基礎知識

VALORANTのグラボ別平均フレームレート

VALORANTのベンチマーク

リーグ・オブ・レジェンドでおなじみのライアットゲームズが初めてリリースしたFPSゲーム、VALORANT(ヴァロラント)。

リリース直後から人気に火が付き、国内はもちろん海外でも大会などが積極的に開催されています。

このページでは、VALORANTを快適にプレイするにはどれくらいのスペックが必要なのか、平均フレームレートを検証した結果をまとめています。

ゲーミングPC選びで迷っている方は、ぜひじっくりご覧ください。

VALORANTはパソコンでしかプレイできず、コンソール版のリリースは記事執筆時点で未定です。

VALORANTの平均フレームレート

VALORANTの平均フレームレート

VALORANTを以下のグラボで実際にプレイしました。

検証で使用したグラボ
  • 玄人志向 GG-RTX3080-E10GB/TP
  • Palit RTX 3070 GamingPro OC 8GB
  • MSI RTX 3060 Ti VENTUS 2X OC
  • MSI RTX 2080 GAMING TRIO
  • Palit RTX 3060 Dual OC 12GB
  • Palit GTX 1660 SUPER StormX 6GB
  • Palit GTX 1650 StormX OC 4GB

最高画質で数マッチプレイしたときの平均フレームレートがこちら。

VALORANTの平均フレームレート

表にまとめると以下の通り。

VALORANT グラボ別平均フレームレート
最高画質
RTX 3080325
RTX 3070288
RTX 3060 Ti268
RTX 2080277
RTX 3060220
GTX 1660 SUPER208
GTX 1650172

検証で使用したパソコンの主なスペックは以下の通り。

CPUやメモリはオーバークロックせず、すべて定格で動かしています。

検証用PCのパーツ構成
CPUIntel Core i9-9900K
マザーボードMSI MEG Z390 ACE
メモリ64GB(DDR4-2666、16GB×4)
CORSAIR VENGEANCE LPX
電源CORSAIR HX1200i(80PLUS PLATINUM)

CPUがCore i5やRyzen 5だったり、メモリが8GB(8GB×1)だったりすると、フレームレートが落ち込む場合があります。

グラボ以外のパーツ構成もフレームレートに影響を与えるので、あくまで参考程度にご覧ください。

マップやモード、戦闘状況によってフレームレートは変動します。

エントリースペックでも快適

VALORANTのグラフィック設定

VALORANTはグラフィックが恐ろしく軽いのが特徴です。

GTX 1650のようなエントリークラスのグラボでも、フレームレートが60を下回ることはほとんどありません。

ゲームを動かすだけなら、10万円以下の格安ゲーミングPCでも十分快適にプレイできます。

配信するならミドルクラス以上

グラフィックが軽いとはいえ、ゲームをライブ配信するならそれなりのスペックが求められます。

CPUはCore i7かRyzen 7以上、メモリは16GB以上、グラボもGTX 1660 SUPER以上は欲しいところ。

どのようにVALORANTをプレイしたいのか、に合わせて最適なゲーミングPCを選びましょう。

fpsやパケロスを設定で表示可能

VALORANTの設定画面

VALORANTはフレームレート(fps)やパケロスなどを、ゲーム画面に表示させられます。

テキストで表示できるゲームはたくさんありますが、グラフでも表示できるのは視覚的にとてもわかりやすくて便利です。

fpsのグラフ表示

何を表示させるかは任意で設定可能。

パケロスなどの表示

細かいことが気にならなければ、何も表示しなくてよいでしょう。

VALORANTのおすすめゲーミングPC

LEVEL∞ RGB Buildのレビュー

ここからはVALORANTを快適にプレイするうえで、おすすめのゲーミングPCについてご紹介します。

ゲーミングPCを販売している国内主要メーカーの特徴をざっくり整理すると以下の通り。

主なゲーミングPCメーカー
ドスパラ価格は時期によって変動が大きいものの、おおむねコスパ良好。
最短翌日出荷という業界最安レベルの超スピードの納品が大きな魅力。
G-Tuneアフターサポートが24時間365日対応で、チャットやLINEでも相談可。
ゲーミングPCをはじめて買う方や、苦手意識がある方におすすめ。
パソコン工房プロゲーミングチームや有名ストリーマーとのコラボモデルが人気。
見た目にこだわりたい方にはRGB Buildモデルがおすすめ。
フロンティア毎週更新されるセールは、業界最安レベルのお買い得品が多数登場。
台数限定のため人気モデルは売り切れには要注意。
TSUKUMOAVerMedia推奨認定パソコンなど、個性に富んだモデルを販売。
見た目の派手さには欠けるが、堅実なPCを探している方におすすめ。
SEVENi3-12100、i5-12600Kなど他社が扱ってないCPUを選べるのが魅力。
ケースの選択肢も豊富で、こだわりの1台が欲しいなら要チェック。

パソコンの知識がほとんどない方には、アフターサポートの強いメーカーがおすすめです。

予算ごとにおすすめのゲーミングPCをまとめているので、あわせてご覧ください。

予算10万円
予算10万円おすすめゲーミングPC

詳しく見る

予算15万円
予算15万円おすすめゲーミングPC

詳しく見る

予算20万円
予算20万円のおすすめゲーミングPC

詳しく見る

予算25万円
予算25万円のおすすめゲーミングPC

詳しく見る

エントリークラスでも余裕

GTX1650

VALORANTは数あるFPSゲームの中でもグラフィックがとても軽いです。

GTX 1650を搭載したエントリースペックのゲーミングPCでも快適にプレイが可能。

予算に余裕がない方でも安心して楽しめます。

ガチ勢はRTX 3060以上を推奨

Palit RTX 3060 Dual OC 12GB

プロを目指している方や、ある程度本気でVALORANTをやりこみたいなら、グラボはRTX 3060以上がおすすめ。

CPUはCore i5やRyzen 5で問題ありませんが、配信も考えているならCore i7やRyzen 7が望ましいです。

ミドルスペック以上のゲーミングPCなら、シビアな状況でもフレームレートが落ち込むことなく安定したプレイが可能です。

RTX 3060の関連記事はこちら

VALORANTを最高画質でプレイしよう

VALORANT

VALORANTはここ数年でリリースされたFPSゲームとしては非常にグラフィックが軽いですが、高フレームレートで安定させるには相応のスペックが必要です。

とくにライブ配信を視野に入れるなら、ミドルクラス以上のゲーミングPCは必須。

予算と用途に合わせて、VALORANTを快適にプレイできる環境を整えましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。