レビュー

Core i7-13700FとRTX 3060のベンチマーク

Core i7-13700FとRTX 3060のベンチマーク

Core i7-13700FとRTX 3060を組み合わせて、人気ゲームをどこまで動かせるのか検証しました。

Core i5-13400FとRTX 3060でも同じように検証して、CPUによってどの程度性能に差が出るのかも検証しています。

フォートナイトやVALORANTなどのゲームをメインに考えている方や、ゲーム以外の用途でもPCをフル活用したい方は、ぜひご覧ください。

検証用PCのスペックや概要

今回、検証のために用意した環境は以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-13700F
CPUクーラーDeepCool AK500
GPUPalit RTX 3060 Dual OC 12GB
メモリDDR4-3200 16GB(8GB×2)
マザーボードTUF GAMING Z690-PLUS D4
電源DeepCool PQ850M(GOLD)
ケースDeepCool CH510 WH

BTOで販売される製品を想定して、Core i7-13700FはBIOSから消費電力を65Wに制限しています。

CPUとGPUの細かい情報を知りたい方は、こちらをご覧ください。

CPU-Z
CPU-Z
GPU-Z
GPU-Z

電源は850Wを使用していますが、NVIDIAの公式サイトによるとRTX 3060搭載PCは550W以上が推奨とされています。

ほかのGPUの検証結果

Palit RTX 4070 Ti GameRock Premium 12GB

最新グラボのRTX 4070 Tiをはじめ、RTX 3080やRTX 3070、RTX 3060 Tiと組み合わせて検証した結果も別途まとめています。

Core i7-13700FとRTX 3070の組み合わせはCINEBENCH R23をはじめ、CPUの性能差にフォーカスして検証しているため、あわせてご覧いただくとより分かりやすいです。

CPUが同じでもグラボが変わると価格帯も大きく変わりますから、予算と用途に合わせて納得のいく1台を選んでください。

定番ベンチマークのスコア

検証で使用したグラボ

グラボ以外のパーツ構成はすべて統一して、定番ベンチマークのスコアや人気ゲームの平均fpsを計測しました。

いずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

ゲームのシーズンやドライバのバージョンなどによって差が出る場合もあります。

3D Markのスコア

3D Mark

まずは超定番の3D Markから、主要ベンチマーク3種類を試しました。

Time Spy

Time Spyのスコア比較
RTX 3070
Core i7-13700F
14,234
RTX 3060 Ti
Core i7-13700F
12,451
RTX 3060
Core i7-13700F
9,590
RTX 3060 Ti
Core i5-13400F
11,901
RTX 3060
Core i5-13400F
9,275

Time SpyはAPIにDirectX 12を使用。

グラボが同じでも、CPUによってスコアに若干の差が出ているのがわかります。

Fire Strike

Fire Strikeのスコア比較
RTX 3070
Core i7-13700F
32,669
RTX 3060 Ti
Core i7-13700F
28,955
RTX 3060
Core i7-13700F
22,056
RTX 3060 Ti
Core i5-13400F
24,711
RTX 3060
Core i5-13400F
20,416

Fire StrikeはAPIにDirect X11を使用。

こちらもCPUの性能がスコアに現れやすいです。

Speed Way

Speed Wayのスコア比較
RTX 3070
Core i7-13700F
3,474
RTX 3060 Ti
Core i7-13700F
3,006
RTX 3060
Core i7-13700F
2,212
RTX 3060 Ti
Core i5-13400F
3,012
RTX 3060
Core i5-13400F
2,202

Speed Wayは最新APIのDirectX 12 Ultimateに対応。

このベンチマークはCPUの影響を受けづらいです。

定番ベンチマークのスコア

FF15FF15とFF14(暁月のフィナーレ)のベンチマークソフトを、それぞれフルHDの最高設定で走らせました。

FF15

FF15(フルHD、高品質)のスコア比較
RTX 3070
Core i7-13700F
13,907
RTX 3060 Ti
Core i7-13700F
12,124
RTX 3060
Core i7-13700F
9,458
RTX 3060 Ti
Core i5-13400F
12,159
RTX 3060
Core i5-13400F
9,655

