基礎知識

Watch Dogs: Legionのグラボ別平均フレームレート

ウォッチドッグスレギオンのベンチマーク

近未来のロンドンを舞台にミッションをこなしていくアクションゲーム、Watch Dogs: Legion(ウォッチドッグスレギオン)。

ハリウッド映画さながらの深いストーリーと、広大すぎるオープンワールドでスパイアクションを楽しめる同作ですが、グラフィックの重さも一級品。

最高画質で快適にプレイしたいなら、ハイスペックなゲーミングPCの導入は避けられません。

このページでは、ウォッチドッグスレギオンのベンチマーク結果をはじめ、おすすめのゲーミングPCについて詳しくまとめました。

Watch Dogs: Legionの平均フレームレート

Watch Dogs: Legion

ウォッチドッグスレギオンを6つのグラボで実際にプレイして、それぞれの平均フレームレートを検証しました。

使用したグラボは以下の通り。

検証で使用したグラボ
  • 玄人志向 GG-RTX3080-E10GB/TP
  • Palit RTX3070 GamingPro OC 8GB
  • MSI RTX 3060 Ti VENTUS 2X OC
  • MSI RTX2080 GAMING TRIO
  • Palit GTX 1660 SUPER StormX 6GB
  • Palit GTX 1650 StormX OC 4GB

まずはDXR(レイトレーシング)に対応したRTX 20シリーズ以上のグラボで、解像度ごとに最高画質の平均フレームレートを検証しました。

解像度ごとの平均フレームレート

DXRは「最大」に設定、WQHDと4KではDLSSを「品質」に設定して、ベンチマークモードを完走した際の結果です。

表にまとめると以下の通り。

Watch Dogs: Legion グラボ別平均フレームレート
FHD(DXR:OFF)FHD(DXR:ON)WQHD(DXR:ON)4K(DXR:ON)
RTX 308095767971
RTX 307091757257
RTX 3060 Ti80727056
RTX 208076756844

FHDでは大きな差が出ていませんが、解像度を上げていくほどグラボの性能差が表れてきます。

DXR非対応のGTX 16シリーズのグラボでは、FHDの最高画質と最低画質の平均フレームレートを検証しました。

FHDの最高画質と最低画質の平均フレームレート

数値を表にまとめた結果はこちら。

Watch Dogs: Legion グラボ別平均フレームレート
最低画質(DXR OFF)最高画質(DXR OFF)
GTX 1660 SUPER9532
GTX 16505621

GTX 1650で最高画質はカクつきが目立ってストレスがたまるため、グラフィック設定の調整は必須。

GTX 1660 SUPERでも中画質程度に落としたほうが快適です。

最高画質のまま快適にプレイしたいなら、RTX 3060 TiもしくはRTX 2070 SUPER以上のグラボが必要と考えたほうがよいでしょう。

今回の検証で使用したパソコンのパーツ構成は以下の通り。

検証用PCのパーツ構成
CPUIntel Core i9-9900K
マザーボードMSI MEG Z390 ACE
メモリ64GB(DDR4-2666、16GB×4)
CORSAIR VENGEANCE LPX
電源CORSAIR HX1200i(80PLUS PLATINUM)

