レビュー

RX570レビュー|MSI Radeon RX570 ARMOR 8G

MSI Radeon RX570 ARMOR 8G

MSIのグラフィックカード、Radeon RX570 ARMOR 8Gを買いました。

増税前に楽天市場でポチったのですが、購入価格は15,000円。

エントリークラスとはいえ激安です。

このページでは、定番のベンチマークソフトや各種ゲームで検証したRX570の性能について詳しくまとめています。

ゲーミングパソコンの購入やグラボの買い替えを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

外観と主な仕様

RX570の外箱
RX570の外箱

まずはMSI Radeon RX570 ARMOR 8Gの基本情報や外観から見ていきます。

「そんなことよりベンチマークスコアが見たい!」

という方はこちらをご覧ください。

あっさりとしたデザインで、見るからに安っぽいエントリークラスという印象です。

LEDライティングなどのこじゃれた機能なんて、もちろん非搭載。

MSI Radeon RX570 ARMOR 8G
バックプレートは非搭載

バックプレートも非搭載で、端子類がむき出し。

冬場で乾燥しているときは、静電気防止手袋を付けた方がよさそうです。

負荷の低いときはファンを止める機能が搭載されているため、静音性も期待できます。

RTX2080との比較

RTX2080と大きさを比較すると、RX570の貧弱さコンパクトさがより伝わるでしょうか。

主なスペック

MSI Radeon RX570 ARMOR 8Gの主なスペックを表にまとめました。

ちがいがわかりやすいように、MSIのGTX1660 Ti、GTX1650と比較しています。

記載している価格はAmazon(記事執筆時点)を参考にしました。

GTX1660 TiGTX1650RX570
コア数15368962048
コアクロック1875MHz1860MHz1268MHz
メモリGDDR6 6GBGDDR5 4GBGDDR5 8GB
消費電力130W75W150W
価格36,574円20,202円15,768円
公式サイト詳しく見る詳しく見る詳しく見る

ビデオメモリやコア数はもっとも高いものの、コアクロックではGTX1650と大きな差があります。

消費電力に至ってはGTX1650の2倍。

このスペックの差がどれだけ性能に現れるのか、後半パートで詳しくご紹介します。

より詳しいスペックを知りたい方は、MSIの公式サイトにてご確認ください。

GPU-Zの結果は以下の通り。

GPU-Zの結果

ビデオメモリはかつてHYUNDAIという社名だったHynix製のようです。

大きさ

RX570を装着した様子

MSI Radeon RX570 ARMOR 8Gはツインファン仕様で、仕様上の寸法は246×130×39mm。

ATX規格のケースなら問題なく収まるサイズ。

ゲームプレイ中はGPU温度が75度くらいまで上がるため、冷却性能はあまり高くありません。

補助電源は8ピン×1を使用。

補助ピンを接続した様子

重量は622gと軽めなので、マザーボードと接続しても自重で傾くことはありません。

ただ、マザーボードとの相性なのか、ケースとの相性なのか不明ですが、スロットカバーとの接触が悪く、きっちりネジが閉められませんでした。

出力端子

出力端子

出力端子はとても豊富で、こんなに要らないくらい。

  • DisplayPort(version 1.4 Ready)×3
  • HDMI(version 2.0b)×1
  • DVI ×1

4K解像度(3,840×2,160)でも出力できますが、ゲーム用途ではフルHD(1,920×1,080)までと考えましょう。

ベンチマーク結果

MSI Radeon RX570 ARMOR 8G

ここからは定番のベンチマークソフトを使って、RX570の性能を細かくチェックしていきます。

グラフィックカード以外の構成は以下の通り。

CPUやメモリはオーバークロックさせず、定格で動かしています。

自作PCの構成
マザーボードMSI MEG Z390 ACE
CPUIntel Core i9-9900K
CPUクーラーNZXT KRAKEN X72
メモリCORSAIR DDR4 2666MHz
32GB(16GB×2)
電源CORSAIR HX750i
(80PLUS PLATINUM)
ストレージSAMSUNG 970 EVO Plus 500GB
SAMSUNG 860 EVO 1TB

