基礎知識

Cyberpunk 2077のグラボ別平均フレームレート

発売延期が続いていたCyberpunk 2077(以下、サイバーパンク)がついに正式にリリースされました。

PS4版がバグの多さで発売中止になるなど、発売後も話題に事欠かないビッグタイトルですが、グラフィックの重さは間違いなくトップレベル。

最高画質で快適にプレイしたいなら、ハイスペックなゲーミングPCの導入は避けられません。

このページでは、サイバーパンクのベンチマーク結果をはじめ、おすすめのゲーミングPCについて詳しくまとめています。

パソコンでサイバーパンクの世界観を存分に味わいたい方は、ぜひじっくりご覧ください。

2/27追記:RTX 3060のデータを追加しました。

サイバーパンク2077の平均フレームレート

Cyberpunk 2077

サイバーパンクを各グラボで実際にプレイして、最高画質(DXR ONとOFF)と最低画質、それぞれの平均フレームレートを検証しました。

使用したグラボは以下の通り。

検証で使用したグラボ
  • 玄人志向 GG-RTX3080-E10GB/TP
  • Palit RTX 3070 GamingPro OC 8GB
  • MSI RTX 3060 Ti VENTUS 2X OC
  • MSI RTX 2080 GAMING TRIO
  • Palit RTX 3060 Dual OC 12GB
  • Palit GTX 1660 SUPER StormX 6GB
  • Palit GTX 1650 StormX OC 4GB

フルHD解像度で検証した平均フレームレートをグラフにまとめました。

サイバーパンク2077の平均フレームレート

表にまとめると以下の通り。

Cyberpunk 2077 グラボ別平均フレームレート(フルHD)
最低画質(DXR OFF)最高画質(DXR OFF)最高画質(DXR ON)
RTX 308012611088
RTX 307012210178
RTX 3060 Ti1109274
RTX 20801168858
RTX 3060906244
GTX 1660 SUPER8644
GTX 16504626

検証で使用したパソコンの主なスペックは以下の通り。

CPUやメモリはオーバークロックせず、すべて定格で動かしています。

検証用PCのパーツ構成
CPUIntel Core i9-9900K
マザーボードMSI MEG Z390 ACE
メモリ64GB(DDR4-2666、16GB×4)
CORSAIR VENGEANCE LPX
電源CORSAIR HX1200i(80PLUS PLATINUM)

CPUがCore i5やRyzen 5だったり、メモリが8GB(8GB×1)だったりすると、フレームレートが落ち込む場合があります。

グラボ以外のパーツ構成もフレームレートに影響を与えるので、あくまで参考程度にご覧ください。

マップや戦闘状況によってフレームレートは大きく変動します。

最高画質かつDXR ONがおすすめ

サイバーパンクは映像が極めて美しく、独特な世界観にどっぷりハマりこみたいなら、グラフィック設定はすべてMAXがおすすめ。

最低画質と最高画質(ウルトラ)、さらにDXR(レイトレーシング)をONにした状態のちがいをご覧ください。

最低(DXR OFF)
最低(DXR OFF)
最高(DXR OFF)
最高(DXR OFF)
最高(DXR ON)
最高(DXR ON)

最低画質だと、光の反射がほとんどカットされてしまい、全体的にのっぺりとした印象になります。

最高画質でも十分きれいですが、DXRをONにすると、遠近感や濡れたアスファルトの質感が一気にアップ。

大画面モニターでプレイすると、ゲームの世界に入り込んだような高い没入感を味わえます。

4KでプレイするならRTX 3070以上

4K解像度の最高画質(DXR ON)でプレイすると、どこまでフレームレートが落ち込むのかも検証しました。

サイバーパンク2077の平均フレームレート(4K)

表にまとめた結果がこちら。

Cyberpunk 2077 グラボ別平均フレームレート(4K)
最高画質(DXR ON)
RTX 308056
RTX 307044
RTX 3060 Ti32
RTX 208028