CPUやメモリはオーバークロックせず、すべて定格で動かしています。

第9世代のCore i9なので、最新世代のハイエンドCPUならもう少しフレームレートが伸びると思われます。

反対にCPUがCore i5やRyzen 5だったり、メモリが8GB(8GB×1)だったりすると、フレームレートが落ち込むことも。

グラボ以外のパーツ構成もフレームレートに影響を与えるので、あくまで参考程度にご覧ください。

ベンチマークの結果と実際のゲームでは、フレームレートに差が出ることもあります。

最高画質かつDXR ONがおすすめ

ウォッチドッグスレギオンはグラフィックがとても美しく、リアルな近未来をたっぷり味わいたいなら、グラフィック設定はすべてMAXがおすすめ。

最高画質でDXR(レイトレーシング)のON・OFFを切り替えた状態のちがいをご覧ください。

DXR ON
DXR:ON
DXR OFF
DXR:OFF

DXR:OFFだと光の反射がのっぺりとした表現になっているのがわかるでしょうか。

DXR ON
DXR ON
DXR OFF
DXR OFF

車のような乗り物をはじめ、水たまりや鏡張りのビルなど、レイトレーシングの恩恵を感じられる要素がゲーム内にたくさん。

DXR ON
DXR ON
DXR OFF
DXR OFF

筆者はロンドンに行ったことがありませんが、実際の景色も多分こんな感じなんだろうな、と思えるほどのリアルさを味わえます。

ベンチマークモードが便利

ベンチマークモード

ウォッチドッグスレギオンにはベンチマークモードが実装されており、各設定でどれくらいのフレームレートを出せるか簡単に調べられます。

シングルプレイがメインのアクションゲームということもあり、そこまで高いフレームレートは必要としないものの、快適なプレイには30以上をキープしたいところ。

ちなみにFHDの最高画質でDXRも最大に設定した場合、VRAM(ビデオメモリ)使用量は9GB以上。

RTX 3070のVRAMが8GBですから、スペック上はRTX 3080以上が必要ということになります。

お手持ちのパソコンに合わせて、最適なグラフィック設定を見つけましょう。

オンラインモードが実装予定

オンラインモード

記事執筆時点では、オンラインモードが未実装。

2021年初頭に実装予定のことなので、シングルプレイのキャンペーンを終えた後も、まだまだたくさん遊べるようです。

Watch Dogs: LegionのおすすめゲーミングPC

ウォッチドッグスレギオン

ゲーミングPCを販売している国内主要メーカーの特徴をざっくり整理すると以下の通り。

主なゲーミングPCメーカー
ドスパラ価格は時期によって変動が大きいものの、おおむねコスパ良好。
最短翌日出荷という業界最安レベルの超スピードの納品が大きな魅力。
G-Tuneアフターサポートが24時間365日対応で、チャットやLINEでも相談可。
ゲーミングPCをはじめて買う方や、苦手意識がある方におすすめ。
パソコン工房プロゲーミングチームや有名ストリーマーとのコラボモデルが人気。
見た目にこだわりたい方にはRGB Buildモデルがおすすめ。
フロンティア毎週更新されるセールは、業界最安レベルのお買い得品が多数登場。
台数限定のため人気モデルは売り切れには要注意。
TSUKUMOAVerMedia推奨認定パソコンなど、個性に富んだモデルを販売。
見た目の派手さには欠けるが、堅実なPCを探している方におすすめ。
SEVENi3-12100、i5-12600Kなど他社が扱ってないCPUを選べるのが魅力。
ケースの選択肢も豊富で、こだわりの1台が欲しいなら要チェック。

パソコンの知識がほとんどない方には、アフターサポートの強いメーカーがおすすめです。

予算ごとにおすすめのゲーミングPCをまとめているので、あわせてご覧ください。

予算15万円
予算15万円おすすめゲーミングPC

詳しく見る

予算20万円
予算20万円のおすすめゲーミングPC

詳しく見る

予算25万円
予算25万円のおすすめゲーミングPC

詳しく見る

RTX 3060以上を推奨

Palit RTX 3060 Dual OC 12GB

ウォッチドッグスレギオンはグラフィックが非常に重く、最高画質でプレイしたいならグラボはRTX 3060が最低ライン。

DXR ONではフレームレートが平均60を下回るため、プレイスタイルに合わせてグラフィック設定を調整する必要があります。

RTX 3060の関連記事はこちら

4KにはRTX 3070以上

Palit RTX3070 GamingPro

4Kの高解像度でウォッチドッグスレギオンをプレイするなら、グラボはRTX 3070以上をおすすめします。

予算が許すならRTX 3070 TiやRTX 3080以上を視野に入れて探してみてください。

RTX 3070の関連記事はこちら

近未来のロンドンを最高画質で楽しもう

ウォッチドッグスレギオン

ミッションの多くは、敵に見つからないように進めていくものがメインですが、正面突破のゴリ押しも可能。

街を歩く人を誰でも仲間にできて、乗り物を好きなだけ奪えたり、貨物用ドローンでロンドン上空を飛びまわれたり。

自由度の高さはオープンワールド系ゲームの中でもトップレベル。

乱暴なプレイをしていると、突然通行人から殴られたりするのですが、それもまたこのゲームの醍醐味といえるでしょう。

やりこみ要素もたっぷりで、じっくり楽しみたい方におすすめのゲームです。

ハイスペックなPCで、近未来のロンドンを最高画質で楽しみましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。