レビュー

Core i5-12400FとRTX 3060 Tiのベンチマーク|DDR4-3200メモリ使用

Core i5-12400FとRTX 3060 Tiのベンチマーク

Core i5-12400Fを購入したので、RTX 3060 Tiと組み合わせて人気ゲームをどこまで快適にプレイできるのか検証しました。

Intelの最新CPUの性能が気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

検証用PCのスペックや概要

Core i5-12400FとRTX 3060 Ti

今回、検証のために用意した環境は以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i5-12400F
GPUGeForce RTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GB(8GB×2)
ストレージ500GB M.2 SSD
電源750W(80PLUS GOLD)

マザーボードはASUSのTUF GAMING Z690-PLUS D4、CPUクーラーは付属のリテールクーラーを使用しています。

コスパを求めるならマザーボードはH670やB660チップセットでまったく問題ありません。(Z690はどれも高すぎる)

CPUとGPUの細かい情報を知りたい方は、こちらをご覧ください。

CPU-Z
CPU-Z
GPU-Z
GPU-Z

グラボはMSIのGeForce RTX 3060 Ti GAMING X TRIOを使用。

電源は750Wを使用していますが、NVIDIAの公式サイトによるとRTX 3060 Ti搭載PCの推奨電源は600Wとなっています。

RTX 3060の検証結果

Core i5-12400FとRTX 3060のベンチマーク

Core i5-12400FとRTX 3060の組み合わせで検証した結果もまとめています。

CINEBENCH R23などの重複するベンチマーク結果は省いているため、以下の記事もあわせてご覧いただくとよりわかりやすいです。

Core i5-12400FとRTX 3060のベンチマーク
Core i5-12400FとRTX 3060のベンチマーク|DDR4-3200メモリ使用Intelの最新CPU、Core i5-12400Fを購入しました。 このページでは、RTX 3060と組み合わせて人気ゲームをど...

ほかのCPUの検証結果

Core i5-12600KやRyzen 5 5600Xなど、ほかのCPUでもRTX 3060 Tiの性能を検証しています。

あわせてご覧いただくとCPUによるスコアの変化がわかりやすいです。

Core i5-12600K
Core i5-12600K

検証結果を見る

Ryzen 5 5600X
Ryzen 5 5600X

検証結果を見る

Core i5-11400F
Core i5-11400F

検証結果を見る

定番ベンチマークのスコア

Core i5-12400F

ここからは定番のベンチマークソフトのスコアをご紹介します。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

3D Markのスコア

3D Mark

まずは超定番の3D Markから、主要ベンチマークを試した結果がこちら。

Time Spy

Time Spyのスコア比較
RTX 3060 Ti
Core i7-11700K
11,465
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
12,053
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
11,469
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
10,918
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
10,953

Core i5-11400FやRyzen 5 5600Xと比べて微増です。

わずかながらCore i7-11700Kのスコアを上回っている点にも注目です。

Fire Strike

Fire Strikeのスコア比較
RTX 3060 Ti
Core i7-11700K
23,781
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
25,201
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
24,373
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
25,263
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
22,890

Fire StrikeでもCore i7-11700Kのスコアを上回りました。

Port Royal

Port Royalのスコア比較
RTX 3060 Ti
Core i7-11700K
6,954
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
7,006
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
6,971
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
7,023
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
6,952

Port Royalはほとんどスコアに差が出ず。

これは筆者の推測ですが、レイトレーシングの処理はGPUに依存する要素が大きく、CPUの性能は影響しづらいものと思われます。

定番ベンチマークのスコア

FF15FF15とFF14(暁月のフィナーレ)のベンチマークソフトを、それぞれフルHDの最高設定で走らせました。

FF15

FF15(フルHD、高品質)のスコア比較
RTX 3060 Ti
Core i7-11700K
10,730
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
11,623
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
11,509
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
11,390
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
10,877

Core i5-12600KやRyzen 5 5600Xに引けを取らないスコアです。

FF14 暁月のフィナーレ

FF14(フルHD、最高品質)のスコア比較
RTX 3060 Ti
Core i7-11700K
20,082
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
23,222
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
23,743
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
23,656
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
20,556

ゲームとの相性が良いのか、もっとも高いスコアが出ました。

人気ゲームのフレームレート

フォートナイト

ここからは実際に人気ゲームをプレイして、フレームレートの平均値を算出しました。

今回検証したのは以下の通り。

  1. フォートナイト
  2. Apex Legends
  3. VALORANT
  4. Rainbow Six Siege
  5. モンスターハンターライズ

