基礎知識

Battlefield 2042 オープンベータのグラボ別平均フレームレート

Battlefield 2042 オープンベータ

発売が期待されているBattlefield 2042のオープンベータがスタートしました。

前作のBattlefield VもFPSゲームとしてはトップレベルの重さでしたが、最新作はさらに上回ってきました。

このページには推奨スペックをはじめ、グラボ別の平均フレームレートを簡単にまとめています。

Battlefield 2042が気になっている方は、ぜひご覧ください。

Battlefield 2042 推奨スペック

Battlefield 2042 推奨スペック

現在公開されている推奨スペックは、あくまで「オープンベータ」のスペックであることに注意してください。

大きく変わることはないと思われますが、正式版は多少スペックが変動する可能性があります。

必要動作環境

必要動作環境とは、最低限のプレイができるために必要なスペックと理解してください。

これ以下のスペックだと、まともに動かせないと考えたほうが良いでしょう。

Battlefield 2042 必要動作環境
OSWindows 10 64bit
CPUCore i5 6600K
Ryzen 5 3600 以上
GPUGTX 1050 Ti
RX 560 以上
メモリ8GB 以上
ストレージ100GB 以上

エントリークラスのゲーミングPCでも一応動かすことはできるようです。

ストレージに余裕がない方は、あまりプレイしていないゲームをアンインストールしたり、100GB以上の空きを作っておく必要があります。

推奨動作環境

推奨動作環境の定義はゲームによってさまざまですが、中~高画質で60fpsを出すために必要なスペック、くらいに考えておくのがおすすめです。

Battlefield 2042 推奨動作環境
OSWindows 10 64bit
CPUCore i7 4790
Ryzen 7 2700X 以上
GPURTX 3060
RX 6600 XT 以上
メモリ16GB
ストレージ100GB

そこそこ快適にプレイするには、ミドルクラス以上のスペックが必須となるようです。

実際にプレイしてみないことにはわかりませんが、DXR(レイトレーシング)ONの状態でサクサク動かすにはRTX 3080以上のグラボが必要になるかもしれません。

RTX 20シリーズをお使いの場合、RTX 2060 SUPER以上ならそれなりにプレイはできるでしょう。

オープンベータのGPUベンチマーク

バトルフィールド2042

10月6日よりスタートしたオープンベータにアクセスし、主なグラボでどれくらいフレームレートを出せるか検証しました。

グラボ以外の主なパーツ構成は以下の通り。

検証用PCの主なパーツ構成
CPUCore i7-11700K
メモリ32GB(DDR4-3200、16GB×2)

