レビュー

OMEN 25L Desktopレビュー|RTX 3060搭載の定番ミドルモデル

OMEN 25L Desktopレビュー

日本HPが販売するゲーミングPC、OMEN 25L Desktopをお借りしました。

Core i7-12700FとRTX 3060を搭載、人気ゲームを快適にプレイできるミドルスペックです。

予算20万円以下で幅広く使えるゲーミングPCを探している方は、ぜひご覧ください。

OMEN 25L Desktopの概要と特徴

OMEN 25L Desktop

OMEN 25L Desktopがどういったパソコンなのか、特徴を整理すると以下の通り。

人気ゲームをサクサク快適にプレイ

1080p・60fpsでライブ配信も可能

動画編集用パソコンとしても超優秀

電源容量が500Wと推奨よりやや低め

ケースとマザーボードの拡張性が低い

Apex Legendsやフォートナイトなどのゲームで、どれくらいフレームレートを出せるのか知りたい!という方はこちらからご覧ください。

スペック

今回お借りしたモデルの基本スペックは以下の通り。

OSWindows 11 Pro
CPUCore i7-12700F
GPUGeForce RTX 3060
メモリDDR4-3200 16GB(8GB×2)
ストレージ1TB NVMe SSD Gen4
販売価格189,000円(消費税・配送料込)

CPUとGPUの細かい情報を知りたい方は、こちらをご覧ください。

CPU-Z
CPU-Z
GPU-Z
GPU-Z

メモリは仕様上だとDDR4-3200となっていますが、CPU-ZではDDR4-3730と読み込まれていました。

メモリの情報

国内のBTOメーカーと比べると、少しハイスペックなメモリを搭載しているようです。

公式サイトではグラボにRTX 3060 Tiを搭載したモデルや、ゲーミングモニターがセットになったモデルも販売中。

予算や用途に合わせて最適な1台を選べます。

価格や納期、在庫状況は時期によって変動するため、最新情報は公式サイトにてご確認ください。

クーポンでさらにお得に買える

7%OFFクーポン適用価格

当サイトで公開しているクーポンを利用すると、OMEN 25Lをお得に購入可能です。

国内の大手BTOメーカーと、同じようなスペックで比較してみると以下の通り。

主なスペック
メーカードスパラパソコン工房G-TuneHP
CPUCore i7-12700Core i7-12700F
GPURTX 3060
メモリ16GB(8×2)
DDR4-3200
16GB(8×2)
DDR4-3730
ストレージ1TB NVMe SSD512GB NVMe SSD1TB NVMe SSD
(Gen4)
電源650W
BRONZE
700W
BRONZE
500W
BRONZE
無線LAN
販売価格233,280円220,980円203,100円175,770円

いずれも消費税と送料を含めた、記事執筆時点の価格です。

OMEN 25Lは電源容量が控えめで、アフターサポートが24時間365日対応ではないなど、搭載スペックやサービスに多少差はあります。

とはいえ強化ガラスパネスを採用したケースをはじめ、RGBメモリにGen4対応のストレージを標準搭載するなど、コスパの高さが抜きん出ています。

クーポンの使い方は以下の記事にまとめているので、ぜひご活用ください。

HPの10%割引クーポン
OMENなどの人気PCが最大10%OFFで買える!HPの割引クーポン【2022年11月】日本HPのオンラインストア(HP Directplus)で利用できるクーポン情報をまとめています。 現在利用可能なクーポンは以下の...

OMENのレビュー

上位モデルのOMEN 45Lや40L、Ryzen 5 5600XとRadeon RX 6700XTを搭載したOMEN 25L(AMD)も実機をお借りして詳しくレビューしています。

