レビュー

GALLERIA RM5R-G60Sレビュー|高コスパなエントリーモデル

GALLERIA RM5R-G60Sのレビュー

ドスパラのゲーミングパソコン、GALLERIA RM5R-G60Sをお借りしました。

99,980円~という低価格ながら、GeForce GTX1660 SUPERとメモリ16GBを搭載。

販売終了した人気モデル、GALLERIA RT5の後継機で、強烈なコスパが最大の魅力。

果たしてどれだけの実力を発揮できるのか、各種人気ゲームを実際にプレイして、じっくり検証しました。

低価格でも快適に遊べるゲーミングPCを探している方は、ぜひご覧ください。

GALLERIA RM5R-G60Sの特徴

GALLERIA RM5R-G60S

GALLERIA RM5R-G60Sがどういったパソコンなのか、特徴を整理すると以下の通り。

約11万円で買える鬼コスパマシン

最高画質でスムーズに動かせる

適切に設定すれば動画配信も可

LEDライティング搭載のケース

モニターの接続端子が最小限

Apex Legendsやフォートナイトなどのゲームで、どれくらいフレームレートを出せるのか知りたい!という方はこちらからご覧ください。

スペック

CPUやGPUなど、お借りしたモデルの基本スペックは以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPURyzen5 3500
GPUGeForce GTX1660 SUPER
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージ512GB NVMe SSD

CPUは第3世代のRyzen5 3500で、6コア6スレッドに動作周波数は3.60GHz(最大4.10GHz)。

Ryzenシリーズの中ではミドルクラスに分類されるCPUなので、ゲーミングPCとしては若干控えめな性能。

細かいスペック面はCPU-Zの結果をご覧ください。

CPU-Zの結果

グラフィックカードはGeForce GTX1660 SUPER。

リアルタイムレイトレーシングやDLSSには非対応ですが、ほとんどのゲームを高画質でサクサク動かせる実力があります。

GPU-Zの結果はこちら。

GPU-Zの結果

メモリも16GB搭載されているため、最新ゲームはもちろん動画編集などの用途でも役立ちます。

ストレージは512GBとあまり余裕がないので、必要な方はカスタマイズで容量を増やしましょう。

価格比較

GALLERIA RM5R-G60Sの価格

GALLERIA RM5R-G60Sの価格は99,980円~で、配送料と消費税込だと113,278円。

10万円前後で買えるエントリークラスは各メーカーがしのぎを削っており、選択肢が豊富。

国内BTOメーカーの同等クラスと比較してみました。

ドスパラG-Tuneパソコン工房
モデルRM5R-G60SPM-A-1660SM0B4-R535-RJS
CPURyzen 5 3500Ryzen 7 3700XRyzen 5 3500
GPUGTX1660 SUPER
メモリ16GB8GB
ストレージ512GB NVMe SSD256GB NVMe M.2 SSD
1TB HDD
480GB SSD
電源500W
販売価格99,980円~119,800円~86,980円~

