスペックなど、基本的な情報からお伝えします。

「そんなことよりベンチマークスコアが見たい!」

という方はこちらをご覧ください。

主なスペック

Palit RTX3070 GamingPro

まずは主なスペックを表にまとめました。

Palit RTX3070 GamingPro OC 8GBのスペック
ビデオメモリ8GB(GDDR6)
コアクロック1500MHz(ベースクロック)
1770MHz(ブーストクロック)
メモリバス幅256bit
メモリスピード14Gbps
占有スロット2.7
補助電源8ピン ×2
サイズ294×112×60mm

購入価格は税込みで70,950円。

GPU-Zの結果は以下の通り。

GPU-Zの結果

ビデオメモリはサムスン製のようです。

より詳しいスペックを知りたい方は、Palitの公式サイトをご確認ください。

RTX2070からRTX3090までの主なスペックを比較すると以下の通り。

主なGPUのスペック比較
RTX3090RTX3080RTX3070RTX2080RTX2070
製造プロセス8nm12nm NFF
CUDAコア104968704588829442304
クロック1.40~
1.70GHz
1.44~
1.71GHz
1.50~
1.73GHz
1515~
1710GHz
1410~
1620GHz
メモリタイプGDDR6XGDDR6
メモリ容量24GB10GB8GB
メモリバス幅384bit320bit256bit
TDP350W320W220W215W175W
推奨電源750W650W550W

RTX2070の後継機という位置づけですが、RTX2080をしのぐスペックです。

デザイン

ファン側
バックプレート

Palit RTX3070 GamingPro OC 8GBはトリプルファンで、仕様上の寸法は294×112×60mm。

長さはほぼ30cmなので、小さめのケースだと入りきらない可能性があります。

RTX3070はツインファンモデルも各メーカーから販売されているので、ケースに合わせて最適なモデルを選びましょう。

前面
背面

側面から見ると、分厚さが際立ちます。

手持ちのRTX3080、RTX2080と比較してみました。

3080と比較
3080と比較
2080と比較
2080と比較

RTX3080は玄人志向(GALAKURO GAMING)のもの、RTX2080はMSIのRTX2080 GAMING TRIO。

MSIのRTX2080 GAMING TRIOがデカすぎただけと思いますが、こうやって比べてみるとPalitのRTX3070 GamingProはスリムに見えます。

出力端子

出力端子

出力端子は以下の通り。

  • HDMI 2.1 ×1
  • DisplayPort 1.4a ×3

最大4画面まで出力可能で、最大解像度は7,680×4,320(8K)に対応しています。

USB Type-Cは非搭載。

ケースに設置した例

ケースに設置した例

実際に筆者のメインPCに設置してみた様子がこちら。

実測で約1kgあるので、そのままだと若干傾きます。

RTX3070の重量

筆者は長尾製作所のVGAサポートステイ(マグネットタイプ)を愛用。

Amazonで1,700円くらいで買えて安定感も抜群なので非常におすすめです。

ケースに設置した例

側面から見るとPalitのロゴなどもなく、あっさりとした印象。

悪く書いてしまうと地味です。

縦置きにすると印象が変わると思いますが、ライザーケーブルは非所持のため今後気が向いたら試します。

ソフトウェアによる設定

Palit RTX3070 GamingPro OC 8GBは、専用ソフトウェア(ThunderMaster)に対応。

専用アプリ
ファンの制御

オーバークロックやファンの回転の制御など、細かく調整できます。

ハードウェアのモニタリングにも対応しているので、インストールしておくことをおすすめします。

ThunderMasterはPalitの公式サイトからダウンロードできます。

オーバークロックが原因で故障した場合、保証対象外になる可能性があります。くれぐれも慎重に判断してください。

ライティングのサンプル

ライティング

パソコンの電源をONにすると、こんな感じ。

中身が見えやすいように、ガラスパネルを外して撮影しています。

控えめながらライティング機能も搭載していて、ThunderMasterから好みの色や発光パターンを選択可能。

RTX3070のライティング設定

プリセットは少なめで、複雑なライティングには対応していません。

地味なライティング

個人的にはもう少し光ってほしいところですが、これはこれで悪くありません。

ライティングはOFFにもできるので、好みに合わせて判断してください。

RTX3070のベンチマーク結果

Palit RTX3070 GamingPro

ここからは定番ベンチマークソフトをはじめ、各種ゲームでRTX3070の性能を細かくチェックしていきます。

検証で使用したパソコンのパーツ構成は以下の通り。

CPUやメモリはオーバークロックせず、すべて定格で動かしています。

検証用PCのパーツ構成
ケースFractal Design Define R6
CPUIntel Core i9-9900K
マザーボードMSI MEG Z390 ACE
メモリ64GB(DDR4-2666、16GB×4)
CORSAIR VENGEANCE LPX
電源CORSAIR HX1200i(80PLUS PLATINUM)

