基礎知識

VALORANTで高フレームレートを出せるおすすめゲーミングPC

VALORANTのベンチマーク

リーグ・オブ・レジェンドでおなじみのライアットゲームズが初めてリリースしたFPSゲーム、VALORANT(ヴァロラント)。

リリース直後から人気に火が付き、国内はもちろん海外でも大会などが積極的に開催されています。

このページでは、VALORANTを快適にプレイするにはどれくらいのスペックが必要なのか、平均フレームレートを検証した結果をまとめています。

ゲーミングPC選びで迷っている方は、ぜひじっくりご覧ください。

VALORANTはパソコンでしかプレイできず、コンソール版のリリースは記事執筆時点で未定です。

VALORANTの平均フレームレート

VALORANTの平均フレームレート

VALORANTを以下のグラボで実際にプレイしました。

検証で使用したグラボ
  • 玄人志向 GG-RTX3080-E10GB/TP
  • Palit RTX 3070 GamingPro OC 8GB
  • MSI RTX 3060 Ti VENTUS 2X OC
  • MSI RTX 2080 GAMING TRIO
  • Palit RTX 3060 Dual OC 12GB
  • Palit GTX 1660 SUPER StormX 6GB
  • Palit GTX 1650 StormX OC 4GB

最高画質で数マッチプレイしたときの平均フレームレートがこちら。

VALORANTの平均フレームレート

表にまとめると以下の通り。

VALORANT グラボ別平均フレームレート
最高画質
RTX 3080325
RTX 3070288
RTX 3060 Ti268
RTX 2080277
RTX 3060220
GTX 1660 SUPER208
GTX 1650172

検証で使用したパソコンの主なスペックは以下の通り。

CPUやメモリはオーバークロックせず、すべて定格で動かしています。

検証用PCのパーツ構成
CPUIntel Core i9-9900K
マザーボードMSI MEG Z390 ACE
メモリ64GB(DDR4-2666、16GB×4)
CORSAIR VENGEANCE LPX
電源CORSAIR HX1200i(80PLUS PLATINUM)

CPUがCore i5やRyzen 5だったり、メモリが8GB(8GB×1)だったりすると、フレームレートが落ち込む場合があります。

グラボ以外のパーツ構成もフレームレートに影響を与えるので、あくまで参考程度にご覧ください。

マップやモード、戦闘状況によってフレームレートは変動します。

エントリースペックでも快適

VALORANTのグラフィック設定

VALORANTはグラフィックが恐ろしく軽いのが特徴です。

GTX 1650のようなエントリークラスのグラボでも、フレームレートが60を下回ることはほとんどありません。

ゲームを動かすだけなら、10万円以下の格安ゲーミングPCでも十分快適にプレイできます。

配信するならミドルクラス以上

グラフィックが軽いとはいえ、ゲームをライブ配信するならそれなりのスペックが求められます。

CPUはCore i7かRyzen 7以上、メモリは16GB以上、グラボもGTX 1660 SUPER以上は欲しいところ。

どのようにVALORANTをプレイしたいのか、に合わせて最適なゲーミングPCを選びましょう。

fpsやパケロスを設定で表示可能

VALORANTの設定画面

VALORANTはフレームレート(fps)やパケロスなどを、ゲーム画面に表示させられます。

テキストで表示できるゲームはたくさんありますが、グラフでも表示できるのは視覚的にとてもわかりやすくて便利です。

fpsのグラフ表示

何を表示させるかは任意で設定可能。

パケロスなどの表示

細かいことが気にならなければ、何も表示しなくてよいでしょう。

VALORANTのおすすめゲーミングPC

NEXTGEAR-MICRO im610SA3

ここからはVALORANTをプレイするうえで、おすすめのゲーミングPCについてご紹介します。

ゲーミングPCを販売しているメーカーは数多くありますが、とくにコスパが高いのは以下の4社。

コスパの高いPCメーカー
  • ドスパラ
  • フロンティア
  • G-Tune
  • Lenovo

それぞれの特徴をざっくり整理すると以下の通り。

コスパの高いゲーミングPCメーカー
ドスパラフロンティアG-TuneLenovo
価格
納期×
アフターサポート×
開催中のセール詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る