RTX 3060はミドルクラスということもあり、グラフィックの重いゲームだとパワー不足を感じる場面も出てきます。

とくに4KやWQHDなど、高解像度でも最高画質でサクサク動かしたいなら、もっと強いグラボを選ぶことをおすすめします。

FF14 暁月のフィナーレ

FF14(フルHD、最高品質)のスコア比較
RTX 3070
Core i7-13700F
29,400
RTX 3060 Ti
Core i7-13700F
27,635
RTX 3060
Core i7-13700F
23,252
RTX 3060 Ti
Core i5-13400F
23,922
RTX 3060
Core i5-13400F
20,995

FF14のベンチマークはCPUの性能でスコアにそこそこ差が出ます。

グラフィックがそこまで重くないタイトルなら、RTX 3060でも最高画質で快適にプレイ可能です。

人気ゲームのフレームレート

ここからは実際に人気ゲームをフルHD解像度(1,920×1,080)でプレイして、フレームレートの平均値を算出しました。

今回検証したのは以下の通り。

  1. フォートナイト
  2. Apex Legends
  3. VALORANT
  4. Rainbow Six Siege
  5. CoD:MW2

それぞれ順にご紹介します。

フォートナイト

フォートナイトはリプレイ機能を使用し、近接での撃ち合い中のシーンを含む、同一場面の平均フレームレートを計測した結果です。

新しい設定項目

アンチエイリアスは「TSR 最高」に設定し、解像度は「ネイティブ」で検証しています。

フォートナイト(DX12 最高画質)の比較
RTX 3070
Core i7-13700F
58
RTX 3060 Ti
Core i7-13700F
51
RTX 3060
Core i7-13700F
41
RTX 3060 Ti
Core i5-13400F
51
RTX 3060
Core i5-13400F
41

チャプター4でグラフィック設定が大幅にアップデートされたこともあり、DirectX 12の最高画質は非常に重いです。

RTX 3060では完全にパワー不足で、平均フレームレートは60に届かず。

最高画質ではCPUの影響をほとんど受けず、Core i7-13700FとCore i5-13400Fでスコアにまったく差がないのも特徴です。

フォートナイト(DX11 最高画質)の比較
RTX 3070
Core i7-13700F
119
RTX 3060 Ti
Core i7-13700F
104
RTX 3060
Core i7-13700F
80
RTX 3060 Ti
Core i5-13400F
102
RTX 3060
Core i5-13400F
81

DirectX 11に変えるとグラフィックが多少軽くなり、平均値は60fps以上をキープ。

DirectX 12と同じく、最高画質ではCPUよりもグラボのパワーが重要。

最高画質でプレイすることにこだわるなら、Core i5-13400FとRTX 3060 Tiの組み合わせを選んだほうがコスパ良く楽しめます。

フォートナイト(DX11 競技設定)の比較
RTX 3070
Core i7-13700F
246
RTX 3060 Ti
Core i7-13700F
213
RTX 3060
Core i7-13700F
165
RTX 3060 Ti
Core i5-13400F
207
RTX 3060
Core i5-13400F
164

競技設定は「3D解像度」と「描画距離」を最大に設定して検証。

平均値は160fpsちょっとまで伸びました。

144Hzのゲーミングモニターでプレイするなら、DirectX 11の競技設定でもよさそうです。

フォートナイト(PFmode 競技設定)の比較
RTX 3070
Core i7-13700F
579
RTX 3060 Ti
Core i7-13700F
563
RTX 3060
Core i7-13700F
497
RTX 3060 Ti
Core i5-13400F
441
RTX 3060
Core i5-13400F
399

レンダリングモードを「パフォーマンス」に変えると、平均値は500fps近くまで伸びました。

パフォーマンスモードはCPUの影響を受けやすく、Core i5-13400FとRTX 3060の組み合わせと比べると100fpsもの差が出ています。

降下中や終盤でも常時240fpsに張り付くほどのパワーはないものの、大多数の方は快適にプレイできる性能です。

Apex Legends

Apex Legendsは射撃訓練場でバンガロールのウルトにグレネードを重ねて、前後の平均値を計測しました。

Apex Legends(最高画質)の比較
RTX 3070
Core i7-13700F
118
RTX 3060 Ti
Core i7-13700F
97
RTX 3060
Core i7-13700F
80
RTX 3060 Ti
Core i5-13400F
98
RTX 3060
Core i5-13400F
83

実際のマッチでは+20~30程度は平均値が伸びるため、あくまで比較用の数値としてご覧ください。

RTX 3060なら最高画質でも平均60fps以上をキープ可能です。

Apex Legends(低画質)の比較
RTX 3070
Core i7-13700F
272
RTX 3060 Ti
Core i7-13700F
255
RTX 3060
Core i7-13700F
190
RTX 3060 Ti
Core i5-13400F
241
RTX 3060
Core i5-13400F
198

