レビュー

ROG Flow X13レビュー|RTX 3050 Ti&WQUXGAモニター搭載モデル

ROG Flow X13レビュー

ASUSが販売する最新ゲーミングPC、ROG Flow X13 GV301QE(GV301QE-R9R3050T4K)をお借りしました。

13.4型というコンパクトな躯体に、Ryzen 9 5900HSとRTX 3050 Tiを搭載したスリム&パワフルなゲーミングノート。

どれだけの実力を秘めているのか、各種用途でじっくり検証しました。

毎日気軽に持ち歩けるゲーミングPCを探している方は、ぜひご覧ください。

ROG Flow X13 GV301QEの特徴

ROG Flow X13 GV301QE

ROG Flow X13 GV301QEがどういったパソコンなのか、特徴を整理すると以下の通り。

13.4型のスリム&コンパクトボディ

アスペクト比16:10の縦に広い画面

人気ゲームをサクサク快適にプレイ

sRGBカバー率約100%の広い色域

重量級ゲームにはパワー不足

インターフェイスが最小限

「各種人気ゲームでどれくらいフレームレートを出せるのか先に知りたい!」

という方はこちらからご覧ください。

スペック

CPUやGPUなど、今回お借りしたモデルの基本スペックは以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPURyzen 9 5900HS
GPUGeForce RTX 3050 Ti
メモリ32GB(LPDDR4X-4266)
ストレージNVMe M.2 SSD 1TB
販売価格249,800円(税込)

CPUとGPUの細かいスペックを知りたい方は、こちらをご覧ください。

CPU-Z
CPU-Z
GPU-Z
GPU-Z

メモリとストレージもたっぷり搭載されており、ゲームはもちろん動画編集などの用途でも活躍するスペックです。

掲載している価格および仕様は記事執筆時点のものです。最新情報はASUS公式サイトでご確認ください。

ラインナップ

ROG Flow X13のラインナップ

ROG Flow X13はラインナップが豊富で、それぞれの主なスペックを比較すると以下の通り。

型番GV301QH
R9G1650H120
GV301QH
R9G1650S32G
GV301QE
R9R3050T120
GV301QE
R9R3050T4K
CPURyzen 9 5900HS
GPURTX 3050 TiGTX 1650
メモリ32GB16GB32GB16GB
ストレージ1TB NVMe SSD512GB NVMe SSD1TB NVMe SSD512GB NVMe SSD
モニターWQUXGA
60Hz
WUXGA
120Hz
WQUXGA
60Hz
WUXGA
120Hz
販売価格249,800円219,800円219,800円199,800円

今回お借りしたモデルは4K(3,840×2,160)より少し解像度が高い、WQUXGA(3,840×2,400)かつ60Hzのモニター搭載モデル。

FPSやバトロワ系ゲームがメインなら、WUXGA(1,920×1,200)かつ120Hzのモニターを搭載したモデルがおすすめ。

用途に合わせて最適な1台を選べます。

デザイン・大きさ

シンプルながらもROGらしい個性の光るデザインに仕上がっています。

ROG Flow X13
ROG Flow X13

ゲーミングPCとして販売されてはいますが、ビジネス用途でも違和感なく使用可能。

仕様上の大きさは299×222mmで、ゲーミングノートとしては非常にコンパクト。

少なくとも筆者が今まで触ってきたゲーミングPCとしては、もっとも小さいです。

天板
底面

裏側から側面にかけて、排熱のためにところどころメッシュ状になっています。

CPUにはThermal Grizzly社製の液体金属グリスが使用されており、3つのヒートシンクで強力に冷却。

さらに内部に入り込んだホコリなどを排出するアンチダスト機能も搭載。

ゲーム起動中は冷却ファンがフル回転するので、吸排気部分をふさがないようにしましょう。

分厚さ

高さは15.8mmで、小さめのビジネスバッグでも難なく持ち運べます。

重量

重量は実測で約1.3kgでした。

仕事の都合などで常にパソコンを持ち歩く方にとって、非常に魅力的な軽さです。

ACアダプター

ACアダプター

ACアダプターはUSB Type-Cで接続するタイプ。

仕様上のバッテリー駆動時間は約9.2時間とたっぷりで、事務作業程度なら半日は余裕で持つでしょう。

ただし、PCゲームは消費電力がとても激しいため、ゲーム起動中はACアダプターが必須。

バッテリー駆動だと、パソコンのパフォーマンスが落ちてしまう恐れがあります。

ケーブル込みの重量

ケーブル込みで重量は約390gでした。

パソコンと一緒に持ち歩いても2kg以下というのは素晴らしいです。

インターフェイス

コンパクトさに振り切っているためか、最小限のインターフェイスしかありません。

左側のインターフェイス
  1. ROG XG Mobileインターフェース
  2. HDMI
  3. マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック

