レビュー

Core i7-12700KとRTX 3060 Tiのベンチマーク|DDR5メモリ使用

Core i7-12700KとRTX 3060 Tiのベンチマーク

Core i7-12700KとRTX 3060 Tiの組み合わせで人気ゲームをどこまで快適にプレイできるのか検証しました。

20万円前後で買えるゲーミングPCの性能が気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

検証用PCのスペックや概要

RTX 3060 Ti

今回、検証のために用意した環境は以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-12700K
GPUGeForce RTX 3060 Ti
メモリDDR5-4800 32GB(16GB×2)
ストレージ1.5TB M.2 SSD
電源1200W(80PLUS PLATINUM)

メモリはKingstonのFURY Beast DDR5-5200を使用し、BIOSで4,800MHzに設定しています。

容量は32GB(16GB×2)積んでいますが、ゲーム用途なら基本的に16GB(8GB×2)あれば十分です。

必要以上にメモリを増やしても、ゲームのフレームレートにはほとんど影響しません。

CPUとGPUの細かい情報を知りたい方は、こちらをご覧ください。

CPU-Z
CPU-Z
GPU-Z
GPU-Z

グラボはMSIのGeForce RTX 3060 Ti GAMING X TRIOを使用。

電源は1,200Wを使用していますが、NVIDIAの公式サイトによるとRTX 3060 Ti搭載PCの推奨電源は600Wとなっています。

ほかのCPUの検証結果

下位モデルになりますが、Core i5-12600KやCore i5-12400F、Ryzen 5 5600XでもRTX 3060 Tiの性能を検証しています。

計測時期にズレがあるため、ドライバのバージョンやゲームのシーズンなどはそれぞれ異なりますが、よろしければあわせてご覧ください。

Core i5-12600K
Core i5-12600K

検証結果を見る

Core i5-12400F
Core i5-12400F

検証結果を見る

Ryzen 5 5600X
Ryzen 5 5600X

検証結果を見る

RTX 3070の検証結果

Core i7-12700KとRTX 3070のベンチマーク

Core i7-12700KとRTX 3070の組み合わせ(DDR4-3200メモリ使用)で検証した結果もまとめています。

CINEBENCH R23などの重複するベンチマーク結果は省いているため、以下の記事もあわせてご覧いただくとよりわかりやすいです。

Core i7-12700KとRTX 3070のベンチマーク
Core i7-12700KとRTX 3070のベンチマーク|DDR4-3200メモリ使用Core i7-12700Kを購入したので、RTX 3070と組み合わせて人気ゲームをどこまで快適にプレイできるのか検証しました。 ...

定番ベンチマークのスコア

Core i7-12700K

ここからは定番のベンチマークソフトのスコアをご紹介します。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

3D Markのスコア

3D Mark

まずは超定番、3D Markの各種ベンチマークを試した結果がこちら。

Time Spy

Time Spyのスコア比較
RTX 3080
Core i7-12700K
16,941
RTX 3070
Core i7-12700K
14,029
RTX 3060 Ti
Core i7-12700K
12,310
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
11,469
RTX 3060
Core i5-12400F
8,999

Core i5-12400FはDDR4-3200メモリ(8×2)で計測しています。

筆者の経験上、ゲーム性能という点でDDR5とDDR4に体感できるほどの差はありません。

Fire Strike

Fire Strikeのスコア比較
RTX 3080
Core i7-12700K
33,348
RTX 3070
Core i7-12700K
29,572
RTX 3060 Ti
Core i7-12700K
26,471
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
24,373
RTX 3060
Core i5-12400F
20,438

Fire Strikeも順当なスコアといえそうです。

Port Royal

Port Royalのスコア比較
RTX 3080
Core i7-12700K
11,016
RTX 3070
Core i7-12700K
8,288
RTX 3060 Ti
Core i7-12700K
6,940
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
6,971
RTX 3060
Core i5-12400F
5,224

レイトレーシングの性能をチェックするPort Royalは、Core i5のスコアとほとんど変わらず。

これは筆者の推測ですが、レイトレーシングの処理はGPUに依存する要素が大きく、CPUの性能は影響しづらいものと思われます。

定番ベンチマークのスコア

FF15FF15とFF14(暁月のフィナーレ)のベンチマークソフトを、それぞれフルHDの最高設定で走らせました。

FF15

FF15(フルHD、高品質)のスコア比較
RTX 3080
Core i7-12700K
15,727
RTX 3070
Core i7-12700K
13,302
RTX 3060 Ti
Core i7-12700K
11,515
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
11,509
RTX 3060
Core i5-12400F
9,184

