レビュー

GeForce RTX 3060 Tiレビュー|ミドルスペック最強クラスの高コスパグラボ

GeForce RTX 3060 Tiレビュー

MSIのRTX 3060 Ti VENTUS 2X OCを購入しました。

このページでは、定番のベンチマークソフトや各種ゲームで検証したRTX 3060 Tiの性能について詳しくまとめています。

グラフィックカードの買い替えやRTX 3060 Tiを搭載したゲーミングPCの購入を検討している方は、ぜひご覧ください。

MSI RTX 3060 Ti VENTUS 2X OCの概要

MSI RTX 3060 Ti VENTUS 2X OC

今回購入したRTX 3060 TiはMSIのもの。

発表が急だったからか、もともと注目されていなかったからなのか、販売解禁の翌朝でもAmazonで普通に注文できる状態でした。

今回、筆者はTSUKUMOのネットショップで注文。

相変わらずの丁寧すぎる梱包&素早い発送でした。

まずはグラフィックカードのデザインやスペックなど、基本的な情報からお伝えします。

「そんなことよりベンチマークスコアが見たい!」

という方はこちらをご覧ください。

主なスペック

MSIのRTX 3060 Ti

まずは主なスペックを表にまとめました。

MSI RTX 3060 Ti VENTUS 2X OCのスペック
ビデオメモリ8GB(GDDR6)
コア数4,864
コアクロック1695MHz(ブーストクロック)
メモリバス幅256bit
メモリスピード14Gbps
占有スロット2.5
補助電源8ピン ×2
サイズ232×124×52mm

購入価格は配送料と消費税込みで58,080円。

GPU-Zの結果は以下の通り。

GPU-Zの結果

ビデオメモリはサムスン製のようです。

より詳しいスペックを知りたい方は、MSIの公式サイトをご確認ください。

RTX 2070からRTX 3080までの主なスペックを比較すると以下の通り。

主なGPUのスペック比較
RTX3080RTX3070RTX3060TiRTX2080RTX2070
製造プロセス8nm12nm NFF
CUDAコア87045888486429442304
クロック1.44~
1.71GHz
1.50~
1.73GHz
1.41~
1.67GHz
1.51~
1.71GHz
1.41~
1.62GHz
メモリタイプGDDR6XGDDR6
メモリ容量10GB8GB
メモリバス幅320bit256bit
TDP320W220W200W215W175W
推奨電源750W650W600W550W