XG Mobileインターフェースとは、別売りの外付けGPU(ROG XG Mobile GC31)を接続するための専用端子。

XG Mobileインターフェース

ROG XG Mobile GC31のラインナップおよび価格は以下の通り。

型番GC31S-026GC31R-026
GPURTX 3080RTX 3070
ビデオメモリ16GB8GB
販売価格149,800円119,800円

安いとは言えない価格帯ですが、13.4型という非常にコンパクトな躯体でハイエンドグラボのフルパワーを体感できます。

右側のインターフェイス
  1. 電源
  2. USB3.2(Type-A/Gen2)
  3. USB3.2(Type-C/Gen2)

電源ボタンは指紋認証機能にも対応。

Type-Cポートはデータ転送と映像出力、給電に対応。

ACアダプターを接続していると、USBポートはType-Aひとつしか使えません。

マウスやヘッドセット、外付けストレージなど、複数のデバイスを接続したい方は、USBハブを別途用意する必要があります。

背面

背面にポート類は何もありません。

カードリーダーも非搭載で、SDカードやmicroSDカードなどを読み込みたい場合は、外付けのリーダーが必要です。

外付けGPU(ROG XG Mobile GC31)に接続すると、USBポート類も拡張されます。

キーボード

キーボード

キーボードは86キーの日本語配列。

打鍵感はペコペコ系で、薄型ノートPCとしては標準的。

左側のキー配列
右側のキー配列

¥マークやカーソルキー周りは少々窮屈ですが、13.4型というサイズ感を考えれば妥当な配列といえそうです。

バックライトは単色のみで、七色に光らせることはできません。

ファンクションキー

専用のファンクションキーでは音量調整やモードチェンジ、マイクON/OFFの切り替えが可能。

ゲーム起動中はファンクションキー周りが触れなくなるほど発熱するので注意が必要です。

Armoury Crate

プリインストールされている専用アプリ(Armoury Crate)からもモードチェンジが可能で、ゲーム中の誤動作を防ぐために役立つ、Windowsキーのロックにも対応。

