レビュー

Core i5-12400FとRTX 3060のベンチマーク|DDR4-3200メモリ使用

Core i5-12400FとRTX 3060のベンチマーク

Intelの最新CPU、Core i5-12400Fを購入しました。

このページでは、RTX 3060と組み合わせて人気ゲームをどこまで快適にプレイできるのか検証した結果を掲載しています。

12世代CPUの性能が気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

検証用PCのスペックや概要

Core i5-12400FとRTX 3060

今回、検証のために用意した環境は以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i5-12400F
GPUGeForce RTX 3060
メモリDDR4-3200 16GB(8GB×2)
ストレージ500GB M.2 SSD
電源750W(80PLUS GOLD)

Core i5-12400Fはツクモのネットショップで購入、価格は24,800円でした。

マザーボードはASUSのTUF GAMING Z690-PLUS D4、CPUクーラーは付属のリテールクーラーを使用しています。

新しいリテールクーラー

プッシュピンタイプで脱着は簡単ですが、回転音はそこそこうるさいです。

静音性を求めるなら、別途CPUクーラーを用意したほうが良いでしょう。

また、コスパを求めるならマザーボードはH670やB660チップセットでまったく問題ありません。(Z690はどれも高すぎる)

CPUとGPUの細かい情報を知りたい方は、こちらをご覧ください。

CPU-Z
CPU-Z
GPU-Z
GPU-Z

Core i5-12400には性能差がほとんどない「C0ステッピング」と「H0ステッピング」の2種類の個体があるようですが、筆者が購入したものは「C0」の模様。

C0ステッピングとは、Core i5-12600Kと同じダイから生成され、Eコアが無効化されたモデルとのこと。

グラボはPalit RTX 3060 Dual OC 12GBを使用しています。

電源は750Wを使用していますが、NVIDIAの公式サイトによるとRTX 3060搭載PCは550W以上が推奨とされています。

ほかのCPUの検証結果

Core i5-12600KやRyzen 5 5600Xなど、ほかのCPUでもRTX 3060の性能を検証しています。

あわせてご覧いただくとCPUによるスコアの変化がわかりやすいです。

Core i5-12600K
Core i5-12600K

検証結果を見る

Ryzen 5 5600X
Ryzen 5 5600X

検証結果を見る

Core i5-11400F
Core i5-11400F

検証結果を見る

RTX 3060 Tiの検証結果

Core i5-12400FとRTX 3060 Tiのベンチマーク

RTX 3060 Tiでも同じように検証しました。

GPUがRTX 3060 Tiの場合、11世代や10世代のCore i5ではボトルネックが発生していましたが、12世代では発生せず。

もう少し予算を出せるなら、とてもおすすめな構成です。

Core i5-12400FとRTX 3060 Tiのベンチマーク
Core i5-12400FとRTX 3060 Tiのベンチマーク|DDR4-3200メモリ使用Core i5-12400Fを購入したので、RTX 3060 Tiと組み合わせて人気ゲームをどこまで快適にプレイできるのか検証しました。...

定番ベンチマークのスコア

Core i5-12400F

ここからは定番のベンチマークソフトのスコアをご紹介します。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23

まずはCPUの性能をチェックするCINEBENCH R23のスコアから。

CINEBENCH R23(Multi)のスコア比較
Core i7-11700K
13,904
Core i5-12600K
16,831
Core i5-12400F
12,394
Ryzen 5 5600X
10,132
Core i5-11400F
9,406

Core i5-12600Kのスコアには届かないものの、前世代のCore i5-11400Fと比べると大幅にスコアアップしています。

CINEBENCH R23(Single)のスコア比較
Core i7-11700K
1,492
Core i5-12600K
1,827
Core i5-12400F
1,594
Ryzen 5 5600X
1,535
Core i5-11400F
1,325

シングルコアではCore i7-11700Kのスコアをわずかに上回りました。

ただしこれはあくまでベンチマークのスコアで、ゲームのフレームレートも同じような結果になるということではありません。

3D Markのスコア

3D Mark

続いて超定番の3D Markから、主要ベンチマークを試した結果がこちら。

Time Spy

Time Spyのスコア比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
10,953
RTX 3060
Core i5-12600K
9,292
RTX 3060
Core i5-12400F
8,999
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
8,659
RTX 3060
Core i5-11400F
8,677

