基礎知識

ゲーム実況・ライブ配信におすすめのゲーミングPC

ゲーム実況・動画配信におすすめのゲーミングPC

YoutubeやTwitch、Mirrativなど、誰でも気軽にゲーム実況を配信できる便利な時代になりました。

しかしながら高画質な動画を安定して配信するには、ハイスペックなパソコンが必須。

パソコンが得意な方ならまだしも、あまり詳しくない方にとってはパソコンを選ぶだけで一苦労です。

そこでこのページでは、ゲーム実況や動画配信におすすめのゲーミングPCについてまとめています。

ゲーム実況用のパソコンを探している方は、ぜひ参考にしてください。

配信用パソコン購入時の注意点

GALLERIA ZZ

まずは動画配信用にゲーミングパソコンを買うときの注意点や選び方について解説します。

Webカメラやマイク、キャプチャーボードなど、パソコン以外に必要な配信用機材については以下の記事で解説しています。

これから機材一式をそろえるつもりの方は、あわせてご覧ください。

ゲーム実況に必要な機材
ゲーム実況・動画配信に必要な機材まとめこのページでは、ゲーム実況や動画配信に必要な機材選びについて詳しくご紹介します。 ひとことで「配信」と言ってもさまざまな方法があり...

ハード別の配信推奨スペック

ゲーム実況の動画配信

配信用PCに最低限必要なスペックは、どのゲームをどの程度の画質で配信するかによって変わります。

ざっくりとした目安をまとめると以下の通り。

配信用PCの目安
スマホ、コンソールPCゲーム
720p,30fpsエントリークラスエントリークラス
720p,60fpsエントリー~ミドルミドルクラス
1080p,30fpsミドルクラスミドル~ハイエンド
1080p,60fpsミドルクラスハイエンドクラス

スマホやコンソール機のゲームがメインで、それなりの画質(720p,30fps)で問題なければ、エントリークラスのスペックでも配信は可能。

デスクトップなら安いもので7~8万円前後、ゲーミングノートなら10万円前後が目安です。

PCゲームの場合、ゲームを動かすだけでCPUやGPUに負荷がかかるのに、さらに配信や録画もしようものならパソコン内部はフル回転。

参考までに、パソコンでモンスターハンターワールドをプレイしたときのモニタリングデータをご覧ください。

通常時

通常時

配信時

配信時

配信中はゲームのフレームレートが101から66に落ち込んでいるほか、メモリ(RAM)使用量も11GBから13GBに増加しています。

高フレームレートを維持しつつ高画質で配信も行うとなると、ミドル~ハイエンドクラスのゲーミングPCが必須。

少なくとも12~15万円前後、できれば20万円前後の予算は考えておきたいです。

VTuberはメモリ32GB欲しい

グリーンバックの状態

VTuberのようにアバターを表示させながら配信したいなら、メモリは多めに積んでおくことが大切。

FaceRigやCharacter Animatorなど、使用するソフトウェアによって最低限必要なメモリ容量は変わりますが、少なくとも16GB、できれば32GBほしいです。

実際にApexLegendsのライブ配信でメモリ使用状況をチェックしたところ、FaceRigで約20GB、Character Animatorは約30GBも使っていました。

FaceRig
メモリ使用量
Character Animator
メモリ使用量

PCゲームと配信ソフト(OBS)を動かしながらアバターも表示、さらにGoogle Chromeなども起動していると、メモリ16GBではさっぱり足りません。

アバターを表示させずに配信するならメモリは16GBで問題ないものの、VTuberを目指すならメモリはケチらないようにしましょう。

パソコンのスペック不足で配信がカクついていては、視聴者にストレスを与えてしまいます。

VTuberになる方法はいろいろあるため、気になる方はあわせてご覧ください。

安く買うならセールを狙う

「動画配信用にゲーミングパソコンが欲しいけど、値段が高い・・・」

と感じる方も少なくありません。

ゲーミングPCは安いものでも10万円前後、ミドル~ハイエンドになると軽く20万円を超えてきます。

少しでも安く買いたいなら、狙うべきはセールやキャンペーン。

数あるPCメーカーの中で、とくにコスパが高い3社のセール情報をまとめました。

ドスパラ
ドスパラのパソコンジャンボキャンペーン

詳しく見る

マウス
G-Tuneのウィンターセール

詳しく見る

フロンティア
フロンティアのセール

詳しく見る

時期によってセールの対象モデルやキャンペーン内容は異なるので、公式サイトをこまめにチェックすることが大切です。

お買い得品や人気モデルは在庫切れに要注意です。

10万円以下のPCでも配信は可能

Lightning AT5

10万円以下の格安ゲーミングPCでもライブ配信は可能です。

ただし、ゲームや配信ソフトの設定を適切に調整しないと、動画がカクついてしまったり、音声だけが流れて静止画になってしまうことも。

最低限のスペックで配信するときのコツや注意点について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

激安パソコンでライブ配信する方法
10万円以下の激安パソコンでゲーム実況をライブ配信する方法フォートナイトやApex Legendsなど、人気ゲームのライブ配信に挑戦したい! と考える方はとても多いですが、ゲーム実況の配信...

