レビュー

Core i5-11400FとRTX 3060 Tiのベンチマーク

Core i5-11400FとRTX 3060 Tiのベンチマーク

まとめたつもりがまとめていなかったことに気づいたので、いまさらながらCore i5-11400FとRTX 3060 Tiについてです。

人気ゲームをどこまで快適にプレイできるのか検証しました。

定番のミドルスペックでどれくらいのフレームレートを叩き出せるのか、ぜひご覧ください。

検証用PCのスペックや概要

Core i5-11400F

今回、検証のために用意した環境は以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i5-11400F
GPUGeForce RTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 32GB(16GB×2)
ストレージ1TB M.2 SSD(Gen4)
電源1200W(80PLUS PLATINUM)

メモリクロックは2,933MHz(Gear1)に設定。

容量は32GB(16GB×2)積んでいますが、ゲーム用途なら基本的に16GB(8GB×2)あれば十分です。

必要以上にメモリを増やしても、ゲームのフレームレートにはほとんど影響しません。

グラボはMSIのGeForce RTX 3060 Ti GAMING X TRIOを使用。

電源が1200Wとなっているのは手持ちの電源がこれしかなかっただけで、NVIDIAの公式サイトによると、RTX 3060 Ti搭載PCの推奨電源は600Wとなっています。

ほかのCPUで検証した結果

12世代のCore i5-12600KやライバルとなるRyzen 5 5600Xなど、ほかのCPUと組み合わせたときの検証結果もまとめています。

あわせてご覧いただくとCPUによるスコアの変化がわかりやすいです。

Core i5-12600K
Core i5-12600K

検証結果を見る

Core i7-11700K
Core i7-11700K

検証結果を見る

Ryzen 5 5600X
Ryzen 5 5600X

検証結果を見る

RTX 3060で検証した結果

Core i5-11400FとRTX 3060のベンチマーク

Core i5-11400FとRTX 3060の組み合わせで検証した結果もまとめています。

CINEBENCH R23などの重複するベンチマーク結果は省いているため、以下の記事もあわせてご覧いただくとよりわかりやすいです。

Core i5-11400FとRTX 3060のベンチマーク
Core i5-11400FとRTX 3060のベンチマークCore i5-11400Fを購入したので、RTX 3060の組み合わせで人気ゲームをどこまで快適にプレイできるのか検証しました。 ...

定番ベンチマークのスコア

ここからは定番のベンチマークソフトのスコアをご紹介します。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

3D Markのスコア

3D Mark

まずは超定番の3D Markから、主要ベンチマークを試した結果がこちら。

Time Spy

Time Spyのスコア比較
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
12,053
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
10,918
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
10,953
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
8,659
RTX 3060
Core i5-11400F
8,677

Time SpyではRyzen 5 5600Xと同程度のスコアを出せています。

Fire Strike

Fire Strikeのスコア比較
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
25,201
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
25,263
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
22,890
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
20,524
RTX 3060
Core i5-11400F
19,341

Fire StrikeではRyzen 5 5600Xのポテンシャルの高さが際立つ結果となりました。

RTX 3060 Tiの性能は前世代(RTX 20シリーズ)のハイエンドクラスに匹敵するため、CPUがCore i5-11400Fだとボトルネックが発生しているのかもしれません。

Port Royal

Port Royalのスコア比較
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
7,006
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
7,023
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
6,952
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
5,189
RTX 3060
Core i5-11400F
5,217

レイトレーシングの性能をチェックするPort Royalはほとんどスコアに差が出ていません。

レイトレーシングの処理はGPUに依存する要素が大きく、CPUの性能は影響しづらいものと思われます。

定番ベンチマークのスコア

FF15FF15とFF14(暁月のフィナーレ)のベンチマークソフトを、それぞれフルHDの最高設定で走らせました。

FF15

FF15(フルHD、高品質)のスコア比較
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
11,623
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
11,390
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
10,877
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
9,113
RTX 3060
Core i5-11400F
9,043

