レビュー

Razer DeathAdder V2レビュー|1,000万台以上出荷の定番マウス

Razer DeathAdder V2

Razerのゲーミングマウス、DeathAdder V2を買いました。

全世界で1,000万台以上出荷しているDeathAdderシリーズの最新モデル。

右利き用のエルゴノミクス形状で、重量も82gと軽め。

手が大きめでかぶせ持ち派の方は、ぜひご覧ください。

Razer DeathAdder V2の特徴

DeathAdder V2

DeathAdder V2の特徴を整理すると以下の通り。

右手でホールドしやすいデザイン

最大20,000DPIの高解像度に対応

最大7,000万回のクリック耐久性

手が小さめの人には不向きなサイズ

公式のプロモーション動画はこちら。

スペックや本体デザインなど、順にご紹介します。

基本スペック

DeathAdder V2の主なスペックは以下の通り。

DeathAdder V2 主なスペック
寸法127×61.7×42.7mm
重量82g(ケーブルを除く)
センサーFocus+ 20K DPI オプティカルセンサー
DPI最大 20,000dpi
レポートレート125/500/1000Hz
接続方式有線
ボタン数8
耐クリック回数7,000万回

価格は時期によって変動しますが、筆者はAmazonで9,680円で買いました。

そのほかの細かい仕様については公式サイトをご確認ください。

ラインナップ

DeathAdderシリーズ

RazerのDeathAdderシリーズは、記事執筆時点で旧モデル(DeathAdder Elite)も販売を継続しています。

さらにサイズが小ぶりになったV2 Miniも発売。

それぞれの主なスペックを比較すると以下の通り。

EliteV2V2 Mini
寸法126×70×44mm127×61.7×42.7mm114.2×56×38.5mm
重量105g82g62g
センサー5G 16K DPI オプティカルセンサーFocus+ 20K DPI オプティカルセンサー8500 DPI オプティカルセンサー
DPI最大 16,000dpi最大 20,000dpi最大 8,500dpi
接続方式有線有線有線
ボタン数786
販売価格4,980円9,680円6,480円

スペック面で選ぶなら新型のV2ですが、旧型のEliteは約半額で買えるのが魅力。

手が小さめの方をはじめ、つかみ持ちやつまみ持ち派の方にはV2 Miniがおすすめです。

V2 Miniについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

DeathAdder V2 Miniレビュー
Razer DeathAdder V2 Miniレビュー|小型で軽量なマウスRazerのゲーミングマウス、DeathAdder V2 Miniを買いました。 全世界で1,000万台以上出荷しているRazer...

外観・デザイン

パッケージはRazerおなじみのデザイン。

パッケージ
パッケージ

Amazon倉庫での保管状態がよくないのか、箱の傷や汚れが目立ちました。

開封された様子はなかったので、中古品をつかまされた可能性は低いです。

付属品は簡素な説明書とステッカー、本体のみと非常にシンプル。

付属品一式

右手で持ちやすいように、ひねりのきいた形状です。

天面
底面

ソールは本体前後に1枚ずつで、交換用ソールは付属していません。

プロファイルを切り替えるボタンが底面にありますが、事前に専用ソフトウェアで設定しておく必要があります。

サイドボタンは本体左側に2つ。

左側面
右側面

側面の下側、親指と小指が触れるあたりにメッシュのような加工が施されていて、手がすべりにくいです。

前面
後面

前方はかなり独特な形状です。

糸巻ケーブル

パソコンとつなぐためのUSBケーブルは、Viper miniなどにも使われているRazerのSPEEDFLEX。

いい意味でコシがないケーブルなので、マウスバンジーがなくても滑らかに操作可能です。

ほかのマウスと比較

大きさが似ている有線ゲーミングマウス、BenQのZOWIE S1と比べてみました。

ゾーイと比較

両者の主なスペックを比較すると以下の通り。

Razer DeathAdder V2BenQ ZOWIE S1
寸法127×61.7×42.7mm126×66×39mm
重量82g87g
DPI最大 20,000dpi最大 3,200dpi
レポートレート125/500/1000Hz125/500/1000 Hz
接続方式有線有線
ボタン数87
販売価格9,680円8,889円