CPUやメモリがボトルネックになることはないはずです。

Time Spy

Time Spy
Time Spy
GTX1660 Ti
6900
GTX1650
4006
RX570
4032

Fire Strike

Fire Strike
Fire Strike
GTX1660 Ti
15313
GTX1650
8440
RX570
10457

VRMark

VRMark

軽めのVRゲームならそれなりに動かせそうです。

VR Mark(Orange room)
GTX1660 Ti
9920
GTX1650
5531
RX570
6211
Cvan room
Cvan room
VR Mark(Cyan room)
GTX1660 Ti
6327
GTX1650
3592
RX570
3641
Blue room
Blue room
VR Mark(Blue room)
GTX1660 Ti
2011
GTX1650
1092
RX570
986

FF15

FF15
高品質3539(普通)
標準品質5063(やや快適)
軽量品質7002(快適)

フルHD解像度でベンチマークを走らせたところ、軽量品質で「快適」という結果に。

高画質でも動かせないことはなさそうですが、場面によって重く感じることがありそうです。

FF14 漆黒の反逆者

FF14のベンチ-マーク
最高品質9481(非常に快適)
高品質10613(非常に快適)
標準品質15581(非常に快適)

FF14なら最高品質でもサクサク動かせます。

DQX

DQXベンチマーク
最高品質24156(すごく快適)
標準品質24257(すごく快適)
低品質24010(すごく快適)