Core i5-11400FやRyzen 5 5600Xと比べて微増、といった印象です。

Fire Strike

Fire Strikeのスコア比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
22,890
RTX 3060
Core i5-12600K
20,540
RTX 3060
Core i5-12400F
20,438
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
20,524
RTX 3060
Core i5-11400F
19,341

ほぼ誤差の範囲といえそうですが、Core i5-12600KやRyzen 5 5600Xと比べてややスコアが落ちています。

Port Royal

Port Royalのスコア比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
6,952
RTX 3060
Core i5-12600K
5,242
RTX 3060
Core i5-12400F
5,224
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
5,189
RTX 3060
Core i5-11400F
5,217

レイトレーシングの性能をチェックするPort Royalはほとんどスコアに差が出ず。

これは筆者の推測ですが、レイトレーシングの処理はGPUに依存する要素が大きく、CPUの性能は影響しづらいものと思われます。

定番ベンチマークのスコア

FF15FF15とFF14(暁月のフィナーレ)のベンチマークソフトを、それぞれフルHDの最高設定で走らせました。

FF15

FF15(フルHD、高品質)のスコア比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
10,877
RTX 3060
Core i5-12600K
9,286
RTX 3060
Core i5-12400F
9,184
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
9,113
RTX 3060
Core i5-11400F
9,043

順当なスコアといえそうです。

FF14 暁月のフィナーレ

FF14(フルHD、最高品質)のスコア比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
20,556
RTX 3060
Core i5-12600K
19,973
RTX 3060
Core i5-12400F
20,896
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
20,507
RTX 3060
Core i5-11400F
18,579

ゲームとの相性が良いのか、もっとも高いスコアが出ました。

人気ゲームのフレームレート

フォートナイト

ここからは実際に人気ゲームをプレイして、フレームレートの平均値を算出しました。

今回検証したのは以下の通り。

  1. フォートナイト
  2. Apex Legends
  3. VALORANT
  4. Rainbow Six Siege
  5. モンスターハンターライズ

動画にもまとめているので、あわせてご覧いただくとよりわかりやすいです。

それぞれ順にご紹介します。

フォートナイト

フォートナイト(FHD 最高画質)の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
120
RTX 3060
Core i5-12600K
97
RTX 3060
Core i5-12400F
103
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
108
RTX 3060
Core i5-11400F
106

フォートナイトはリプレイ機能を使用し、撃ち合い中のシーンを含む、同一場面の平均フレームレートを計測した結果です。

計測タイミングによって変動するものの、Core i5-11400Fとほぼ同性能といえそうです。

フォートナイト(FHD 低画質 DX11)の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
238
RTX 3060
Core i5-12600K
322
RTX 3060
Core i5-12400F
262
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
374
RTX 3060
Core i5-11400F
216

低画質はレンダリングモード「DirectX11」で、「3D解像度」のみ100%に設定して検証。

Ryzen 5 5600Xの突出が目立ちますが、Core i5-11400Fと比べると着実にフレームレートが伸びやすくなっています。

フォートナイト(FHD 低画質 PFmode)の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
316
RTX 3060
Core i5-12600K
427
RTX 3060
Core i5-12400F
416
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
493
RTX 3060
Core i5-11400F
303

こちらはレンダリングモードを「パフォーマンス」に変えて試した結果です。

Core i5-12600Kには一歩届かない印象ですが、300以上の超・高フレームレートで安定します。

Apex Legends

Apex Legends(FHD 最高画質)の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
129
RTX 3060
Core i5-12600K
122
RTX 3060
Core i5-12400F
135
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
124
RTX 3060
Core i5-11400F
114

Apex Legendsはカジュアルマッチを実際にプレイ。

近接での撃ち合いシーンを含めた、5分間の平均フレームレートを計測した結果です。

厳密な比較ではないものの、最高画質でも快適にプレイできました。

144Hzのモニターを使用しているなら、無理に画質を落とす必要はなさそうです。

Apex Legends(FHD 低画質)の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
166
RTX 3060
Core i5-12600K
201
RTX 3060
Core i5-12400F
183
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
211
RTX 3060
Core i5-11400F
155