それぞれ順にご紹介します。

フォートナイト

フォートナイト(FHD 最高画質)の比較
RTX 3060 Ti
Core i7-11700K
133
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
127
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
120
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
135
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
120

フォートナイトはリプレイ機能を使用し、撃ち合い中のシーンを含む、同一場面の平均フレームレートを計測した結果です。

計測タイミングによって変動するものの、Core i5-11400Fとほぼ同性能といえそうです。

フォートナイト(FHD 低画質 DX11)の比較
RTX 3060 Ti
Core i7-11700K
244
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
337
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
285
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
413
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
238

低画質はレンダリングモード「DirectX11」で、「3D解像度」のみ100%に設定して検証。

Ryzen 5 5600Xの突出が目立ちますが、Core i5-11400Fと比べると着実にフレームレートが伸びやすくなっています。

フォートナイト(FHD 低画質 PFmode)の比較
RTX 3060 Ti
Core i7-11700K
322
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
453
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
426
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
526
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
316

こちらはレンダリングモードを「パフォーマンス」に変えて試した結果です。

Core i5-12600Kには一歩届かない印象ですが、360以上の超・高フレームレートで安定します。

Apex Legends

Apex Legends(FHD 最高画質)の比較
RTX 3060 Ti
Core i7-11700K
140
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
145
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
152
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
148
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
129

Apex Legendsはカジュアルマッチを実際にプレイ。

近接での撃ち合いシーンを含めた、5分間の平均フレームレートを計測した結果です。

厳密な比較ではないものの、最高画質でも快適にプレイできました。

144Hzのモニターを使用しているなら、無理に画質を落とす必要はなさそうです。

Apex Legends(FHD 低画質)の比較
RTX 3060 Ti
Core i7-11700K
171
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
217
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
222
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
228
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
166

低画質ならおおむね200以上をキープ。

平均240には届きませんでしたが、一部のプロゲーマーやガチ勢の方でない限り、十分快適にプレイできるでしょう。

VALORANT

VALORANT(FHD 最高画質)の比較
RTX 3060 Ti
Core i7-11700K
288
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
410
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
413
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
525
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
298

VALORANTはプラクティスのスパイク解除モードで検証。

グラフィックが軽いこともあり、最高画質で400前後で安定していました。

実際のマッチ(スパイクラッシュ)でも240を下回ることはなく、非常に快適にプレイできます。

Rainbow Six Siege

Rainbow Six Siege(FHD 最高画質)の比較
RTX 3060 Ti
Core i7-11700K
347
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
391
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
433
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
480
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
349

レインボーシックスシージはベンチマークモードで検証した結果です。

ゲームとの相性が良いのか、Core i5-12600Kを上回っています。

筆者が購入したCore i7-11700Kは、ハズレ石だった可能性もありそうです。

モンスターハンターライズ

モンスターハンターライズ(FHD 最高画質)の比較
RTX 3060 Ti
Core i7-11700K
128
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
176
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
172
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
168
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
132

モンハンライズは体験版のオサイズチ討伐クエストをプレイ。

Core i5-12600KやRyzen 5 5600Xと同等レベルの性能を発揮できるようです。

最高画質でヌルヌル快適にプレイできます。

レイトレーシング性能

FARCRY6

レイトレーシング対応ゲームの平均フレームレートも検証しました。

今回検証したのは以下の通り。

  1. WATCH DOGS LEGION
  2. FARCRY6

順にご紹介します。

WATCH DOGS LEGION

WATCH DOGS LEGION(DXR OFF)
RTX 3060 Ti
Core i7-11700K
69
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
71
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
80
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
72
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
66

WATCH DOGS LEGIONは最高画質でベンチマークモードを走らせた結果です。

CPUの性能としてはCore i5-12600Kに劣るはずですが、なぜか高いスコアが出ています。

WATCH DOGS LEGION(DXR ON)
RTX 3060 Ti
Core i7-11700K
41
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
57
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
62
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
55
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
53

DXR ONでも快適にプレイできるようです。

FARCRY6

FARCRY6(DXR OFF)
RTX 3060 Ti
Core i7-11700K
84
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
106
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
110
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
98
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
86

FARCRY6もベンチマークモードを使用。

こちらもCore i5-12600Kをわずかに上回ってしまいました。

FARCRY6(DXR ON)
RTX 3060 Ti
Core i7-11700K
71
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
89
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
84
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
81
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
75