ドラクエXはかなり軽いゲームなので、最高品質でまったく問題なく動かせます。

低品質より標準品質のほうが高いスコアという、少々不思議な結果になりました。

フレームレート検証

ここからは実際にいくつかのゲームをプレイして、フレームレートの平均値を算出しました。

フレームレートの確認にはOCATを使用、一部相性が良くないゲームはAfterburnerを使っています。

いずれも最高画質に設定して、フルHD解像度のゲーミングモニター(リフレッシュレート240Hz)で検証しました。

Apex Legends

Apex Legends
最高画質(フルHD)75fps

Apex Legendsは最高画質で75前後のフレームレートが出ました。

カジュアルに楽しむなら十分快適です。

勝率を上げたいならグラフィック設定を落として、少しでもフレームレートを上げたほうがよいでしょう。

Apex Legends(フルHD:最高画質)
GTX1660 Ti
102fps
GTX1650
52fps
RX570
75fps

PUBG

PUBG
最高画質(フルHD)64fps

PUBGは最高画質(ウルトラ)で60前後のフレームレート。

Apex Legendsほど素早い動きはないものの、中画質程度に落としたほうがスムーズに動かせます。

画質を優先するか、フレームレートを優先するか、プレイスタイルに合わせて決めましょう。

PUBG(フルHD:最高画質)
GTX1660 Ti
104fps
GTX1650
61fps
RX570
64fps

フォートナイト

フォートナイト
最高画質(フルHD)62fps

フォートナイトもPUBGと同じく、最高画質(エピック)では60前後のフレームレートしか出ません。

建築スピードの速い方なら、フレームレート優先の設定がおすすめです。

カクつきは命とりです。

フォートナイト(フルHD:最高画質)
GTX1660 Ti
117fps
GTX1650
66fps
RX570
62fps

レインボーシックスシージ

レインボーシックスシージ
最高画質(フルHD)154fps

レインボーシックスシージは少し古いゲームということもあり、最高画質で150前後のフレームレートを出せました。

ゲーミングモニターでプレイすると、非常に快適です。

レインボーシックスシージ(フルHD:最高画質)
GTX1660 Ti
210fps
GTX1650
138fps
RX570
154fps

CS:GO

CS:GO
最高画質(フルHD)183fps

CS:GOもグラフィック設定が軽めなので、最高画質でサクサク動かせます。

CS:GO(フルHD:最高画質)
GTX1660 Ti
263fps
GTX1650
176fps
RX570
183fps

Battlefield V

Battlefield V
最高画質(フルHD)47fps

バトルフィールド5はFPSゲームの中では重い部類なので、最高画質だと平均フレームレートは50を切ります。

シングルプレイならとくに問題ないものの、マルチプレイやバトルロイヤルモードで遊ぶなら、中画質程度に落とすことをおすすめします。

Battlefield V(フルHD:最高画質)
GTX1660 Ti
108fps
GTX1650
58fps
RX570
47fps

モンスターハンターワールド

モンスターハンターワールド
最高画質(フルHD)36fps

モンハンワールドもかなり重いゲームなので、最高画質では平均フレームレートが40を切ります。

ただ、PS4のフレームレートが30であることを考えれば、とくに問題ないスコアです。

ときどきカクつきが発生するため、グラフィック設定をうまく調整しましょう。

モンスターハンターワールド(フルHD:最高画質)
GTX1660 Ti
71fps
GTX1650
39fps
RX570
36fps

SEKIRO

SEKIRO
最高画質(フルHD)60fps

SEKIROは軽いゲームなので、60べたつきで遊べました。

仕様上、フレームレートが60以上に上がりません。

SEKIRO(フルHD:最高画質)
GTX1660 Ti
60fps
GTX1650
58fps
RX570
60fps

デビルメイクライ5

デビルメイクライ5
最高画質(フルHD)93fps

デビルメイクライ5は最高画質で90前後のフレームレートを出せます。

アクションゲームは60以上をキープできれば合格点です。

デビルメイクライ5(フルHD:最高画質)
GTX1660 Ti
129fps
GTX1650
63fps
RX570
93fps

Anthem

アンセム
最高画質(フルHD)35fps

Anthemはモンハン並みに重いため、最高画質だと平均フレームレートは30前後。

プレイしている人はごく少数だと思いますが、快適に遊びたいなら画質を落としましょう。

Anthem(フルHD:最高画質)
GTX1660 Ti
65fps
GTX1650
47fps
RX570
35fps

ストリートファイターV

ストリートファイターV
最高画質(フルHD)60fps

ストリートファイターVは最高画質で上限の60fpsをキープできます。

ストリートファイターV(フルHD:最高画質)
GTX1660 Ti
60fps
GTX1650
60fps
RX570
60fps

DEAD OR ALIVE 6

DEAD OR ALIVE 6
最高画質(フルHD)60fps

DOA6も最高画質で60ベタ付きです。

ただ、バトル前後のセクシーなムービーシーンなどはフレームレートが多少落ち込みます。

DEAD OR ALIVE 6(フルHD:最高画質)
GTX1660 Ti
60fps
GTX1650
60fps
RX570
60fps

League of Legends

