レビュー

GALLERIA UL7C-R36レビュー|インテルコラボのRTX 3060搭載ゲーミングノート

GALLERIA UL7C-R36レビュー

ドスパラが販売するゲーミングPC、GALLERIA UL7C-R36をお借りしました。

インテルとのコラボレーションから生まれたゲーミングノートで、Core i7-11800HとRTX 3060を搭載し、ディスプレイも240Hzの高リフレッシュレートに対応。

人気ゲームでどれくらいフレームレートを出せるのか、詳しく検証しました。

予算20万円以下で幅広く使えるゲーミングノートを探している方は、ぜひご覧ください。

GALLERIA UL7C-R36の概要と特徴

GALLERIA UL7C-R36

GALLERIA UL7C-R36がどういったパソコンなのか、特徴を整理すると以下の通り。

バトロワ系ゲームをヌルヌル動かせる

240Hzの高リフレッシュレートに対応

ビジネス用途でも使えるスリムな筐体

送料・消費税込で18万円台で買える

カスタマイズの選択肢が少ない

Apex Legendsやフォートナイトなどのゲームで、どれくらいフレームレートを出せるのか知りたい!という方はこちらからご覧ください。

スペック

今回お借りしたモデルの基本スペックは以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-11800H
GPURTX 3060
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージ500GB NVMe SSD
販売価格183,280円(消費税・配送料込)※離島除く

11/22追記:発売当初の価格から1万円ちょっと値下がりました。

CPUとGPUの細かい情報を知りたい方は、こちらをご覧ください。

CPU-Z
CPU-Z
GPU-Z
GPU-Z

注文時にOfficeを追加すれば、ビジネス用途でもバリバリ活躍するノートPCです。

動画編集などの用途でも使うならメモリとストレージを増やしたいところですが、カスタマイズには非対応の模様。

ゲーミングPCの仕様や価格は時期によって変動します。最新情報は必ず公式サイトにてご確認ください。

RTX 3070搭載モデル

GALLERIA UL7C-R37

インテルとのコラボモデルは2種類が販売中。

RTX 3070を搭載したGALLERIA UL7C-R37の主なスペックは以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-11800H
GPURTX 3070
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージ1TB NVMe SSD
販売価格233,280円(消費税・配送料込)※離島除く

GPUとストレージ容量以外のスペックはほとんど同じ。

より本格的にゲームをやりこみたいなら、ハイスペックモデルがおすすめです。

デザイン・大きさ

ここからはGALLERIA UL7C-R36のデザインをチェックしていきます。

GALLERIA UL7C-R36
GALLERIA UL7C-R36

マットな質感の天板にGALLERIAのロゴが目立ちます。

ビジネスシーンでも違和感なく使えるデザインです。

仕様上の大きさは356×234mmで、15.6型のゲーミングノートとしてはスリム。

GALLERIA UL7C-R36
GALLERIA UL7C-R36

底面は排熱のためにところどころメッシュ状になっています。

ゲーム起動中は冷却ファンがフル回転して熱風が出てくるので、吸排気部分をふさがないように要注意。

薄型の筐体

分厚さは21.6mm。

持ち運ぶときも邪魔になりにくいです。

収納イメージ

筆者が普段使用しているリュック(Icon Slim Pack NylonⅡ)にも難なく収納できました。

PCの重量

重量は実測で約1.9kgでした。

ボディにはマグネシウム合金が採用されていて、軽さと堅牢さを両立しているとのこと。

据え置きで使う分にはまったく気になりませんが、常に持ち歩くとなると、それなりにずっしりと感じます。

ACアダプター

ACアダプター

ACアダプターは230Wの高出力タイプが付属。

ハイスペックなCPUとGPUを搭載しているため仕方ありませんが、一般的な薄型ノートPCと比べるとACアダプターは大きめです。

ACアダプターの重量

重量はケーブル込みで約651gでした。

仕様上のバッテリー駆動時間は約9.6時間とたっぷりですが、PCゲームは消費電力が激しいため、基本的にACアダプターは必須と考えたほうが良いでしょう。

バッテリー起動ではPCのパフォーマンスが落ちてしまう恐れがあります。

インターフェイス

ここからは各種インターフェイスを見ていきます。

まずは本体の左側から。

左側のインターフェイス
  1. ケンジントンロック
  2. USB3.2 Gen2 Type-A
  3. マイク・ヘッドフォン

右側にもUSBポートなどが用意されています。

右側のインターフェイス
  1. SDカードリーダー
  2. USB3.2 Gen2 Type-A ×2

外部モニターと接続するためのポート類は背面に集中。

背面のインターフェイス
  1. USB Type-C(Thunderbolt 4/DP1.4対応)
  2. HDMI 2.0b
  3. LAN
  4. 電源