RTX 2060の後継機という位置づけですが、RTX 2080に匹敵するスペックです。

デザイン

前面
背面

RTX 3060 Ti VENTUS 2X OCはツインファンで、仕様上の寸法は232×124×52mm。

光るパーツ非搭載の、シンプルなデザインです。

バックプレートのシールはもう少し丁寧に貼ってほしかったところ。

バックプレートのシール

性能に影響するものではないので、気にする必要はないのですが、どうにもね。

長さは232mmと短めなので、MicroATXやMiniITXなどのマザーボードと合わせて、コンパクトなゲーミングPCを組むことも可能。

トリプルファンも各メーカーから販売されていますが、RTX 3060 Tiの上位モデルを買うならRTX 3070の安いものを買ったほうがいいと思います。

側面

補助電源は8pin×2。

2.5スロットと、そこそこ分厚いです。

グラボの重量

重量は実測で820gでした。

多少重さがあるので、傾きが気になるときはサポートステイなどの使用を推奨します。

手持ちのRTX 30シリーズと大きさを比べてみました。

RTX30シリーズとの比較

RTX 3080は玄人志向(GALAKURO GAMING)のもの、RTX 3070はPalitのGamingProです。

MSIのRTX 3060 Ti VENTUS 2X OCはファンのサイズが大きいからか、ゲーム中の回転音がとても静か。

静音性重視でパソコンを組みたい方にもおすすめです。

出力端子

出力端子

出力端子は以下の通り。

  • HDMI ×1
  • DisplayPort ×3

最大4画面まで出力可能で、最大解像度は7,680×4,320(8K)に対応しています。

USB Type-Cは非搭載。

RTX 3060 Tiのベンチマーク結果

MSIのRTX 3060 Ti

ここからは定番ベンチマークソフトをはじめ、各種ゲームでRTX 3060 Tiの性能を細かくチェックしていきます。

検証で使用したパソコンのパーツ構成は以下の通り。

CPUやメモリはオーバークロックせず、すべて定格で動かしています。

検証用PCのパーツ構成
ケースFractal Design Define R6
CPUIntel Core i9-9900K
マザーボードMSI MEG Z390 ACE
メモリ64GB(DDR4-2666、16GB×4)
CORSAIR VENGEANCE LPX
電源CORSAIR HX1200i(80PLUS PLATINUM)

Ryzen 9 5950Xなどの最新世代ハイエンドCPUを使えば、もう少しスコアが伸びると思われます。

反対にCPUがCore i5やRyzen 5、メモリが8GB(8GB×1)だったりすると、スコアが落ちる場合があります。

あくまで筆者のPCで検証した結果なので、参考程度にご覧ください。

追記:Core i5-10400Fとメモリ8GBで検証したデータを以下の記事にまとめました。

Core i5-10400FとRTX 3060 Tiのベンチマーク
Core i5-10400FとRTX 3060 Tiのベンチマーク予算15万円でゲーミングPCを手に入れたいなら、Core i5-10400FとRTX 3060 Tiの組み合わせがおすすめです。 ...

3D Mark

3D Mark

まずは超定番、3D Markの各種ベンチマークを試した結果をご紹介します。

Time Spy

Time Spyのスコア比較
RTX3080
15,582
RTX3070
13,227
RTX3060Ti
11,639
RTX2080
10,603
RTX2070
9,653

なんとも順当なスコアです。

Fire Strike

Fire Strikeのスコア比較
RTX3080
29,472
RTX3070
26,029
RTX3060Ti
24,173
RTX2080
22,875
RTX2070
21,122

以前、お借りしたPC(GALLERIA ZZ)で検証したRTX 2080 Tiのスコアは24,352でした。

RTX 3060 TiはRTX 2080 Tiと同等レベルの性能がある、と書いても間違いではないでしょう。

Port Royal

Port Royalのスコア比較
RTX3080
11,020
RTX3070
8,250
RTX3060Ti
6,912
RTX2080
6,266
RTX2070
5,360

レイトレーシングの性能は伸び幅が小さめで、RTX 2080から微増といったところでした。

定番ベンチマーク

FF15

続いてこちらも定番のFF15とFF14のベンチマークソフトを試しました。

FF15

FF15(4K)
高品質5,353(やや快適)
標準品質6,208(快適)
軽量品質8,567(快適)
FF15(FHD)
高品質11,803(非常に快適)
標準品質14,589(非常に快適)
軽量品質16,505(非常に快適)

フルHDなら高品質で「非常に快適」をたたき出せますが、4Kではさすがにスコアがダウン。

それでも標準品質なら「快適」に動かせます。

FF15(4K、高品質)の比較
RTX3080
7,517
RTX3070
5,819
RTX3060Ti
5,353
RTX2080
4,591
RTX2070
4,074

FF15クラスの重いゲームを4Kでサクサク動かしたいなら、RTX 3080以上を推奨します。

FF15(FHD、高品質)の比較
RTX3080
13,036
RTX3070
12,186
RTX3060Ti
11,803
RTX2080
10,364
RTX2070
9,384

4Kと比較すると、フルHDではRTX30シリーズのスコアがあまり伸びていないことがわかります。

FF14

FF14(最高品質)
4K10,006(非常に快適)
フルHD19,056(非常に快適)

FF14はそこまで重くないゲームなので、4Kでもサックサク動かせます。

FF14(4K、最高品質)の比較
RTX3080
13,490
RTX3070
10,858
RTX3060Ti
10,006
RTX2080
8,900
RTX2070
7,590