ゲーム中は「ターボ」モードがおすすめですが、ファンの回転音がうるさいのが弱点。

移動中や静かな場所で作業するときは、「サイレント」モードがおすすめ。

タッチパッド

タッチパッドはさらさらとした質感です。

ディスプレイ

ディスプレイ

ディスプレイは13.4型のWQUXGA(3,840×2,400)解像度で、タッチパネルにも対応。

一般的なノートPCはアスペクト比が16:9ですが、16:10と縦に少し広いのが特徴です。

リフレッシュレートは60Hzなので、FPSやバトロワ系ゲームをメインにプレイする方にとっては物足りなさを感じることでしょう。

グレア(光沢)液晶で室内灯などが映り込みやすいため、気になる方はノングレアの保護シートなどの活用がおすすめです。

Webカメラ

92万画素のWebカメラも搭載。

顔出しでライブ配信をしたい方やオンライン会議などで活躍します。

画質や画角にこだわる方は、外付けのWebカメラを別途用意しましょう。

用途に合わせた使い方が可能

ROG Flow X13のディスプレイは360度のフリップスタイルに対応。

ラップトップモード
180度開閉
テントモード
スタンドモード

打ち合わせで資料を見せながら話したいときや、自宅で映画を見ながらくつろぎたいときなど、用途に合わせて最適な使い方ができます。

sRGBカバー率約100%の広色域

ディスプレイの色域をi1 Display Proでチェックしたところ、sRGBカバー率は約99.7%、AdobeRGBカバー率が約79.5%でした。

色域のグラフ
ガンマカーブ

ゲーミングノートとしては、非常に色域が広いです。

Webデザインや写真のレタッチ、動画編集など、ちょっとしたクリエイティブ用途なら仕事でも普通に使えてしまいます。

AdobeRGBカバー率は低めなので、印刷を前提とした用途ではカラーマネジメントモニターが必要ですが、十分すぎるスペックといえるでしょう。

カラープロファイル

モニターの色合いは、Armoury Crateから好みに合わせてカスタマイズも可能。

基本的にはデフォルトをおすすめしますが、ゲームや用途に合わせて簡単に変えられるのは便利です。

ROG Flow X13 GV301QEのベンチマーク

ROG Flow X13

ここからはROG Flow X13 GV301QEの性能を、各種ベンチマークソフトを使用して数値化していきます。

いずれもArmoury Crateの「ターボ」モードで試した結果です。

まずパソコンの総合的な性能をチェックするPC Mark10では、なかなか良いスコアが出ました。

PC Mark10のスコア

ゲームはもちろんExcelやWordなどの事務作業、動画編集などの各種クリエイティブ用途でも活躍します。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20

主なCPUをCINEBENCH R20のスコアで比較してみると以下の通り。

CINEBENCH R20 スコア比較
Core i7-10700
4,548
Ryzen 7 3700X
4,414
Ryzen 9 5900HS
4,336
Core i7-10875H
3,932
Core i7-10750H
3,200

デスクトップ向けCPUのRyzen 7 3700Xに迫るスコアです。

ベンチマークのスコアでは、IntelのノートPC向けハイスペックCPUを上回っています。

Fire Strike

Fire Strike

3DMarkのFire Strikeのスコアを比較すると以下の通り。

Fire Strike スコア比較
RTX 3060
18,005
GTX 1660 SUPER
13,165
RTX 3050 Ti
9,866
GTX 1650 Ti
9,168
GTX 1650
8,039

GTX 1650 Tiから微増といったところ。

上位モデルのRTX3060とは大きな差があります。

ターボモード推奨

今回、各種ベンチマークはArmoury Crateの「ターボ」モードに設定して試した結果です。

ターボモードとパフォーマンスモードでFire Strikeのスコアを比較した結果がこちら。

ターボ
ターボ
パフォーマンス
パフォーマンス

ゲームや動画編集など、パソコンにとって負荷の大きい作業をするときは、ターボモードの使用を強く推奨します。

VR Mark

VR Markの各種スコアはご覧の通り。

Orange Room
Orange Room
Cyan Room
Cyan Room
Blue Room
Blue Room

軽めのVRゲームなら何とか遊べるかな、といったスコアです。

VRでがっつり遊びたい方は、外付けGPU(ROG XG Mobile GC31)を導入するか、もう少しハイスペックなゲーミングノートを検討したほうが良いでしょう。

VRゲームで遊ぶには、VRヘッドマウントディスプレイを別途購入する必要があります。

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Mark

ストレージ(M.2 SSD)の転送速度は、なかなか優秀なスコアでした。

書き込みは若干スピードが落ちているものの、実用上ストレスを感じることはほとんどないでしょう。

一般的なSSD(SATA)やHDDと平均的な転送速度を比較すると、以下の通り。

ストレージの転送速度
NVMe M.2 SSD
(Gen4)
5,000
NVMe M.2 SSD
3,000
SSD(SATA)
550
HDD
120

NVMe M.2 SSD(Gen4)のハイエンドモデルは、転送速度が7,000MB/sを超えるものもあります。

オンラインゲーム

有名オンラインゲームのベンチマークソフトも走らせました。

4K(3,840×2,160)とフルHD(1,920×1,080)、それぞれの解像度で試したところ、グラフィックの軽いFF14なら4Kでもそこそこ動かせそうです。

FF15のようにグラフィックの重いゲームは、フルHDでも画質調整が必須です。

FF15

FF15
4K
高品質1761(動作困難)
標準品質2111(重い)
軽量品質2898(やや重い)
フルHD
高品質4199(普通)
標準品質5632(やや快適)
軽量品質7102(快適)

FF14 漆黒の反逆者

FF14のベンチ-マーク
4K
最高品質3044(やや快適)
フルHD
最高品質10297(非常に快適)