カジュアルマッチを試してみると、低画質ならフレームレートは200近くまで伸びます。

このゲームはフォートナイトのパフォーマンスモードほどCPUの影響を受けないのも特徴です。

個人的には十分快適だと思いますが、常に240fps前後で安定させたいなら、もっと強いグラボを選んでください。

VALORANT

VALORANTはプラクティスのスパイク解除モードで検証。

スパイクラッシュなどを実際にプレイすると、場面によって平均値が50~100程度落ちると考えてください。

VALORANT(最高画質)の比較
RTX 3070
Core i7-13700F
585
RTX 3060 Ti
Core i7-13700F
588
RTX 3060
Core i7-13700F
559
RTX 3060 Ti
Core i5-13400F
452
RTX 3060
Core i5-13400F
440

グラフィックが軽く、CPU依存度の高いゲームということもあり、RTX 3070とRTX 3060 Ti、RTX 3060でフレームレートにあまり差がありません。

CPUがCore i7-13700Fクラスのしっかりしたものなら、グラボはRTX 3060でも十分快適です。

Rainbow Six Siege

レインボーシックスシージはベンチマークモードで検証した結果です。

Rainbow Six Siege(最高画質)の比較
RTX 3070
Core i7-13700F
564
RTX 3060 Ti
Core i7-13700F
502
RTX 3060
Core i7-13700F
418
RTX 3060 Ti
Core i5-13400F
438
RTX 3060
Core i5-13400F
415

このゲームも実際のマッチではフレームレートが50~100程度落ちると考えてください。

CoD:MW2

CoD:MW2もゲーム内のベンチマークモードで計測。

CoD:MW2(最高画質)の比較
RTX 3070
Core i7-13700F
110
RTX 3060 Ti
Core i7-13700F
95
RTX 3060
Core i7-13700F
77
RTX 3060 Ti
Core i5-13400F
94
RTX 3060
Core i5-13400F
76

このゲームはベンチマークの結果と実際のマッチであまり差が出ず、CPUの影響もほとんど受けないようです。

RTX 3060なら最高画質のままでもカクつきを感じることなくプレイできますが、ある程度やりこむなら「推奨設定」などに変えた方が良いでしょう。

レイトレーシング性能

レイトレーシング対応ゲームの平均フレームレートも検証しました。

今回検証したのは以下の通り。

  1. WATCH DOGS LEGION
  2. FARCRY6
  3. Forza Horizon 5

いずれも最高画質のDXR ONでベンチマークモードを走らせた結果です。

WATCH DOGS LEGION

WATCH DOGS LEGION(DXR ON)
RTX 3070
Core i7-13700F
72
RTX 3060 Ti
Core i7-13700F
62
RTX 3060
Core i7-13700F
54
RTX 3060 Ti
Core i5-13400F
63
RTX 3060
Core i5-13400F
55

WATCH DOGS LEGIONは数あるレイトレ対応ゲームの中でも極めて重たく、RTX 3060では平均60fpsに届きません。

それなりにプレイは可能ですが、多少画質を調整したほうが快適です。

FARCRY6

FARCRY6(DXR ON)
RTX 3070
Core i7-13700F
99
RTX 3060 Ti
Core i7-13700F
90
RTX 3060
Core i7-13700F
82
RTX 3060 Ti
Core i5-13400F
89
RTX 3060
Core i5-13400F
81

FARCRY6はレイトレ対応ゲームとしては比較的軽く、RTX 3060でも十分動かせます。

Forza Horizon 5

Forza Horizon 5(DXR ON)
RTX 3070
Core i7-13700F
98
RTX 3060 Ti
Core i7-13700F
90
RTX 3060
Core i7-13700F
78
RTX 3060 Ti
Core i5-13400F
90
RTX 3060
Core i5-13400F
78