サイズや重量はかなり似ていますが、手に持ったときの感触は大きく異なります。

側面図の比較

DeathAdder V2は高さのピークが中央にありますが、ZOWIE S1は本体の後方。

サイドボタンやホイールの位置関係もかなり変わります。

DeathAdder V2は最大20,000dpiまで上げられるという強みがあるものの、4K以上の高解像度モニターでも使っていない限り3,200dpiで十分。

価格帯も似ているので、なかなか悩ましいです。

ZOWIE S1について詳しく知りたい方は、以下のレビュー記事をご覧ください。

ZOWIE S1
BenQ ZOWIE S1レビュー|FPS向けゲーミングマウスBenQの最新ゲーミングマウス、ZOWIE S1を提供いただいたのでご紹介します。 Apex Legendsやレインボーシックスシ...

マウスの持ちやすさ

筆者の手で試した限り、DeathAdder V2はかぶせ持ちと相性が良いと感じました。

かぶせ持ち
かぶせ持ち
つかみ持ち
つかみ持ち

DeathAdder V2は127mmと大きめなので、手が小さめの方やつまみ持ち派の方には向いていません。

手が小さくて親指も短めの方だと、前方のサイドボタンにギリギリ届かない可能性があるため、実機を触ってから購入することをおすすめします。

欧米の手が大きい方向けに作られているように感じます。

いずれも筆者の手で試した感想なので、量販店やPCショップで実機を触ってみることをおすすめします。

操作のしやすさ

DeathAdder V2のスイッチ

DeathAdder V2のスイッチは赤外線で作動するオプティカルマウススイッチを搭載。

物理的接触を必要としないスイッチなので応答時間は0.2msと速く、より繊細なコントロールが可能といわれています。

応答速度の差は体感ではほとんどわかりませんが、ほかのマウスと比べてクリック感が浅くて軽いため指が疲れにくいのは好印象です。

本体の大きさもあって、がっしりとホールドするため安定感は抜群。

ただ、長時間使用していると手のひらが蒸れてきます。

正直に書いてしまうと、筆者としてはもう少し小さめのマウスが好きです。

専用ソフトウェア

専用ソフトウェア

DeathAdder V2はRazerの専用ソフトウェア「Synapse3」に対応。

少々わかりづらいユーザーインターフェースですが、サイドボタンに何の機能を割り当てるかなど細かくカスタマイズできます。

Razerのアカウント作成を求められますが、作成しなくとも利用可能です。

ボタンのカスタマイズ
レポートレートの設定

DPIやレポートレート(ポーリングレート)も設定可能。

一般的なフルHDモニターでDPIを20,000まで上げると、ほとんどの人はマウスカーソルを肉眼で追えなくなるので、上限は3,200前後がおすすめです。

マウスパッドの調整

マウスパッドに合わせた微調整も可能なので、こだわりたい方は設定を追い込んでみてください。

オンボードメモリにプロファイルを保存しておけば、ほかのパソコンにつなげたときも今までの設定のまま使えるので便利です。

Synapse3はRazerの公式サイトからダウンロードできます。

RGBライティング

ライティングの設定

ライティングは1,680万色から自由に選べて、明るさや発光パターンもいろいろ選べます。

今回はRazerのイメージカラー、緑で発光させてみました。

DeathAdder V2のライティング例
DeathAdder V2のライティング例

光る場所はロゴマークとホイールのみ。

品のある光り方をするので、とてもカッコいいです。

ONOFFの設定

どのタイミングでライティングをOFFにするかも設定可能。

キーボードやPCと発光パターンを同期させたり、その日の気分で色を変えてみるなど、いろいろ楽しめます。

センサー性能のテスト結果

DeathAdder V2

ここからはDeathAdder V2のセンサー性能をチェックした結果をご紹介します。

検証時のマウスパッドはSteelSeriesのQcK miniを使用しました。

いずれも当サイトで検証した結果です。マウスパッドの材質やマウスとの相性なども影響するため、あくまで参考程度にご覧ください。

マウステスター

レポートレートとDPIを変えてマウステスターを試しました。

