レビュー

Logicool G203レビュー|エントリークラスの有線マウス

Logicool G203レビュー

Logicool G 公認サポーターとしてのレビュー第4弾、ゲーミングマウスG203を提供いただきました。

2020年5月21日発売予定のマウスで、記事執筆時点でAmazonの予約価格は4,000円。

エントリークラスに位置づけされる有線マウスですが、果たしてどれだけの性能を秘めているのか、じっくり検証しました。

ゲーミングマウスをはじめて買う方や、手ごろで使いやすいマウスを探している方は、ぜひご覧ください。

Logicool G203の特徴

Logicool G203

G203の特徴を整理すると以下の通り。

約4,000円と手の届きやすい価格

手が小さめの方でも持ちやすい

しなやかで絡みにくいケーブル

白と黒のカラーバリエーション

サイドボタンが細くて押しづらい

スペックや本体デザインなど、順にご紹介します。

基本スペック

G203パッケージ

G203の主なスペックは以下の通り。

Logicool G203 主なスペック
寸法116×62×38mm
重量85g(ケーブルを除く)
センサー非公開
DPI最大 8,000dpi
レポートレート125/250/500/1000Hz
接続方式有線
ボタン数6
耐クリック回数非公開

搭載されているセンサーは「ゲーミンググレード」という情報しか公開されておらず、詳細は不明。

突出したスペックはないものの、カジュアルにゲームを楽しむには十分なスペックです。

そのほかの細かい仕様については公式サイトをご確認ください。

外観・デザイン

G203のパッケージはあっさりとしたデザイン。

G203パッケージ
G203パッケージ

G PRO WLやG903hなどの兄貴分と比べると、サイズも小さめです。

パッケージの比較

付属品も保証書とステッカーのみとシンプル。

付属品一式

マウスの形状は左右対称で、本体左側のみにサイドボタンがあります。

センターホイールの下側にあるのはDPIを切り替えるためのボタン。

天面図
底面図

底面には小さめのソールが4つ、交換用ソールは付属していません。

側面図

高さのピークはお尻側にあります。

サイドボタンは細めに作られているので、好みが分かれそう。

前面図
背面図

後ろから見てみると、下側に向けて細くなっているのがわかります。

ツルツルとした材質で滑り止めの加工も施されていないので、手に汗をかきやすい方は扱いづらいかもしれません。

しなやかなケーブル

ケーブルは細くてしなやかなものが使われています。

操作の快適さを少しでもアップしたいなら、マウスバンジーの活用がおすすめです。

G203はカラーバリエーションでホワイトも選べます。

G PRO ワイヤレスマウスと比較

G PRO WLと比較

G203とG PRO ワイヤレスマウス(WL)を比較してみました。

ひょうたん型のG PRO WLと比べると卵型のG203はウェストが太めに見えますが、手に持ってみると意外なほど持ちやすいです。

両者の主なスペックを比較すると以下の通り。

G203G PRO WL
寸法116×62×38mm125×63.5×40mm
重量85g80g
センサー非公開HERO 16K
DPI最大 8,000dpi最大 16,000dpi
レポートレート125/250/500/1000Hz
接続方式有線無線(LIGHTSPEED)
ボタン数68
販売価格4,000円前後15,000円前後

G PRO WLは高さのピークが中央にありますが、G203はお尻側。

サイドボタンやセンターホイールもG PRO WLのほうが大きめに設計されています。

側面図の比較

価格差は3倍以上あるものの、実際に操作してみた印象としてはそこまで大きな差を感じません。

ワイヤレスへのこだわりがなければ、4,000円で買えるG203はなかなか優秀です。

Viper miniと比較

Viper miniと比較

同価格帯で比較されることが多そうな、RazerのViper miniとも比べてみました。

両者の主なスペックを比較すると以下の通り。

G203Viper Mini
寸法116×62×38mm118.3×53.5×38.3mm
重量85g61g
センサー非公開True 8,500DPI オプティカルセンサー
DPI最大 8,000dpi最大 8500dpi
レポートレート125/250/500/1000Hz125/500/1000Hz
接続方式有線
ボタン数6
販売価格4,000円前後5,000円前後