非戦闘時なら200以上のフレームレートを出す場面も多いですが、撃ち合いの場面を含めると平均値は200に届かず。

とはいえ一部のプロゲーマーやガチ勢の方でない限り、十分快適にプレイできるでしょう。

VALORANT

VALORANT(FHD 最高画質)の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
298
RTX 3060
Core i5-12600K
404
RTX 3060
Core i5-12400F
402
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
502
RTX 3060
Core i5-11400F
280

VALORANTはプラクティスのスパイク解除モードで検証。

グラフィックが軽いこともあり、最高画質で400前後で安定していました。

実際のマッチ(スパイクラッシュ)では280前後にまで落ち込みましたが、240を下回ることはほとんどなく、非常に快適にプレイできます。

Rainbow Six Siege

Rainbow Six Siege(FHD 最高画質)の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
349
RTX 3060
Core i5-12600K
373
RTX 3060
Core i5-12400F
411
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
409
RTX 3060
Core i5-11400F
349

レインボーシックスシージはベンチマークモードで検証した結果です。

何度か試しましたが、ゲームとの相性が良いのかRyzen 5 5600Xを上回るスコアを出し続けました。

テロハントモードでは270前後に落ち込んでいたものの、十分な性能といえそうです。

モンスターハンターライズ

モンスターハンターライズ(FHD 最高画質)の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
132
RTX 3060
Core i5-12600K
170
RTX 3060
Core i5-12400F
168
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
162
RTX 3060
Core i5-11400F
122

モンハンライズは体験版のオサイズチ討伐クエストをプレイ。

Core i5-12600KやRyzen 5 5600Xと同等レベルの性能を発揮できるようです。

最高画質でヌルヌル快適にプレイできます。

レイトレーシング性能

FARCRY6

レイトレーシング対応ゲームの平均フレームレートも検証しました。

今回検証したのは以下の通り。

  1. WATCH DOGS LEGION
  2. FARCRY6

順にご紹介します。

WATCH DOGS LEGION

WATCH DOGS LEGION(DXR OFF)
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
66
RTX 3060
Core i5-12600K
64
RTX 3060
Core i5-12400F
64
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
61
RTX 3060
Core i5-11400F
62

WATCH DOGS LEGIONは最高画質でベンチマークモードを走らせた結果です。

Core i5-12600Kとまったく変わらないスコアでした。

WATCH DOGS LEGION(DXR ON)
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
53
RTX 3060
Core i5-12600K
52
RTX 3060
Core i5-12400F
52
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
50
RTX 3060
Core i5-11400F
51

DXR ONでも快適にプレイできるようです。

FARCRY6

FARCRY6(DXR OFF)
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
86
RTX 3060
Core i5-12600K
93
RTX 3060
Core i5-12400F
93
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
90
RTX 3060
Core i5-11400F
84

FARCRY6もベンチマークモードを使用。

こちらもCore i5-12600Kと変わらないスコアでした。

FARCRY6(DXR ON)
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
75
RTX 3060
Core i5-12600K
77
RTX 3060
Core i5-12400F
76
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
72
RTX 3060
Core i5-11400F
68

DXR ONでも平均70以上をキープ。

グラフィック重視のゲームも快適にプレイできます。

ゲーム実況・ライブ配信

Apex Legendsの配信

Twitchでスムーズに配信できるかも検証しました。

配信ソフトは無料で使えるOBS(Open Broadcaster Software)を使用し、配信と同時に録画も実施します。

Apex Legendsの配信を試したところ、以下の設定でスムーズにライブ配信ができました。

OBSのおすすめ設定
ゲームの画質
出力解像度1080p(1,920×1,080)
FPS共通値60
映像ビットレート6,000 Kbps
配信エンコーダハードウェア(NVENC)
音声ビットレート128
録画品質高品質、ファイルサイズ中
録画フォーマットmkv
配信後にmp4へ再多重化
録画エンコーダハードウェア(NVENC)

