基礎知識

ゲーミングマウスのおすすめモデルと選び方で失敗しないコツ

ゲーミングマウスの選び方

普段パソコンでゲームをするとき、どんなマウスを使っていますか?

快適なプレイを実現するうえで、欠かせない存在であるマウス。

とくにFPSゲームは、ほんの少しの操作ミスが敗北に直結。

このページでは、ゲーミングマウスを購入する前に知っておきたい基礎知識について詳しくまとめています。

近いうちにゲーミングマウスを買おうと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

ゲーミングマウスの基礎知識

ゲーミングマウス

「わざわざゲーミングマウスなんて使う必要ないのでは?」

と思う方も少なくなさそうです。

たしかに500円の格安マウスでもゲームの操作自体は可能です。

ではなぜゲーミングマウスを使う必要があるのか、まずは基本的なことからおさらいしましょう。

「そんなことより、おすすめのゲーミングマウスが知りたい!」

という方はこちらをご覧ください。

おすすめする理由やメリット

ZOWIE S1を使う様子

ゲーミングマウスを使うメリットは、一般的なマウスより性能が高いということ。

具体的には、センサーの読み取り精度が高いという点などが挙げられます。

たとえばFPSゲームでは、素早く動き回っている敵に狙いを定めて攻撃を当てないと勝てません。

ひとつひとつの操作をより素早く、より正確に行えるように、一般的なマウスより総じて性能が高くなっています。

センサー精度やスイッチの耐久性など、細かいスペック面については次のパートで詳しく解説します。

唯一のデメリットは値段

マウスに限らず、性能が高いものほど値段は高くなります。

一般的なマウスなら1,000円前後でそれなりのものが買えますが、ゲーミング用途になると安くても3,000円前後。

プロゲーマーが使っているマウスだと、軽く10,000円を超えることも。

さらにマウスは基本的に消耗品なので、ヘビーゲーマーほど買い替え頻度が高くなることも覚えておきましょう。

マウスと相性の良いゲーム

ゲーミングマウスはパソコンゲームを快適にしてくれる便利なアイテムですが、絶対に必要というわけではありません。

ゲームのジャンルによっては、むしろマウスを使わないほうがいいことも。

普段どんなゲームをメインにプレイするかによって、最適なデバイスを選びましょう。

FPSゲーム

Battlefield V

ゲーミングマウス必須ともいえるジャンルといえば、FPS(First Person shooter)ゲーム。

有名なタイトルだと、以下のようなものがあります。

有名なFPSゲーム
  • CS:GO
  • レインボーシックスシージ
  • PUBG
  • Apex Legends
  • フォートナイト など

ゲームによってルールや扱える武器は異なるものの、いずれも銃で敵を倒していくゲームです。

FPSゲームではエイム(敵に狙いを定めること)がとても重要で、どれだけ強い武器を持っていても敵に当てられなければ無意味。

より正確なエイムをするためには、思い描いたとおりに動かせる高性能なマウスは必須。

ゲームパッドでも操作はできますが、エイムのしやすさではマウスに敵いません。

MMORPG

黒い砂漠

FPSゲーム以外に、MMORPGもマウスとの相性が抜群です。

有名どころだと以下のようなタイトルがあります。

有名なMMORPG
  • ファイナルファンタジーXIV
  • ドラゴンクエストX
  • 黒い砂漠
  • ラグナロクオンライン など

MMORPGの場合、FPSゲームのようなエイムの正確さは求められません。

一方で多種多様なスキルを使ったり、パスワードを入力するなど、複雑な操作が多くなりがち。

そんなときマウスのボタンに複雑な操作を割り当てておけば、指ひとつでいつものスキルを発動させられるようになります。

今は10個以上のボタンを搭載した多機能ゲーミングマウスもあるので、効率的に操作したい方におすすめです。

その他のゲーム

マウス操作と相性が良くないゲームについても触れておきます。

一概にはいえないものの、アクションゲームや格闘ゲームとの相性はあまりよくありません。

アクションゲーム

モンスターハンターワールド

格闘ゲーム

DEAD OR ALIVE 6

たとえばモンスターハンターワールドはマウスとキーボードでも操作できますが、FPSゲーム以上に複雑なので慣れるまで大変。

PS4などでプレイした経験のある方はとくに、無理にマウスとキーボードを使わず、ゲームパッドを使いましょう。

ゲームパッドの例

Xbox one用のコントローラーが1台あれば、ほとんどのパソコンゲームを動かせるので便利です。

ストリートファイターVや鉄拳などの格闘ゲームがメインなら、アーケードコントローラーが断然おすすめ。

ゲームに合わせて最適なデバイスを選びましょう。

ゲーミングマウスの主な機能

Logicool G PRO G-PPD-002WL

なぜゲーミングマウスは高性能なのか、ここからは具体的な機能についてご説明します。

ポイントを整理すると以下の通り。

ゲーミングマウスの主な機能
  • 高性能なセンサー
  • DPI(マウス感度)の変更
  • 高いレポートレート
  • リフトオフディスタンス
  • ボタンのカスタマイズ
  • 耐久性の高さ
  • LEDライティング

