基礎知識

レノボのゲーミングPC「Legion」評価や特徴まとめ

レノボのゲーミングPC「Legion」の評価

Lenovo(レノボ)といえばビジネス用のノートPCを思い浮かべる人も多いですが、ゲーミングPCも「Legion」というブランドを展開。

国内のBTOメーカーにも負けない、コスパの高さが最大の魅力です。

このページでは、レノボが販売するゲーミングPC「Legion」の特徴や注意点について詳しくまとめています。

ゲーミングPCの購入を検討中の方は、ぜひじっくりご覧ください。

レノボのゲーミングPCの特徴

レノボに限らず、どのようなメーカーにも強みと弱みがあります。

主な特徴を整理すると以下の通り。

PC販売で国内シェアNo.1

他社と比べて価格が安い

個性的なケースデザイン

スペックの選択肢が豊富

在庫や出荷目安が不安定

サポートの評判が良くない

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

PC販売で国内シェアNo.1

「レノボといえばThinkPad!」

というイメージを持たれている方はとても多いです。

筆者自身、持ち運び用のノートPCはレノボのIdeaPadを愛用中。

ThinkPad
Thinkpad
IdeaPad
Ideapad

事実として、レノボはグループ合計(NECと富士通も含む)の出荷台数で国内シェアNo.1(2020年第2四半期)に輝いています。

HPやDellと比べてゲーミングPCの知名度はそこまで高くないものの、ビジネス用途のパソコンでは不動の地位を築いています。

他社と比べて価格が安い

レノボ最大の強みは、なんといっても価格の安さ。

人気のミドルクラス(GTX 1660 SUPER搭載モデル)で他社との価格帯を比較してみました。

メーカーレノボドスパラG-Tune日本HP
モデルLegion T550iGALLERIA
XA7C-G60S
PM-BOMEN 25L
CPUCore i7-10700Core i7-10700FCore i7-10700Core i7-10700F
GPUGTX 1660 SUPER
メモリ16GB8GB16GB
ストレージ256GB NVMe SSD
2TB HDD
512GB NVMe SSD256GB NVMe SSD
1TB HDD
256GB NVMe SSD
2TB HDD
電源650W
80PLUS GOLD
650W
80PLUS BRONZE
500W
80PLUS BRONZE
無線LAN〇(WiFi 6)〇(WiFi 6)
販売価格120,463円119,980円~129,800円~129,800円~

表示価格だけを見るとドスパラが最安に見えますが、騙されないように要注意。

レノボは伝統的に消費税と配送料込みの価格を掲載していますが、その他メーカーはすべて本体価格のみの表示。

つまり消費税と配送料込みで考えると、似たようなスペックでも1~2万円以上の差が出るということです。

パソコンの仕様および金額は時期によって変動します。最新価格は各公式サイトにてご確認ください。

搭載パーツの比較が重要

WiFiカード

「安いだけのゲーミングPCはちょっと不安」

と思う人もいると思いますが、きちんとしたパーツを搭載しているのに安いのがレノボのすごいところ。

たとえば国内BTOメーカーが販売するデスクトップタイプのゲーミングPCは、無線LAN非搭載のものがほとんど。

その点、Legionのデスクトップは無線LAN(WiFi 6)を標準搭載。

さらに電源も80PLUS GOLDという上位グレードのパーツを搭載。

他社より豪華なパーツ構成になっているのに価格が安い、という意味不明な現象が起きています。

「少しでも安くレノボのゲーミングPCを買いたい!」

という方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

レノボのゲーミングPCを1円でも安く買う秘訣
レノボのゲーミングPCを1円でも安く買う秘訣コスパの高いゲーミングPCを数多く販売するLenovo(レノボ)。 このページでは、レノボが販売するゲーミングPC「Legion」...

