レビュー

Ryzen 5 4500とRTX 3060のベンチマーク

Ryzen 5 4500とRTX 3060のベンチマーク

Ryzen 5 4500を購入したので、RTX 3060と組み合わせて人気ゲームをどこまで動かせるのか検証しました。

結論、バトロワ系ゲームをメインに考えている方にはおすすめしません。

予算に余裕があるなら、CPUはCore i5-12400やRyzen 5 5600Xを選んだほうが良いでしょう。

検証用PCのスペックや概要

Ryzen 5 4500とRTX 3060

今回、検証のために用意した環境は以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPURyzen 5 4500
CPUクーラーリテールクーラー
GPUPalit RTX 3060 Dual OC 12GB
メモリDDR4-3200 16GB(8GB×2)
マザーボードASRock B550M Pro4
電源850W(80PLUS GOLD)

Ryzen 5 4500は楽天市場のパソコン工房で購入、価格は17,374円でした。

CPUとGPUの細かい情報を知りたい方は、こちらをご覧ください。

CPU-Z
CPU-Z
GPU-Z
GPU-Z

電源は850Wを使用していますが、NVIDIAの公式サイトによるとRTX 3060搭載PCは550W以上が推奨とされています。

ほかのCPUの検証結果

Core i5-12600KやRyzen 5 5600Xなど、ほかのCPUでもRTX 3060の性能を検証しています。

あわせてご覧いただくとCPUによるスコアの変化がわかりやすいです。

Core i5-12600K
Core i5-12600K

検証結果を見る

Ryzen 5 5600X
Ryzen 5 5600X

検証結果を見る

Core i5-12400F
Core i5-12400F

検証結果を見る

定番ベンチマークのスコア

Ryzen 5 4500

ここからは定番のベンチマークソフトのスコアをご紹介します。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23

まずはCPUの性能をチェックするCINEBENCH R23のスコアから。

CINEBENCH R23(Multi)のスコア比較
Core i5-12400F
12,394
Ryzen 5 5600X
11,186
Ryzen 5 4500
9,016
Core i5-11400F
8,565
Core i3-12100F
8,463

同じRyzen 5でも5600Xとは大きな差があります。

4500はアーキテクチャが前世代のZen 2で、分類上は3600や3500などの3000シリーズと同じです。

CINEBENCH R23(Single)のスコア比較
Core i5-12400F
1,594
Ryzen 5 5600X
1,525
Ryzen 5 4500
1,204
Core i5-11400F
1,333
Core i3-12100F
1,627

シングルコアも4500のスコアはパッとしません。

Core i3-12100Fのコスパの良さが際立ちます。

3D Markのスコア

3D Mark

続いて超定番の3D Markから、主要ベンチマークを試した結果がこちら。

グラボはすべてRTX 3060で統一しています。

Time Spy

Time Spyのスコア比較
RTX 3060
Core i5-12400F
8,999
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
8,659
RTX 3060
Ryzen 5 4500
8,599
RTX 3060
Core i5-11400F
8,677
RTX 3060
Core i3-12100F
8,397

グラボが同じということもあり、スコアに大きな差はありません。

Fire Strike

Fire Strikeのスコア比較
RTX 3060
Core i5-12400F
20,438
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
20,524
RTX 3060
Ryzen 5 4500
19,644
RTX 3060
Core i5-11400F
19,341
RTX 3060
Core i3-12100F
19,110

Fire StrikeではCore i5-12400FやRyzen 5 5600Xと比べてやや差が出ています。

Port Royal

Port Royalのスコア比較
RTX 3060
Core i5-12400F
5,224
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
5,189
RTX 3060
Ryzen 5 4500
5,229
RTX 3060
Core i5-11400F
5,217
RTX 3060
Core i3-12100F
5,088

レイトレーシングの性能をチェックするPort Royalはほとんどスコアに差が出ず。

これは筆者の推測ですが、レイトレーシングの処理はGPUに依存する要素が大きく、CPUの性能は影響しづらいものと思われます。

定番ベンチマークのスコア

FF15FF15とFF14(暁月のフィナーレ)のベンチマークソフトを、それぞれフルHDの最高設定で走らせました。

FF15

FF15(フルHD、高品質)のスコア比較
RTX 3060
Core i5-12400F
9,184
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
9,113
RTX 3060
Ryzen 5 4500
9,166
RTX 3060
Core i5-11400F
9,043
RTX 3060
Core i3-12100F
9,662

Core i3-12100Fのスコアだけやたらと伸びたのは少々謎です。

FF14 暁月のフィナーレ

FF14(フルHD、最高品質)のスコア比較
RTX 3060
Core i5-12400F
20,896
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
20,507
RTX 3060
Ryzen 5 4500
16,416
RTX 3060
Core i5-11400F
18,579
RTX 3060
Core i3-12100F
19,852