PCゲームのフレームレート検証

ROG Flow X13

ここからは実際にパソコンゲームを最高画質で動かして、どれくらいのフレームレートが出たかご紹介します。

動画にもまとめているので、あわせてご覧いただくとより分かりやすいです。

平均フレームレートの算出にはMSIのAfterburner、またはGeForce Experienceを使用。

まずは人気の高いフォートナイトとApex Legendsを、それぞれフルHDの低画質でプレイした結果がこちら。

低画質での平均フレームレート
フォートナイト152fps
Apex Legends80fps

フォートナイトの低画質は「3D解像度」のみ100%に設定して試した結果です。

いずれも60以上をキープできますが、今回お借りしているモデルはモニターのリフレッシュレートが60Hzなので見た目には反映されません。

ヌルヌル感を求めるなら、120Hzモニター搭載モデル(GV301QH-R9G1650S32G)がおすすめです。

そのほかの人気ゲームはすべて最高画質(フルHD)でプレイして、平均値を算出しました。

最高画質での平均フレームレート
VALORANT60fps
Rainbow Six Siege133fps
DEATH STRANDING64fps
原神60fps

グラフィックがそこまで重くないゲームなら、最高画質で快適にプレイができます。

筆者は普段24型のゲーミングモニターを使用していることもあり、シューター系ゲームをプレイするには13.4型は小さすぎるように感じました。

好みや慣れの問題とは思いますが、ある程度大きい画面のほうが筆者はエイムしやすいです。

レイトレーシング性能

続いてレイトレーシング(DXR)に対応したゲームの平均フレームレートをチェックしました。

解像度はフルHD、ゲームのグラフィック設定はすべて最高に設定しています。

WATCH DOGS LEGION
DXR ON11fps
DXR OFF19fps
Cyberpunk 2077
DXR ON17fps
DXR OFF21fps

WATCH DOGS LEGIONとCyberpunk 2077はグラフィックが極めて重く、DXR OFFの状態でも激しくカクつきます。

シングルプレイのゲームとはいえ、快適にプレイするには30~40以上をキープしたいところ。

やはり重いゲームは画質を落とす必要があります。

CoD:BOCW
DXR ON42fps
DXR OFF62fps
BIOHAZARD VILLAGE
DXR ON9fps
DXR OFF41fps

CoD:BOCWはDXR OFFなら60前後のフレームレートを出せます。

BIOHAZARD VILLAGEはそこまでグラフィックが重くないのですが、DXR ONではスローモーション状態になってしまいました。

DXR ONの最高画質で快適にプレイしたいなら、RTX 3060 Ti以上のグラボをおすすめします。

WQUXGAでの検証

原神のテスト

WQUXGA解像度(3,840×2,400)でどの程度ゲームを動かせるのか、グラフィックの軽い原神でテストした結果がこちら。

原神
WQUXGA29fps
フルHD60fps

WQUXGAでもそれなりにプレイはできますが、戦闘が激しくなるとカクつきが目立ちそうです。

見た目が少しきれいになる程度なので、基本的にはフルHD(1,920×1,080)またはWUXGA(1,920×1,200)でのプレイをおすすめします。

WQUXGAやWUXGAなど、16:10のアスペクト比に対応していないゲームも多いです。

VRゲームの動作検証

Oculus Link

Oculus Quest 2を専用ケーブルでつないでVRゲームを動かそうとしたところ、Oculus Linkに「スペックが足らない」という旨の注意書きが表示されました。

警告の表示

RTX 3050 Tiではパワー不足のようですが、Oculus Linkが最新グラボにまだ対応できていない、という可能性もありそうです。

Half-Life: Alyx
Half-Life: Alyx
Beat Saber
Beat Saber

実際にVRゲームを動かしてみると、Half-Life: Alyxは最低画質でもフレームレートは30を下回りました。

VRゲームのカクつきは酔いやすくなるため、非常に危険です。

Beat Saberもフレームレートは30前後しか出せず、それなりに動かせるものの、タイミングが合わなかったり、快適とは程遠い結果でした。

VRゲームをメインに考えているなら、最低でもRTX 3060以上を搭載したゲーミングPCをおすすめします。

ゲーム実況のライブ配信

ゲーム実況をTwitchでスムーズに配信できるかも検証しました。

配信ソフトは無料で使えるOBS(Open Broadcaster Software)を使用、配信と同時に録画も実施します。

Apex Legendsの配信

Apex Legendsの配信を試したところ、以下の設定でそれなりに配信ができました。

OBSのおすすめ設定
ゲームの画質
出力解像度1080p(1,920×1,080)
FPS共通値60
映像ビットレート6,000 Kbps
配信エンコーダハードウェア(NVENC)
音声ビットレート128
録画品質高品質、ファイルサイズ中
録画フォーマットmkv
配信後にmp4へ再多重化
録画エンコーダハードウェア(NVENC)