中古パソコンは高リスク

「新品は高いから、中古で買えばいいのでは?」

と考える人もいますが、おすすめしません。

そもそもパソコンは数ある家電製品の中でも寿命が短いことで有名です。

2年で買い替える人もいますし、4年も使えば十分に元は取ったといえるでしょう。

中古品はメーカーのサポートを受けられないことがほとんどで、いつ壊れるかわかりません。

ある程度パソコンの知識とスキルがあって、故障しても自分でどうにかできるなら、中古品を探すのもひとつです。

PC自作も選択肢のひとつ

自作パソコンのパーツ一式

ある程度パソコンの知識があって、機械をいじることに抵抗がなければ、動画配信用のパソコンを自作してしまうのもひとつ。

メーカー品を買うより手間はかかるものの、好きなパーツを自分で選べたり、予算に合わせて組むことができます。

市販のゲーミングPC(BTOパソコン)と自作の比較については、以下の記事でも詳しく解説しているので、興味がある方はあわせてご覧ください。

自作とBTOパソコンの特徴を比較
自作とBTOパソコンの特徴を比較!両者のデメリットを解説「ゲーミングPCが欲しい!」 と思ったとき、ドスパラやパソコン工房のようなBTOメーカーで完成品を買うか、自作するかで迷う方はとて...

おすすめの配信用ゲーミングPC

ここからは具体的におすすめの配信用PCをご紹介します。

エントリークラスからハイエンドまでピックアップしたので、用途と予算に合わせて選んでみてください。

各PCの実機レビューもあわせてご覧いただくと、イメージがより具体的になります。

GALLERIA GCL1650TGF

GALLERIA GCL2060RGF5

スマホやコンソール機の配信で使えるノートPCを探しているなら、約10万円で買えるGALLERIA GCL1650TGFがおすすめ。

主なスペックは以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i5-10300H
GPUGeForce GTX 1650 Ti
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージNVMe M.2 SSD 500GB
価格96,778円

PCゲームをフルHD(1080p)かつ60fpsで配信するのはしんどいものの、720pかつ30fpsであればそれなりに配信できるスペックです。

スマホゲームやコンソール機の配信をメインに考えている方や、カジュアルにPCゲームを遊んでみたい方におすすめです。

G-Tune PL-B

G-Tune PL-B

手ごろな価格帯のデスクトップを探しているなら、マウスコンピューターのG-Tune PL-Bはいかがでしょうか。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i5-10400
GPUGeForce GTX 1650 SUPER
メモリ8GB(4GB×2)
ストレージNVMe M.2 SSD 256GB
HDD 1TB
価格96,580円

PCゲームを配信するならメモリを16GBにカスタマイズしたいですが、スマホやコンソール機の配信ならとくに問題ありません。

コンパクトな筐体で、持ち運びやすい取っ手がついているのも特徴です。

GALLERIA XA7C-R37

GALLERIA XA7C-R37

続いてはミドルスペックで人気の高い、GALLERIA XA7C-R37。

幅広いゲームを最高画質で快適に動かせるほか、ライブ配信もサクサクこなせます。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-10700
GPUGeForce RTX 3070
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージ512GB NVMe SSD
価格190,278円

ゲームのフレームレートや画質を無理に落とさず、PC1台で高画質な配信がしたいなら、これくらいのスペックがあると安心です。

コンソール機の配信用パソコンとしては少々オーバースペックなので、用途に合わせて判断しましょう。

G-Tune XN-Z

G-Tune XN-Z

最後にご紹介するのは、GPUにRTX 3080を搭載したG-Tune XN-Z。

フォートナイトやApex Legendsで240以上のフレームレートを狙えて、ライブ配信も余裕でこなせるハイエンドモデルです。

主なスペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i9-10900K
GPUGeForce RTX 3080
メモリ32GB(16GB×2)
ストレージ512GB NVMe SSD
2TB HDD
販売価格300,080円

VTuberとしてアバターを表示させながら、1080pかつ60fpsで配信&録画することも可能。

消費税と配送料込で約30万円は勇気のいる価格ですが、配信機材に妥協したくないなら、検討してみてはいかがでしょうか。

AVerMedia推奨認定パソコン

Live Gamer Ultra GC553

キャプチャーボードでおなじみ、AVerMediaの推奨認定パソコンがTSUKUMOから販売されています。

AVerMediaの人気モデル「Live Gamer HD2 – C988」を標準搭載。

PS4やSwitchなどのコンソールゲームはもちろん、スマホゲームの配信にも活躍します。

CPUやグラフィックカード、メモリなどのスペックも申し分なしで、パソコンゲームの配信はもちろん動画編集などの用途でも使える万能マシン。

Vtuberを目指している方も要チェックなモデルです。

主なスペック

スタンダードモデル

コラボモデルのラインナップは2種類。

それぞれの主なスペックを整理しました。

主なスペック
スタンダードプレミアム
OSWindows 10 Pro 64ビット
CPURyzen7 3700XRyzen9 3900X
GPURadeon RX5700 XT
メモリ32GB(16GB×2)
ストレージ1TB NVMe SSD
販売価格239,800円~264,800円~

グラフィックカードにGeForceではなくRadeonを搭載しているのは、配信時の安定性を優先したからだそう。

リアルタイムレイトレーシングなどの技術には非対応ですが、グラフィックカードとしての性能はお墨付き。

配信はもちろん、パソコンゲームも高画質&高フレームレートで動かせます。

メモリが32GBとたっぷり搭載されているのも安心です。

高画質でスムーズなライブ配信を

OBSからライブ配信

1080p、60fpsでゲーム実況を配信するとなると、パソコンにも相応のスペックが求められます。

とくにPCゲームを高フレームレートで動かしつつ、配信も高画質を保ちたいなら、機材をケチってはいけません。

パソコン選びに迷っているなら、まずはエントリークラスのゲーミングPCでゲーム実況に挑戦してみることをおすすめします。

配信ソフトや機材の扱いに慣れて、順調に視聴者数も伸びてくれば、高画質での配信を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

予算内で希望に合うパソコンを探して、快適に配信できる環境を整えましょう。

ゲーム実況に必要な機材
ゲーム実況・動画配信に必要な機材まとめこのページでは、ゲーム実況や動画配信に必要な機材選びについて詳しくご紹介します。 ひとことで「配信」と言ってもさまざまな方法があり...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。