背面のType-Cポートは外部モニターへの映像出力には対応していますが、PD充電には非対応。

Thunderbolt 4対応のドッキングステーションなどに接続すれば、PCの拡張性が一気に広がります。

キーボード

キーボード

キーボードはテンキーレスの日本語配列88キー。

スペースキーが広めで、ゲーム用途はもちろん事務仕事などでもタイピングしやすいです。

左側のキー配列
右側のキー配列

個人的にはエンターキーが右端に来てほしいので、「PGUP」や「PGDN」が少々気になるところ。

最新の光学式スイッチが採用されており、メカニカルキーボードに近い打鍵感と光学式センサーによる超高耐久を両立させているとのこと。

電源ボタン

電源ボタンの左側に用意されているのは、モードチェンジボタン。

プリインストールされているGALLERIA Gaming Centerからモードを変えることもできます。

コントロールセンター
パフォーマンスの設定

ゲームをするときは「パフォーマンス」、PCを持ち歩くときは「バッテリー節電」のモードがおすすめ。

ベンチマークモードをONにするとファンがフル回転してかなりうるさいので、周りに人がいる場所での使用は避けたほうがよさそうです。

バックライト

ゲーミングノートらしく、カラフルなバックライトも搭載。

キーごとに色を変えるような細かいカスタマイズには対応していませんが、明るさや発光パターンなどをカスタマイズできます。

バックライトのカスタマイズ
ライトバーのカスタマイズ

ケース前面のライトバーも任意で色を変更できます。

タッチパッド

タッチパッドは一体型でさらさらとした質感です。

指紋認証などの機能は搭載されていません。

ディスプレイ

ディスプレイ

ディスプレイは15.6インチのフルHD(1,920×1080)解像度。

ふちの薄いナローベゼル仕様かつノングレア(非光沢)なので、とても見やすいです。

リフレッシュレートは240Hzと非常に高く、シューターゲームをヌルヌル動かせます。

Webカメラ

Windows Helloに対応したWebカメラも搭載。

オンライン会議や顔出しでのライブ配信などで使えます。

画質や画角にこだわる方は、外付けのWebカメラを別途用意したほうが良いでしょう。

最大開閉時

ディスプレイは最大でここまで開きます。

sRGBカバー率は約98%

ディスプレイの色域をi1 Display Proでチェックしたところ、sRGBカバー率は約98.7%、AdobeRGBカバー率が約73.4%でした。

色域のグラフ
ガンマカーブ

ゲーミングノートとしては非常に色域が広いです。

Webデザインや写真のレタッチ、動画編集など、ちょっとしたクリエイティブ用途なら違和感なく使えるでしょう。

印刷を前提とした業務など、厳密に色を管理するにはカラーマネジメントモニターが必要です。

GALLERIA UL7C-R36のベンチマーク

GALLERIA UL7C-R36

ここからはGALLERIA UL7C-R36の性能を、各種ベンチマークソフトを使用して数値化していきます。

いずれもGALLERIA Gaming Centerで「パフォーマンス」に設定して検証しました。

まずはパソコンの総合的な性能をチェックするPC Mark10を試した結果がこちら。

PC Mark10

ゲームはもちろん、ExcelやWordなどの事務作業、各種クリエイティブ用途もサックサクにこなせるスペックです。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

CINEBENCH

R23
R23
R20
R20

主なCPUをCINEBENCH R23のスコアで比較してみると以下の通り。

CINEBENCH R20 スコア比較
Core i7-12700K
21,702
Core i7-11700K
13,904
Core i7-11800H
12,245
Ryzen 5 5600X
10,132
Core i5-11400F
9,406

デスクトップ向けのCore i7-11700Kに迫るスコアです。

ノートPC向けのCPUとしては、記事執筆時点で間違いなくトップレベルの性能です。

Fire Strike

Fire Strike

3DMarkのFire Strikeのスコアを比較すると以下の通り。

Fire Strike スコア比較
RTX 3070
26,828
RTX 3060 Ti
23,117
RTX 3060 Laptop
19,675
RTX 2060 SUPER
19,624
GTX 1660 Ti
14,563