値段だけ見るともっとも安いのはパソコン工房ですが、メモリが8GBで転送速度の遅いSATA接続のSSDを搭載。

一方、値段の高いG-Tuneは上位モデルのCPUを搭載しており、ストレージもたっぷり。

はっきり書いてしまうと、スペックと値段だけで比較すると大きな差はありません。

この中でドスパラが際立っているのは、納期スピードの圧倒的な速さと7年ぶりにリニューアルした新型ケース。

GALLERIA RM5R-G60Sは記事執筆時点で翌日出荷に対応しており、午前中に注文が確定すれば、お住まいの地域によっては2~3日後にパソコンが届きます。

LEDライティング搭載で、パソコン内部が見えるケースもドスパラのみ。

価格とスペックも重要ですが、そのほかの要素も総合的に比較しながら希望に合う1台を選びましょう。

パソコンの価格および仕様は時期によって変動します。最新価格は各公式サイトにてご確認ください。

ケース外観

GALLERIA RM5R-G60S

ここからは新しくなったガレリアのデザインを見ていきます。

ガンメタリックの筐体にブルーのアクセントカラーで、スタイリッシュな見た目に生まれ変わりました。

GALLERIA RM5R-G60SのケースはMicroATX規格なので、コンパクトに仕上がっています。

左側面
右側面

光るパーツは非搭載ですが、本体左側面は中身が見えるクリアサイドパネルを標準搭載。

仕様上の寸法は高さが約425mm、奥行きが約440mm、横幅が約220mm。

重量も約14kgあります。

天面
背面

天板や底面の一部はメッシュ状になっていて、ケース内部に熱が溜まりにくいように設計されています。

天面には小物を置けますが、エアフローを阻害してしまう恐れがあるため、メッシュ部分を完全にふさがないように注意しましょう。

電源直下のメッシュパーツは取り外しが可能で、掃除がしやすくなっています。

LEDライティング

新型ガレリアはLEDライティングも搭載。

電源をONにすると、ケース前面と電源ボタンの周辺が青く光ります。

LEDライティング

LEDライティングを変更したい場合、制御アプリ「Polychrome RGB」のインストールが必要。

BIOSの設定変更も必要になるようで、マザーボードのメーカー(ASUSかASRock)によって設定方法が少し変わります。

アプリのダウンロードや細かい設定方法は、ドスパラの公式サイトをご覧ください。

インターフェイス

ケース前面

ケース前面の主なインターフェイスは以下の通り。

  1. 電源
  2. USB3.2 Gen1 Type-A ×4
  3. ヘッドホン
  4. マイク

USBポートが4つあると、ゲームパッドや外付けストレージなど、さまざまなものを接続できるのでとても便利。

インターフェイス

コンソールパネルが斜めに設計されているため、パソコンを机の上下どちらに設置しても使いやすいです。

ケース背面

背面の主なインターフェイスは以下の通り。

  1. USB2.0 ×4
  2. USB 3.2 Gen1 Type-A ×2
  3. PS/2 Mini DIN 6ピン
  4. ギガビットLANポート

黒いラバー製のフタがされているHDMIやVGA端子は基本的に使いません。

グラフィックカードの出力ポート

グラフィックカードの出力ポートは以下の3つのみ。

  1. DisplayPort ×1
  2. HDMI ×1
  3. DVI ×1

最近はDVI端子を搭載していないゲーミングモニターも増えてきているため、トリプルモニター以上での運用を考えている方は要注意。

また、標準仕様では無線でインターネットにつなげられません。

有線での接続ができない方は、+6,980円(税別)の追加オプションでWi-Fi6とBluetooth5.0に対応した拡張カードを追加しましょう。

出費を抑えたい方は、USBで接続するタイプの無線LANアダプターがおすすめ。

Amazonで探せば2,000円前後で買えます。

ケース内部

ここからはケースの内部を見ていきます。

裏配線になって各種ケーブルがきれいに整理されています。

ケース内部
ケース内部

カラフルな電源ケーブルは今までと変わらず。

大型のグラフィックカードも搭載可能な、余裕のある設計です。

14cmの大型ファン

ケース内部には14cmの大型ファンを搭載し、静音性と冷却性能を高めています。

空冷CPUクーラー

リテールクーラー

CPUクーラーはシングルファンの空冷式で、Ryzen5 3500に付属しているリテールクーラーと思われます。

モンハンワールドなどの重いゲームを動かすとCPU温度が70度を超えるので、冷却性能は普通レベル。

筆者としては別のCPUクーラーを変えたいところですが、記事執筆時点ではカスタマイズに非対応。

グラフィックカード

グラフィックカード

グラフィックカードはドスパラではおなじみのPalit製。

シングルファンでコンパクトなモデルです。

ファンの回転音は少し大きめに感じました。

メモリ

メモリ

メモリはヒートシンク非搭載のシンプルなものが2枚(8GB×2)刺さっています。

ゲームがメインなら16GBでまったく問題ありませんが、+18,700円(税別)で32GBに増設も可能。

16GBから8GBに減らすこともできますが、おすすめはしません。

ストレージ

ストレージ

ストレージはNVMe M.2 SSDを搭載。

「512GBでは容量が足らないかも・・・」

と心配な方は予算に合わせてストレージをカスタマイズしましょう。

ストレージマウント

マザーボードの背面には2.5インチのストレージを2台搭載可能です。

電源

電源はケースに隠れていて姿が見えませんが、500W(80PLUS BRONZE)の静音タイプが搭載されています。

NVIDIAの公式サイトによると、GTX1660 SUPERの推奨電源は450Wなので必要十分なスペック。

電源はパソコンにとっての心臓部なので、予算に余裕がある方は+13,300円(税別)で700W(80PLUS PLATINUM)へのカスタマイズがおすすめ。

値段は高くなりますが、性能の高さで評判のSeasonic製電源も選べます。

GALLERIA RM5R-G60Sのベンチマーク

GALLERIA RM5R-G60S

ここからはGALLERIA RM5R-G60Sの性能を、各種ベンチマークソフトを使用して数値化していきます。

まずはパソコンの総合的な性能をチェックするPC Mark10を試したところ、5,766というなかなかのスコアが出ました。

PC Mark10

ゲームはもちろん、ExcelやWordなどの事務作業、各種クリエイティブ用途もサクサクこなせるスペックです。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