Core i5-12600KやRyzen 5 5600Xのスコアには一歩届かずでした。

FF14 暁月のフィナーレ

FF14(フルHD、最高品質)のスコア比較
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
23,222
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
23,656
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
20,556
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
20,507
RTX 3060
Core i5-11400F
18,579

ゲームによって相性があるものの、やはりCore i5-11400FだとRTX 3060 Tiの性能を最大限に発揮できていない印象です。

人気ゲームのフレームレート

フォートナイト

ここからは実際に人気ゲームをプレイして、フレームレートの平均値を算出しました。

今回検証したのは以下の通り。

  1. フォートナイト
  2. Apex Legends
  3. VALORANT
  4. Rainbow Six Siege
  5. モンスターハンターライズ

それぞれ順にご紹介します。

フォートナイト

フォートナイト(FHD 最高画質)の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
127
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
135
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
120
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
108
RTX 3060
Core i5-11400F
106

フォートナイトはリプレイ機能を使用し、撃ち合い中のシーンを含む、同一場面の平均フレームレートを計測した結果です。

フォートナイト(FHD 低画質 DX11)の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
337
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
413
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
238
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
374
RTX 3060
Core i5-11400F
216

低画質はレンダリングモード「DirectX11」で、「3D解像度」のみ100%に設定して検証。

RTX 3060のスコアは上回っているものの、Ryzen 5 5600Xとの差があまりにも大きすぎます。

フォートナイト(FHD 低画質 PFmode)の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
453
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
526
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
316
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
493
RTX 3060
Core i5-11400F
303

こちらはレンダリングモードを「パフォーマンス」に変えて試した結果です。

フォートナイトを240固定でプレイしたいなら、パフォーマンスモードがおすすめです。

Apex Legends

Apex Legends(FHD 最高画質)の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
145
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
148
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
129
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
124
RTX 3060
Core i5-11400F
114

Apex Legendsはカジュアルマッチを実際にプレイ。

近接での撃ち合いシーンを含めた、5分間の平均フレームレートを計測した結果です。

Apex Legends(FHD 低画質)の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
217
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
228
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
166
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
211
RTX 3060
Core i5-11400F
155

低画質まで落とせば、おおむね144以上はキープできます。

ただし、近接での撃ち合いや戦闘状況によっては瞬間的にフレームレートが100を下回ることもあります。

VALORANT

VALORANT(FHD 最高画質)の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
410
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
525
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
298
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
502
RTX 3060
Core i5-11400F
280

VALORANTはプラクティスのスパイク解除モードで検証。

グラフィックが軽いこともあり、最高画質で平均値は300近くまで伸びました。

実際のマッチでは多少変動すると思われます。

Rainbow Six Siege

Rainbow Six Siege(FHD 最高画質)の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
391
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
480
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
349
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
409
RTX 3060
Core i5-11400F
349

レインボーシックスシージはベンチマークモードで検証した結果です。

今回の検証ではRTX 3060との差がありませんでした。

モンスターハンターライズ

モンスターハンターライズ(FHD 最高画質)の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
176
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
168
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
132
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
162
RTX 3060
Core i5-11400F
122

モンハンライズは体験版のオサイズチ討伐クエストをプレイ。

平均144には届きませんでしたが、PvEがメインのアクションゲームなので問題はありません。

十分快適にプレイできます。

レイトレーシング性能

FARCRY6

レイトレーシング対応ゲームの平均フレームレートも検証しました。

今回検証したのは以下の通り。

  1. Bright Memory RTX Benchmark
  2. WATCH DOGS LEGION
  3. FARCRY6

順にご紹介します。

Bright Memory RTX Benchmark

Bright Memory(DXR ON)
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
70
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
68
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
68
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
51
RTX 3060
Core i5-11400F
53

以下の設定で試したときの平均フレームレートです。

  1. 解像度:フルHD
  2. RTX Quality:Very High
  3. DLSS:Quality

Port Royalと同じく、GPUが同じだとスコアに大きな差が出ないようです。

WATCH DOGS LEGION

WATCH DOGS LEGION(DXR OFF)
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
71
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
72
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
66
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
61
RTX 3060
Core i5-11400F
62