ノートPC向けのGPUは、デスクトップ向けのGPUと比べてスコアが低めに出ることが多いのですが、今回はほとんど変わらず。

CPUが強いからか、RTX 3060の性能を最大限に引き出せているようです。

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Mark

CrystalDiskMarkでストレージの転送速度をチェックしたところ、読み込みが約5,000MB/sと素晴らしいスコアでした。

書き込みは速度が落ちているものの、実用上気になることはないでしょう。

一般的なSSD(SATA)やHDDと平均的な転送速度を比較すると、以下の通り。

ストレージの転送速度
NVMe M.2 SSD
(Gen4)
5,000~
NVMe M.2 SSD
3,000
SSD(SATA)
550
HDD
120

ハイエンドクラスのNVMe M.2 SSD(Gen4)なら、読み込み速度が7,000MB/sを超えるものもあります。

オンラインゲーム

定番のベンチマークソフトも走らせました。

重量級ゲームのFF15が最高画質で「快適」、FF14は「非常に快適」という結果でした。

画質を調整すれば、グラフィックの重いゲームもそれなりに動かせそうです。

FF15

FF15
高品質8426(快適)
標準品質11158(とても快適)
軽量品質13744(非常に快適)

FF14 暁月のフィナーレ

FF14 暁月のフィナーレ
最高品質17373(非常に快適)
高品質19871(非常に快適)
標準品質21748(非常に快適)

PCゲームのフレームレート検証

GALLERIA UL7C-R36

MSIのAfterburnerを使用して、人気ゲームの平均フレームレートを計測しました。

動画にもまとめているので、あわせてご覧いただくとよりわかりやすいです。

まずはフォートナイトとApex LegendsをフルHD解像度でプレイして、最高画質と低画質、それぞれ試した結果がこちら。

フォートナイト
最高画質92fps
低画質197fps
Apex Legends
最高画質114fps
低画質162fps

フォートナイトの低画質は「3D解像度」のみ100%に設定して試した結果です。

レンダリングモードを「パフォーマンス」に変えると、フレームレートは260前後まで伸びます。

ディスプレイが240Hzなので、フォートナイトはパフォーマンスモードでプレイすることをおすすめします。

Apex Legendsはフォートナイトほどフレームレートが伸びないものの、十分快適にプレイ可能です。

そのほかのゲームはすべて最高画質で試しました。

最高画質での平均フレームレート
Call of Duty: Vanguard83fps
Escape from Tarkov82fps
VALORANT262fps
Rainbow Six Siege227fps
マインクラフト57fps