あわせてご覧いただくと、各モデルのちがいがわかりやすいです。

ケース外観

OMEN 25L Desktop

ここからはOMEN 25L Desktopの外観をご紹介します。

これぞOMENといった特徴的なデザイン。

天面はメッシュ状になっており、空気が通りやすい構造です。

OMEN 25L Desktop

正面から見て左側には強化ガラス製のサイドパネルを標準搭載。

仕様上の寸法は高さが約396mm、奥行きが約448mm、横幅が約165mmとゲーミングPCとしては比較的コンパクト。

重量も約13.81kgと標準的。

底面

底面もメッシュ状になっており、ケースのエアフローを高めています。

LEDライティング

ライティングのイメージ

電源をONにすると、ケース前面のロゴマークやCPUクーラー、メモリが発光。

強化ガラスパネルが採用されていることもあり、非常に映えます。

ケースのライティングはプリインストールされている「OMEN Gaming Hub」から、好みに合わせてカスタマイズ可能。

OMEN Gaming Hub
OMEN Gaming Hub

撮影時は白色で統一しましたが、レインボーカラーなども設定できます。

パソコンが光っていると気が散る、という方は設定でOFFにしておくのがおすすめ。

アイドル時の設定

アイドル状態が続くとライティングを自動でOFFにできたり、細かいところまで手が届くアプリです。

ケース前面にRGBファンがないため、45Lや40Lと比べるとやや落ち着いた印象でしょうか。

インターフェイス

インターフェイス

電源ボタンなどはケース天面にあります。

  1. マイク
  2. ヘッドホン
  3. USB Type-A 5Gbps ×2
  4. 電源

リセットボタンは非搭載です。

背面

独自のマザーボードが採用されていることもあり、背面の端子類は控えめです。

  1. USB 2.0 Type-A ×4
  2. SuperSpeed USB Type-C 5Gbps ×1
  3. SuperSpeed USB Type-C 10Gbps ×1
  4. ギガビットLANポート
  5. DisplayPort ×3
  6. HDMI ×1

Type-Cのポートが2つもあるのはとても便利。

また、無線LAN(Wi-Fi 6、Bluetooth 5.0)も標準搭載。

ご家庭の都合で有線LANをつなげられない方も安心です。

オンラインゲームには有線でのネット接続を推奨します。

ケース内部

ケース内部

ケース内部はご覧の通り。

黒いケーブルが使われていることで、内部の配線があまり目立ちません。

マザーボードはMicroATXに近いサイズで、独自仕様のものを採用。

デザインは似ているものの、45Lや40Lとは別のマザーボードを採用しているようです。

ケース背面のボタン

内部パーツへのアクセスは、ケース背面のボタンをワンタッチするだけ。

ドライバーなどの工具が不要で、ネジを紛失する心配もありません。

背面のファン
前面のファン

背面は約10cm、前面には約12cmのケースファンが1台ずつ。

ベンチマークなどで負荷をかけると、そこそこ回転音が大きくなります。(48~49dB程度)