ベンチマーク結果としては「とても快適」で、「非常に快適」には一歩届かず。

数年前に発売されたゲームですが、いまだにトップレベルの重さです。

FF14 暁月のフィナーレ

FF14(フルHD、最高品質)のスコア比較
RTX 3080
Core i7-12700K
28,253
RTX 3070
Core i7-12700K
26,038
RTX 3060 Ti
Core i7-12700K
24,806
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
23,743
RTX 3060
Core i5-12400F
20,896

FF14はグラフィックがそこまで重くないため、「非常に快適」でした。

人気ゲームのフレームレート

ここからは実際に人気ゲームをプレイして、フレームレートの平均値を算出しました。

今回検証したのは以下の通り。

  1. フォートナイト
  2. Apex Legends
  3. VALORANT
  4. Rainbow Six Siege
  5. モンスターハンターライズ

それぞれ順にご紹介します。

フォートナイト

フォートナイトはリプレイ機能を使用し、撃ち合い中のシーンを含む、同一場面の平均フレームレートを計測。

フォートナイト(FHD 最高画質)の比較
RTX 3080
Core i7-12700K
155
RTX 3070
Core i7-12700K
137
RTX 3060 Ti
Core i7-12700K
121
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
118
RTX 3060
Core i5-12400F
103

レンダリングモード「DirectX 11」の最高画質では平均144に届かず。

とはいえ十分快適にプレイできます。

フォートナイト(FHD 競技設定 DX11)の比較
RTX 3080
Core i7-12700K
307
RTX 3070
Core i7-12700K
300
RTX 3060 Ti
Core i7-12700K
273
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
233
RTX 3060
Core i5-12400F
211

3D解像度と描画距離だけ最大に設定した競技設定では、平均240を超えました。

フォートナイトはCPU依存が高く、グラボが同じでもCPUのちがいでフレームレートが変動します。

フォートナイト(FHD 競技設定 PFmode)の比較
RTX 3080
Core i7-12700K
439
RTX 3070
Core i7-12700K
440
RTX 3060 Ti
Core i7-12700K
412
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
343
RTX 3060
Core i5-12400F
326

レンダリングモードを「パフォーマンス」に変えると、Core i7-12700KとCore i5-12400Fの差がより顕著に現れました。

Core i5-12400Fも非常に優秀なCPUですが、フレームレートの高さにこだわるなら、より強いCPUを選んだほうが良いでしょう。

フォートナイトは場面によってフレームレートが大きく変動するため、計測タイミングによって平均値も変わります。

Apex Legends

Apex Legendsはカジュアルマッチを実際にプレイ。

近接での撃ち合いシーンを含めた、5分間の平均フレームレートを計測した結果です。

Apex Legends(FHD 最高画質)の比較
RTX 3080
Core i7-12700K
229
RTX 3070
Core i7-12700K
178
RTX 3060 Ti
Core i7-12700K
142
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
152
RTX 3060
Core i5-12400F
135

このゲームはフォートナイトほどCPUの影響を受けないため、計測タイミングによってはCore i5-12400Fに負けることもあります。

Apex Legends(FHD 低画質)の比較
RTX 3080
Core i7-12700K
289
RTX 3070
Core i7-12700K
248
RTX 3060 Ti
Core i7-12700K
230
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
222
RTX 3060
Core i5-12400F
183

画質を落としても平均240には少し届かないといったところ。

とはいえ非戦闘中であれば300近くまでフレームレートが伸びることもありますし、サクサク快適にプレイできます。

VALORANT

VALORANTはプラクティスのスパイク解除モードで検証。

VALORANT(FHD 最高画質)の比較
RTX 3080
Core i7-12700K
592
RTX 3070
Core i7-12700K
583
RTX 3060 Ti
Core i7-12700K
586
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
413
RTX 3060
Core i5-12400F
402

このゲームはCPUの影響を受けやすく、Core i5-12400Fとは大きな差が出ました。

スパイクラッシュを実際にプレイしてみたところ、平均フレームレートは360前後で安定。

プロを目指すような方でも納得できる性能といえそうです。

Rainbow Six Siege

レインボーシックスシージはベンチマークモードで検証した結果です。

Rainbow Six Siege(FHD 最高画質)の比較
RTX 3080
Core i7-12700K
546
RTX 3070
Core i7-12700K
528
RTX 3060 Ti
Core i7-12700K
511
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
433
RTX 3060
Core i5-12400F
411

VALORANTと同じく、Core i5-12400Fとは差が開きました。

実際のマッチではもう少しフレームレートが落ちます。

モンスターハンターライズ

モンハンライズは集会所のアケノシルム討伐クエスト(下位)を実際にプレイ。

接敵してからの平均値を計測した結果です。

モンスターハンターライズ(FHD 最高画質)の比較
RTX 3080
Core i7-12700K
204
RTX 3070
Core i7-12700K
195
RTX 3060 Ti
Core i7-12700K
171
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
172
RTX 3060
Core i5-12400F
168