個性的なケースデザイン

Legionはデスクトップ、ノートともにケースデザインも魅力のひとつ。

Lenovo Legion 750i
Legion C530
Legion T550i

好みの問題ではありますが、シンプルながらも個性を感じさせるデザインです。

配線の美しさは期待薄

裏配線の様子

筆者が以前お借りしたモデルは、デスクトップの裏配線がごちゃついていました。

価格が安い分、配線を整えることにはあまり時間を割いていない模様。

ケースを開けなければ見えないので問題ありませんが、ストレージの増設や電源交換など、後々の改造は少々やりづらそうです。

スペックの選択肢が豊富

Legionはモデルによって複数のスペックが用意されています。

たとえばCPUはCore i5やCore i7を選べたり、GPUもGTX 1650からRTX 3070まで選べるモデルもあります。

仕事でもゲーミングPCを使いたいなら、Office搭載モデルがおすすめ。

予算や用途に合わせて選べるのも魅力です。

細かいカスタマイズは非対応

ドスパラやG-Tune、パソコン工房などの国内BTOメーカーは、注文時にメモリやストレージを増設したり、用途に合わせて細かいカスタマイズが可能です。

しかしながらレノボは注文時のカスタマイズに非対応。

注文時に選べるのは有料サポートや周辺機器の追加程度。

希望にぴったりのスペックが見つからなければ、実物が届いてから自身で改造するしかありません。

パーツの交換や増設で万が一不具合が起きた場合、保証対象外になる恐れがあります。くれぐれも慎重に判断してください。

在庫や出荷目安が不安定

在庫や出荷目安

豊富なラインナップが魅力のLegionですが、スペックによって在庫や納期(出荷予定)にバラつきがあります。

モデルによっては在庫が切れていたり、タイミングが悪いと納品まで2ヵ月以上待たされる場合も。

在庫状況は日々変動していて、ほんの数日で復活することもあれば、そのまま販売終了になってしまうモデルもあります。

気になっているモデルの在庫が「残りわずか」になっていたときは、早めの決断をおすすめします。

サポートの評判が良くない

サポート

「レノボはアフタサポートが良くない!」

という声がネット上で散見されます。

事実として、エキスパートスタッフによる専用コールセンターは+3,190円(1年間)の有料オプション扱い。

無料の標準保証のままだと、電話先のスタッフが外国人の方でうまく意思疎通できなかった、というケースもあるようです。

パソコンに何かトラブルが起きても、ある程度は自力で対処できるなら気にする必要はありません。

パソコンに苦手意識があったり、周りに頼れる人がいない方には、多少値段が高くてもアフターサポートが24時間365日対応のG-Tuneをおすすめします。

レノボはアフターサポートを削っているからこそ他社より安い、と考えたほうが良いでしょう。

ゲーミングPCのおすすめモデル

ゲーミングPCのラインナップ

ここからはレノボが販売するゲーミングPCのおすすめモデルをピックアップしてご紹介します。

気になるモデルがあれば、ぜひ公式サイトで在庫状況などをチェックしてみてください。

掲載している仕様および価格は記事執筆時点のものです。

Legion デスクトップ

Legion T550i

まずはLegionのデスクトップモデル、T550i。

おすすめのスペックは以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-10700
GPUGeForce GTX 1660 SUPER
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージ256GB NVMe SSD
2TB HDD
価格120,463円

いわゆるミドルクラスのスペックで、幅広いゲームを高画質~最高画質で快適にプレイできます。

Apex Legendsやフォートナイトなどのシューターゲームは、中画質程度まで落とせば144以上のフレームレートをキープ可能。

メモリとストレージも必要十分な容量が搭載されているので、ゲーム以外の用途でも活躍します。

予算に余裕があるなら、最新グラボのRTX 3070を搭載したモデルがおすすめです。

Legion ノート

Legion 750iの価格

こちらはゲーミングノートのLegion 750i。

おすすめのスペックは以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-10750H
GPUGeForce RTX 2060
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージ1TB NVMe SSD
価格175,111円

15.6型の薄型ゲーミングノートで、高リフレッシュレートに対応したモニターを搭載しているのが特徴です。

「ゲーミングノートでもFPSゲームを高フレームレートでプレイしたい!」

と考えるなら、これくらいのスペックを狙いたいところ。

実機レビューはRTX 2080 SUPER(Max-Q)搭載のハイエンドモデルですが、気になる方はあわせてご覧ください。

IdeaPad Gaming

IdeaPad

続いてご紹介するのはLegionではなく、IdeaPadのGamingエディション。

Legionとはデザインが異なりますが、価格を抑えたモデルが多くなっています。

おすすめのスペックは以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i5-9300H
GPUGeForce GTX 1650
メモリ8GB
ストレージ512GB NVMe SSD
価格104,029円

いわゆるエントリークラスのスペックなので、過度な期待は禁物。

ゲームに合わせたグラフィック設定の調整は必須で、カジュアルにPCゲームを遊んでみたい方におすすめです。

「ゲーミングPCが欲しいけど、極力出費を抑えたい!」

という方は候補に入れてみてはいかがでしょうか。

IdeaCentre Gaming

IdeaCentre

こちらもLegionではなく、IdeaCentreのGamingエディション。

おすすめのスペックは以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i5-10400
GPUGeForce GTX 1650 SUPER
メモリ8GB
ストレージ256GB NVMe SSD
価格93,914円

キーボードとマウスもセットで9万円台で買える、というのは業界内でも最安レベル。

こちらもゲーミングPCとしては最小限のスペックなので、最新ゲームを最高画質でサクサク動かすことはできません。

「そこそこの画質でゲームを遊べたらOK!」

という方におすすめの1台です。

コスパでPCを選ぶならレノボ

Legion T550i

レノボのゲーミングPC「Legion」は業界内でもトップレベルのコスパを誇りますが、弱点がひとつもないわけではありません。

在庫状況や出荷予定は不安定ですし、標準保証の範囲ではアフターサポートへの過度な期待も禁物。

ゲーミングPCは安いものでも10万円くらいしますし、長く使い続けるものですから、各メーカーの特徴を比較しながら、納得のいく1台を選んでください。

ちなみにレノボでは定期的にセールを実施中。

タイミングが良ければさらにお得に買えます。

セールやキャンペーンの内容は時期によって変動するため、最新情報は公式サイトにてご確認ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。