CINEBENCH

R15
R15
R20
R20

CINEBENCHでCPUの性能をチェックしてみたところ、「R15」は1,013cb、「R20」は2,555cbという結果でした。

主なCPUとR15のスコアを比較してみると以下の通り。

CINEBENCH R15 スコア比較
Ryzen5 3600X
1,595
Ryzen5 3500
1,013
Core i5-9400
982
Core i5-9300H
868

Intelの同クラスCPUと比べると、Core i5とCore i7の中間といったところ。

同じRyzen5でも、3500と3600Xではスコアに大きな差があります。

Fire Strike

Fire Strike

3DMarkのFire Strikeは13,318と順当なスコアでした。

主なグラフィックカードとスコアを比較すると以下の通り。

Fire Strike スコア比較
RTX2060
15,149
GTX1660 SUPER
13,318
GTX1650 SUPER
10,392
GTX1650
8,440

フルHDモニターなら、ほとんどのゲームを高画質かつ高フレームレートで動かせるスコアです。

VR Mark

VR Markの各種スコアはご覧の通り。

Orange Room
Orange Room
Cyan Room
Cyan Room
Blue Room
Blue Room

特別重たいVRゲームでなければ快適に動かせるでしょう。

VRゲームで遊ぶには、別売りのヘッドマウントディスプレイが必要です。

Steam VRパフォーマンステスト

Steam VRパフォーマンステスト

Steam VRパフォーマンステストも最高スコアのレディをたたき出しました。

Crystal Disk Mark

CrystalDiskMarkでストレージ(NVMe M.2 SSD)の転送速度をチェックしました。

CrystalDiskMark

読み込みは約3,400MB/sと素晴らしいスコアです。

書き込みは若干速度が落ちますが、実用上はまったく問題ありません。

一般的なSSD(SATA)やHDDと平均的な転送速度を比較すると、以下の通り。

ストレージの転送速度
NVMe M.2 SSD
(Gen4)
5,000
NVMe M.2 SSD
3,000
SSD(SATA)
550
HDD
120

NVMe M.2 SSD(Gen4)は、今のところ第3世代のRyzenとX570チップセットのマザーボードの組み合わせという限られた環境下でしか使えません。

オンラインゲーム

有名オンラインゲームのベンチマークソフトも走らせました。

重量級ゲームのFF15は高品質(最高画質)で「快適」という結果でした。

場面によっては多少重く感じるかもしれませんが、おおむねスムーズに動かせるでしょう。

FF14やドラクエXはグラフィックが軽いため、最高画質でサクサク動かせます。

FF15

FF15ベンチマーク結果
高品質6060(快適)
標準品質8236(快適)
軽量品質10418(とても快適)

FF14 漆黒の反逆者

FF14のベンチ-マーク
最高品質11705(非常に快適)

ドラゴンクエストX

DQ10ベンチマーク結果
最高品質17704(すごく快適)

PCゲームのフレームレート検証

GALLERIA RM5R-G60S

ここからは実際にパソコンゲームを最高画質で動かして、どれくらいのフレームレートが出たかご紹介します。

フレームレートの抽出にはMSIのAfterburnerとGeForce Experienceを使用。

まずはフォートナイトをフルHDモニターでプレイして、最高画質~低画質でフレームレートがどれくらい変化するかチェックしました。

フォートナイトの平均フレームレート
最高画質
86fps
高画質
118fps
中画質
182fps
低画質
213fps

場所や状況によって変動するものの、最高画質でおおむね90前後のフレームレートを出せます。

低画質まで落とすと200を超えますが、グラフィックが粗くなるため積極的にはおすすめしません。

画質とフレームレートのバランスを考えて調整しましょう。

そのほかの人気ゲームを最高画質でプレイした結果は以下の通り。

最高画質での平均フレームレート
Apex Legends96fps
PUBG64fps
VALORANT142fps
Rainbow Six Siege180fps
Battlefield V78fps
CoD:MW122fps
モンハンワールド:アイスボーン46fps
SEKIRO60fps
ストリートファイターV60fps
League of Legends140fps
Fall Guys144fps