4Kの高解像度モニターで光の戦士になりたいなら、RTX3070はひとつの最適解になるでしょう。

FF14(FHD、最高品質)の比較
RTX3080
20,806
RTX3070
19,846
RTX3060Ti
19,056
RTX2080
19,071
RTX2070
18,090

FF15と同じく、フルHDでは各グラボの差が縮まっています。

FPS・TPSゲーム

Apex legends

ここからは実際にいくつかのゲームをプレイして、フレームレートの平均値を算出しました。

いずれも各ゲームの最高画質に設定して、フルHD解像度のゲーミングモニター(リフレッシュレート240Hz)を使用。

まったく同じ条件で検証したわけではないので、誤差が含まれるものとご理解ください。

Apex Legends

Apex Legends(FHD)の比較
RTX3080
254
RTX3070
202
RTX3060Ti
182
RTX2080
180

Apex LegendsはRTX 2080とほぼ変わらないフレームレートでした。

最低画質まで落とせば200以上で安定します。

フォートナイト

フォートナイト(FHD)の比較
RTX3080
218
RTX3070
211
RTX3060Ti
178
RTX2080
204

マップや状況によってフレームレートは変動するものの、RTX 2080のスコアを下回りました。

最高画質で180前後出ていれば十分ですが、もう少し頑張ってほしいところ。

DXR(レイトレーシング)はOFFで検証しています。

PUBG

PUBG(FHD)の比較
RTX3080
186
RTX3070
155
RTX3060Ti
134
RTX2080
154

フォートナイトと同じく、PUBGもいまいちフレームレートが伸びませんでした。

筆者の感覚だと人気もだいぶ落ちてきているので、そろそろPUBGは検証タイトルから外しても問題ないでしょうか。

CoD:BOCW

CoD:BOCW(FHD)の比較
RTX3080
196
RTX3070
167
RTX3060Ti
156
RTX2080
152

CoD:BOCWは最高画質で160前後までフレームレートが伸びます。

最低画質まで落とすと200以上で安定しました。

VALORANT

VALORANT(FHD)の比較
RTX3080
325
RTX3070
288
RTX3060Ti
268
RTX2080
277

VALORANTもRTX 2080のフレームレートに一歩届かず。

とはいえフレームレートが200以上になると、筆者のようなカジュアルゲーマーにはちがいが判別できません。

4KやWQHDの高解像度

4KやWQHDの高解像度

続いてWQHD(2,560×1,440)、4K(3,840×2,160)の高解像度でそれぞれゲームをプレイしました。

いずれも最高画質で、DLSS(Deep Learning Super Sampling)もONにしています。

フォートナイト

フォートナイト
FHD
178
WQHD
158
4K
106

フォートナイトは4Kの最高画質でも100前後のフレームレートを出せました。

フォートナイト(4K)の比較
RTX3080
140
RTX3070
121
RTX3060Ti
106
RTX2080
103

フォートナイトのようなシューターゲームを4Kでプレイする人は少数派だと思いますが、カクつきを感じることなく、快適にプレイできます。

モンスターハンターワールド:アイスボーン

MHW:IB
FHD
110
WQHD
96
4K
48

モンハンワールドはHigh Resolution Texture PackもONにした状態でテスト。

同一のフリークエストを同一装備で周回したところ、4Kでは50を下回りました。

MHW:IB(4K)の比較
RTX3080
78
RTX3070
62
RTX3060Ti
48
RTX2080
46

PS4のフレームレートが30前後なので、40以上をキープできればゲームに支障はありません。

高フレームレートのヌルヌル感は味わえないものの、4Kモニターでもそこそこ快適に遊べます。

レイトレーシング性能

Bright Memory

ここからはRTX 30シリーズの目玉ともいえる、レイトレーシングに注目して各種ゲームを試しました。

Bright Memory RTX Benchmark