Forza Horizon 5も最高画質で平均80fps前後出せます。

今回検証したタイトルに限らず、レイトレーシング対応ゲームはCPUの影響を受けづらいことが多いです。

おすすめのBTOパソコン

Core i7-13700FとRTX 3060を搭載したBTOパソコンは選択肢が豊富です。

ゲーミングPCを選ぶときは基本的なスペックと価格だけでなく、アフターサポートや納期、支払方法なども総合的に比較して選ぶことをおすすめします。

掲載している仕様および価格は記事執筆時点の情報です。最新情報は各メーカーの公式サイトをご確認ください。

ドスパラ

GALLERIA XA7C-R36

まずはドスパラが販売するGALLERIA XA7C-R36の第13世代Core搭載モデル。

主なスペック
OSWindows 11 Home
CPUCore i7-13700F
GPURTX 3060
メモリDDR4-3200 16GB(8GB×2)
ストレージ1TB NVMe SSD
販売価格209,980円~(消費税・配送料込)

最新チップセットのB760を採用し、電源は650W(80PLUS BRONZE)。

GALLERIAは時期によって価格の変動が激しいのが注意点ですが、期間限定のキャンペーンなどを活用するとお得に買えることも。

価格は事前予告なく変わるため、最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

TSUKUMO

G-GEAR GA7J-C230/B

続いてはツクモが販売するG-GEARの最新モデル。

主なスペック
OSWindows 11 Home
CPUCore i7-13700F
GPURTX 3060
メモリDDR4-3200 16GB(8GB×2)
ストレージ1TB NVMe SSD
販売価格220,999円~(消費税・配送料込)

マザーボードはASRock B660 PRO RSを採用。

ストレージはWD BLUE SN570(Gen3)1TBで電源は750W(80PLUS GOLD)、光学ドライブも標準搭載しているなど、なかなか充実したパーツ構成です。

ケースのデザインが気にならないなら、悪くない選択肢といえそうです。

パソコンショップセブン

ZEFT Z35DBM

こちらはパソコンショップセブンのZEFT Gaming PC。

主なスペック
OSWindows 11 Home
CPUCore i7-13700F
GPURTX 3060
メモリDDR4-3200 16GB(8GB×2)
ストレージ500GB NVMe SSD
販売価格219,780円~(消費税・配送料込)

光学ドライブや無線LANを標準搭載しているのは魅力ですが、ストレージが500GBとやや控えめ。

容量が心配な方は注文時のカスタマイズをおすすめします。

いろいろカスタムすると費用は高くなってしまうものの、ケースやマザーボードなどもいろいろ選べるのが魅力です。

パソコン工房

LEVEL-R779-LC137-RBX

続いてはパソコン工房。

主なスペック
OSWindows 11 Home
CPUCore i7-13700
GPURTX 3060
メモリDDR5-4800 16GB(8GB×2)
ストレージ1TB NVMe SSD(Gen4)
販売価格244,800円~(消費税・配送料込)

ドスパラと比べると若干高めですが、マザーボードのチップセットは最上位のZ790を採用。

DDR5メモリをはじめ、電源は700W(BRONZE)でCPUクーラーには120mmラジエーターの簡易水冷タイプを標準搭載するなど、パーツ構成でやや差があります。

ケース内部は見えないものの、おしゃれなデザインの新型ケースを採用しているのも魅力です。

Lenovo

Legion Tower 5i Gen 8

最後はレノボの最新モデル、Legion Tower 5i Gen 8。

主なスペック
OSWindows 11 Home
CPUCore i7-13700F
GPURTX 3060
メモリDDR5-5600 16GB(8GB×2)
ストレージ512GB NVMe SSD(Gen4)
販売価格249,810円~(消費税・配送料込)

マザーボードのチップセットはB660で、電源は500W(SILVER)と若干控えめ。

無線LANを標準搭載しているのも魅力ですが、記事執筆時点では「最短6週間以上で出荷予定」となっており、届くまでかなり時間がかかるようです。

レノボの価格と納期は時期によって大きく変動するため、気になる方はこまめにチェックすることをおすすめします。

CPUとグラボどちらを優先するか

Palit RTX 3060 Dual OC 12GB

フォートナイトやVALORANTなど、CPUの影響を受けやすいゲームではCore i5-13400FよりCore i7-13700Fを選んだほうが間違いなく快適です。

しかしながらゲームによってはフレームレートがほとんど変わらず、Core i5-13400Fを選んだほうがコスパは良いです。

たとえばグラフィックの重いゲームをメインに考えているなら、Core i5-13400FとRTX 3060 Tiの組み合わせを選んだほうが満足度は高いかもしれません。

ゲーミングPCで何をしたいのか、どんなゲームをプレイしたいのか、用途をきちんと整理して、納得のいく1台を選んでください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です