レビュー

G-Tune P5レビュー|GTX1650搭載モデル

G-Tune P5

マウスコンピューターが販売するゲーミングパソコン、G-Tune P5をお借りしました。

グラフィックカードにGTX1650を搭載、標準仕様なら15万円以下で買える手の届きやすいモデル。

どれだけの性能を秘めているのか、人気ゲームをプレイして詳しく検証しました。

スタンダードなゲーミングノートを探している方はぜひご覧ください。

G-Tune P5の特徴

G-Tune P5

G-Tune P5がどういったパソコンなのか、特徴を整理すると以下の通り。

最新ゲームも快適に動かせる

ナローベゼルで高い没入感

カラフルなLEDバックライト

ゲーム実況・動画配信もOK

60Hzのディスプレイ

「そんなことよりどれくらいフレームレートが出るのか知りたい!」

という方はこちらからご覧ください。

スペック

CPUやグラフィックス(GPU)など、お借りしたモデルの基本スペックは以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-9750H
GPUGeForce GTX1650
メモリ16GB
ストレージM.2 SSD 256GB
HDD 1TB

CPUは第9世代のCore i7-9750Hで、6コア12スレッドで動作周波数は2.60GHz(最大4.50GHz)とノートパソコン向けのCPUとしてはハイエンドクラス。

性能が高い分、消費電力(TDP)は45Wとノートパソコン向けCPUとしてはかなり高めです。

CPU-Zの結果は以下の通り。

CPU-Zの結果

グラフィックカードはエントリークラスのGTX1650を搭載しています。

GPU-Zの結果はこちら。

GPU-Zの結果

重量級ゲームはグラフィック調整が必須とはいえ、ほとんどの人気ゲームをPS4と同等以上の画質&フレームレートでプレイ可能。

メモリは16GBと余裕がありますし、ストレージもHDDが1TBもあるためゲームをたくさんインストールできます。

製品版とは仕様が異なる場合があります。

ラインナップ

G-Tuneの主なゲーミングノートのラインナップを表にまとめました。

CPUGPUメモリストレージ価格(税別)
Core i5-9400GTX16508GBM.2 SSD 256GB119,800円~
Core i7-9750HGTX165016GBNVMe M.2 SSD 256GB
HDD 1TB
129,800円~
Core i7-9750HGTX1660 Ti16GBNVMe M.2 SSD 512GB149,800円~
Core i7-9750HRTX206016GBNVMe M.2 SSD 512TB189,800円~
Core i7-9750HRTX207016GBNVMe M.2 SSD 256GB
HDD 1TB
229,800円~