「CPUが第9世代じゃねーか!」

というクレームがくると思いますので先に土下座しておきます。

Core i9-9900KからCore i9-10900Kに変えるのは、さっぱり魅力を感じなかったんだと言い訳させてください。

第11世代にはちょっとだけ期待しています。

掲載しているスコアは、いずれも筆者のPCで検証した結果です。あくまで参考程度にご覧ください。

3D Mark

3D Mark

まずは超定番、3D Markの各種ベンチマークを試した結果をご紹介します。

Time Spy

Time Spyのスコア比較
RTX3080
15,582
RTX3070
13,227
RTX2080
10,603
RTX2070
9,653

なんとも順当なスコアです。

Fire Strike

Fire Strikeのスコア比較
RTX3080
29,472
RTX3070
26,029
RTX2080
22,875
RTX2070
21,122

以前、お借りしたPC(GALLERIA ZZ)で検証したRTX2080 Tiのスコアは24,352でした。

「RTX3070の性能はRTX2080 Tiを上回る!」

という前評判は嘘ではなかったようです。

Port Royal

Port Royalのスコア比較
RTX3080
11,020
RTX3070
8,250
RTX2080
6,266
RTX2070
5,360

レイトレーシングの性能は差が大きく出ています。

定番ベンチマーク

FF15

続いてこちらも定番のFF15とFF14のベンチマークソフトを試しました。

FF15

FF15(4K)
高品質5,819(やや快適)
標準品質7,125(快適)
軽量品質9,307(とても快適)
FF15(FHD)
高品質12,186(非常に快適)
標準品質15,733(非常に快適)
軽量品質17,121(非常に快適)

フルHDなら高品質で「非常に快適」をたたき出せますが、4Kではさすがにスコアがダウン。

それでも標準品質なら「快適」に動かせます。

FF15(4K、高品質)の比較
RTX3080
7,517
RTX3070
5,819
RTX2080
4,591
RTX2070
4,074

FF15クラスの重いゲームを4Kでサクサク動かしたいなら、RTX3080の使用を推奨します。

FF15(FHD、高品質)の比較
RTX3080
13,036
RTX3070
12,186
RTX2080
10,364
RTX2070
9,384

4Kと比較すると、フルHDではRTX30シリーズのスコアがあまり伸びていないことがわかります。

FF14

FF14(最高品質)
4K10,858(非常に快適)
フルHD19,846(非常に快適)