FF14とは相性が良くないのか、Ryzen 5 4500だけスコアが極端に落ちました。

人気ゲームのフレームレート

ここからは実際に人気ゲームをフルHD解像度(1,920×1,080)でプレイして、フレームレートの平均値を算出しました。

今回検証したのは以下の通り。

  1. フォートナイト
  2. Apex Legends
  3. VALORANT
  4. Rainbow Six Siege
  5. モンスターハンターライズ

それぞれ順にご紹介します。

フォートナイト

フォートナイト(DX11 最高画質)の比較
RTX 3060
Core i5-12400F
146
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
138
RTX 3060
Ryzen 5 4500
110
RTX 3060
Core i5-11400F
106
RTX 3060
Core i3-12100F
149

フォートナイトはリプレイ機能を使用し、撃ち合い中のシーンを含む、同一場面の平均フレームレートを計測した結果です。

計測タイミングによって変動するものの、Core i5-11400Fとほぼ同性能といえそうです。

フォートナイト(DX11 競技設定)の比較
RTX 3060
Core i5-12400F
286
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
255
RTX 3060
Ryzen 5 4500
191
RTX 3060
Core i5-11400F
216
RTX 3060
Core i3-12100F
274

競技設定はレンダリングモード「DirectX11」で、「3D解像度」と「描画距離」を最大に設定して検証。

こちらもIntel 12世代CPUと比べるとフレームレートの伸びがイマイチです。

フォートナイト(PFmode 競技設定)の比較
RTX 3060
Core i5-12400F
443
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
440
RTX 3060
Ryzen 5 4500
270
RTX 3060
Core i5-11400F
303
RTX 3060
Core i3-12100F
359

こちらはレンダリングモードを「パフォーマンス」に変えて試した結果です。

平均270程度出せていれば十分ではありますが、ほかのCPUと比べると見劣りします。

フレームレートの上限を240に設定して試したところ、Ryzen 5 4500の平均値は200前後にまで落ち込みました。

フォートナイトで240固定にこだわるなら、CPUはCore i5-12400FやRyzen 5 5600Xを選んだほうが良いでしょう。

Apex Legends

Apex Legends(最高画質)の比較
RTX 3060
Core i5-12400F
135
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
124
RTX 3060
Ryzen 5 4500
127
RTX 3060
Core i5-11400F
114
RTX 3060
Core i3-12100F
134

Apex Legendsはカジュアルマッチを実際にプレイ。

近接での撃ち合いシーンを含めた、5分間の平均フレームレートを計測した結果です。

厳密な比較ではないものの、最高画質でも快適にプレイできました。

144Hzのモニターを使用しているなら、無理に画質を落とす必要はなさそうです。

Apex Legends(低画質)の比較
RTX 3060
Core i5-12400F
183
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
211
RTX 3060
Ryzen 5 4500
199
RTX 3060
Core i5-11400F
155
RTX 3060
Core i3-12100F
193

非戦闘時なら200以上のフレームレートを出す場面もありますが、撃ち合いの場面を含めると平均値は200にギリギリ届かず。

一部のプロゲーマーやガチ勢の方でない限り、十分快適にプレイできるでしょう。

VALORANT

VALORANT(最高画質)の比較
RTX 3060
Core i5-12400F
402
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
502
RTX 3060
Ryzen 5 4500
303
RTX 3060
Core i5-11400F
280
RTX 3060
Core i3-12100F
362

VALORANTはプラクティスのスパイク解除モードで検証。

実際のマッチでは50~100程度フレームレートが落ちると考えてください。

控えめなスコアではあるものの、十分快適に動かせます。

Rainbow Six Siege

Rainbow Six Siege(最高画質)の比較
RTX 3060
Core i5-12400F
411
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
409
RTX 3060
Ryzen 5 4500
293
RTX 3060
Core i5-11400F
349
RTX 3060
Core i3-12100F
349

レインボーシックスシージはベンチマークモードで検証した結果です。

Ryzen 5 4500だけ300を超えられず。

このゲームも実際のマッチでは50程度落ちると考えてください。

モンスターハンターライズ

モンスターハンターライズ(最高画質)の比較
RTX 3060
Core i5-12400F
168
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
162
RTX 3060
Ryzen 5 4500
93
RTX 3060
Core i5-11400F
122
RTX 3060
Core i3-12100F
130

モンハンライズは大社跡でアケノシルム討伐クエストをプレイ。

Ryzen 5 4500だけ極端にフレームレートが落ちました。

アクション系のゲームは平均60を超えていれば問題はないものの、見劣りするのも事実です。

レイトレーシング性能

レイトレーシング対応ゲームの平均フレームレートも検証しました。

今回検証したのは以下の通り。

  1. WATCH DOGS LEGION
  2. FARCRY6

順にご紹介します。

WATCH DOGS LEGION

WATCH DOGS LEGION(DXR OFF)
RTX 3060
Core i5-12400F
64
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
61
RTX 3060
Ryzen 5 4500
59
RTX 3060
Core i5-11400F
62
RTX 3060
Core i3-12100F
63