Bright Memoryの比較
RTX3080
104
RTX3070
82
RTX3060Ti
70
RTX2080
57

掲載しているスコアは以下の設定で試したときの平均フレームレートです。

  1. 解像度:フルHD
  2. RTX Quality:Very High
  3. DLSS:Quality

順当なスコアといえそうです。

フォートナイト

フォートナイト(FHD、DXR ON)の比較
RTX3080
86
RTX3070
78
RTX3060Ti
68
RTX2080
74

9月のアプデでフォートナイトもDXRに対応したのでテストしました。

わずかながらRTX 2080のスコアを下回りました。

Battlefield V

Battlefield V(FHD、DXR ON)の比較
RTX3080
142
RTX3070
116
RTX3060Ti
94
RTX2080
98

激重FPSゲームのBattlefield Vは、DXR ONで90前後のフレームレートを出せました。

CoD:BOCW

CoD:BOCW(FHD、DXR ON)の比較
RTX3080
103
RTX3070
96
RTX3060Ti
88
RTX2080
84

CoD:BOCWもDXRをONにすると90前後のフレームレート。

見た目がちょっと変わったかな・・・?と感じる程度なので、DXRはOFFを推奨します。

WATCH DOGS LEGION

WATCH DOGS LEGION(DXR ON)
FHD
87
WQHD
79
4K
56

WATCH DOGS LEGIONはベンチマークモードをテストした結果です。

WATCH DOGS LEGION(4K、DXR ON)の比較
RTX3080
71
RTX3070
57
RTX3060Ti
56
RTX2080
44

WATCH DOGS LEGIONとは相性が良いのか、4K解像度でRTX 3070と同程度のスコアが出ました。

ゲーム実況・ライブ配信

ApexLegendsの配信

最後にOBSで配信と録画を試して、フレームレートがどれくらい落ち込むかを検証しました。

OBSの出力解像度はフルHD、フレームレートは60、エンコードはハードウェアに設定しています。

Apex Legends(FHD、OBS配信)の比較
RTX3080
223
RTX3070
178
RTX3060Ti
170
RTX2080
167

Apex Legendsは若干フレームレートが下がるものの、Twitchで配信しながらでも170前後のフレームレートを維持できました。

MHW:IB(FHD、OBS配信)の比較
RTX3080
123
RTX3070
104
RTX3060Ti
92
RTX2080
88

モンハンワールドも90前後のフレームレートをキープ。

パソコン1台で、快適にライブ配信が可能です。

ゲームプレイ中の消費電力

RTX 3060 Ti消費電力

CORSAIRの「iCUE」でHX1200iの電源入力ログを5秒間隔で10分間取得し、Apex LegendsをフルHDモニターでプレイ中の消費電力を計測。

200から400Wあたりで大きく変動していますが、平均値としては288Wでした。

消費電力の比較
RTX3080
462
RTX3070
383
RTX3060Ti
288
RTX2080
362

これはRTX 3060 Ti単体の消費電力ではなく、検証用PC全体での消費電力です。

RTX 2080と比べると、消費電力が大幅に落ちているのがポイント。

搭載するCPUやその他パーツによって最適な電源容量は変わりますが、NVIDIAの公式サイトにあるように、600Wの電源で問題ないでしょう。

RTX 3060 Tiを安く購入するコツ

RTX 3060 Ti

ここからはRTX 3060 Tiの購入を検討している方へ、どこで買うとお得なのか、について簡単にまとめておきます。

グラフィックカード

RTX 3060 Tiのグラボを買うなら、真っ先に検討したいのはPCショップ。

関東なら秋葉原、関西なら日本橋など、馴染みのお店がある方は、まずは足を運んでみてはいかがでしょうか。

筆者も今回はTSUKUMOのネットショップで買いましたが、RTX 3080とRTX 3070は秋葉原で買いました。

とはいえ、お住まいの地域によっては「近所に安く買える店がない!」という方もいるでしょう。

