基礎知識

VRゲームにおすすめのゲーミングパソコン

VRゲームにおすすめのパソコン

VRゲームって面白そうですよね。

家電量販店などで体験して「家でもやりたい!」と思った方や、YouTubeなどのプレイ動画を観て興味を持った方も少なくありません。

しかしながらVRゲームをはじめるのは意外とハードルが高く、とくにパソコンに詳しくない方だと迷ってしまいがち。

そこでこのページでは、VRゲームを快適に遊ぶために必要なパソコンの選び方について詳しく解説します。

VRゲームに挑戦してみたいと考えている方は、ぜひじっくりご覧ください。

VRゲームで遊ぶための必要機材

VRゲームで遊ぶためには、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)とパソコンの2点が必要です。

厳密にいうとパソコン不要で遊べるVRゲームもありますし、PS4でVRゲームを遊ぶという選択肢もあります。

それぞれどういうものなのか、順に見ていきましょう。

HMD(ヘッドマウントディスプレイ)

VR HMD

VRゲームはHMDがないとはじまりません。

記事執筆時点で購入可能な主なVR HMDは以下の通り。

主なVR HMD
  • Oculus Quest
  • Oculus Rift S
  • HTC VIVE PRO
  • HTC VIVE PRO Eye
  • HTC VIVE Cosmos
  • Valve index

種類が多く、値段もピンキリです。

出費を抑えたいならOculusですが、将来的にFacebookアカウントとの紐づけが必須になる見込みで購入を控える方が増加傾向。

性能面ではVIVEが一歩上回っている印象ですが、機材一式をそろえると軽く10万円が飛んでいきます。

予算と用途に合わせて選びましょう。

VR HDMの選び方については、後日改めて記事にまとめます。

ゲーミングパソコン

G-Tune P5

VRゲームをサクサク動かすには、一般的なパソコンではパワー不足。

複雑な3Dグラフィックを高速処理する必要があるため、高性能なGPU(グラフィックカード)を搭載していないとゲームをまともに動かせません。

少なくともエントリークラス以上のゲーミングパソコンは必須と考えてください。

費用の目安としては安いもので10万円、そこそこしっかり遊びたいなら15~20万円の出費は覚悟しましょう。

初心者におすすめのゲーミングパソコン
初心者におすすめのゲーミングパソコンFPSゲームなどのオンラインゲームにハマって、ゲーミングPCに興味を持ち始める方はとても多いです。 とはいえゲーミングPCは各社か...

スタンドアロンタイプはPC不要

すでに販売終了となりましたが、Oculus GoのようなスタンドアロンタイプのHMDならパソコンは不要です。

HMDそのものにゲームをインストールできるため、出費を抑えて手軽にVRゲームを楽しめるというメリットがあります。

しかしながら機能には制限があり、本格的なVRゲームで遊ぶにはスペック不足。

VRゲームをがっつり遊びたいなら、パソコンの導入は避けられないものと考えましょう。

VRゲームに必要なPCスペック

ここからはVRゲームをサクサク快適に動かすために、パソコンのスペックがどれくらい必要なのかご説明します。

主なゲームの推奨環境

まずは人気VRゲームの推奨環境を調べてみました。

VRChat
VRChat
OSWindows7 以上
CPUIntel Core i5-4590 以上
AMD FX8350 以上
GPUGeForce GTX970 以上
Radeon R9 290 以上
メモリ4GB 以上
Beat Saber
Beat Saber
OSWindows7 以上
CPU第6世代 Core i7 以上
GPUGeForce GTX1060 以上
メモリ8GB 以上
Skyrim VR
Skyrim VR
OSWindows10 64ビット 以上
CPUIntel Core i7-4790 以上
AMD Ryzen 5 1500X 以上
GPUGeForce GTX1070 以上
Radeon RX Vega 56 以上
メモリ8GB 以上
VRカノジョ
VRカノジョ
OSWindows10 64ビット 以上
CPUIntel Core i5 4590 以上
GPUGeForce GTX1060 以上
メモリ4GB 以上

いずれも推奨スペックは控えめで、エントリークラスのゲーミングPCでも十分ということがわかります。

ただし、ここで注意したいのはメーカーが発表している推奨スペックは、そこそこの画質でそれなりに動かせるレベルということ。

VRゲームはとくに、遅延やカクつきが目や三半規管に直接的な影響を与えます。

スペックが足らないと酔いやすくなるリスクもあるため、サクサク快適に動かしたいなら推奨環境より高めに考えることが大切です。

OSはWindows一択

「自分はMacを使いたいんだけど・・・」

という方もいますが、VRゲームで遊ぶつもりなら現状はWindows一択と考えてください。

VR HMDや人気のパソコンゲームも、Macに対応していないものが多いです。

目安はミドルスペック

G-Tune HP-A

筆者としては、VRゲームで遊ぶならミドルスペック以上のゲーミングPCをおすすめします。

具体的には以下のようなスペック。

OSWindows10 64ビット 以上
CPU第9世代 Intel Core i7 以上
第3世代 AMD Ryzen7 以上
GPUGeForce GTX1660 以上
Radeon RX5600XT 以上
メモリ16GB 以上