ファンコントロール

ファンの回転は手動で細かく設定することもできます。

無線LANのカード

無線LANのカードも確認できました。

ケース天面

ケース天面に空きスペースはありますが、ネジ穴が用意されておらず、簡易水冷クーラーへの交換やケースファンの増設はあきらめたほうが良いでしょう。

PCIeスロットに空きはなく、仕様を見る限りM.2 SSDの空きスロットは1つあるようです。

ミドルタワーのゲーミングPCとして考えると、拡張性はやや低めです。

CPUクーラー

CPUクーラー

CPUクーラーはRGBファンを搭載したサイドフロータイプ。

ファンのサイズは実測で約10cmでした。

仕様によるとヒートパイプは2本とのことで、必要最小限のスペックといった印象。

ゲーム起動中のCPU温度はおおむね70度台と、ごく普通レベルです。

ケース内部の高さが実測で約15cm程度しかないため、CPUクーラーを市販品に交換する際は注意が必要です。

グラフィックカード

グラフィックカード

グラフィックカードはツインファンのRTX 3060を搭載。

傾きやグラつきが発生しないよう、専用パーツでがっちりと固定されています。

グラボ交換は少々手間取りそうですが、サポートステイなどを別途買う必要がないのは便利です。

メモリ

メモリ

メモリはHyperXの16GB(8GB×2)DDR4-3200MHz。

OMEN Gaming Hubからワンクリックで3467MHzにオーバークロックも可能です。

OMEN Gaming Hub

大幅な性能アップは見込めませんが、動作が不安定になることもないため、せっかくなら性能を最大限に引き出して使うことをおすすめします。

メモリをオーバークロックする際はPCの再起動が必要です。

ストレージ

M.2 SSD

M.2 SSDはWestern DigitalのWD_Black(Gen4)を採用。

発熱を抑えるヒートシンクは搭載されていないようです。

ドライブベイ

ケース前面には3.5インチのストレージを増設できるドライブベイもありました。

ストレージの増設はそこまで難しい作業ではありませんが、パーツ改造による故障はメーカー保証が適用されない可能性があるため、くれぐれも慎重に判断してください。

電源

電源

電源はCooler Master社製の500W(80PLUS BRONZE)を採用。

NVIDIAの公式サイトによると、RTX 3060搭載マシンの推奨電源は550Wですが、500Wでも大きな問題はありません。

ベンチマークソフトを使用してCPUとグラボに強い負荷をかけた場合、PC全体の消費電力はおおむね300W台をキープ。

消費電力

今回計測した範囲だと400Wを超えることはなく、電源負荷率は最大で70%前後といったところ。

フォートナイトなどを普通にプレイする程度なら、200W前後で安定していることもありました。

将来的によりハイスペックなグラボへ交換することになった場合、500Wではパワー不足になる可能性もあります。

OMEN 25L Desktopのベンチマーク

OMEN 25L Desktop

ここからはOMEN 25L Desktopの性能を、各種ベンチマークソフトを使用して数値化していきます。

ベンチマークはすべてOMEN Gaming Hubでパフォーマンスモードに設定、メモリも3267MHzにオーバークロックして計測しています。

パフォーマンスモード
OMEN Gaming Hub

まずはパソコンの総合的な性能をチェックするPC Mark10を試した結果がこちら。

PC Mark10

PCゲームはもちろん、写真や動画の編集、事務仕事など、あらゆる用途をサクサクこなせる素晴らしいスコアです。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23

主なCPUをCINEBENCH R23のスコアで比較してみると以下の通り。

CINEBENCH R23 スコア比較
Core i7-12700K
22,706
Ryzen 9 5900X
20,911
Core i7-12700F
17,823
Core i5-12600K
16,831
Ryzen 5 7600X
14,764

「K」つきのCore i7-12700Kとは差があるものの、悪くないスコアです。

CINEBENCHの計測開始直後はCPU温度が100度近くまで上昇しますが、CPUに強い負荷がかかると、消費電力を抑えてパワーをセーブするようです。

CPU温度の変化

クロック数もCINEBENCH中は3.6GHz前後で安定していました。

PCゲームをはじめ、実用上の問題は一切ありませんが、CPUの最大出力にこだわる方は気に留めておいたほうがいいかもしれません。

静音モード

OMEN Gaming Hubで静音モードに変えて再度試した結果がこちら。

静音モード

ファンはほぼ無音(40dB前後)になりますが、スコアは大幅に落ちました。

静音モードでもゲームのフレームレートにはほとんど影響がないため、ファンの回転音が気になる方は静音モードでの運用がおすすめです。

Fire Strike

Fire Strike

3DMarkのFire Strikeのスコアを比較すると以下の通り。

Fire Strike スコア比較
RTX 3070
27,169
RTX 3060 Ti
24,661
RTX 3060
20,710
RTX 3050
14,364
GTX 1650
9,321

RTX 3060の標準的なスコアです。

フルHD解像度のモニターなら、幅広いゲームを快適にプレイできます

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Mark

Gen4対応のNVMe M.2 SSDが搭載されていることもあり、素晴らしい転送速度です。

書き出しは若干速度が落ちているものの、実用上気になることはほとんどないでしょう。

一般的なSSD(SATA)やHDDと平均的な転送速度を比較すると、以下の通り。

ストレージの転送速度
NVMe M.2 SSD
(Gen4)
5,000~
NVMe M.2 SSD
3,000
SSD(SATA)
550
HDD
120

オンラインゲーム

定番のベンチマークソフトも走らせました。

重量級ゲームのFF15が最高画質で「とても快適」、FF14は「非常に快適」という結果でした。

ほとんどのゲームを快適に動かせそうですが、グラフィックの重いゲームは画質調整をしたほうがいいかもしれません。

FF15

FF15
高品質9478(とても快適)
標準品質12656(非常に快適)
軽量品質16513(非常に快適)

FF14 暁月のフィナーレ

FF14 暁月のフィナーレ
最高品質20289(非常に快適)

PCゲームのフレームレート検証

OMEN 25L Desktop

MSIのAfterburnerを使用して、人気ゲームの平均フレームレートを計測しました。

まずはフォートナイトとApex LegendsをフルHD解像度で試した結果がこちら。

フォートナイト
最高画質97fps
競技設定226fps
Apex Legends
最高画質136fps
低画質232fps

フォートナイトのレンダリングモードは「DirectX11」で計測。

「パフォーマンス」に変えると、競技設定の平均フレームレートは300を超えます。

近接での撃ち合いなど、瞬間的にフレームレートが落ちる場面もあるため、常時240固定でプレイするにはややパワー不足と思われます。

Apex Legendsも画質を落とせば平均200以上をキープできるため、とても快適にプレイ可能です。

そのほかのゲームはすべて最高画質で検証した結果です。

最高画質での平均フレームレート
Overwatch 2126fps
Battlefield 204294fps
Escape from Tarkov80fps
VALORANT319fps
Rainbow Six Siege329fps
ELDEN RING60fps
モンスターハンターライズ151fps