それぞれについて順に見ていきましょう。

高性能なセンサー

ゲーミングマウスの心臓部ともいえるのがセンサー。

メーカーによって搭載しているセンサーはさまざまですが、人気が高いのはPixArt Imaging社の光学センサー。

とくに「PMW3310」や「PMW3360」を搭載したゲーミングマウスは多いです。

ただし、メーカーにごとにチューニングが異なるため、同じPMW3360を搭載したマウスでも使い心地はかなり変わります。

また、ロジクールは「HERO」というセンサーを独自に開発。

革命的な高効率のオプティカルセンサーであるHEROは、3年間の研究開発の末に誕生しました。抜群のパフォーマンスと圧倒的な省電力を実現しています。

次世代のゲーミングセンサー HERO – ロジクール

プロゲーマーにも高い人気を誇るG PRO ワイヤレスは、「HERO 16K」というロジクール史上最高精度のセンサーを搭載しています。

お財布に余裕がある方は異なるセンサーのゲーミングマウスを買って、自分に合うマウスを探してみてください。

センサーの種類

裏側のデザイン

センサーには光学式やレーザー式など、いくつか種類があります。

昭和生まれの私からすると、マウスに小さなボールが入っていた時代が懐かしいです。

マウスの主なセンサー
  • 光学式(赤いLED)
  • レーザー式
  • ブルーLED式
  • IRセンサー式

もっとも精度が高いのはレーザー式ですが、価格が高くなりがち。

価格と性能のバランスに優れているのは、ブルーLED式のセンサーです。

DPI(マウス感度)の変更

DPIを細かく設定できるのもゲーミングマウスの特徴です。

DPIとは「dots per inch」の略で、マウスを1インチ動かしたときに画面上でポインターが何ドット動くかを表す単位のこと。

つまりDPIが高ければ高いほど、マウスを少し動かしただけでポインターが大きく・素早く動きます。

400DPIのイメージ図
1600DPIのイメージ図

ゲーミングマウスは設定できるDPIの幅が広く、細かい微調整ができるモデルも多いです。

どのDPIがベストかは使用するモニターの解像度やゲームのジャンル、プレイスタイルによってさまざま。

フルHDモニターでFPSゲームをプレイするなら、個人的には1,600~3,200DPIあたりが使いやすいです。

16,000DPIは4Kなどの高解像度モニターでゲームをプレイするときに便利です。

デジカメのDPIとは意味が異なる

デジタルカメラやプリンターでも、画像の精細さを表現するための「解像度」という意味でDPIという言葉が使われます。

これは1インチ四方の中にどれだけのピクセル画素が含まれているかを表す単位で、マウスのDPIとは意味が異なります。

高いレポートレート

レポートレートとはマウスが感知する情報をどれくらいの間隔でパソコンに送信するかを表す数値で、Hz(ヘルツ)という単位が使われます。

ポーリングレートという言葉が使われることもありますが、意味は同じです。

125hzならば0.08秒間隔でデータを送信しているという意味で、ゲーミングマウスだと1000Hzに対応したものが多いです。

レポートレートを高くするほどマウスの操作が瞬時にパソコンに反映されるため、FPSゲームでは有利になります。

レポートレートのイメージ図

ただし、高いレポートレートはパソコンのCPUに負荷がかかります。