最高画質でヌルヌル快適にプレイできます。

アクション系のゲームは平均60をキープできれば良いため、高いフレームレートを出してもあまり意味はありません。

レイトレーシング性能

レイトレーシング対応ゲームの平均フレームレートも検証しました。

今回検証したのは以下の通り。

  1. WATCH DOGS LEGION
  2. FARCRY6

順にご紹介します。

WATCH DOGS LEGION

WATCH DOGS LEGIONは最高画質でベンチマークモードを走らせた結果です。

WATCH DOGS LEGION(DXR OFF)
RTX 3080
Core i7-12700K
110
RTX 3070
Core i7-12700K
89
RTX 3060 Ti
Core i7-12700K
82
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
80
RTX 3060
Core i5-12400F
64

グラフィックが非常に重いゲームですが、DXR(レイトレ)OFFなら最高画質で快適にプレイできます。

WATCH DOGS LEGION(DXR ON)
RTX 3080
Core i7-12700K
89
RTX 3070
Core i7-12700K
63
RTX 3060 Ti
Core i7-12700K
60
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
62
RTX 3060
Core i5-12400F
52

DXR ONでは若干フレームレートが落ちるものの、ギリギリ平均60をキープ。

場面によっては重くなるかもしれませんが、おおむね快適に動かせるでしょう。

FARCRY6

FARCRY6もベンチマークモードで計測しました。

FARCRY6(DXR OFF)
RTX 3080
Core i7-12700K
135
RTX 3070
Core i7-12700K
122
RTX 3060 Ti
Core i7-12700K
128
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
110
RTX 3060
Core i5-12400F
93

RTX 3070よりスコアが出ているのは、誤差の範囲と考えてよさそうです。

FARCRY6(DXR ON)
RTX 3080
Core i7-12700K
117
RTX 3070
Core i7-12700K
110
RTX 3060 Ti
Core i7-12700K
114
RTX 3060 Ti
Core i5-12400F
84
RTX 3060
Core i5-12400F
76

DXR ONでも平均100以上と素晴らしいスコアです。

ゲーム実況・ライブ配信

Twitchでスムーズに配信できるかも検証しました。

配信ソフトは無料で使えるOBS(Open Broadcaster Software)を使用し、配信と同時に録画も実施します。

Apex Legendsの配信を試したところ、以下の設定でスムーズにライブ配信ができました。

OBSのおすすめ設定
ゲームの画質最高
出力解像度1080p(1,920×1,080)
FPS共通値60
映像ビットレート6,000 Kbps
配信エンコーダハードウェア(NVENC)
音声ビットレート128
録画品質高品質、ファイルサイズ中
録画フォーマットmkv
配信後にmp4へ再多重化
録画エンコーダハードウェア(NVENC)

CPUとGPUがとても優秀なため、ゲームの画質を落とすことなく配信&録画が可能です。

画質にこだわりたいなら、ソフトウェアエンコードに変えてみても良いでしょう。

配信するゲームによってPCの負荷は変わるため、その都度最適な設定を見つけてください。

アバター表示でも配信が可能

アバター表示の例

FaceRigを使用してアバターを表示させながら配信を試したところ、こちらもトラブルなく配信・録画ができました。

FaceRigはGPUの負担が大きいため、ゲームの画質は最低まで落とし、録画のエンコードはソフトウェア(CPU)に設定しています。

Webカメラなどの配信機材を整えれば、PC1台でVTuberとしてゲーム実況の配信も可能です。

アバターを表示するソフトや配信するゲームによってPCの負荷は変わります。

おすすめのゲーミングPC

RTX 3060 Ti

Core i7-12700またはCore i7-12700Kと、RTX 3060 Tiを搭載したゲーミングPCは各メーカーで販売中。

コスパがよさそうな順に数台ピックアップしました。

価格や仕様は時期によって変動するため、最新情報は各メーカーの公式サイトでご確認ください。

Dell

XPS デスクトップ プラチナ

今回調べた限り、もっとも安く買えるのはDellのXPS デスクトップ プラチナ。

OSWindows 11 Home
CPUCore i7-12700
GPUGeForce RTX 3060 Ti
メモリDDR5-4400 16GB(8GB×2)
ストレージ512GB M.2 SSD
1TB HDD
電源460W (80PLUS BRONZE)
販売価格198,735円(税・送料込)