配信中でもフレームレートはほとんど落ち込まず、スムーズに配信と録画ができました。

配信するゲームによって設定を変える必要はありそうですが、配信用PCとしても十分使えそうです。

アバター表示での配信は厳しい

アバター表示の配信

FaceRigを使用してアバターを表示させながら配信を試したところ、映像が激しくカクついてしまい、戦闘中は静止画になっていました。

OBSの出力解像度を1080pから720pに落とし、録画をせずに配信だけで試しても若干のカクつきが発生。

PC1台でVTuberとして活動するには、さすがにパワー不足です。

おすすめのBTOパソコン

Core i5-12400とRTX 3060を搭載したBTOパソコンをピックアップしました。

パソコン工房やG-Tuneでは、記事執筆時点でCore i5-12400搭載モデルの販売を確認できていません。

詳細は不明ですが、そのうちラインナップに追加されるものと思われます。

掲載している仕様および価格は記事執筆時点の情報です。最新情報は各メーカーの公式サイトをご確認ください。

フロンティア

フロンティアのセール品

まずはフロンティアの週替わりセールに登場していたモデルから。

主なスペック
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUCore i5-12400F
GPURTX 3060
メモリDDR4 16GB(8GB×2)
ストレージ1TB NVMe SSD
販売価格163,100円~(消費税・配送料込)

マザーボードはH670 チップセットで、メモリはDDR4-3200を採用。

「とにかく安いゲーミングPCが欲しい!」

という方にとって、有力候補になりそうです。

フロンティアのセールは台数限定かつ毎週ラインナップが変わるため、最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

ドスパラ

GALLERIA RM5C-R36T

続いてドスパラが販売するGALLERIA RM5C-R36。

主なスペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i5-12400
GPURTX 3060
メモリDDR4 16GB(8GB×2)
ストレージ500GB NVMe SSD
販売価格178,280円~(消費税・配送料込)

「F」つきではなく、内蔵GPUを搭載する無印のCore i5-12400が採用されています。

GALLERIAはライティング機能を標準搭載したケースと、業界最速レベルの超スピード納品が大きな魅力。

「すぐにゲーミングPCが欲しい!」

という方にとって、間違いなく有力候補になることでしょう。

パソコンショップSEVEN

ZEFT Gaming PC

こちらはパソコンショップSEVENが販売するZEFT Gaming PC。

主なスペック
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUCore i5-12400F
GPURTX 3060
メモリDDR4 16GB(8GB×2)
ストレージ500GB NVMe SSD
販売価格185,680円~(消費税・配送料込)

標準仕様の場合、マザーボードはASRockのB660M Pro RSが採用されているようです。

無印のCore i5-12400に変更する場合、費用が+7,880円高くなります。

ケースをはじめ、搭載パーツを細かくカスタムできるのがパソコンショップSEVENの魅力なので、価格はあくまで参考程度にご覧ください。

TSUKUMO

G-GEAR GA5J-F220/ZB

もうひとつはTSUKUMOで販売中のG-GEAR GA5J-F220/ZB。

主なスペック
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUCore i5-12400
GPURTX 3060
メモリDDR4 16GB(8GB×2)
ストレージ1TB NVMe SSD
販売価格200,000円~(消費税・配送料込)

GALLERIAと比べると価格は高めですが、マザーボードはこの記事の検証でも使用したASUSのTUF GAMING Z690-PLUS WIFIを採用

追加オプション無しで無線LAN、Bluetoothへの接続が可能です。

また、光学ドライブも標準搭載されています。

+13,200円でCPUをCore i5-12600Kにカスタマイズもできるのも魅力です。

ミドルスペックの新しい定番へ

Core i5-12400FとRTX 3060

Core i5-12600Kの販売解禁から約2ヵ月。

ようやく本命のCore i5-12400が登場してくれた、という印象です。

ゲームによってはCore i5-12600KやRyzen 5 5600Xと同等レベルの性能を発揮できており、2万円台で買えるCPUとして考えれば素晴らしいコスパといえるでしょう。

フォートナイトやApex Legendsなどの人気ゲームでは、前世代のCore i5-11400Fと比べて着実に性能がアップ。

ミドルクラスの新しい定番CPUとして人気が出そうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。