自作したPCで、メモリは2,933MHz(Gear1)に設定しています。

Battlefield 2042はMSIのAfterBurnerと相性が悪いようで、ハードウェアやフレームレートのオーバーレイ表示ができず。

今回はCapFramXを使用し、ゲーム中180秒間の平均フレームレートを計測しました。

CapFramX

計測タイミングによってフレームレートが大きく変わるため、同条件で数回計測し、平均値を算出しています。

動画にもまとめているので、あわせてご覧いただくとより分かりやすいです。

オープンベータのコンクエストモードで検証したデータです。あくまで参考程度にご覧ください。

最高画質のフレームレート

バトルフィールド2042

解像度はフルHDに設定し、すべてULTRAに設定して検証した結果がこちら。

BF 2042 最高画質(ULTRA) フレームレート比較
RTX 3080
86
RTX 3070
72
RTX 3060 Ti
71
RTX 3060
64

推奨グラボであるRTX 3060なら、最高画質でもおおむね60以上をキープ可能。

RTX 3080でも最高画質だと90前後のフレームレートしか出せず、前作から一層グラフィックが重くなっています。

WQHDや4Kで快適にプレイするには、ウルトラハイエンドクラスのグラボが必要になりそうです。

DXR(レイトレーシング)を設定できるものと思っていましたが、オープンベータでは非対応のようで検証していません。

低画質のフレームレート

バトルフィールド2042

画質を落として検証した結果がこちら。

BF 2042 低画質(LOW) フレームレート比較
RTX 3080
111
RTX 3070
90
RTX 3060 Ti
86
RTX 3060
90

計測タイミングの問題と思われますが、今回検証した限り、RTX 3070とRTX 3060の平均値が変わりませんでした。

ゲームに支障が出るほどグラフィックが粗くなるわけではないため、ミドルスペック以下のゲーミングPCでプレイするときは、極力画質を落としたほうが良いでしょう。

メモリ容量・枚数による変化

デスクトップ向けメモリ

グラボをRTX 3060に固定して、メモリの容量および枚数でフレームレートが変化するのかを検証してみました。

検証用PCの主なパーツ構成
CPUCore i7-11700K
GPURTX 3060

メモリはいずれもDDR4-3200で、2,933MHz(Gear1)に設定して検証しています。

結論としては、16GB(8GB×2)以上であれば問題なさそうです。

BF 2042 最高画質(ULTRA) フレームレート比較
32GB(16GB×2)
64
16GB(8GB×2)
65
16GB(16GB×1)
47
8GB(8GB×1)
41

ほかのゲームと同じように、メモリがシングルチャネルだとフレームレートが落ちます。

また、必要以上にメモリを増やしてもフレームレートにはあまり影響しません。

ただし、ライブ配信や動画編集にも力を入れるなら、メモリには余裕を持たせておいたほうが良いでしょう。

おすすめのゲーミングPC

BF 2042のおすすめゲーミングPC

ゲーミングPCを販売しているメーカーはたくさんあります。

有名どころの特徴をざっくりまとめてみました。

主なゲーミングPCメーカー
ドスパラ価格は時期によって変動が大きいものの、おおむねコスパ良好。
最短翌日出荷という業界最安レベルの超スピードの納品が大きな魅力。
G-Tuneアフターサポートが24時間365日対応で、チャットやLINEでも相談可。
ゲーミングPCをはじめて買う方や、苦手意識がある方におすすめ。
パソコン工房プロゲーミングチームや有名ストリーマーとのコラボモデルが人気。
見た目にこだわりたい方にはRGB Buildモデルがおすすめ。
フロンティア毎週更新されるセールは、業界最安レベルのお買い得品が多数登場。
台数限定のため人気モデルは売り切れには要注意。
TSUKUMOAVerMedia推奨認定パソコンなど、個性に富んだモデルを販売。
見た目の派手さには欠けるが、堅実なPCを探している方におすすめ。
Lenovo時期による変動が激しいものの、業界最安レベルのPCを多数販売。
タイミングが悪いと、納品に2か月以上かかる場合があるため要注意。
HPデザインに富んだゲーミングPCを多数販売。
見た目のカッコ良さにもこだわりたい方におすすめ。
ASUSゲーミングノートのラインナップがとても豊富。
不定期で実施するセールは、型落ちモデルを中心にお得に購入可能。

ゲーミングPCの仕様や価格、在庫状況は日々変動しています。

購入を検討している方は、こまめに公式サイトをチェックすることをおすすめします。

RTX 3060以下でも動作は可能

Palit RTX 3060 Dual OC 12GB

Youtubeに寄せられたコメントによると、画質を調整すればRTX 2060やGTX 1660 Tiなどのグラボでも問題なく動かせたようです。

ゲーム中のGPU使用率が異様に低く、「オープンベータでは最適化が済んでいないのでは?」という意見も少なくありません。

正式リリース後は全体的にもう少し軽くなっていることを期待しましょう。

RTX 3060の関連記事はこちら

ミドルスペック以上のPCが必須

RTX 3060 Ti

前作を上回るグラフィックの重さです。

エントリーモデルや少し古いゲーミングPCをお使いの場合、画質を最低に落としても快適にプレイできるか少々怪しいです。

Battlefield 2042を高画質で快適にプレイしたいなら、ミドルスペック以上のゲーミングPCが必須と考えたほうが良いでしょう。

ほかにもいろいろ条件を変えて検証したかったのですが、Originのエラーが出てアクセスできなくなってしまいました。

オープンベータのエラー

グラボやメモリを頻繁に変えていることで、別のPCとして認識されているのかもしれません。

正式リリースされたら改めてデータを検証してみるつもりです。

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    RTX3080でも低画質120Hz出ないんじゃさすがに死産では
    今さら60HzでFPSやりたいPCゲーマーいないでしょ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。