ネット通販でグラフィックカードを買うときのおすすめショップを表にまとめました。

グラボ購入におすすめのショップ
TSUKUMO品ぞろえが豊富で梱包も恐ろしく丁寧。
都内だと注文の翌日に届くのも魅力。
PCパーツを買うときの信頼度は抜群です。
パソコン工房TSUKUMOに負けないレベルの品ぞろえ。
お住まいの近くにパソコン工房の店舗があれば
何かあったときすぐ相談できるのも魅力。
ark(アーク)秋葉原の老舗パソコン専門ショップ。
梱包の丁寧さやサポート面は完璧ですが、
品ぞろえと発送スピードではやや劣る印象。
ドスパラゲーミングPCのGALLERIAでおなじみ。
Palitのグラボはドスパラ専売。
モバイル会員になっておくといろいろお得。
Amazon品ぞろえと発送の速さ、カスタマーレビューの
件数では圧倒的。簡素すぎる梱包が最大の弱点。
精密機器の購入はちょっと怖い。
楽天市場品ぞろえはAmazonに負けないが、
梱包や発送スピードはショップ次第。
楽天ポイントを使えるのが最大の強み。

楽天で買うときはビックカメラやJoshinなど、有名量販店なら発送が速くて梱包も丁寧なのでおすすめです。

ゲーミングパソコン

新型ガレリア

グラフィックカードではなく、RTX 3060 Tiを搭載したゲーミングPCの購入を考えている方もいるでしょう。

まだ販売を開始していないメーカーも多いですが、記事執筆時点での最安値を調査しました。

主なスペック
パソコン工房フロンティアドスパラTSUKUMO
モデルLEVEL-M046
iX4-SAX
FRGXB460GALLERIA
RM5R-R36T
G-GEAR
GA7A-F203/T
CPUCore i5-10400Core i5-10400FRyzen 5 3500XRyzen7 3700X
GPUGeForce RTX 3060 Ti
メモリ16GB(8GB×2)8GB(8GB×1)16GB(8GB×2)16GB(8GB×2)
ストレージ500GB NVMe SSD512GB NVMe SSD512GB NVMe SSD500GB SSD
電源700W
80PLUS BRONZE
850W
80PLUS GOLD
650W
80PLUS BRONZE
550W
80PLUS BRONZE
販売価格125,980円~122,800円~129,980円~152,800円~
公式サイト詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る

値段だけで比較するとフロンティアが最安ですが、メモリが8GBのシングルチャネルになっているのは気になるところ。

スペックと価格のバランスを考えると、現時点でもっともコスパが高いのはパソコン工房といえそうです。

以下の記事でも詳しく解説しているので、あわせてご覧いただくとより分かりやすいです。

RTX 3060 Ti搭載ゲーミングPC
RTX 3060 Ti搭載ゲーミングPCの最安値を調査!おすすめモデルを解説NVIDIAの最新GPU、GeForce RTX 3060 Tiが各社から販売開始されました。 このページでは、RTX 3060 ...

RTX 3060 Tiのレビューまとめ

MSIのRTX 3060 Ti

今回はMSIのRTX 3060 Ti VENTUS 2X OCの性能を細かく検証してみました。

販売解禁直前に公開された情報によると、RTX 3060 Tiの性能はRTX 2080 SUPERを超えるとのことでした。

今回、筆者の環境で試した限り、ベンチマークのスコアはたしかに伸びているものの、実際のゲームではRTX 2080と同等もしくは少し下回ることも多かったです。

とはいえ消費電力は20%前後落ちていて、コンパクトなツインファンにもかかわらず、RTX 2080に匹敵する性能を発揮できているのは事実。

5万円台で買えるミドルスペックのグラボとして考えれば、なかなか素晴らしいコスパといえるでしょう。

なるべく出費を抑えつつ、フルHDモニターでフォートナイトやApex Legendsなどのバトロワ系ゲームを楽しみたいなら、RTX 3060 Tiは有力候補になりそうです。

予算や求める性能に合わせて、納得のいくグラフィックカードを選んでください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。