格だけで選ぶならフロンティアとLenovoが頭一つ抜けています。

しかしながらLenovoはモデルによって納期が2~3か月待ちだったり、アフターサポートにもあまり期待できないのが弱点。

ドスパラは人気モデルの多くが翌日出荷に対応していて、すぐに届くのが大きな魅力。

G-Tuneはアフターサポートが24時間365日対応で、メールやチャットでも問い合わせできるのが強み。

ゲーミングPCメーカーの選び方については、以下の記事でも詳しく解説しています。

ゲーミングPCメーカーの選び方
ゲーミングPCメーカーの特徴と失敗しない選び方ゲーミングPCを買おうと思ったとき、どのメーカーを選べばいいのか迷ってしまう人は少なくありません。 テレビCMで見かけるような有名...

Lightning AT5

Lightning AT5

「そこそこのスペックをとにかく安く買いたい!」

という方におすすめなのが、ドスパラのLightning AT5。

主なスペックは以下の通り。

主なスペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPURyzen 5 3500
GPUGeForce GTX1660 SUPER
メモリ8GB
ストレージ500GB NVMe SSD
販売価格77,980円~

CPUがRyzen 5でメモリも8GBですが、最高画質で200前後のフレームレートを出せます。

GTX 1660 SUPER搭載で税抜き7万円台というのは、業界内で比べても間違いなく最安レベル。

コスパで選びたい方は、ぜひ候補に入れてみてください。

GALLERIA GR1650TGF-T

GR1650TGF-T

コスパの高いゲーミングノートを探しているなら、GALLERIA GR1650TGF-Tがおすすめです。

主なスペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPURyzen 5 4600H
GPUGeForce GTX1650 Ti
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
販売価格89,980円~

発売当初はメモリが8GBでしたが、現在は16GBに仕様変更されています。

この価格帯で120Hzの高リフレッシュレートに対応したモニターを搭載しているのも魅力。

カジュアルにVALORANTを楽しみたい方におすすめです。

GALLERIA GCL2060RGF-T

GALLERIA GCL2060RGF-T(Core i7-10875H搭載モデル)

もう少しスペックの高いゲーミングノートを探しているなら、RTX 2060を搭載したこちらはいかがでしょうか。

主なスペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-10875H
GPUGeForce RTX 2060
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージ512GB NVMe SSD
販売価格124,980円~

モニターのリフレッシュレートが144Hzで、RTX 2060を搭載したゲーミングノートとしては記事執筆時点で業界最安クラス。

ゲーミングノートでVALORANTをやりこみたいなら、これくらいのスペックは最低限必要と考えましょう。

G-Tune XN-Z

G-Tune XN-Z

最後はガチ勢向けの1台をご紹介します。

プロゲーマーやストリーマーとして有名になることを目指すなら、ハイエンドクラスのG-Tune XN-Zがおすすめ。

主なスペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i9-10900K
GPUGeForce RTX 3080
メモリ32GB(16GB×2)
ストレージ512GB NVMe SSD
2TB HDD
販売価格269,800円~

最高画質で300以上のフレームレートを出せるのはもちろん、ゲーム実況のライブ配信も余裕でこなせます。

水冷CPUクーラーで爆熱のCore i9もしっかり冷やせますし、24時間365日対応のアフターサポートで、万が一トラブルが起きても安心。

これだけのスペックがあると、もう機材を言い訳にできなくなります。

ゲーミングPCの性能に妥協したくないなら、チェックしてみてください。

VALORANTを最高画質でプレイしよう

VALORANT

VALORANTはここ数年でリリースされたFPSゲームとしては非常にグラフィックが軽いですが、高フレームレートで安定させるには相応のスペックが必要です。

とくにライブ配信を視野に入れるなら、ミドルクラス以上のゲーミングPCは必須。

予算と用途に合わせて、VALORANTを快適にプレイできる環境を整えましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。