2~3年以内に購入したミドルクラス以上のゲーミングパソコンなら心配無用ですが、あまりに古いパソコンだと返ってレスポンスが遅くなることも。

使用環境に合わせて、最適なレポートレートを設定してください。

カジュアルにゲームを楽しむ分には、125Hzも1,000Hzも体感的にほとんど変わりません。FPSガチ勢の方は1,000Hzで戦いましょう。

リフトオフディスタンス

リフトオブディスタンスとは、マウスをどれくらい持ち上げるとセンサーが反応しなくなるかを表すもの。

LOD(Lift-off Distance)と表記されることもあります。

Lift-off Distanceのイメージ図

一般的なゲーミングマウスだと、ほんの数mm浮かすだけでマウスが反応しなくなるため、誤動作の発生を限りなくゼロにできます。

なかにはリフトオフディスタンスが1mm以下に設定されているマウスもありますし、細かく調整できるマウスもあります。

格安マウスだと1cm以上持ち上げてもマウスが反応したり、細かい操作が求められるFPSゲームには向いていません。

マウスのリフトオフディスタンスは短いほど高性能、と覚えておきましょう。

マウスパッドとの相性問題

使用しているマウスパッドによって、リフトオフディスタンスに差が出ることがあります。

マウスパッドにもさまざまなものがあるので、マウスの操作に違和感を感じたらいろいろ試してみることをおすすめします。

ボタンのカスタマイズ

ボタンの割り当て画面

ゲーミングマウスの中には、各ボタンにどの機能を割り当てるか細かく設定できるものがあります。

とくにボタン数の多いマウスを使うときは、自分のプレイスタイルに合わせてさまざまな機能を割り当てられるので便利です。

MMORPGをメインにプレイするなら、「宜しくお願いします」などのテキストを割り当てておくとコミュニケーションの効率も上がるでしょう。

フォートナイトのような複雑な操作が求められるゲームも、マウスのカスタマイズが建築スピードのアップにつながります。

マクロ機能に対応

マクロ機能に対応したゲーミングマウスもあります。

マクロとは特定のキー操作や手順を記憶し、簡単に実行できる機能のこと。

たとえば「A→B→C→D」と順番にキーを押す操作や、「Aを押して5秒経過してからBを押して、さらに5秒経ってからCを押す」といった設定もできます。

工夫次第で複雑なマクロも割り当てられるので、うまく活用すれば有利に立ち回れるでしょう。

面倒な繰り返し操作をワンクリックで実行できるのは、ゲームに限らず普段のパソコン操作でも役立ちます。

プロフィール機能

「フォートナイトとCS:GOでボタンの割り当てを変えたい」

と考える人も少なくありません。

各種設定をゲームごとに保存できる、便利なゲーミングマウスもあります。

プロフィール機能と呼ばれるものですが、一度設定しておけば簡単に切り替えられるので便利です。

オンボードメモリ

「パソコンを買い替えたら、マウスの設定もやり直さないと・・・」

と心配する必要はありません。

今は各種設定をマウス本体に保存できる、オンボードメモリに対応したゲーミングマウスがあります。

オンボードメモリに対応したマウスを使えば、イベントなどでほかのパソコンを使うときも普段通りの感覚でマウスを使えます。

デスクトップとノートを使い分けている方も重宝するでしょう。

耐久性の高さ

ExcelやWordで事務作業をしているときと、FPSゲームで遊んでいるとき、1時間でクリックする回数はどちらが多いと思いますか?