今回お借りしたP5より安いモデルもありますが、CPUがCore i5でメモリも8GBしかないため人気ゲームをサクサク動かすのは少々厳しめ。

選び方の目安として、最高画質で幅広いゲームを遊びたいならGTX1660 Ti以上がひとつのライン。

リアルタイムレイトレーシングに対応したゲームやFPSゲームで高フレームレートを維持したい方はRTX2060以上がおすすめです。

なお、記載している情報は記事執筆時点のものです。

パソコンの価格および仕様は変動するものなので、最新価格は公式サイトを必ずご確認ください。

セールやキャンペーンを要チェック

マウスコンピューターのセール

マウスコンピューターでは定期的にセールや各種キャンペーンを開催しています。

人気モデルが大幅に値引きされたり、非常にお買い得。

ただし、どのパソコンがどの程度安くなるかは時期によってさまざま。

希望のモデルが安くなっていればラッキーです。

気になるパソコンがある方は、こまめに公式サイトをチェックしましょう。

外観・大きさ

G-Tune P5

ここからはG-Tune P5の外観をチェックしていきます。

マットブラックの天板にG-Tuneのロゴのみというシンプルな天板。

油分などの汚れが付着すると目立ちやすいので、気になる方はこまめに掃除しましょう。

天板

仕様上の大きさは364.5×258mmで、従来の15.6型と比べるとスリムな印象。

重量は約2.5kgで分厚さも25.5mm(突起部含まず)あるため、持ち運ぶ前提で考えている方は大きめのパソコンバックがあると安心です。

底面

底面は排熱のために大半の部分がメッシュ状になっています。

ゲーミングノートはパソコン内部の熱をいかに下げるかが重要なので、通気部分をふさがないように要注意です。

ACアダプター

ACアダプター

ACアダプターは120Wの大容量のものが付属。

一般的な薄型ノートパソコンのACアダプターに慣れている方だと、意外と大きくて驚くかもしれません。

重量チェック

ACアダプター単体で約500gあるため、パソコンと一緒に持ち歩くと約3kg。

ちょっとした筋トレになりそうです。

着脱式バッテリー

バッテリーは着脱式で、仕様上の駆動時間は約9.6時間とたっぷり。

とはいえゲームを起動するときは基本的にACアダプターにつなげましょう。

ちょっとした事務作業程度なら、バッテリーだけでも数時間は何とかなりそうです。

インターフェイス

ここからはインターフェイスを見ていきます。

右側面のインターフェイス
  • USB3.1 ×1
  • USB3.1 Type-C ×1
  • カードリーダー

SDカードなどを読み込めるカードリーダーが搭載されているのは便利です。

左側面のインターフェイス
  • セキュリティスロット
  • USB3.0 ×1
  • USB2.0 ×1
  • マイク
  • イヤホン

左側にもUSBポートが2つあります。

背面のインターフェイス
  • Mini DisplayPort
  • HDMI出力
  • LAN
  • 電源

外部モニターと接続するための各種端子は背面に揃っています。

有線LANを接続できるので、FPSゲームや格闘ゲームなどでオンライン対戦をする方はなるべく有線でインターネットにつなげましょう。

オンラインゲームは無線より有線のほうが安定します。

キーボード

キーボード

キーボードは107キーの日本語配列。

キーピッチは約18.2mmと標準的で、キーストロークは約1.8mmとノートパソコンとしてはしっかり打ち込める感覚があります。

キータイプ音は静かなシャコシャコ系で、強くたたかない限り音も気になりません。

タッチパッド

タッチパッドは分離タイプで、比較的広めに作られているように感じます。

さらさらとした質感で、スムーズに操作できます。

テンキー

テンキーも搭載されているので、ビジネス用途でパソコンを使うときも便利です。

バックライト

バックライトも搭載されていて、暗い場所でのミスタイプを防げます。

バックライト

色や明るさはプリインストールされているアプリから自由に設定可能。

専用アプリ

FPSゲームなどで多用する「WASDキー」だけを光らせるなど、細かい設定はできないようです。

ディスプレイ

ディスプレイ

ディスプレイは15.6型のフルHD(1,920×1,080)ノングレア(非光沢)液晶。

視野角の広いIPSパネルが使われており、ナローベゼル(狭額縁)で非常に見やすいです。

ただし、リフレッシュレートが60Hzという点に要注意。

Apex Legendsやフォートナイトなどを高いフレームレートでヌルヌル動かしたい方は、ゲーミングモニターにつなげる必要があります。

MMORPGやアクションゲーム、格闘ゲームがメインなら気にする必要はありません。

最大開閉

ディスプレイはあまり開かないため、ノートパソコン用のスタンドを使う方だとストレスを感じるかも。

色域は狭い

ディスプレイの色域をi1 Display Proでチェックしたところ、sRGBカバー率は61.2%でした。

色域
ガンマカーブ

色域はあまり広くないものの、ゲーミング用途ならまったく問題ありません。

肉眼で見る限り、普通にきれいです。

G-Tune P5のベンチマーク

G-Tune P5

ここからはG-Tune P5の性能を、各種ベンチマークソフトを使用して数値化していきます。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

CINEBENCH R15

CINEBENCH R15

まずはCINEBENCH R15でCPUの性能をチェックしてみたところ、1,110cbという結果でした。

主なCPUとスコアを比較してみると以下の通り。

CINEBENCH R15 スコア比較
Core i7-9700K
1,452
Core i7-8750H
1,111
Core i7-9750H
1,110
Core i5-9300H
868

