基礎知識

予算20万円のおすすめゲーミングPC

予算20万円のおすすめゲーミングPC

予算20万円くらいでゲーミングPCを探している方に向けて、おすすめモデルをピックアップしました。

人気ゲームでどれくらいフレームレートを出せるのか、ゲーム以外の用途ではどれくらい活躍するのかなど、必要な情報もまとめています。

近いうちにゲーミングPCの購入を検討している方は、ぜひご覧ください。

予算20万円のスペック目安

ガレリア

予算20万円で買えるのは、いわゆるアッパーミドルといわれるモデル。

ハイスペックには一歩届かないといったところでしょうか。

搭載されるスペックはメーカーによって差があるものの、フルHD解像度のモニターならほとんどのゲームをサクサク動かせます。

将来的に競技シーンを目指している方をはじめ、人気ゲームを本気でやりこみたい方もストレスなく使えることでしょう。

とはいえハイスペックモデルと比べて劣る点があるのも事実。

注意点含め、どの程度のことができるのかご説明します。

グラボはRTX 3060 Ti

RTX 3060 Ti

予算20万円で探すなら、グラボはRTX 3060 Tiがおすすめ。

RTX 3060と名前は似ていますが、前世代のハイエンドモデルにあたるRTX 2080 Tiに匹敵する性能があります。

Fire Strike スコア比較
RTX 3070
26,828
RTX 3060 Ti
24,661
RTX 2080 Ti
24,352
RTX 3060
19,807
RTX 3050
14,233

フォートナイトはレンダリングモード「パフォーマンス」ならフレームレートは平均240を余裕で超えますし、Apex Legendsも低画質なら平均144以上で安定します。

ただし、ゲームによってはCPUとの組み合わせでフレームレートが大きく変動するので要注意。

11世代のCore i5をはじめ、Ryzen 5 5600Xと組み合わせて検証した結果をまとめているので、あわせてご覧いただくとより分かりやすいです。

WQHDやレイトレも快適

Cyberpunk 2077

RTX 3060 Tiならレイトレーシング(DXR)対応ゲームも最高画質でおおむね快適にプレイできます。

ゲームによってはフレームレートの平均値が60を下回りますが、プレイに支障が出るほどではありません。

軽めのゲームなら4Kでもストレスなく動かせますし、WQHDまでなら多くのゲームを最高画質で楽しめます。

1080pかつ60fpsで配信

Apex Legendsの配信

グラボがRTX 3060 Tiなら、TwitchやYoutubeでのライブ配信もスムーズにこなせます

筆者の経験上、軽めのゲームなら最高画質で1080かつ60fpsで配信も可能。

グラフィックの重いゲームは多少調整が必要になりますが、配信に力を入れたい方にも安心しておすすめできます。

CPUとの組み合わせで配信時の安定性や快適度が変わります。

アバター表示も可能

アバター表示のテスト

FaceRigなどのアバター表示ソフトを使用しながらの配信も、グラボがRTX 3060 Tiならスムーズにいくことが多いです。

使用するソフトや配信するゲームによって差はありますが、PC1台でVTuberとしてデビューしたいなら、グラボはRTX 3060 Ti以上がひとつの目安。

アバターを表示しながらのゲーム実況はPCの負荷が大きいため、CPUもCore i7やRyzen 7以上を推奨します。

動画編集もサクサク快適

Premiere Pro

RTX 3060 Tiを搭載したゲーミングPCなら、動画編集も快適にこなせます。

フルHDで録画したゲームのクリップを編集する程度なら、ストレスを感じる場面はありません。

4K動画の編集やAfter Effectsなどのソフトもフル活用するとなると、メモリは32GB(16×2)積んでおきたいところ。

どの程度動画編集に力を入れるかによって搭載すべきスペックを判断してください。

ゲームがメインで動画編集は月に数回する程度なら、メモリは16GB(8×2)でまったく問題ありません。

おすすめゲーミングPC

ドスパラのゲーミングPC

予算が20万円くらいあると、ゲーミングPCの選択肢が一気に広がります。

デスクトップとゲーミングノート、それぞれおすすめモデルをピックアップしました。

ノートにはRTX 3060 Tiがないため、RTX 3060またはRTX 3070から選んでいます。

また、掲載している仕様および価格、キャンペーン情報などはすべて記事執筆時点のものです。

定期的にチェックはしていますが、最新情報は必ず各メーカーの公式サイトでご確認ください。

20万円以下で買える(記事執筆時点の価格)ゲーミングPCの実機レビューは、こちらのページからもご覧になれます。

G-Tune HM-B-3060Ti-AF

G-Tune HM-B-3060Ti-AF

まずは当サイトとG-Tuneのコラボモデル。

主なスペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-11700F
GPUGeForce RTX 3060 Ti
メモリ16GB(8×2)
ストレージ512GB NVMe SSD
販売価格203,100円(消費税・送料込)

CPUは11世代のCore i7ですが、フルHD解像度ならほとんどのゲームをヌルヌル動かせます。

メーカーの特徴
分割払い36回まで手数料無料
サポート24時間365日(LINEもOK)
納期目安おおむね2週間程度
※時期やモデルで変動

マウスコンピューターはアフターサポートがとても充実しているため、はじめてゲーミングPCを買う方も安心です。

コラボモデルについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

G-Tune限定コラボモデル
G-Tuneの限定コラボモデルが販売開始!通常価格よりお得に購入可能マウスコンピューターが販売するゲーミングPC「G-Tune」と当サイト「ゲーミングPCログ」のコラボが決定しました。 初心者の方に...

