基礎知識

予算15万円のおすすめゲーミングPC

予算15万円おすすめゲーミングPC

予算15万円くらいでゲーミングPCを探している方に向けて、おすすめモデルをピックアップしました。

人気ゲームでどれくらいフレームレートを出せるのか、ゲーム以外の用途ではどれくらい活躍するのかなど、必要な情報もまとめています。

近いうちにゲーミングPCの購入を検討している方は、ぜひご覧ください。

予算15万円のスペック目安

LEVEL∞ R-Class

予算15万円で買えるのは、いわゆるミドルスペックといわれるモデル。

搭載されるスペックはメーカーによって差があるものの、おおむね人気ゲームは快適に動かせると考えて問題ありません。

家庭用ゲーム機からステップアップを考えている方も、きっと満足できることでしょう。

とはいえ何もかもがサクサク快適とはいえません。

注意点含め、どの程度のことができるのかご説明します。

グラボはRTX 3060を狙う

Palit RTX 3060 Dual OC 12GB

予算15万円で探すなら、グラボはRTX 3060を狙いたいところ。

メーカーによってはグラボがRTX 3050やGTX 1660になってしまう場合もあります。

フォートナイトはレンダリングモード「パフォーマンス」ならフレームレートは平均240を超えますし、Apex Legendsも画質を落とせば平均144以上で安定します。

ただし、ゲームによってはCPUとの組み合わせでフレームレートが大きく変動するので要注意。

11世代のCore i5をはじめ、Ryzen 5 5600Xと組み合わせて検証した結果をまとめているので、あわせてご覧いただくとより分かりやすいです。

高解像度やレイトレはしんどい

サイバーパンク2077

RTX 3060はミドルスペックの定番ですが、快適にプレイできるのはフルHDまでと考えたほうが良いでしょう。

WQHDや4Kなどの高解像度ではパワー不足を実感する場面が如実に増えてきます。

レイトレーシング(DXR)対応ゲームも、最高画質でヌルヌル動かすのは少々しんどいタイトルが多いため、過度な期待は禁物です。

1080pかつ60fpsで配信

Apex Legendsの配信

グラボがRTX 3060なら、TwitchやYoutubeでのライブ配信も十分こなせます。

CPUとの組み合わせや、配信するゲームによってPCにかかる負荷が変わるものの、ゲームの画質を落とせば1080pかつ60fpsで安定した配信も可能。

ゲーム実況に挑戦したいなら、ミドルスペック以上のゲーミングPCをおすすめします。

アバター表示はしんどい

アバター表示の配信

FaceRigなどのアバター表示ソフトを使用しながら配信する場合、RTX 3060では映像がカクついてしまうことがあります。

使用するソフトや配信するゲームによって差はありますが、PC1台でVTuberとしてデビューしたいなら、15万円では少々予算不足。

ゲームを起動せず、アバターを表示しながら雑談配信をする程度ならスムーズに配信可能です。

動画編集もおおむね快適

Premiere Pro

ミドルスペックのゲーミングPCなら、動画編集もそこそこ快適にこなせます。

フルHDで録画したゲームのクリップを編集する程度なら、ストレスを感じる場面はほとんどないでしょう。

4K動画の編集やAfter Effectsなどのソフトもフル活用するとなると、メモリは32GB(16×2)積んでおきたいところ。

Youtuberのように毎日動画編集をする、などの用途でない限りメモリは16GB(8×2)あれば十分です。

おすすめゲーミングPC

HM-Bの外観

予算15万円前後で買えるゲーミングPCのおすすめモデルをピックアップしました。

やや値下がり傾向ではあるものの、まだまだ15万円以下だと選択肢が少ないです。

掲載している仕様および価格、キャンペーン情報などはすべて記事執筆時点のものです。

定期的にチェックはしていますが、最新情報は必ず各メーカーの公式サイトでご確認ください。

Lenovo Legion T550

Lenovo Legion T550

記事更新時点でコスパがズバ抜けているのがLenovo。

主なスペック
OSWindows 11 Home
CPURyzen 7 5800
GPUGeForce RTX 3060
メモリ16GB(8×2)
ストレージ256GB SSD
2TB HDD
販売価格139,700円(消費税・送料込)

システムストレージが256GBしかないのは少々気になりますが、HDDにゲームなどをインストールすれば問題はありません。(起動はやや遅いかもですが)

Ryzen 7 5800は一般流通しないOEM専売モデルで、市販されているRyzen 7 5800Xと比べると若干パワーが抑えられています。

記事執筆時点ではCore i5-12400とRTX 3060の組み合わせで15万円前後が最安ライン。

「X」なしとはいえ、Ryzen 7とRTX 3060の組み合わせでギリギリ14万台は素晴らしいコスパです。

メーカーの特徴
分割払い48回まで手数料無料
サポート日中のみ(休業日あり)
納期目安即納
※時期やモデルで変動

Lenovoの弱点は出荷目安の変動が激しいこと。

記事執筆時点では即納扱いになっていましたが、時期によっては2か月以上待たされることもあるため、最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

HP Victus 15L Desktop

HP Victus 15L Desktop

HPからはAMDづくしの白いゲーミングPC、Victus 15Lをピックアップ。

主なスペック
OSWindows 11 Home 64ビット
CPURyzen 5 5600G
GPURadeon RX 6600 XT
メモリ16GB(8×2)
ストレージ512GB M.2 SSD
2TB HDD
販売価格132,000円(消費税・送料込)