何度か試してみたものの、いまいちスコアが伸びず。

前世代のCore i7-8750Hとほぼ同スコアでした。

Core i7-9750Hは1,200cbを超えることが多いので、発熱を抑えるなどの理由から性能をセーブしているのかも。

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20では2,278cbという結果でした。

こちらも少し低めです。

Fire Strike

Fire Strike

3DMarkのFire Strikeは8,296でした。

主なグラフィックカードとスコアを比較してみると以下の通り。

Fire Strike スコア比較
GTX1660
11,588
GTX1650
8,296
GTX1050 Ti
6,428
GTX1050
5,436

かつてエントリークラスの代表的な存在だった、GTX1050と比べると大幅にスコアアップ。

フルHDモニターで多くのゲームを快適に遊べます。

VR Mark

Orange Room

VRMarkのOrange Roomは5,277というスコアが出ました。

重めのVRゲームだと少々しんどいかもしれません。

Orange Roomより重いCyan RoomとBlue Roomの結果は以下の通り。

Cyan Room

Cyan Room

Blue Room

Blue Room

Steam VRパフォーマンステスト

Steam VRパフォーマンステスト

Steam VRパフォーマンステストは最高スコアの「レディ」にギリギリ届いたところ。

軽めのVRゲームは問題なさそうですが、重量級VRゲームにはおすすめしません。

VRゲームで遊ぶには別途専用のVRヘッドセットが必要です

Crystal Disk Mark

CrystalDiskMarkでストレージの転送速度をチェックしました。

M.2 SSD、HDDともに標準的なスコアです。

M.2 SSD

M.2 SSD

HDD

HDD

Intel CPUで使えるハイエンドクラスのM.2 SSDだと読み込みで3,000MB/sを超えるので、ここはもう少し頑張ってほしかったところ。

一般的なSSD(SATA)やHDDと平均的な転送速度をまとめると以下の通り。

ストレージの転送速度
NVMe M.2 SSD
(Gen4)
5,000
NVMe M.2 SSD
3,000
SSD(SATA)
550
HDD
120

NVMe M.2 SSD(Gen4)は、今のところ第3世代のRyzenとX570チップセットのマザーボードの組み合わせという限られた環境下でしか使えません。

オンラインゲーム

有名オンラインゲームのベンチマークソフトも走らせました。

いずれも解像度は1920×1080(フルHD)のノートパソコンに設定しています。

重量級ゲームのFF15が軽量品質で「快適」という結果なので、やはり重いゲームを高画質で動かすのは厳しいです。

グラフィックが軽めのFF14やドラクエXなら、最高画質で問題なくプレイできます。

FF15

FF15ベンチマーク結果
高品質3931(普通)
標準品質5254(やや快適)
軽量品質6971(快適)

FF14 漆黒の反逆者

FF14のベンチマーク結果
最高品質9494(非常に快適)

ドラゴンクエストX

DQ10ベンチマーク結果
最高品質12187(すごく快適)

PCゲームのフレームレート検証

G-Tune P5

ここからは実際にパソコンゲームを動かして、どれくらいのフレームレートが出たかご紹介します。

平均フレームレートの算出にはMSIのAfterburnerを主に使用。

目立ったカクつきが発生しないように、ゲームに合わせてグラフィック設定を調整しました。

結果は以下の通り。

Apex legends
Apex legends
高画質74fps
PUBG
PUBG
最高画質63fps
PUBG Lite
PUBG Lite
最高画質135fps
フォートナイト
フォートナイト
最高画質57fps
Battlefield V
Battlefield V
中画質58fps
CoD:MW
CoD:MW
最高画質68fps
ボーダーランズ3
ボーダーランズ3
中画質42fps
レインボーシックスシージ
レインボーシックスシージ
最高画質96fps
CS:GO
CS:GO
最高画質127fps
モンスターハンターワールド
モンスターハンターワールド
中画質51fps
SEKIRO
SEKIRO
最高画質58fps
ストリートファイターV
ストリートファイターV
最高画質60fps
DEAD OR ALIVE 6
DEAD OR ALIVE 6
最高画質60fps
League of Legends
League of Legends
最高画質187fps
Rocket League
Rocket League
最高画質213fps
黒い砂漠
黒い砂漠
リマスター品質41fps

レインボーシックスシージやPUBG Liteなどの軽めのFPSゲームは最高画質でサクサク動かせますが、Battlefield VやApex Legendsなどは多少画質を落としたほうが快適です。

