基礎知識

PCでフレームレート(fps)を表示する方法

PCゲームのフレームレート計測方法

パソコンでゲームをしているとき、どれくらいフレームレート(fps)が出ているのか気になったことはありませんか?

新しいゲーミングPCに買い替えたとき、グラフィックカードをアップデートしたときなど、性能を数値で実感できるのは楽しいものです。

しかしながらゲームによってはフレームレートをうまく表示できないことも。

そこでこのページでは、筆者がゲーミングPCをレビューする際に使用している、おすすめのfps表示ツールをご紹介しています。

フレームレートの表示方法に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

fps表示におすすめのツール5選

筆者がよく使用するツールは以下の5つ。

fps表示のおすすめツール
  1. ゲームのオプション
  2. GeForce Experience
  3. MSI Afterburner
  4. OCAT
  5. CapFrameX

記事執筆時点において万能と呼べるツールはなく、相性の問題などもあるためゲームによって使い分けることが大切です。

それぞれどういったツールなのか、順にご説明します。

ゲームのオプション

もっとも手軽な方法は、ゲームのグラフィック設定を変えること。

フォートナイトなどの一部ゲームは、設定を変えるだけで画面上にフレームレートを表示できます。

ゲーム内の設定

ただし、文字が小さかったり、平均値を測定する機能などは非搭載。

フォートナイト
表示されているFPS
ボーダーランズ3
ボーダーランズ3

フレームレート表示機能を搭載していないゲームが多いのも難点。

グラフィック設定の画面にフレームレート表示の項目がなければ、別の方法で表示させるしかありません。

ゲームランチャー側でも設定可能

SteamやUplay、Originなどをお使いであれば、ゲームランチャー側の設定でフレームレートを表示させられます。

Steam
Steam
Uplay
Uplay

簡単に表示できるのは便利ですが、表示がとても小さく、お世辞にも見やすいとは言えません。

小さなFPS表示

ゲームの邪魔にならないように、という配慮と思われますが、さすがに小さすぎです。

ベンチマーク機能が使えることも

レインボーシックスシージやボーダーランズ3といった一部ゲームは、ベンチマーク機能が用意されています。

レインボーシックスシージ
R6Sのベンチマーク機能
ボーダーランズ3
ボーダーランズ3

今のパソコンでどれくらいのフレームレートを出せるのか、簡単に計測が可能。

グラフィックカードをアップデートした際など、ぜひ試してみてください。

GeForce Experience

NVIDIAのGPUを搭載したグラフィックカードを使っているなら、GeForce Experienceのゲーム内オーバーレイ機能もおすすめ。

GeForce Experience

各種機能を使うためにはアカウントを作成する必要はあるものの、設定を少しいじるだけでフレームレートの表示が可能。

表示場所の選択はできますが、文字の色や大きさを変えることはできません。

FPSの表示例

また、GeForce Experienceのアップデートでフレームレート以外の項目も表示できるようになりました。

ベーシックモードはCPUとGPU使用率も表示、アドバンスモードならGPUの温度や電圧まで表示可能です。

ベーシック
ベーシック
アドバンス
アドバンス

表示が増えるほどゲームの邪魔になってしまうのも事実。

用途に合わせて最適な表示モードを選びましょう。

AMD Radeonでは使えない

GeForce Experienceは名前の通り、GeForceのグラフィックカードでないと使えません。

GeForce
MSIのRTX 3060 Ti
Radeon
Radeon

グラフィックカードにAMDのRadeonを搭載しているなら、Radeon Softwareを使いましょう。

Radeon Software

操作方法などは少し異なりますが、GeForce Experienceとほぼ同じような機能が用意されています。

Radeon Softwareの使用例

いろいろ細かく表示できて便利です。

MSI Afterburner

MSIのAfterburner

筆者がよく使用するのはMSIのAfterburner。

本来はオーバークロックに使用するツールですが、ハードウェアをモニタリングできるほか、フレームレートも表示可能。

MSIのグラフィックカードやマザーボードなどを使っていなくとも、問題なく起動できます。

Afterburnerの使用例
Afterburnerの使用例

どの数値をモニタリングするかを自由に選べて、文字の大きさや色もカスタマイズ可能。

さらに計測した数値のcsv出力にも対応しているので、ひと手間かければフレームレートの平均値も簡単に算出できます。

出力結果のサンプル

ダウンロードサイトは英語のみですが、ソフトそのものは日本語に対応しているので安心してください。

Easy Anti-Cheatと相性が悪い

Afterburnerの弱点は、Easy Anti-Cheatと相性が悪いこと。

フォートナイトやApex Legends、レインボーシックスシージなどで使おうとすると、ゲームそのものが起動しなくなることも。

Easy Anti-Cheat

おそらくチートツールと疑われて、機能をブロックされてしまうのでしょう。

裏技的に使うこともできますが、チートと判断されてアカウントをBANされたら最悪。

うまく起動しないときは、潔くあきらめたほうが安全です。

OCAT

OCAT

Afterburnerを受け付けないゲームが増えてきたことで、新たに探し出したのがOCAT。

OCATとは、Open Capture and Analysis Toolの略称だそうです。

Afterburnerとは少し趣がちがって、OCATでは任意の期間における平均フレームレートを計測できます。

OCATの使用例

計測時間はデフォルトで60秒に設定されていますが、自由に設定可能。

筆者は120や180秒に設定して、ゲーム中の平均値をチェックしています。

計測後はcsvデータが自動で出力され、平均フレームレート(Average FPS)も一発で確認できて便利。

csvデータ

ただしOCATにも相性の問題があるようで、ゲームによってはうまく起動しません。

スムーズに機能しないと思ったら、別のツールを使ったほうが手っ取り早いです。

CapFrameX

CapFrameX

筆者の最近のお気に入りはCapFrameX。

Afterburnerと相性が良くないフォートナイトやApex Legendsで、平均フレームレートを簡単に算出できます。

ゲーム起動中、キー操作ひとつで任意のタイミング(60秒間など)のフレームレートをグラフ化可能。

操作パネル

デフォルトでは60秒に設定されていますが、筆者は180秒で計測しています。

グラフ化した結果

わざわざcsvで吐き出したデータを集計しなくとも、一発で平均フレームレートを表示してくれるため、検証作業を効率化できます。

計測結果をクリックひとつで画像化(スクショ)できたり、使い勝手の良さはAfterburner以上。

ハードウェア情報

検証時のハードウェア情報を記録できるのも気にっているポイントです。

平均フレームレートを調べたいだけなら、CapFrameXがおすすめです。

PCに合わせてツールを使い分けよう

Death Stranding

フレームレートを表示させるだけならGeForce Experience、ハードウェアの状況もモニタリングしたいならAfterburner、平均フレームレートを調べるならCapFrameXがおすすめです。

各ツールの使い方などを動画にまとめているので、あわせてご覧いただくとよりわかりやすいです。

筆者が使っていないだけで、PCゲームのフレームレートを表示させるツールや方法はほかにもいろいろあると思います。

使用しているグラフィックカードやゲームによって最適なツールは異なるので、いろいろ試しながらベストな方法を見つけてください。

フレームレートを上げる方法
PCゲームのフレームレートを上げる設定方法まとめ家庭用ゲーム機からゲーミングPCへのステップアップをおすすめする理由はいろいろありますが、そのひとつにフレームレート(fps)の高さが挙...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。