WATCH DOGS LEGIONは最高画質でベンチマークモードを走らせた結果です。

WATCH DOGS LEGION(DXR ON)
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
57
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
55
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
53
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
50
RTX 3060
Core i5-11400F
51

DXR ONでもそこそこ快適に動かせます。

FARCRY6

FARCRY6(DXR OFF)
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
106
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
98
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
86
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
90
RTX 3060
Core i5-11400F
84

FARCRY6もベンチマークモードを使用。

FARCRY6(DXR ON)
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
89
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
81
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
75
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
72
RTX 3060
Core i5-11400F
68

DXR ONで平均60を上回っていれば十分優秀です。

ゲーム実況・ライブ配信

Apex Legendsの配信

Twitchでスムーズに配信できるかも検証しました。

配信ソフトは無料で使えるOBS(Open Broadcaster Software)を使用し、配信と同時に録画も実施します。

Apex Legendsの配信を試したところ、以下の設定でスムーズにライブ配信ができました。

OBSのおすすめ設定
ゲームの画質低~中
出力解像度1080p(1,920×1,080)
FPS共通値60
映像ビットレート6,000 Kbps
配信エンコーダハードウェア(NVENC)
音声ビットレート128
録画品質高品質、ファイルサイズ中
録画フォーマットmkv
配信後にmp4へ再多重化
録画エンコーダハードウェア(NVENC)

CPUの性能が控えめなので、エンコード設定はハードウェア(NVENC)がおすすめ。

最高画質での配信は少々しんどい印象ですが、ゲームの画質を落とせば快適に配信&録画が可能です。

配信ソフトなどの設定はゲームによって変える必要があります。

おすすめのBTOパソコン

RTX 3060 Ti

Core i5-11400またはCore i5-11400Fと、RTX 3060 Tiを搭載したBTOパソコンのおすすめモデルをピックアップしました。

記事執筆時点ではドスパラとTSUKUMOしか販売を確認できていません。

掲載している仕様および価格は記事執筆時点の情報です。最新情報は各メーカーの公式サイトをご確認ください。

ドスパラ

GALLERIA RM5C-R36T

まずはドスパラが販売するGALLERIA RM5C-R36T。

主なスペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i5-11400
GPURTX 3060 Ti
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージ1TB NVMe SSD
販売価格173,280円(消費税・配送料込)

CPUは無印のCore i5-11400が搭載されています。

GALLERIAはライティング機能を標準搭載したケースと、業界最速レベルの超スピード納品が大きな魅力。

「すぐにゲーミングPCが欲しい!」

という方にとって、間違いなく有力候補になることでしょう。

ドスパラは価格の波が激しいため、タイミングさえよければもっと安く買えそうです。

TSUKUMO

G-GEAR GA5J-D211/T

もうひとつはTSUKUMOで販売中のG-GEAR GA5J-D211/T。

主なスペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i5-11400
GPURTX 3060 Ti
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージ500GB NVMe SSD
販売価格183,500円(消費税・配送料込)

標準仕様ではグラボがRTX 3060になっているため、カスタマイズでRTX 3060 Tiに変更しています。

CPUをFつき(Core i5-11400F)に変更すると3,301円安く買えるので、内蔵GPUにこだわりがなければFつきへの変更がおすすめです。

コスパで選びたい方におすすめ

RTX 3060 Ti

性能を最優先で選ぶなら、RTX 3060 Tiと組み合わせるCPUはRyzen 5 5600X以上がおすすめです。

Core i5-11400Fでもほとんどのゲームを快適にプレイできますし、配信もこなせますが、CPUがボトルネックになっているのか、フレームレートの伸びはイマイチ。

コスパという点では悪くない選択肢なので、ミドルスペックのゲーミングPCをちょっとでも安く手に入れたいなら、有力候補になることでしょう。

予算と用途に合わせて、納得のいく1台を選んでください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。