ただし、フレームレートが100以上になってもモニターのリフレッシュレートは60Hzなので、視覚的な変化は感じられません。

高フレームレートのヌルヌル感を味わいたい方は。144Hz以上に対応したゲーミングモニターにつなげましょう。

重量級アクションゲームのモンスターハンターワールドは、中画質程度に落とせばスムーズに遊べます。

SEKIROやストVなどはかなり軽いので、最高画質でサクサクです。

ゲーム実況や動画配信も可能

ゲーム実況をTwitchでスムーズに配信できるかも検証しました。

配信ソフトは無料で使えるStreamlabs OBSを使用、配信と同時に録画も実施です。

ゲーム実況

モンスターハンターワールドで試したところ、配信動画の解像度を1,228×691に落として、フレームレートも30にすればスムーズに配信できました。

ゲームのフレームレートは10~15ほど低下するため、一段階グラフィック設定を落としたほうが快適です。

「最高画質のゲームをフルHD解像度かつ60fpsで配信したい!」

という方はもっとハイスペックなゲーミングパソコンを検討しましょう。

クリエイティブ用途の動作検証

G-Tune P5

続いて動画や写真の編集など、クリエイティブ用途でも快適に使えるかを検証しました。

Premiere Proで動画編集

Premiere Proで動画編集

AdobeのPremiere ProでYoutube動画の編集を試したところ、まったく問題なく動かせました。

After Effectsで凝った演出を加えたり、4K動画の編集も視野に入れているなら、メモリ32GBへの増設を考えたいところ。

メモリ16GBから32GB(DDR4-2400)へのアップグレードは+14,800円(税別)で可能です。

4K動画の書き出し

参考までに、4K動画の書き出し時間を計測しました。

検証のために用意したのは、GoPro HERO7 Blackで撮影した4K 60fpsの動画データ。

書き出し条件とかかった時間は以下の通り。

H.264(Youtube 1080p FHD)8:47
H.264(Youtube 2160p 4K UHD)12:11

一般的な薄型ノートパソコンだと書き出しに40分以上かかることもザラなので、なかなか快適なスピードです。

フルHD動画なら書き出し速度はもう少し速くなります。

LightroomでRAW現像

LightroomでRAW現像

デジカメで撮影したRAWデータの書き出し速度もチェックしてみました。

有効画素数3,635万のニコンD810で撮影したRAWデータ100枚をLightroomで書き出したところ、かかった時間は2分39秒。

主なCPUと結果を比較したグラフはこちら。

CPU別 RAW現像の処理速度
Core i7-9700K
2:08
Core i7-9750H
2:39
Core i7-8750H
2:39
Core i5-9300H
4:24

CINEBENCH R15と同じく、Core i7-8750と同スコアでした。

Core i7-9750Hなら2分前半で書き出せるはずなので、やはりCPUの発熱を抑えるために性能を若干セーブしている可能性があります。

とはいえ一般的な薄型ノートパソコンと比べれば圧倒的に速いです。

Lightroomの書き出し条件は以下で統一しています。

Lightroomの書き出し条件
画像形式JPEG
画質100
カラースペースsRGB
画像のサイズ未調整(撮影データそのまま)
解像度350
メタデータすべてのメタデータ
(人物情報や撮影場所の情報は削除)

G-Tune P5のまとめ

G-Tune P5

最後にもう一度G-Tune P5の特徴をおさらいします。

最新ゲームも快適に動かせる

ナローベゼルで高い没入感

カラフルなLEDバックライト

ゲーム実況・動画配信もOK

60Hzのディスプレイ

15万円以下で買えるゲーミングノートとして考えると、とてもバランスの良いモデルです。

グラフィック設定を調整すれば、ほとんどのゲームをカクつきなく遊べますし、ストレージもHDDが1TBあるのでたくさんゲームをインストール可能。

60Hzのディスプレイは気になるものの、PUBGやフォートナイトなどのFPSゲームをカジュアルに楽しむ分には何ら問題ありません。

プロゲーマーやFPSゲームの大会出場を目指しているような方は、ゲーミングモニターにつなげてプレイするか、より上位モデルを買いましょう。

スタンダードなゲーミングノートを探している方は、G-Tune P5を候補に入れてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。