Viper miniのほうが20g以上軽く、DPIもわずかながら上回っています。

側面図の比較

軽さを重視するならViper mini、バランスの良さと価格の安さを求めるならG203をおすすめします。

持ちやすさ・操作性

G203は小さめに設計されているので、あらゆる持ち方に対応できます。

かぶせ持ち
かぶせ持ち
つかみ持ち
つかみ持ち
つまみ持ち
つまみ持ち

手が小さめの方でも、かぶせ持ちやつかみ持ちなら難なく操作できそうです。

つまみ持ち派の方には、もう少し小さいほうがホールドしやすいかもしれません。

コリコリ系のホイール

センターホイール

センターホイールはコリコリとしたノッチ感があり、FPSゲームの武器変更などを的確に操作できます。

ただし少し固めに調整されているため、事務作業やブラウジングなど、ホイールを多用する用途では使いづらいです。

あくまでゲーム用のマウスとして使うことをおすすめします。

専用ソフトウェア

G HUB

G203はLogicoolの専用ソフトウェア「G HUB」に対応。

各ボタンに何の機能を割り当てるかなど、プレイスタイルに合わせて細かくカスタマイズできます。

ボタン設定
ボタン設定

各種マクロをはじめ、DiscordやOBSの各種アクションも設定できるため、ゲーム中にボイスチャットを多用する方やゲーム実況を配信している方も便利です。

DPIやレポートレートも細かく設定可能。

一般的なフルHDモニターならDPIの上限は3,200あたりがおすすめ。

DPI設定

レポートレートは4段階で選べて、とくにこだわりがなければ1,000Hzを選びましょう。

オンボードメモリへの保存

オンボードメモリに保存できるプロファイルは1つのみ。

各種設定を保存しておけば、ほかのパソコンにつなげたときも今までの設定のまま使えます。

G HUBはLogicoolの公式サイトからダウンロードできます。

RGBライティング

ライティングは1,680万色から自由に選べて、明るさや発光パターンもいろいろ選べます。

ライティング設定
ライティング設定

「フリースタイル」で3色選ぶと、好みのグラデーションを作れます。

ライティングサンプル
ライティングサンプル

LIGHTSYNCに対応したLogicool Gのキーボードやヘッドセットがあれば、発光パターンや色を同期させることも可能。

さらにスクリーンに表示されている色と同期させたり、流れているオーディオに合わせて点灯させるなど、ライティング機能だけでいろいろ遊べます。

センサー性能のテスト結果

Logicool G203

ここからはG203のセンサー性能をチェックした結果をご紹介します。

検証時のマウスパッドはSteelSeriesのQcK miniを使用しました。

いずれも当サイトで検証した結果です。マウスパッドの材質やマウスとの相性なども影響するため、あくまで参考程度にご覧ください。

マウステスター

レポートレートとDPIを変えてマウステスターを試しました。

テスト結果の見方を簡単に解説すると、グラフ上のポイント(点)が一定間隔であればセンサーの精度が安定しているということです。

問題なし
問題なしの例
問題あり
問題ありの例

ポイントがひとつだけ飛んでいたり、乱れているものはセンサー精度が不安定ということ。

今回は125Hz、500Hz、1,000Hzの3段階で、それぞれ400~3,200DPIに感度を変えてチェックした結果がこちら。

ほとんど乱れのない、とても素晴らしい結果でした。

センサーの詳細は不明ですが、なかなか精度の高いセンサーを搭載しているようです。

リフトオフディスタンス

リフトオフディスタンスのチェックシート

厚さの異なるプラ板を使用して、マウスのリフトオフディスタンスをチェックしました。

リフトオフディスタンスとは、マウスを何mm浮かすとセンサーが反応しなくなるかを表す距離のことで、短いほど繊細な操作に適しています。

G203のリフトオフディスタンスは約0.9mmとまずまずのスコアでした。

当サイトで計測した主なマウスと結果を比較すると以下の通り。

リフトオフディスタンスの比較(mm)
Xtrfy M4 RGB
0.4
Logicool
G PRO WL
0.5
HyperX
Pulsefire Raid
0.7
Logicool
G203
0.9
Finalmouse
Ultralight2
0.9
Razer
Mamba Wireless
0.9
BenQ ZOWIE S1
1.0
Razer
DeathAdder V2
1.4
Razer
VIPER MINI
2.0~

先ほど比較したRazerのViper miniはリフトオフディスタンスの長さが大きな弱点。

リフトオフディスタンスについて明確な基準はありませんが、筆者個人としては1.0mm以下なら優秀と考えています。

FPSゲームでマウスのテスト

Logicool G203

ここからは実際にPCゲームを操作した感想をご紹介します。

マウスパッドはハードタイプのLogicool G440tを使用、レポートレートは1,000Hz、DPIは3,200に設定。

マウスバンジーはBenQのZOWIE CAMADEを使いました。

KovaaK 2.0: The Meta

KovaaK 2.0: The Meta

まずはエイム練習用ソフトとして有名なKovaaK 2.0: The Metaをプレイ。

マップはAscended Tracking v3をチョイス。

何の違和感もなく、快適に操作できました。

Apex Legends

Apex Legends

続いてApex Legendsをプレイ。

ホールドしやすい形状で程よい軽さ、マウスパッドとの相性も良く、とても快適に操作できます。

ひとつだけ気になったのは、G203の細いサイドボタン。

G PRO WLやG903hの太めのサイドボタンに慣れていることもあって、筆者の親指では少々押しづらいと感じました。

アビリティをサイドボタンに割り当てている方は、購入前に量販店などで実機を触ってみることをおすすめします。

フォートナイト

フォートナイト

フォートナイトも試してみました。

Apex Legendsと同じく問題なく操作できますが、G203はサイドボタンが2つしかないので、建築などの機能を割り当てるには少々不便。

マウスで各種操作を完結させたい方は、G503WLやG604などボタン数の多いマウスがおすすめです。

Logicool G203のまとめ

Logicool G203

レビューのまとめとして、もう一度Logicool G203の特徴をおさらいします。

約4,000円と手の届きやすい価格

手が小さめの方でも持ちやすい

しなやかで絡みにくいケーブル

白と黒のカラーバリエーション

サイドボタンが細くて押しづらい

3,000~5,000円前後で買えるエントリークラスのゲーミングマウスとしては、非常に優秀だと感じました。

G PRO WLやG903hと比べて使い心地に差を感じるのは事実ですが、G203は価格と性能のバランスが絶妙。

ライティングでいろいろ遊べるのも魅力です。

Amazonで頻繁に見かけるメーカー不明の格安ゲーミングマウスを買うくらいなら、G203を買ったほうがいいです、絶対に。

ゲーミングマウスをはじめて買う方はもちろん、コスパに優れたゲーミングマウスを探している方には、G203を強くおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。