CoDやタルコフは最高画質だとそこそこ重いので、画質を落としてプレイすることを推奨します。

VALORANTとRainbow Six Siegeはグラフィックが軽く、最高画質で快適にプレイできました。

マイクラはMODやリソースパックを何も入れず、バニラの最高設定かつ描画距離24チャンクで試した結果です。

レイトレーシング性能

続いてレイトレーシング(DXR)に対応したゲームの平均フレームレートをチェックしました。

解像度はフルHD、ゲームのグラフィック設定はすべて最高に設定しています。

Cyberpunk 2077
DXR ON48fps
DXR OFF58fps

DXR OFFでも平均フレームレートは60を下回りますが、シングルプレイのゲームなのでとくに支障はありません。

40以上をキープできれば、おおむね快適にプレイできます。

WATCH DOGS LEGION
DXR ON39fps
DXR OFF48fps

WATCH DOGS LEGIONはグラフィックが極めて重く、DXR ONだと場面によってはカクつきを感じます。

多少画質を落としたほうが良いでしょう。

FARCRY 6
DXR ON67fps
DXR OFF79fps

FARCRY 6はDXR ONでも60以上のフレームレートを出せました。

最高画質でスムーズに動かせます。

VRゲームの動作検証

Oculus Quest 2を専用ケーブルでつないで、PC用のVRゲームを実際に動かしてみました。

Half-Life: Alyx
Half-Life: Alyx
Beat Saber
Beat Saber

Half-Life: Alyxはグラフィックが重いため、最高画質では若干カクつきが発生。

高画質ならフレームレートは72で安定しました。

Beat SaberはPCを使わずとも動かせる軽いゲームなので、最高設定でサックサクです。

ヘッドマウントディスプレイがあれば、VRゲームも快適に楽しめます。

ゲーム実況のライブ配信

ゲーム実況をTwitchでスムーズに配信できるかも検証しました。

配信ソフトは無料で使えるOBS(Open Broadcaster Software)を使用、配信と同時に録画も実施です。

Apex Legendsの配信

Apex Legendsでいろいろ試した結果、以下の設定でスムーズに配信ができました。

OBSのおすすめ設定
ゲームの画質最低
出力解像度1080p(1,920×1,080)以下
FPS共通値60
映像ビットレート6,000 Kbps
配信エンコーダハードウェア
音声ビットレート128
録画品質高品質、ファイルサイズ中
録画フォーマットmkv
配信後にmp4へ再多重化
録画エンコーダハードウェア

今回検証した限り、カクつきなどは発生しませんでしたが、配信するゲームによっては何かしらトラブルが起きる可能性もあります。

CPUとGPUの負荷が高いときは、出力解像度を1080pから720pなどに落としてみるのがおすすめ。

ゲームに合わせて設定を工夫すれば、PC1台でライブ配信もこなせます。

クリエイティブ用途の動作検証

GALLERIA UL7C-R36

続いて動画や写真の編集など、クリエイティブ用途でも快適に使えるかを検証しました。

Premiere Proで動画編集

Premiere Pro

まずはAdobeのPremiere ProでYoutube動画の編集を試しました。

動画素材をカットしてつなげたり、テロップや効果音を加える程度の編集なら、ストレスを感じることなくサクサク作業できます。

4K動画の編集に挑戦したり、動画編集に力を入れるならメモリは32GBに増設しておきたいですが、記事執筆時点では注文時のカスタマイズに対応していません。

4K動画の書き出し

参考までに、4K動画の書き出し時間を計測しました。

検証のために用意したのは、GoPro HERO7 Blackで撮影した4K 60fpsの動画データ。

書き出し条件とかかった時間は以下の通り。

H.264(Youtube 1080p FHD)6:58
H.264(Youtube 2160p 4K UHD)6:28

一般的な薄型ノートPCだと40分以上かかることもザラなので爆速です。

動画編集マシンとしても活躍するでしょう。

LightroomでRAW現像

LightroomでRAW現像

デジカメで撮影したRAWデータの書き出し速度もチェックしてみました。

有効画素数3,635万のニコンD810で撮影したRAWデータ100枚をLightroomで書き出し。

主なCPUと結果を比較したグラフはこちら。

CPU別 RAW現像の処理速度
Ryzen 7 5800X
1:13
Ryzen 5 5600X
1:18
Core i7-11800H
1:31
Core i9-11900K
1:35
Core i9-10900K
1:43

Core i9-11900Kのスコアを上回りました。

ノートPC向けのCPUとしては間違いなく最速レベルです。

ディスプレイの色域も広く、写真編集用途でも活躍します。

Lightroomの書き出し条件は以下で統一しています。

Lightroomの書き出し条件
画像形式JPEG
画質100
カラースペースsRGB
画像のサイズ未調整(撮影データそのまま)
解像度350
メタデータすべてのメタデータ
(人物情報や撮影場所の情報は削除)

予算20万円で探すなら超おすすめ

GALLERIA UL7C-R36

レビューのまとめとして、GALLERIA UL7C-R36の特徴をおさらいします。

バトロワ系ゲームをヌルヌル動かせる

240Hzの高リフレッシュレートに対応

ビジネス用途でも使えるスリムな筐体

送料・消費税込で18万円台で買える

カスタマイズの選択肢が少ない

予算20万円以下でゲーミングPCを探しているなら、非常におすすめです。

フォートナイトやVALORANTなら240Hzのヌルヌル感をたっぷり堪能できますし、グラフィックの重いゲームも最高画質で十分プレイ可能。

ライブ配信や動画編集などの用途でも活躍しますし、まさに万能なミドルスペックです。

記事執筆時点では48回まで分割手数料が無料で、翌日出荷という超スピード納品にも対応。

趣味と仕事、どちらも満足にこなせるゲーミングノートを探している方は、ドスパラのGALLERIA UL7C-R36を検討してみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。