プレイスタイルで差は出るものの、FPSゲームのほうが圧倒的にクリック数は多くなるでしょう。

一般的なマウスと比べて、耐久性が高いのもゲーミングマウスにとって大切なこと。

もっとも頻繁に使用する左クリックをはじめ、各ボタンも簡単に壊れないように耐久性の高いパーツが使われています。

なかには5,000万クリックに耐えられるモデルもあります。

ただし、あくまでメーカー発表のスペックなので、使い方次第で耐久性が変わることは覚えておいてください。

LEDライティング

ROG Gladius IIの発光

最後にもうひとつ、忘れてはいけないのがライティング機能。

最近のゲーミングデバイスはLEDを内蔵してピカピカ光らせるのが流行りです。

発光パターンはパソコンで細かく設定したり、まったく光らせないようにすることも可能。

同じメーカーの製品を使えば、キーボードやマザーボードと発光パターンを同期することもできます。

光り方で個性を出したい方、SNS映えを意識する方には大切なポイントですね。

ゲーミングマウスの選び方

ここまでゲーミングマウスの主な機能についてご説明しました。

ここからは実際にゲーミングマウスを買うときに注目すべき点についてご説明します。

どのマウスがベストかは人それぞれ異なるので、選び方のコツを覚えておきましょう。

大きさと形

ROG Gladius IIの外観

まずはもっともわかりやすいマウスの形状。

右手で使いやすくデザインされたボディや、左右対称のものまでさまざま。

左利き用のマウスもありますが、残念ながら数は少なめ。

大きさとしては、縦幅は125mm前後が平均的で横幅は65~70mmあたりが多いです。

ほかのマウスと比較

マウスの高さは、ピーク部分で35~45mmというモデルが多いですね。

G Proとの比較

高さのピークが中央にあるか、後方にあるかでフィット感はかなり変わります。

家電量販店やパソコンショップで実際にいろいろ触って、手にしっくりくるマウスを見つけましょう。

重量

Finalmouse Ultralight 2の重量

軽いマウスと重いマウス、あなたはどちらが好きですか?