ときどき配信動画がカクつくため、安定性を求めるなら出力解像度を720pなどに落としたほうがよさそうです。

ライブ配信に力を入れたいなら、もう少しハイスペックなゲーミングPCが欲しくなります。

配信するゲームによってパソコンの負荷は変わります。最適な設定はゲームによって変わります。

クリエイティブ用途の動作検証

ROG Flow X13

続いて動画や写真の編集など、クリエイティブ用途でも快適に使えるかを検証しました。

今回お借りしているWQUXGAモニター搭載モデルは、ゲームより動画編集などの用途に向いているように感じます。

Premiere Proで動画編集

Premiere Proで動画編集

まずはAdobeのPremiere ProでYoutube動画の編集を試しました。

今回お借りしたモデル(GV301QH-R9G1650H120)はメモリが32GB搭載されていて、複雑な演出やエフェクトを加えない限り、処理の遅延は一切ありませんでした。

アスペクト比が16:10と一般的な16:9より縦に広く、13.4型の小さな画面でもストレスを感じにくいです。

4K動画の書き出し

参考までに、4K動画の書き出し時間を計測しました。

検証のために用意したのは、GoPro HERO7 Blackで撮影した4K 60fpsの動画データ。

書き出し条件とかかった時間は以下の通り。

H.264(Youtube 1080p FHD)16:03
H.264(Youtube 2160p 4K UHD)6:10

ハイエンドクラスのデスクトップPCには敵わないものの、一般的な薄型ノートパソコンと比べると十分速いです。

動画編集マシンとしても優秀です。

LightroomでRAW現像

LightroomでRAW現像

デジカメで撮影したRAWデータの書き出し速度もチェックしてみました。

有効画素数3,635万のニコンD810で撮影したRAWデータ100枚をLightroomで書き出したところ、かかった時間は2分3秒。

主なCPUと結果を比較したグラフはこちら。

CPU別 RAW現像の処理速度
Ryzen 9 3900X
1:06
Ryzen 7 3700X
1:33
Ryzen 9 5900HS
2:03
Ryzen 7 5800X
2:04
Core i7-10700
2:06

デスクトップ向けCPUのRyzen 7 5800Xと変わらないスピードで、ノートPC用CPUとしては間違いなくトップレベルの速さ。

ディスプレイの色域も広く、日々時間に追われているプロカメラマンにもおすすめできます。

Lightroomの書き出し条件は以下で統一しています。

Lightroomの書き出し条件
画像形式JPEG
画質100
カラースペースsRGB
画像のサイズ未調整(撮影データそのまま)
解像度350
メタデータすべてのメタデータ
(人物情報や撮影場所の情報は削除)

ゲーム好きビジネスパーソンにおすすめ

ROG Flow X13

レビューのまとめとして、ROG Flow X13 GV301QEの特徴をおさらいします。

13.4型のスリム&コンパクトボディ

アスペクト比16:10の縦に広い画面

人気ゲームをサクサク快適にプレイ

sRGBカバー率約100%の広い色域

重量級ゲームにはパワー不足

インターフェイスが最小限

性能に限界はありますが、13.4型でこれだけのパフォーマンスを発揮できるPCは今まで見たことがありません。

レイトレーシング対応ゲームなど、グラフィックの重いゲームもがっつり遊びたいなら、外付けGPUを導入したほうがよさそうです。

据え置きでゲームを楽しみたい方より、移動や出張の多いビジネスパーソンやクリエイターの方におすすめな1台です。

出張先のホテルで原神にログインしたり、新幹線で移動中に動画を編集するなど、幅広い用途で活躍することでしょう。

スリムでコンパクトなゲーミングノートを探している方は、ASUSのROG Flow X13を候補に入れてみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。