LEVEL-M066-124-SAX

LEVEL-M066-124-SAX

パソコン工房で販売中のLEVEL-M066-124-SAXは、Intelの12世代CPUを搭載。

主なスペック
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUCore i5-12400
GPUGeForce RTX 3060 Ti
メモリ16GB(8×2)
ストレージ500GB NVMe SSD
販売価格194,180円(消費税・送料込)

ゲームによって差があるものの、Core i5-12400にはCore i7-11700Kと同等以上の性能があります。

当サイトで検証した限り、画質を落としたときのフレームレートの伸びはCore i5-12400のほうが上です。

メーカーの特徴
分割払い48回まで手数料無料
サポート24時間365日
納期目安おおむね2週間程度
※時期やモデルで変動

光学ドライブが標準搭載されているのも魅力のひとつといえそうです。

GALLERIA RM5C-R36T

GALLERIA RM5C-R36T

続いてはドスパラで販売中のGALLERIA RM5C-R36T。

主なスペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i5-11400
GPUGeForce RTX 3060 Ti
メモリ16GB(8×2)
ストレージ500GB NVMe SSD
販売価格183,280円(消費税・送料込)

Core i7-11700を搭載したモデル(XA7C-R36T)もありますが、約23万円と予算オーバー。

GALLERIAは価格の変動が激しいため、タイミングが良ければもう少し安く買えるかもしれません。

メーカーの特徴
分割払い48回まで手数料無料
サポート24時間365日
納期目安最短だと翌日出荷
※時期やモデルで変動

GALLERIAは標準仕様で光るケースと、最短翌日出荷という業界トップレベルの超スピード納品が大きな魅力です。

Alienware Aurora Ryzen Edition R10

Alienware Aurora Ryzen Edition R10

若干の予算オーバーに目をつぶれるなら、Alienwareにも手が届きます。

主なスペック
OSWindows 11 Home 64ビット
CPURyzen 7 5800
GPUGeForce RTX 3060 Ti
メモリ16GB(8×2)
ストレージ512GB NVMe SSD
販売価格202,485円(消費税・送料込)

CPUは「X」なしのRyzen 7 5800を搭載。

追加オプションでRyzen 7 5800Xにカスタマイズもできるようです。

メーカーの特徴
分割払い36回まで手数料無料
サポート日中のみ(休業日あり)
納期目安即納モデルなら数日程度
※時期やモデルで変動

ケースのデザインにこだわりたい方や、人とはちがうゲーミングPCを買いたい方は、候補に入れてみてはいかがでしょうか。

HP OMEN 16

HP OMEN 16

ここからはゲーミングノートをご紹介します。

主なスペック
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUCore i7-11800H
GPUGeForce RTX 3060
メモリ16GB(8×2)
ストレージ512GB NVMe SSD
販売価格185,000円(消費税・送料込)

日本HPが販売するOMEN 16は、16.1インチのやや大きめのディスプレイを採用。

リフレッシュレートは144Hzで、人気のシューターゲームも快適にプレイできます。

メーカーの特徴
分割払い36回まで手数料無料
サポート日中のみ(休業日あり)
納期目安即納モデルなら1週間程度
※時期やモデルで変動

HPのゲーミングPCは在庫状況が不安定で、出荷目安も時期によって大きく変動するため、最新情報は必ず公式サイトで確認してください。

Lenovo Legion 560i

Lenovo Legion 560i

最後にご紹介するのはLenovoのゲーミングノート。

主なスペック
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUCore i7-11800H
GPUGeForce RTX 3070
メモリ16GB(8×2)
ストレージ1TB NVMe SSD
販売価格185,552円(消費税・送料込)

15.6型でリフレッシュレートは165Hz。

ストレージも1TB搭載されており、先ほどご紹介したOMEN 16と比べると非常にお得です。

メーカーの特徴
分割払い48回まで手数料無料
サポート日中のみ(休業日あり)
納期目安2ヵ月以上
※時期やモデルで変動

唯一の弱点は、記事執筆時点の出荷目安が2ヵ月以上になっていること。

気長に待てるなら、コスパ抜群なゲーミングノートといえそうです。

予算20万なら選択肢が豊富

G-Tune HM-B-3060Ti

デスクトップはモニターやマウスなどの周辺機器が別売りなので、グラボをRTX 3060に落とすのもアリです。

ライブ配信に力を入れたいなら、Webカメラやマイク、オーディオインターフェースなどの機材が必要になる方もいるでしょう。

いずれにせよ予算が20万円あれば選択肢がとても豊富なので、ゲーミングPCで何をしたいのかを整理して、納得のいく1台を選んでください。

予算10万円
予算10万円おすすめゲーミングPC

詳しく見る

予算15万円
予算15万円おすすめゲーミングPC

詳しく見る

予算25万円
予算25万円のおすすめゲーミングPC

詳しく見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。