Overwatch 2は最高画質でもサクサク動かせますが、モニターのリフレッシュレートに合わせて画質を調整したほうが快適です。

VALORANTとRainbow Six Siegeなどはグラフィックが軽く、最高画質のままサクサク楽しめます。

レイトレーシング性能

続いてレイトレーシング(DXR)に対応したゲームの平均フレームレートをチェックしました。

ゲームのグラフィック設定はすべて最高に設定し、ベンチマークモードで計測しています。

Marvel’s Spider-Manにはベンチマークモードがないため、街並みを飛び回った際の平均値を計測しました。

最高画質(DXR ON)での平均フレームレート
Cyberpunk 207760fps
WATCH DOGS LEGION53fps
FARCRY 678fps
Marvel’s Spider-Man Remastered72fps
Forza Horizon 571fps

WATCH DOGS LEGIONのような極めて重いゲームも、最高画質のDXR ONでそこそこ快適に動かせます。

ゲーム実況の動画配信

ゲーム実況をTwitchでスムーズに配信できるかも検証しました。

配信ソフトは無料で使えるOBS(Open Broadcaster Software)を使用、配信と同時に録画も実施です。

Apex Legendsでいろいろ試した結果、以下の設定でスムーズにライブ配信ができました。

OBSのおすすめ設定
ゲームの画質
出力解像度1080p(1,920×1,080)
FPS共通値60
映像ビットレート6,000 Kbps
配信エンコーダハードウェア
音声ビットレート128
録画品質高品質、ファイルサイズ中
録画フォーマットmkv
配信後にmp4へ再多重化
録画エンコーダソフトウェア

録画のエンコーダはハードウェア(GPU)でも問題ありませんが、CPUに余力があるためソフトウェア(CPU)に設定しています。

配信中のフレームレートは平均200を下回るものの、プレイに支障が出るほどではありません。

ゲームの画質にこだわるなら、もう少しハイスペックなグラボが必要です。

配信するゲームによってCPUやGPUの負荷は変わるため、ゲームに合わせて設定を工夫する必要があります。

クリエイティブ用途の動作検証

OMEN 25L Desktop

続いて動画や写真の編集など、クリエイティブ用途でも快適に使えるかを検証しました。

ゲーム以外の用途でもサックサクです。

Premiere Proで動画編集

Premiere Pro

まずはAdobeのPremiere ProでYoutube動画の編集を試しました。

動画素材をカットしてつなげたり、テロップや効果音を加える程度の編集なら、処理の遅延を感じることはほとんどありません。

After Effectsで演出を加えたり、4K動画の編集を考えているなら、メモリを16GBから32GB以上に増設してもよさそうです。

4K動画の書き出し

参考までに、4K動画の書き出し時間を計測しました。

検証のために用意したのは、GoPro HERO7 Blackで撮影した4K 60fpsの動画データ。

書き出し条件とかかった時間は以下の通り。

H.264(Youtube 1080p FHD)2:56
H.264(Youtube 2160p 4K UHD)3:02

一般的な薄型ノートパソコンだと40分以上かかることもザラなので爆速です。

動画編集マシンとしても抜群に優秀です。

LightroomでRAW現像

Lightroom

デジカメで撮影したRAWデータの書き出し速度もチェックしてみました。

有効画素数3,635万のRAWデータ100枚をLightroomで書き出したところ、かかった時間は44秒と驚異的な速さでした。

Gen4対応のM.2 SSDもスピードアップに貢献していると思われます。

写真編集用マシンとしても、文句なしの性能です。

Lightroomの書き出し条件は以下で統一しています。

Lightroomの書き出し条件
画像形式JPEG
画質100
カラースペースsRGB
画像のサイズ未調整(撮影データそのまま)
解像度350
メタデータすべてのメタデータ
(人物情報や撮影場所の情報は削除)

電源容量や排熱は実用上問題なし

OMEN 25L Desktop

レビューのまとめとして、OMEN 25L Desktopの特徴をおさらいします。

人気ゲームをサクサク快適にプレイ

1080p・60fpsでライブ配信も可能

動画編集用パソコンとしても超優秀

電源容量が500Wと推奨よりやや低め

ケースとマザーボードの拡張性が低い

45Lや40Lと比べて全体的にコストダウンされている印象は否めないものの、見た目のカッコよさはOMENそのもの。

ファンのコントロールやモードチェンジも簡単で、用途に合わせて設定をカスタマイズしやすいのもOMENの大きな魅力です。

肝心の性能面も搭載スペック通りのパフォーマンスをきちんと発揮できており、幅広いゲームを快適に楽しめました。

動画にもまとめているので、あわせてご覧いただくとよりわかりやすいです。

OMEN 25LはHP公式サイトの週末限定セールに登場することも多く、クーポンを併用するとさらにお得に購入可能です。

幅広い用途で活躍するゲーミングPCを探している方は、OMEN 25Lを検討してみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です