DXR ONでも平均80以上をキープ。

ほとんどのゲームでCore i7-11700K以上のスコアを叩き出しています。

ゲーム実況・ライブ配信

Apex Legendsの配信

Twitchでスムーズに配信できるかも検証しました。

配信ソフトは無料で使えるOBS(Open Broadcaster Software)を使用し、配信と同時に録画も実施します。

Apex Legendsの配信を試したところ、以下の設定でスムーズにライブ配信ができました。

OBSのおすすめ設定
ゲームの画質低~中
出力解像度1080p(1,920×1,080)
FPS共通値60
映像ビットレート6,000 Kbps
配信エンコーダハードウェア(NVENC)
音声ビットレート128
録画品質高品質、ファイルサイズ中
録画フォーマットmkv
配信後にmp4へ再多重化
録画エンコーダハードウェア(NVENC)

配信中でもフレームレートはほとんど落ち込まず、スムーズに配信と録画ができました。

配信するゲームによって設定を変える必要はありそうですが、配信用PCとしても十分使えそうです。

アバター表示はやや厳しい

アバター表示の配信

FaceRigを使用してアバターを表示させながら配信を試したところ、場面によって映像のカクつきが発生。

Core i5-12400FとRTX 3060で検証したときも激しいカクつきが発生していたため、GPUではなくCPUに原因がありそうに思います。

PC1台でVTuberとして活動するなら、CPUはCore i5-12600K以上を推奨します。

おすすめのBTOパソコン

Core i5-12400とRTX 3060 Tiを搭載したBTOパソコンをピックアップしました。

パソコン工房やG-Tuneでは、記事執筆時点でCore i5-12400搭載モデルの販売を確認できていません。

詳細は不明ですが、そのうちラインナップに追加されるものと思われます。

掲載している仕様および価格は記事執筆時点の情報です。最新情報は各メーカーの公式サイトをご確認ください。

ドスパラ

GALLERIA RM5C-R36T

まずはドスパラが販売するGALLERIA RM5C-R36T。

主なスペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i5-12400
GPURTX 3060 Ti
メモリDDR4 16GB(8GB×2)
ストレージ500GB NVMe SSD
販売価格183,280円~(消費税・配送料込)

CPUは「F」つきではなく、内蔵GPUを搭載する無印のCore i5-12400が採用されています。

GALLERIAはライティング機能を標準搭載したケースと、業界最速レベルの超スピード納品が大きな魅力。

「すぐにゲーミングPCが欲しい!」

という方にとって、間違いなく有力候補になることでしょう。

パソコンショップSEVEN

ZEFT G24CX

こちらはパソコンショップSEVENが販売するZEFT G24CX。

主なスペック
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUCore i5-12400F
GPURTX 3060 Ti
メモリDDR4 16GB(8GB×2)
ストレージ500GB NVMe SSD
2TB HDD
販売価格219,780円~(消費税・配送料込)

標準仕様の場合、マザーボードはASRockのB660M Pro RSが採用されているようです。

RGBファン搭載のケース(Sharkoon TG5 pro RGB)が使われており、光学ドライブや無線LANも標準搭載。

GALLERIAと比べるとやや高いものの、搭載されているパーツはなかなか豪華です。

ケースをはじめ、搭載パーツを細かくカスタムできるのがパソコンショップSEVENの魅力なので、価格はあくまで参考程度にご覧ください。

TSUKUMO

G-GEAR GA5J-F220/ZB

もうひとつはTSUKUMOで販売中のG-GEAR GA5J-F220/ZB。

主なスペック
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUCore i5-12400
GPURTX 3060 Ti
メモリDDR4 16GB(8GB×2)
ストレージ1TB NVMe SSD
販売価格222,000円~(消費税・配送料込)

標準仕様だとGPUはRTX 3060ですが、RTX 3060 Tiにカスタマイズしています。

マザーボードはASUSのTUF GAMING Z690-PLUS WIFIを採用。

追加オプション無しで無線LAN、Bluetoothへの接続が可能です。

+13,200円でCPUをCore i5-12600Kにカスタマイズもできるのも魅力です。

Core i5でもボトルネック発生せず

TUF GAMING Z690-PLUS D4

筆者の経験上、グラボがRTX 3060 Tiの場合、11世代や10世代のCore i5ではCPUがボトルネックになっていました。

今回検証した限り、Core i5-12400Fならボトルネックにならないようです。

ベンチマークやゲームによってはCore i7-11700Kのスコアすら上回っており、Core i5とは思えないほどの性能アップです。

予算20万円前後で幅広く活躍するゲーミングPCを探しているなら、Core i5-12400FとRTX 3060 Tiの組み合わせは非常に有力な候補になりそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。