グラフィックが激重なモンハンワールド以外、今回プレイしたゲームはすべて60以上のフレームレートを出せました。

モンハンワールドは60を下回るものの、PS4のフレームレートが30前後なのでプレイに違和感はありません。

VALORANTのような軽めのゲームなら、最高画質で144前後のフレームレートをキープできるので非常に快適。

Apex LegendsやPUBGは100を下回りましたが、グラフィック設定を工夫すれば100以上で安定させられます。

動画でもご覧いただくと、よりわかりやすいです。

格闘ゲームやSEKIROなどの一部ゲームは、仕様上フレームレートが60以上にあがりません。

ゲーム実況の動画配信

ゲーム実況の動画配信

ゲーム実況をTwitchでスムーズに配信できるかも検証しました。

配信ソフトは無料で使えるOBS(Open Broadcaster Software)を使用、配信と同時に録画も実施です。

MHWの配信
Apex Legendsの配信

モンハンワールドは中画質まで落として試したところ、1080pかつ60fpsでスムーズに配信・録画できました。

最高画質のまま配信するのは厳しいです。

Apex Legendsは中画質程度までグラフィック設定を落としても、カクつきやコマ落ちが発生。

OBSの出力解像度を1,280×720まで落として、どうにか配信できました。

OBSの設定

最高画質のまま高フレームレートを維持しつつ、高画質で配信・録画するにはさすがにパワー不足。

ゲームに合わせて配信設定を工夫する必要があります。

スマホゲームなども配信可能

PUBG MOBILEの配信

キャプチャーボードをつないでスマホゲームの配信も試してみました。

iPhone8でPUBG MOBILEの配信を試したところ、1080pかつ60fpsでスムーズに配信&録画できました。

スマホゲームやコンソール機の配信なら、とくに設定をいじる必要はなさそうです。

クリエイティブ用途の動作検証

GALLERIA RM5R-G60S

続いて動画や写真の編集など、クリエイティブ用途でも快適に使えるかを検証しました。

Premiere Proで動画編集

Premiere Proで動画編集

まずはAdobeのPremiere ProでYoutube動画の編集を試しました。

RyzenはPremiere Proと相性が良くないと言われることもありますが、とくに違和感を感じることもなく快適に動かせました。

メモリも16GB搭載されているため、動画編集用パソコンとしても十分活躍します。

After Effectsでがっつり演出を作りこんだり、4K動画の編集も視野に入れているなら、メモリ32GBへの増設を考えてみてください。

4K動画の書き出し

参考までに、4K動画の書き出し時間を計測しました。

検証のために用意したのは、GoPro HERO7 Blackで撮影した4K 60fpsの動画データ。

書き出し条件とかかった時間は以下の通り。

H.264(Youtube 1080p FHD)5:13
H.264(Youtube 2160p 4K UHD)5:41

一般的な薄型ノートパソコンだと書き出しに40分以上かかることもザラなので爆速です。

動画編集用マシンとして使うにはストレージ容量が少々心配なので、予算に合わせてカスタマイズをおすすめします。

LightroomでRAW現像

LightroomでRAW現像

デジカメで撮影したRAWデータの書き出し速度もチェックしてみました。

有効画素数3,635万のニコンD810で撮影したRAWデータ100枚をLightroomで書き出したところ、かかった時間は2分34秒。

主なCPUと結果を比較したグラフはこちら。

CPU別 RAW現像の処理速度
Core i9-9900K
1:55
Core i7-9700K
2:08
Ryzen5 3500
2:34
Core i7-8700
2:35

第8世代のCore i7-8700と同程度の書き出し速度でした。

世代が異なるとはいえ、かつてのハイクラスCPUに肩を並べる性能です。

Lightroomの書き出し条件は以下で統一しています。

Lightroomの書き出し条件
画像形式JPEG
画質100
カラースペースsRGB
画像のサイズ未調整(撮影データそのまま)
解像度350
メタデータすべてのメタデータ
(人物情報や撮影場所の情報は削除)

手の届きやすい高コスパマシン

GALLERIA RM5R-G60S

最後にもう一度GALLERIA RM5R-G60Sの特徴をおさらいします。

約11万円で買える鬼コスパマシン

最高画質でスムーズに動かせる

適切に設定すれば動画配信も可

LEDライティング搭載のケース

モニターの接続端子が最小限

コンパクトな筐体ながら、幅広いゲームを最高画質で快適にプレイできるゲーミングPCです。

各種設定を適切に調整すれば高フレームレートも目指せますし、ゲーム実況の動画配信も可能。

約11万円でこれだけの性能が手に入るのは、素晴らしいコスパです。

記事執筆時点では48回まで分割手数料が無料で、翌日出荷という超スピード納品に対応しているのもポイント。

10万円前後で買えるゲーミングPCを探している方は、GALLERIA RM5R-G60Sを候補に入れてみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。