FF14はそこまで重くないゲームなので、4Kでもサックサク動かせます。

FF14(4K、最高品質)の比較
RTX3080
13,490
RTX3070
10,858
RTX2080
8,900
RTX2070
7,590

4Kの高解像度モニターで光の戦士になりたいなら、RTX3070はひとつの最適解になるでしょう。

FF14(FHD、最高品質)の比較
RTX3080
20,806
RTX3070
19,846
RTX2080
19,071
RTX2070
18,090

FF15と同じく、フルHDでは各グラボの差が縮まっています。

FPS・TPSゲーム

Apex legends

ここからは実際にいくつかのゲームをプレイして、フレームレートの平均値を算出しました。

いずれも各ゲームの最高画質に設定して、フルHD解像度のゲーミングモニター(リフレッシュレート240Hz)を使用。

まったく同じ条件で検証したわけではないので、誤差が含まれるものとご理解ください。

Apex Legends

Apex Legends(FHD)の比較
RTX3080
254
RTX3070
202
RTX2080
180

Apex LegendsはRTX30シリーズと相性が良いようで、グラボの性能と比例してフレームレートも伸びました。

240Hzのゲーミングモニターの性能を最大限に引き出せます。

フォートナイト

フォートナイト(FHD)の比較
RTX3080
218
RTX3070
211
RTX2080
204

フォートナイトもフレームレートは伸びていますが、差は小さめ。

DXR(レイトレーシング)はOFFで検証しています。

PUBG

PUBG(FHD)の比較
RTX3080
186
RTX3070
155
RTX2080
154

PUBGに関してはRTX2080とほぼ同じスコアでした。

マップによってフレームレートが変動するので、状況が変わればもう少し伸びたかもしれません。

VALORANT

VALORANT(FHD)の比較
RTX3080
325
RTX3070
288
RTX2080
277

VALORANTはフレームレートが300を超える場面も多く、非常に快適にプレイ可能。

360Hzクラスのゲーミングモニターが欲しくなります。

4KやWQHDの高解像度

4KやWQHDの高解像度

続いてWQHD(2,560×1,440)、4K(3,840×2,160)の高解像度でそれぞれゲームをプレイしました。

いずれも最高画質で、DLSS(Deep Learning Super Sampling)もONにしています。

フォートナイト

フォートナイト
FHD
211
WQHD
166
4K
121

フォートナイトは4Kの最高画質でも120前後のフレームレートを出せました。

フォートナイト(4K)の比較
RTX3080
140
RTX3070
121
RTX2080
103

フォートナイトのようなシューターゲームを4Kでプレイする人は少数派だと思いますが、カクつきを感じることなく、快適にプレイできます。

モンスターハンターワールド:アイスボーン

MHW:IB
FHD
116
WQHD
103
4K
62

モンハンワールドはHigh Resolution Texture PackもONにした状態でテスト。

同一のフリークエストを同一装備で周回したところ、4Kでも60前後をキープできました。

MHW:IB(4K)の比較
RTX3080
78
RTX3070
62
RTX2080
46

RTX2080では超えられなかった4Kかつ60fpsの壁を、ついに突破できました。

レイトレーシング性能

Bright Memory

ここからはRTX30シリーズの目玉ともいえる、レイトレーシングに注目して各種ゲームを試しました。

Bright Memory RTX Benchmark

Bright Memoryの比較
RTX3080
104
RTX3070
82
RTX2080
57

掲載しているスコアは以下の設定で試したときの平均フレームレートです。

  1. 解像度:フルHD
  2. RTX Quality:Very High
  3. DLSS:Quality

順当なスコアといえそうです。

フォートナイト

フォートナイト(FHD、DXR ON)の比較
RTX3080
86
RTX3070
78
RTX2080
74

9月のアプデでフォートナイトもDXRに対応したのでテストしました。

フルHDで試したためか、スコアは伸びてはいるものの、差はわずかです。

Battlefield V

Battlefield V(FHD、DXR ON)の比較
RTX3080
142
RTX3070
116
RTX2080
98

激重FPSゲームのBattlefield Vは、DXR ONでも120近いフレームレートを出せました。

CoD:BOCWも後日検証予定です。

WATCH DOGS LEGION

WATCH DOGS LEGION(DXR ON)
FHD
75
WQHD
75
4K
57

WATCH DOGS LEGIONはベンチマークモードをテストした結果です。

最大負荷で試したところ、フルHDとWQHDではスコアに差が出ず。

WATCH DOGS LEGION(4K、DXR ON)の比較
RTX3080
71
RTX3070
57
RTX2080
44

もっといろいろ検証してみる必要はありますが、RTX30シリーズは高解像度になるほどスコアが伸びやすいようです。

ゲーム実況・ライブ配信

ApexLegendsの配信

最後にOBSで配信と録画を試して、フレームレートがどれくらい落ち込むかを検証しました。

OBSの出力解像度はフルHD、フレームレートは60、エンコードはハードウェアに設定しています。

Apex Legends(FHD、OBS配信)の比較
RTX3080
223
RTX3070
178
RTX2080
167

Apex Legendsは若干フレームレートが下がるものの、Twitchで配信しながらでも180前後のフレームレートを維持できました。