テスト結果の見方を簡単に解説すると、グラフ上のポイント(点)が一定間隔であればセンサーの精度が安定しているということです。

問題なし
問題なしの例
問題あり
問題ありの例

ポイントがひとつだけ飛んでいたり、乱れているものはセンサー精度が不安定ということ。

今回は125Hz、500Hz、1,000Hzの3段階で、それぞれ400~3,200DPIに感度を変えてチェックしました。

いずれの設定でも目立った乱れは発生せず、DeathAdder V2のセンサー精度は安定しているといえそうです。

125Hz

400dpi
400dpi
800dpi
800dpi
1600dpi
1600dpi
3200dpi
3200dpi

500Hz

400dpi
400dpi
800dpi
800dpi
1600dpi
1600dpi
3200dpi
3200dpi

1000Hz

400dpi
400dpi
800dpi
800dpi
1600dpi
1600dpi
3200dpi
3200dpi

リフトオフディスタンス

リフトオフディスタンスのチェックシート

厚さの異なるプラ板を使用して、マウスのリフトオフディスタンスをチェックしました。

リフトオフディスタンスとは、マウスを何mm浮かすとセンサーが反応しなくなるかを表す距離のことで、短いほど繊細な操作に適しています。

DeathAdder V2のリフトオフディスタンスは約1.4mmと微妙なスコアでした。

当サイトで計測した主なマウスと結果を比較すると以下の通り。

リフトオフディスタンスの比較(mm)
Xtrfy M4 RGB
0.4
Logicool
G PRO WL
0.5
Razer
Viper Ultimate
0.6
HyperX
Pulsefire Raid
0.7
Finalmouse
Ultralight2
0.9
Razer
Mamba Wireless
0.9
BenQ ZOWIE S1
1.0
Razer
DeathAdder V2
1.4
Razer
VIPER MINI
2.0~

実用上、大きな問題はないものの、約1万円のマウスとして考えると1.0mmを切ってほしかったところ。

FPSゲームでマウスのテスト

DeathAdder V2

ここからは実際にPCゲームを操作した感想をご紹介します。

先ほどのセンサー性能の検証と同じく、マウスパッドはSteelSeriesのQcK miniを使用。

レポートレートは1,000Hz、DPIは3,200に設定しました。

KovaaK 2.0: The Meta

KovaaK 2.0: The Meta

まずはエイム練習用ソフトとして有名なKovaaK 2.0: The Metaをプレイ。

マップはAscended Tracking v3をチョイス。

マウスをホールドしやすい形状なので、動き回る的にもエイムしやすいと感じました。

82gと比較的軽いマウスで、ケーブルが柔らかくて邪魔になりにくいのも好印象です。

Apex Legends

APEX LEGENDS

続いてApex Legendsをプレイ。

サイドボタンも押しやすく的確に操作できましたが、30分くらいで手の蒸れが気になってきます。

手に汗をかきやすい方だと、かなり不快に感じるかもしれません。

操作性は決して悪くないものの、本体が大きすぎて評価を下げてしまっている印象です。

Razer DeathAdder V2のまとめ

DeathAdder V2

レビューのまとめとして、もう一度DeathAdder V2の特徴をおさらいします。

右手でホールドしやすいデザイン

最大20,000DPIの高解像度に対応

最大7,000万回のクリック耐久性

手が小さめの人には不向きなサイズ

1,000万台以上売れている人気シリーズということで期待していましたが、おそらく欧米などの諸外国で人気なんだろうと思います。

スペックは高いものの、20,000DPIを必要とする人は極めて少ないのが現実ですし、約1万円という価格は少々割高に感じてしまいました。

手が大きめで、がっしり握れる有線ゲーミングマウスを探している方は、DeathAdder V2を候補に入れてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。