League of Legends
最高画質(フルHD)324fps

League of Legendsはグラフィックがかなり軽いので、平均フレームレートは300を超えていきます。

League of Legends(フルHD:最高画質)
GTX1660 Ti
347fps
GTX1650
343fps
RX570
324fps

Rocket League

Rocket League
最高画質(フルHD)185fps

Rocket Leagueもかなり軽いゲームなので、180前後のフレームレートを出せました。

Rocket League(フルHD:最高画質)
GTX1660 Ti
233fps
GTX1650
164fps
RX570
185fps

黒い砂漠

黒い砂漠
リマスター品質(フルHD)35fps

黒い砂漠はリマスター品質だと30前後のフレームレートしか出せません。

カクつきが目立つので、スムーズに動かせる設定に変えましょう。

黒い砂漠(フルHD:リマスター品質)
GTX1660 Ti
60fps
GTX1650
49fps
RX570
35fps

ゲーム実況・配信検証

ここからはパソコンゲームの動画配信について検証した結果をご紹介します。

配信ソフトはStreamlabs OBSを使用、Twitchでゲーム実況を配信しつつ、フルHD解像度の60fpsで録画も実施しました。

配信結果

MHWの配信

モンスターハンターワールドを最高画質でプレイしながらTwitchで配信したところ、フレームレートが10前後低下。

カクつきが目立つようになるので、最高画質での配信はあきらめたほうがよさそうです。

また、ストリーミングの設定でエンコードを「ハードウェア」にしていると、静止画に音が流れているだけでうまく配信できませんでした。

ゲームを動かすだけでGPU使用率が100%になるため、さすがに限界の模様。

エンコードや録画の設定を「ソフトウェア」にすれば配信可能です。

ゲームの実況動画をスムーズに配信・録画できるかは、グラフィックス以外にCPUやメモリ、ストレージの性能も影響します。もちろんネット回線の速度や安定性も重要です。

RX570を安く購入するコツ

ここまでRX570の性能面についてご覧いただきました。

ここからは実際にRX570を買おうと思ったとき、どこで買うとお得なのかご紹介します。

グラフィックカード

グラフィックカードを買うとき、真っ先に検討したいのはパソコンの専門ショップや家電量販店。

秋葉原に行ける方はもちろん、近所に馴染みのお店がある方は、まずは足を運んでみてはいかがでしょうか。

ただ、お住まいの地域によってはグラフィックカードを安く買えるお店が近くにない方もいるでしょう。

ネット通販でグラフィックカードを買うときのおすすめショップと、注意点を表にまとめました。

グラボ購入におすすめのショップ
TSUKUMO品ぞろえが豊富で梱包も恐ろしく丁寧。
都内だと注文の翌日に届くのも魅力。
PCパーツを買うときの信頼度は抜群です。
パソコン工房TSUKUMOに負けないレベルの品ぞろえ。
お住まいの近くにパソコン工房の店舗があれば
何かあったときすぐ相談できるのも魅力。
ark(アーク)秋葉原の老舗パソコン専門ショップ。
梱包の丁寧さやサポート面は完璧ですが、
品ぞろえと発送スピードではやや劣る印象。
Amazon品ぞろえと発送の速さ、カスタマーレビューの
件数では圧倒的。簡素すぎる梱包が最大の弱点。
精密機器の購入にはおすすめしません。
楽天市場品ぞろえはAmazonに負けないが、
梱包や発送スピードはショップ次第。
楽天ポイントを使えるのが最大の強み。

楽天で買うときはビックカメラやJoshinなど、有名量販店なら発送が速くて梱包も丁寧なのでおすすめです。

Amazonは梱包が非常に簡素で、デリバリープロバイダだと段ボールがタバコ臭くなったり、箱がつぶれるなど扱いが雑なことも。

私はなるべくAmazonで高額商品は買わないようにしています。

ゲーミングパソコン

グラフィックカード単体ではなく、ゲーミングパソコンの購入を考えているならコスパの高いBTOパソコンがおすすめ。

ただ、RX570を搭載したゲーミングパソコンはほとんど見つかりません。

値段最優先で選ぶなら、同等程度の性能を期待できるGTX1650搭載モデルがよいでしょう。

当サイトで販売実績の多いBTOパソコンメーカー3社について、それぞれの特徴や注意点をまとめています。

各社の特徴を比較したうえで、予算と用途にあったゲーミングパソコンを見つけてください。

G-Tune
G-Tuneまとめ
ドスパラ
ドスパラの特徴まとめ
フロンティア
フロンティアのゲーミングPC

RX570レビューまとめ

MSI Radeon RX570 ARMOR 8G

今回はMSIのRadeon RX570 ARMOR 8Gの性能を細かく検証してみました。

手持ちのRTX2080の調子が悪くなった関係で買ってみたのですが、想像以上の性能で驚いています。

FPSゲームもカジュアルに楽しむなら十分ですし、SEKIROなどのアクションゲームや格闘ゲームは最高画質でサクサクプレイできます。

15,000円のグラボでここまで遊べるなら非常に優秀です。

GTX1650と比較したときに気になるのは消費電力の高さや発熱でしょうか。

とはいえ月々の電気代が数百円上がる程度ですし、発熱も部屋がサウナになるほどではありません。

イニシャルコストとランニングコスト、どちらを優先するかですね。

「最高画質でゲームを動かせなくても問題ない」

「とにかく安いグラフィックカードが欲しい」

という方は、Radeon RX570を考えてみてはいかがですか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。