重いほど摩擦力が強くなってマウスの滑りは安定しますが、手首や腕に負担がかかるので、長時間んプレイには不向き。

反対に軽いマウスは疲れにくいものの、繊細なコントロールが難しいという側面があります。

相対的にみると、FPSゲーマーは軽いマウスを好む人が多いですね。

最近のゲーミングマウスの重量は80~100gほどで、とびぬけて軽いものだと60g前後のマウスもあります。

形状と同じように、実際に触ってみないとなかなかイメージがしづらいのが難しいところです。

ボタンの配置と数

ボタンの数は5~7個が一般的ですが、多いものだと20個近いマウスもあります。

MMORPGがメインならボタンは多ければ多いほど便利です。

一方で瞬発力が求められるFPSゲームの場合、多すぎるボタンは誤操作を招くきっかけになりかねません。

左右のクリックとホイール、親指で操作するサイドボタンが2つほどあれば十分でしょう。

また、マウスのサイドボタンを押しやすいかどうかも重要なポイント。

マウスの形状や手の大きさ、持ち方によってはサイドボタンを押しづらいことがあるため要注意。

ボタンがたくさんあっても、押しづらくては意味がありません。

クリックの硬さ、深さ

ROG Sheath

クリックの固さや深さもマウスによってさまざま。

固めに調整されているマウスは、ひとつひとつの動作が確実ですが連打には向きません。

一方でクリック感が軽く、浅いマウスは連打もしやすいですが、誤操作も発生しやすいです。

メーカーによって傾向があるので、実物を触って確かめてみましょう。

有線とワイヤレス

有線マウスとワイヤレスマウス

最後にもうひとつ、有線かワイヤレスのちがい。

ワイヤレスマウスは配線がないため、コードが絡まるストレスから解放されて、机上もすっきりします。

かつてのワイヤレスマウスは反応速度が遅く、ゲームには不向きとされていましたが、ロジクールのG PRO ワイヤレスを筆頭に今は大幅に改善されました。

ただ、バッテリーの問題は避けられず、有線マウスより高額になりがちです。

はじめてゲーミングマウスを買う方におすすめしたいのは有線マウス。

マウスバンジーを買えばコードの絡まりは気になりませんし、コスパの高いモデルがたくさん販売されています。

ワイヤレスの種類

ひとことでワイヤレスマウスといっても、Bluetoothと2.4GHzの2種類があります。

Bluetoothはパソコンのみならずスマホやタブレットにもレシーバーなしで接続できるのがメリット。

ただ、Bluetoothを搭載していないパソコンのあるため事前に確認しましょう。

2.4GHzのワイヤレスマウスは、付属しているレシーバーをUSBポートに接続して使います。

Bluetoothと比べて障害物に強いというメリットがあります。

ゲーミングマウスの持ち方

ゲーミングマウスの実力を最大限発揮するために、主な持ち方についてもご紹介します。

持ち方に正解はないので、自分に合ったスタイルを見つけてください。

かぶせ持ち

かぶせ持ち

かぶせ持ちとは、マウスに手のひら全体が触れる持ち方。

安定感のあるプレイができることが特徴で、もっともメジャーな持ち方といえます。

人間工学に基づいた左右非対称エルゴノミクス形状のマウスを使えば、よりフィット感が増します。

つかみ持ち

つかみ持ち

つかみ持ちは、指を鉤爪のように立てる持ち方。

かぶせ持ちのように手のひら全体がマウスに触れず、指を立てているためクリックしやすいのが特徴です。

FPSゲームで瞬発力を高めたいなら、つかみ持ちとの相性はよいでしょう。

手の大きな人は指がマウスからはみ出てしまうことを防ぐために、自然とつかみ持ちになっているケースもありますね。

つまみ持ち

つまみ持ち

つまみ持ちは手の平がマウスに触れず、指先だけでマウスを支える持ち方。

繊細な操作が可能で縦方向にも動かしやすく、ほかの持ち方よりエイムしやすいというメリットがあります。

一般的なサイズのマウスだと手のひらが触れてしまうことが多いので、つまみ持ちがしたいなら小さめのマウスを買いましょう。

マウスと一緒に揃えたいグッズ

せっかくゲーミングマウスを買うなら、関連グッズも一緒にそろえてみませんか。

とくにマウスパッドとマウスバンジーは、ゲームの操作を快適にするうえで必須ともいえるアイテム。

それぞれの特徴について簡単にご説明します。

マウスパッド

Finalmouse Ultralight 2-CAPE TOWN

一般的なマウスパッドでも大きな問題はありませんが、できればゲーミング用途のものを買いましょう。

ゲーミングマウスパッドは滑りやすく、止めたいときにはピタっと止められるように工夫されています。

デスクマットのように使える大型のマウスパッドをはじめ、ウレタン製や金属製など使われている材質もさまざま。

机の大きさや予算に合わせて選んでみてください。

おすすめはSteelSeries

数あるマウスパッドのなかで、とくにおすすめしたいのがSteelSeriesのminiサイズ。

マウスパッドは消耗品なので、1,000円ほどで買えるコスパの高さは大きな魅力です。

大きさも3種類あるので、プレイスタイルに合わせて選べます。

どのマウスパッドを選べばいいか迷ったときは、まずはSteelSeriesを試してみませんか?