ゲーミングPCではないものの、基本スペックだけ見ると激安です。

ただし電源が460Wとなっており、CPUとGPUの実力を限界まで引き出せるかは少々不安が残ります。

無線LANや光学ドライブも標準搭載しており、記事執筆時点では納期も数日と非常に速く、非常に魅力的ではあるのですが。

フロンティア

フロンティアのセール品

続いてはフロンティアのセールに登場していたこちら。

OSWindows 11 Home
CPUCore i7-12700F
GPUGeForce RTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GB(8GB×2)
ストレージ1TB M.2 SSD
電源850W(80PLUS GOLD)
販売価格204,800円(税・送料別)

CPUは内蔵GPUを持たない「F」つきで、ケースがやや地味という点が弱点でしょうか。

とはいえ電源は850Wと余裕がありますし、マザーボードはH670チップセットを採用。

総合的なコストパフォーマンスという点では、もっともバランスの良い1台といえそうです。

フロンティアのセールは毎週ラインナップ・価格が変わるため、最新情報は必ず公式サイトで確認してください。

ツクモ

G-GEAR GA7J-E221/B

ツクモにもお得な即納モデルがありました。

OSWindows 10 Home
CPUCore i7-12700
GPUGeForce RTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 32GB(16GB×2)
ストレージ1TB M.2 SSD Gen4
電源750W(80PLUS GOLD)
販売価格222,180円(税・送料別)

マザーボードはASRock B660 PRO RSで光学ドライブも標準搭載し、ストレージはCrucial P5 Plus(読込6,600MB/s, 書込5,000MB/s)と強力。

なぜかCPUクーラーに関する記載が見当たらず、ネットショップ限定の完成品即納モデルのためカスタマイズ非対応ですが、とても魅力的なパーツ構成です。

記事執筆時点(6/8)で「残り9個」となっていたため、売り切れの際はご容赦ください。

カスタマイズに対応した通常モデルは在庫に余裕があると思われます。

パソコン工房

LEVEL-C066-LC127-SAX

続いてはパソコン工房で販売中のコンパクトケース(Mini-ITX)を採用したモデル。

OSWindows 11 Home
CPUCore i7-12700
GPUGeForce RTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GB(8GB×2)
ストレージ500GB M.2 SSD
電源700W(80PLUS BRONZE)
販売価格227,180円(税・送料込)

マザーボードはB660チップセットを採用し、120mmラジエーターの簡易水冷CPUクーラーを標準搭載。

Mini-ITXは拡張性に欠けるものの、部屋の中で邪魔になりにくいコンパクトさは大きな魅力です。

排熱周りが気になる方は、ミドルタワー(ATX)を採用したモデルを選んだほうが良いでしょう。(値段は少し高くなりますが)

ドスパラ

GALLERIA XA7C-R36T

こちらはドスパラで人気のGALLERIA XA7C-R36T。

OSWindows 11 Home
CPUCore i7-12700
GPUGeForce RTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GB(8GB×2)
ストレージ1TB M.2 SSD
電源650W(80PLUS BRONZE)
販売価格243,280円(税・送料別)

GALLERIAはRGBライティングを標準搭載したケースが魅力。

記事執筆時点では翌日出荷という超スピード納品にも対応しており、すぐにゲーミングPCが欲しい方におすすめ。

CPUクーラーは空冷タイプで、マザーボードはH670チップセットを採用しています。

マウスコンピューター

G-Tune EN-Z-3060Ti

最後はマウスコンピューターが販売するG-Tune EN-Z-3060Ti。

OSWindows 11 Home
CPUCore i7-12700KF
GPUGeForce RTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GB(8GB×2)
ストレージ512GB M.2 SSD
2TB HDD
電源850W(80PLUS GOLD)
販売価格263,100円(税・送料別)

今回ピックアップした中ではもっとも高額ですが、「K」つきCPUに加え、無線LANも標準搭載。

CPUクーラーは240mmラジエーターの簡易水冷で、マザーボードはZ690チップセットを採用、ストレージも合計2.5TBとたっぷり。

搭載パーツを見ていくと、価格が高めなのも納得です。

G-Tuneの標準ケースはほとんど光らず、ゲームに集中したい方におすすめです。

配信も楽々こなせる万能マシン

RTX 3060 Ti

RTX 3060 TiはRTX 2080 Ti(前世代のハイエンドモデル)と同等レベルの実力があるため、フルHDならほとんどのゲームをサクサク動かせます。

Core i5-12400でも快適にプレイできますが、配信や動画編集など、ゲーム以外の用途でもPCをフル活用するなら、Core i7を選んだほうが良いでしょう。

11世代以前のCore i5だと、RTX 3060 Tiのポテンシャルを最大限に引き出せないため(ボトルネックが発生する)、選ぶときは注意が必要です。

予算と用途に合ったPCを選んでください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。