VRゲームをスムーズに動かせるほか、フォートナイトやApex Legendsなど、人気のバトロワ系ゲームもサクサク楽しめて、幅広い用途で活躍します。

価格はメーカーによって差があるものの、15~20万円前後です。

「いずれはVRゲームの動画配信にも挑戦したい!」

と考えている方はとくに、エントリークラスでは完全にスペック不足なので注意しましょう。

予算に余裕がある方は、ハイエンドクラスのゲーミングPCも視野に入れてみてください。

GPUの性能が重要

VRゲームでとくに重要なのがGPU(グラフィックカード)の性能。

GPUでどれだけ性能が変わるのか、当サイトで計測したVRゲーム向けベンチマークソフト「VR Mark(Orange Room)」のスコアをまとめました。

VR Mark(Orange Room) スコア比較
RTX2080 Ti
11,588
RTX2070 SUPER
12,248
RTX2060 SUPER
10,718
GTX1660 SUPER
8,906
GTX1650 SUPER
6,911
GTX1650
5,531

エントリークラス(GTX1650)とハイエンド(RTX2080 Ti)のスコア差は約2倍。

GPUの性能が高いほど、VRゲームを高画質かつ滑らかな画面で楽しめます。

GPUが同じでもデスクトップとノートPCでは性能に差が出ます。ノートPCはコンパクトさがウリなので、性能は少し落ちます。

持ち運びやすいと便利

持ち手

もうひとつ大切なのは、パソコンを移動させやすいかどうか。

VRゲームは手や体を動かすタイトルも多く、パソコンの設置場所によっては満足にプレイできません。

「普段は自分の部屋に置いているけど、VRで遊ぶときは広い部屋にパソコンを持っていきたい!」

という方も多いです。

最近はVRゲーマー用に取っ手のついたゲーミングPCも販売しているので、選ぶときは持ち運びやすさにも注目してみてください。

中古PCはハイリスク

「新品は値段が高いから、中古でパソコンを探したい」

という方も多いですが、リスクが高いのでおすすめしません。

中古品の多くはメーカー保証が受けられず、ストレージも想像以上に消耗しているなど、購入後にさまざまなトラブルが起こってしまうことも。

パソコンの扱いに慣れている方なら適切に対処できますが、素人が手を出すのは危険です。

おすすめのゲーミングパソコン

具体的にどんなゲーミングパソコンがいいのか、おすすめモデルをピックアップしました。

それぞれ詳しい実機レビューも用意していますので、あわせてご覧いただくとよりわかりやすいです。

GALLERIA XA7C-G60S

GALLERIA XA7C-G60S

まずはミドルスペックで抜群のコスパを誇る、ドスパラのGALLERIA XA7C-G60S。

主なスペックは以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-10700
GPUGeForce GTX1660 SUPER
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージ512GB NVMe SSD
価格129,980円~

VR Mark(Orange Room)のスコアはこちら。

Orange Room

ATX規格のケースで持ち運びに向いているとはいえないものの、幅広いVRゲームをサクサク快適にプレイ可能。

さらにゲーム実況や動画編集などの用途でも活躍する万能マシンです。

G-Tune PL-B

ケース外観

続いてご紹介するのは、持ち運びに適したG-Tune PL-B。

主なスペックは以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i5-9400
GPUGeForce GTX1650 SUPER
メモリ8GB
ストレージNVMe M.2 SSD 256GB
HDD 1TB
価格99,800円~

VR Mark(Orange Room)の結果はこちら。

Orange Room

いわゆるエントリークラスのスペックなので、筆者としてはメモリ16GBへのカスタマイズをおすすめします。

VRゲームをカジュアルに遊んでみたい方、なるべく出費を抑えたい方は候補に入れてみてください。

フロンティア ZN

フロンティアZNシリーズ

ノートPCを探している方には、フロンティアが販売するZNシリーズがおすすめ。

主なスペックは以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-10750H
GPUGeForce RTX2070 SUPER
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 500GB
価格184,800円~

VR Mark(Orange Room)の結果はこちら。

Orange Room

価格は約20万円と高くなるものの、デスクトップのミドルクラスと同等の性能を誇ります。

ゲーミングノートでVRゲームを遊びたいなら要チェックです。

パソコンでVRゲームを楽しもう

VRゲームはHMDとゲーミングPCだけで15~25万円はかかりますし、初心者の方にはまだまだ敷居が高め。

それでもVRでしか味わえない体験がありますし、一度経験すればハマってしまう人が多いのも納得できます。

PCメーカーによっては分割手数料が無料になるキャンペーンを実施しているので、まとまった出費を避けたい方はうまく活用してみてください。

機材を少しずつそろえて、VRゲームをたっぷり楽しみましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。