マウスバンジー

マウスバンジー

有線マウスを使うなら、マウスバンジーは必ず買ってください。

マウスバンジーはコードの絡まりを防いでくれるアイテムで、単純ながら快適度が大幅にアップ。

さながらワイヤレスマウスのような操作感を味わえます。

ZOWIE CAMADEを使用した様子

吸盤で机に張り付けるタイプやLEDライティングに対応したもの、シンプルに重量で固定させるものなど、さまざまなマウスバンジーが販売されています。

ワイヤレス派の方には不要ですが、有線マウスを買うときは忘れずに購入を。

私はBenQのZOWIE CAMADEを愛用しています。

おすすめのゲーミングマウス

どんなゲーミングマウスを買えばいいのかは、ゲームのジャンルやプレイスタイル次第。

強いこだわりがなければ、まずは有名メーカーの定番モデルがおすすめ。

ここではゲーミングマウスの有名メーカーと人気モデルをご紹介します。

ロジクール

ロジクール

まずは超ド定番の大手メーカー、ロジクール。

ゲーマー向けに「ロジクールG」というブランドを展開していて、ラインナップも豊富。

なかでもG PRO ワイヤレスは世界のトッププロゲーマーも愛用するほどの人気っぷり。

DPIやレポートレートを細かく設定できるモデルも多く、控えめではあるもののLEDライティングにも対応しています。

エントリークラスからハイエンドモデルまで価格帯も広いので、用途と予算にあったモデルがきっと見つかるでしょう。

Logicoolワイヤレスマウス
ロジクールG PRO ワイヤレス(PPD-002WL)レビューロジクールのゲーミングマウス、G PRO ワイヤレス(G-PPD-002WL)を購入しました。 世界のトッププロゲーマーも愛用する...

BenQ(ZOWIE)

BenQ

ゲーミングマウスを語るならBenQも忘れてはいけません。

ZOWIEというブランドで、マウスをはじめとしたゲーミングデバイスを数多く展開しています。

とくにFPSゲーマーからの信頼度が高く、CS:GOのプロゲーマーは多くがBenQのゲーミングマウスを愛用しているとか。

記事執筆時点でラインナップは有線マウスのみで、LEDライティングにも非対応。

見た目より性能を優先したい方におすすめです。

ZOWIE S1
BenQ ZOWIE S1レビュー|FPS向けゲーミングマウスBenQの最新ゲーミングマウス、ZOWIE S1を提供いただいたのでご紹介します。 Apex Legendsやレインボーシックスシ...

Razer

Razer

デザインのカッコよさを追求したいなら、Razerはいかがでしょうか。

高い人気を誇る老舗メーカーで、ゲーミングデバイスをすべてRazerで統一している熱狂的なファンも少なくありません。

緑を基調としたデザインが特徴的で、ロジクールやBenQに負けずとも劣らない高性能なマウスを多数展開しています。

なかでもRazer Viperは69gという超軽量ボディで、16,000DPIの高感度にも対応。

軽さとカッコよさを両立させたい方におすすめです。

自分に合ったマウスを見つけよう

ZOWIE S1

ただのマウスと思いきや、意外なほど奥が深いゲーミングマウスの世界。

パソコンゲームの操作に直結するデバイスだからこそ、適当に選ぶなんてできません。

大きさや形状、ボタンの数にレポートレートなど、いろいろなマウスを比較しながら自分にあったマウスを見つけましょう。

手にしっくりくるマウスと出会えれば、ゲームがもっと楽しくなりますよ。

当サイトで人気のゲーミングPC
NEXTGEAR-MICRO im610
NEXTGEAR-MICRO im610
おすすめ
CPUCore i5-9400
GPUGTX1660
メモリ8GB
価格99,800円~
GALLERIA XF
GALLERIA XF
おすすめ
CPUCore i7-9700K
GPURTX2070
メモリ8GB
価格178,980円~
NEXTGEAR-MICRO am560
NEXTGEAR-MICRO am550
おすすめ
CPURyzen5 3600
GPUGTX1650
メモリ8GB
価格82,800円~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。