CoD:BOCWやApexLegendsのようなバトロワゲームとはちがい、サイバーパンクはシングルプレイがメイン。

30以上のフレームレートをキープできれば大きな問題はありません。

とはいえRTX 2080やRTX 3060 Tiだと、場面によってカクつきが目立ちます。

4Kでも快適にプレイしたいなら、最低でもRTX 3070以上をおすすめします。

フォトモードも楽しめる

サイバーパンクにはフォトモードが搭載されており、好きな場面でスクリーンショットを撮影できます。

画角やレンズの絞りを変えたり、エフェクトも加えられるなど、カメラの知識がある方も楽しめるほど本格的。

フォトモードのサンプル
フォトモードのサンプル

フルHDでも十分楽しめますが、4Kなら高画質で撮影が可能。

4Kでサイバーパンクをプレイするなら、ぜひフォトモードも試してみてください。

サイバーパンクにおすすめのゲーミングPC

サイバーパンク2077

ゲーミングPCを販売している国内主要メーカーの特徴をざっくり整理すると以下の通り。

主なゲーミングPCメーカー
ドスパラ価格は時期によって変動が大きいものの、おおむねコスパ良好。
最短翌日出荷という業界最安レベルの超スピードの納品が大きな魅力。
G-Tuneアフターサポートが24時間365日対応で、チャットやLINEでも相談可。
ゲーミングPCをはじめて買う方や、苦手意識がある方におすすめ。
パソコン工房プロゲーミングチームや有名ストリーマーとのコラボモデルが人気。
見た目にこだわりたい方にはRGB Buildモデルがおすすめ。
フロンティア毎週更新されるセールは、業界最安レベルのお買い得品が多数登場。
台数限定のため人気モデルは売り切れには要注意。
TSUKUMOAVerMedia推奨認定パソコンなど、個性に富んだモデルを販売。
見た目の派手さには欠けるが、堅実なPCを探している方におすすめ。
SEVENi3-12100、i5-12600Kなど他社が扱ってないCPUを選べるのが魅力。
ケースの選択肢も豊富で、こだわりの1台が欲しいなら要チェック。

パソコンの知識がほとんどない方には、アフターサポートの強いメーカーがおすすめです。

予算ごとにおすすめのゲーミングPCをまとめているので、あわせてご覧ください。

予算15万円
予算15万円おすすめゲーミングPC

詳しく見る

予算20万円
予算20万円のおすすめゲーミングPC

詳しく見る

予算25万円
予算25万円のおすすめゲーミングPC

詳しく見る

RTX 3060以上を推奨

Palit RTX 3060 Dual OC 12GB

サイバーパンクはグラフィックが非常に重く、最高画質でプレイしたいならグラボはRTX 3060がおすすめ。

DXR ONでは平均60を下回るため、近接戦闘が得意な方はDXR OFFでプレイしたほうが良いでしょう。

クイックハックを多用する方やスナイパーライフルが得意な方は、フレームレートが多少落ちてもあまり気になりません。

プレイスタイルに合わせてグラフィック設定を調整してください。

RTX 3060の関連記事はこちら

4KにはRTX 3070以上

Palit RTX3070 GamingPro

4Kの高解像度でサイバーパンクをプレイするなら、RTX 3070が最低ラインと考えたほうがよさそうです。

DXR ONでプレイするなら、DLSSはウルトラパフォーマンスに設定するのがおすすめ。

DLSSがOFFのままだと、場面によっては激しくカクつきます。

予算が許すならRTX 3070 TiやRTX 3080以上を視野に入れて探してみてください。

RTX 3070の関連記事はこちら

4Kの最高画質で快適にプレイしよう

サイバーパンク2077

散々待たされただけあって、超絶美麗なグラフィックや細部まで作りこまれた世界観など、極めて完成度の高いゲームに仕上がっています。

PC版でもいろいろとバグは発生しているようですが、そのうち解消することでしょう。

筆者はすでにメインストーリーをクリアしましたが、やりこみ要素が山ほど残っているので、しばらく抜け出せそうにありません。

ハイスペックなPCで、最高画質のサイバーパンクを存分に楽しみましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です