MHW:IB(FHD、OBS配信)の比較
RTX3080
123
RTX3070
104
RTX2080
88

モンハンワールドも100前後のフレームレートをキープ。

パソコン1台で、快適にライブ配信が可能です。

ゲームプレイ中の消費電力

RTX3070消費電力

CORSAIRの「iCUE」でHX1200iの電源入力ログを5秒間隔で10分間取得し、Apex LegendsをフルHDモニターでプレイ中の消費電力を計測。

300から500Wあたりで大きく変動していますが、平均値としては383Wでした。

消費電力の比較
RTX3080
462
RTX3070
383
RTX2080
362

これはRTX3070単体の消費電力ではなく、検証用PC全体での消費電力です。

搭載するCPUやその他パーツによって最適な電源容量は変わりますが、700~800W前後のものであれば安心と思われます。

RTX3070を安く購入するコツ

Palit RTX3070 GamingPro

今回の検証結果を見る限り、RTX3070はRTX2080を超えた、と書いても怒られることはないでしょう。

筆者はMSIのRTX2080 GAMING TRIOを125,755円で購入したので、約7万円で買えるグラボに負けてしまうのは、少々複雑な気持ちではあります。

フルHDではRTX2080とあまり差がないゲームもありましたが、RTX3070のコスパが素晴らしいという事実は揺らぎません。

ここからはRTX3070はどこで買うとお得なのか、について簡単にまとめておきます。

グラフィックカード

RTX3070のグラボを買うなら、真っ先に検討したいのはPCショップ。

関東なら秋葉原、関西なら日本橋など、馴染みのお店がある方は、まずは足を運んでみてはいかがでしょうか。

筆者も今回は秋葉原のドスパラで買いました。

とはいえ、お住まいの地域によっては「近所に安く買える店がない!」という方もいるでしょう。

ネット通販でグラフィックカードを買うときのおすすめショップを表にまとめました。

グラボ購入におすすめのショップ
TSUKUMO品ぞろえが豊富で梱包も恐ろしく丁寧。
都内だと注文の翌日に届くのも魅力。
PCパーツを買うときの信頼度は抜群です。
パソコン工房TSUKUMOに負けないレベルの品ぞろえ。
お住まいの近くにパソコン工房の店舗があれば
何かあったときすぐ相談できるのも魅力。
ark(アーク)秋葉原の老舗パソコン専門ショップ。
梱包の丁寧さやサポート面は完璧ですが、
品ぞろえと発送スピードではやや劣る印象。
ドスパラゲーミングPCのGALLERIAでおなじみ。
Palitのグラボはドスパラ専売。
モバイル会員になっておくといろいろお得。
Amazon品ぞろえと発送の速さ、カスタマーレビューの
件数では圧倒的。簡素すぎる梱包が最大の弱点。
精密機器の購入はちょっと怖い。
楽天市場品ぞろえはAmazonに負けないが、
梱包や発送スピードはショップ次第。
楽天ポイントを使えるのが最大の強み。

楽天で買うときはビックカメラやJoshinなど、有名量販店なら発送が速くて梱包も丁寧なのでおすすめです。

ゲーミングパソコン

新型ガレリア

グラフィックカードではなく、RTX3070を搭載したゲーミングPCの購入を考えている方もいるでしょう。

コスパの高いBTOメーカーの最安モデルを表にまとめました。

主なスペック
パソコン工房TSUKUMOフロンティアドスパラ
モデルLEVEL-R049
iX4-TAX
GA5J-D203/TGAシリーズGALLERIA
XA7R-R37
CPUCore i5-10400Core i5-10400FCore i7-10700FRyzen7 3700X
GPUGeForce RTX3070
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージ500GB NVMe SSD500GB NVMe SSD1TB NVMe SSD
2TB HDD
512GB NVMe SSD
電源700W
80PLUS BRONZE
750W
80PLUS GOLD
850W
80PLUS GOLD
650W
80PLUS BRONZE
販売価格143,980円~154,800 円~155,800円~185,980円~
公式サイト詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る

今のところ最安はパソコン工房ですが、CPUがCore i5なのが気になります。

RTX3070搭載モデルは今後も各社からいろいろ出てくると思いますが、現時点でのおすすめはフロンティア。

以下の記事でも詳しく解説しているので、あわせてご覧いただくとより分かりやすいです。

RTX3070搭載BTOパソコン
RTX 3070搭載ゲーミングPC最安値を比較!おすすめモデルの解説NVIDIAの最新GPU、GeForce RTX3070が各社から販売開始されました。 このページでは、RTX3070を搭載したゲ...

RTX3070のレビューまとめ

Palit RTX3070 GamingPro

今回はPalitのRTX3070 GamingPro OC 8GBの性能を細かく検証してみました。

RTX20シリーズからの着実な進化を実感できて、これが7万円前後で買えるのはとてもお買い得に思えます。

GTX10シリーズのユーザーなら、間違いなく大幅な性能アップを実感できることでしょう。

レイトレーシング対応ゲームも最高画質のまま快適に動かせますし、FPSゲームも高フレームレートでプレイ可能。

ただし、4Kで高フレームレートを味わいたいなら、RTX3080を視野に入れたほうが良いように思います。

ゲームによって評価は変わるものの、フルHD~WQHDならRTX3070で十分快適かな、という印象です。

動画ではRTX3080と比較しているので、あわせてご覧いただくとよりわかりやすいです。

予算や求める性能に合わせて、納得のいくグラフィックカードを選んでください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。