RX 6600 XTはRTX 3060のライバルにあたるグラボ。

レイトレーシングの処理が苦手という弱点はあるものの、Apex Legendsなどのゲームとは相性が良く、フレームレートが伸びやすいです。

メーカーの特徴
分割払い36回まで手数料無料
サポート日中のみ(休業日あり)
納期目安即納モデルなら1週間程度
※時期やモデルで変動

Radeonという点が気にならなければ、なかなかのコストパフォーマンスです。

HPの週末セールや期間限定クーポンを活用すると、さらに安く買えることもあるため、気になる方はこまめにチェックしてみてください。

HPの10%割引クーポン
OMENなどの人気PCが最大10%OFFで買える!HPの割引クーポン【2022年11月】日本HPのオンラインストア(HP Directplus)で利用できるクーポン情報をまとめています。 現在利用可能なクーポンは以下の...

GALLERIA RM5C-G60S

GALLERIA RM5C-G60S

続いてはドスパラで販売中のGALLERIA RM5C-G60S。

主なスペック
OSWindows 11 Home
CPUCore i5-12400
GPUGeForce GTX 1660 SUPER
メモリ16GB(8×2)
ストレージ500GB NVMe SSD
販売価格148,280円(消費税・送料込)

予算内には収まるものの、グラボはGTX 1660 SUPERまでダウン。

ゲーム性能としてはRTX 3050と同等レベルではありますが、LenovoやHPと比較するとやや見劣りするでしょうか。

メーカーの特徴
分割払い48回まで手数料無料
サポート24時間365日
納期目安最短だと翌日出荷
※時期やモデルで変動

GALLERIAは標準仕様で光るケースと、最短翌日出荷という業界トップレベルの超スピード納品が大きな魅力。

このモデルはマインクラフトの「Java&Bedrock Edition」が同梱されているのもお得です。

LEVEL-M06M-124-RJX

LEVEL-M06M-124-RJX

パソコン工房で販売中のLEVEL-M06M-124-RJXなら、もう少しだけ安く買えます。

主なスペック
OSWindows 11 Home
CPUCore i5-12400
GPUGeForce GTX 1660 SUPER
メモリ16GB(8×2)
ストレージ500GB NVMe SSD
販売価格142,000円(消費税・送料込)

光学ドライブが標準搭載されているのは魅力ですが、GALLERIAと比べるとケースのデザインがやや地味でしょうか。

メーカーの特徴
分割払い48回まで手数料無料
サポート24時間365日
納期目安おおむね2週間程度
※時期やモデルで変動

さすがは大手メーカーというべきか、分割手数料が無料でアフターサポートも充実。

時期によってはポイント還元のキャンペーンも併用できるため、さらにお得に購入可能です。

FRGXB660/WS901/NTK

フロンティアのセール品

フロンティアの週替わりセールなら、RTX 3060に手が届きます。

主なスペック
OSWindows 11 Home
CPUCore i5-12400F
GPUGeForce RTX 3060
メモリ16GB(8×2)
ストレージ512GB NVMe SSD
販売価格144,800円(消費税・送料別)

国内BTOメーカーとしては、やはりフロンティアが最安でしょうか。

ケースのデザインが地味で、内部構造もやや古臭いものの、見た目を気にしないなら非常にお買い得です。

メーカーの特徴
分割払い可能
サポート日中のみ(休業日あり)
納期目安最短で1週間程度
※時期やモデルで変動

フロンティアのセールは在庫切れになるリスクがあるほか、ラインナップや価格は毎週変わります。

最新情報は必ず公式サイトで確認してください。

Dell G15 Ryzen

Dell G15 Ryzen

こちらはDellが販売するゲーミングノート。

主なスペック
OSWindows 11 Home 64ビット
CPURyzen 7 5800H
GPUGeForce RTX 3060
メモリ16GB(8×2)
ストレージ512GB NVMe SSD
販売価格144,785円(消費税・送料込)

先ほどのVictus 16とスペックは似ていますが、ディスプレイは15.6インチの一般的なサイズで、リフレッシュレートは120Hz。

120Hzと144Hzのちがいを実感できる人はほとんどいないと思われます。(どちらもヌルヌル)

メーカーの特徴
分割払い36回まで手数料無料
サポート日中のみ(休業日あり)
納期目安即納モデルなら数日程度
※時期やモデルで変動

好みの問題ですが、デザインや高級感という意味ではG15のほうが上でしょうか。

予算と用途に合わせて選択を

GALLERIA UL7C-R36

今回ピックアップしたデスクトップは、いずれもモニターやマウス、キーボードなどの周辺機器が別売りです。

はじめてゲーミングPCを買う方は、周辺機器にかかる予算も考えておきましょう。

ゲーミングノートならマウスさえあればゲームを動かせますが、デスクトップと比較すると同じGPUでも性能は落ちます。

ゲーミングPCで何をしたいのか、予算と用途に合わせて納得のいく1台を選んでください。

予算10万円
予算10万円おすすめゲーミングPC

詳しく見る

予算20万円
予算20万円のおすすめゲーミングPC

詳しく見る

予算25万円
予算25万円のおすすめゲーミングPC

詳しく見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です