WATCH DOGS LEGIONは最高画質でベンチマークモードを走らせた結果です。

このゲームはCPUの影響をあまり受けないようで、ほとんど差がありません。

WATCH DOGS LEGION(DXR ON)
RTX 3060
Core i5-12400F
52
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
50
RTX 3060
Ryzen 5 4500
49
RTX 3060
Core i5-11400F
51
RTX 3060
Core i3-12100F
52

レイトレーシングの処理もCPUの影響はあまり受けないようです。

FARCRY6

FARCRY6(DXR OFF)
RTX 3060
Core i5-12400F
93
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
90
RTX 3060
Ryzen 5 4500
78
RTX 3060
Core i5-11400F
84
RTX 3060
Core i3-12100F
91

FARCRY6もベンチマークモードを使用。

Core i5-12400FやRyzen 5 5600Xと比べると、ややスコアが落ちています。

FARCRY6(DXR ON)
RTX 3060
Core i5-12400F
76
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
72
RTX 3060
Ryzen 5 4500
69
RTX 3060
Core i5-11400F
68
RTX 3060
Core i3-12100F
77

DXR ONでも若干スコアが落ちていますが、十分快適に動かせるレベルです。

ゲーム実況・ライブ配信

Twitchでスムーズに配信できるかも検証しました。

配信ソフトは無料で使えるOBS(Open Broadcaster Software)を使用し、配信と同時に録画も実施します。

Apex Legendsの配信を試したところ、以下の設定でスムーズにライブ配信ができました。

OBSのおすすめ設定
ゲームの画質
出力解像度1080p(1,920×1,080)
FPS共通値60
映像ビットレート6,000 Kbps
配信エンコーダハードウェア(NVENC)
音声ビットレート128
録画品質高品質、ファイルサイズ中
録画フォーマットmkv
配信後にmp4へ再多重化
録画エンコーダソフトウェア

配信中のフレームレートは150前後で、やや落ちてはいるもののとくに問題はありません。

配信するゲームによって設定を変える必要はありそうですが、配信用PCとしても十分使えそうです。

おすすめのBTOパソコン

Ryzen 5 4500

Ryzen 5 4500とRTX 3060を搭載したBTOパソコンをピックアップしました。

冒頭でもお伝えした通り、もう少し予算を出せるならCPUはCore i5-12400やRyzen 5 5600Xを選んだほうが良いです。

予算と用途に合わせて、納得のいく1台を選んでください。

掲載している仕様および価格は記事執筆時点の情報です。最新情報は各メーカーの公式サイトをご確認ください。

パソコン工房(レベル∞)

LEVEL-M0P5-R45-RBX

まずはパソコン工房が販売するLEVEL-M0P5-R45-RBX。

主なスペック
OSWindows 11 Home
CPURyzen 5 4500
GPURTX 3060
メモリDDR4-3200 16GB(8GB×2)
ストレージ500GB NVMe SSD
販売価格152,180円~(消費税・配送料込)

マザーボードはB550チップセット、CPUクーラーはリテールクーラーが採用されているようです。

microATXのコンパクトなケースで、DVDスーパーマルチドライブが標準搭載されているのも魅力といえそうです。

ツクモ

G-GEAR GA5A-C221/B

もうひとつはTSUKUMOで販売中のG-GEAR GA5A-C221/B。

主なスペック
OSWindows 11 Home
CPURyzen 5 4500
GPURTX 3060
メモリDDR4-3200 16GB(8GB×2)
ストレージ500GB NVMe SSD
販売価格159,600円~(消費税・配送料込)

ATXのミドルタワーケースに、マザーボードはMSIのB550-A PROが採用されている模様。

光学ドライブが標準搭載されるほか、電源も750Wの(80PLUS GOLD)と余裕があります。

おしゃれなケースとは言えませんが、拡張性は申し分なしです。

ドスパラ

GALLERIA RM5R-R36

続いてドスパラが販売するGALLERIA RM5R-R36。

主なスペック
OSWindows 11 Home
CPURyzen 5 4500
GPURTX 3060
メモリDDR4-3200 16GB(8GB×2)
ストレージ500GB NVMe SSD
販売価格168,280円~(消費税・配送料込)

こちらもCPUクーラーはリテールクーラーで、マザーボードはA520チップセットを採用。

光るパーツは搭載されていないようですが、アクリルパネルでケース内部を魅せられるのがGALLERIAの魅力。

記事執筆時点では翌日出荷という超スピード納品にも対応しているようです。

Ryzen 7000シリーズに期待

Ryzen 5 4500とRTX 3060

名称は4000シリーズでも性能は3000シリーズとほとんど変わらなくて微妙、というのが筆者の正直な感想です。

144Hzや165Hzのモニターでゲームをするなら問題はないものの、より安く買えるCore i3-12100Fのほうがゲーム性能は優秀です。

ただCore i3-12100FはBTOだと取り扱いがほとんどないため、なるべく予算を抑えてゲーミングPCを買いたいならRyzen 5 4500を検討してもいいかもしれません。

自作派の方や最新CPUが気になる方は、まもなく出てくるといわれるRyzen 7000シリーズ(Zen 4)を待ちましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。