レビュー

Core i7-11700KとRTX 3070のベンチマーク

Core i7-11700KとRTX 3070

Core i7-11700Kを購入したので、RTX 3070の組み合わせで、人気ゲームをどこまで快適にプレイできるのか検証しました。

ハイスペックなゲーミングPCを探している方は、ぜひ参考にしてください。

検証用PCのスペックや概要

検証用PC

今回、検証のために用意した環境は以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-11700K
GPUGeForce RTX 3070
メモリ64GB(16GB×2)
ストレージ1TB M.2 SSD(Gen4)
電源1200W(80PLUS PLATINUM)

メモリは64GBとしていますが、ゲーム用途なら16GB(8GB×2)で十分です。

必要以上にメモリを増やしても、ゲームのフレームレートには影響しません。

電源が1200Wとなっているのも手持ちの電源がこれしかなかっただけで、NVIDIAの公式サイトによると、RTX 3070搭載PCの推奨電源は650Wとなっています。

RTX 3070単体のレビューは別途まとめているので、こちらも合わせてご覧いただくと、CPUによるスコアの変化がわかりやすいです。

GeForce RTX3070
GeForce RTX3070レビュー|RTX2080の性能を超える高コスパグラボPalitのRTX3070 GamingPro OC 8GBを購入しました。 このページでは、定番のベンチマークソフトや各種ゲーム...

定番ベンチマークのスコア

GeForce RTX3070

ここからは定番のベンチマークソフトのスコアをご紹介します。

まずはパソコンの総合的な性能をチェックするPC Mark10を試した結果がこちら。

PC Mark10

総合スコアが7,000後半というのは、なかなかのハイスコア。

とくに「Digital Content Creation」は一般的なノートPCだと4,000前後しか出ないことが多く、12,000越えはすさまじいです。

ゲームはもちろん、ExcelやWordなどの事務作業、各種クリエイティブ用途でも十分活躍します。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20

主なCPUをCINEBENCH R20のスコアで比較してみると以下の通り。

CINEBENCH R20 スコア比較
Core i9-10900K
6,377
Ryzen 7 5800X
5,961
Core i7-11700K
5,648
Ryzen 7 3700X
4,819
Core i7-10700
4,676

前世代のCore i7-10700と比べると約120%のスコアアップですが、ライバルであるRyzen 7 5800Xには一歩届かず。

ベンチマークのスコアがすべてではないとはいえ、ここ数年はAMD優位の時代が続いています。

Fire Strike

Fire Strike

3DMarkのFire Strikeを試した結果がこちら。

Fire Strike スコア比較
RTX 3080
(Ryzen 7 5800X)
33,875
RTX 3080
(Core i9-10900K)
29,750
RTX 3070
26,828
RTX 2080 Ti
24,352
RTX 3060 Ti
24,173

当サイトで計測してきたRTX 3070のスコアとしては、もっとも高いスコアです。

Core i9-9900Kで検証したときより若干伸びています。

VR Mark

VR Markの各種スコアはご覧の通り。

Orange Room
Orange Room
Cyan Room
Cyan Room
Blue Room
Blue Room

VRヘッドマウントディスプレイがあれば、グラフィックの重いVRゲームも快適にプレイできるスコアです。

筆者が所持しているOculus Quest 2が修理中のため、VRゲームでの動作検証ができていません。

オンラインゲーム

定番ベンチマークソフトを、それぞれフルHD解像度の設定で走らせました。

重量級ゲームのFF15は高品質で「とても快適」という結果に。

グラフィックの重いゲームも、フルHDなら快適にプレイできるでしょう。

FF14とドラクエXはグラフィックが軽いので、最高画質でサックサクです。

FF15

FF15ベンチマーク結果
高品質11826(とても快適)
標準品質15841(非常に快適)
軽量品質19433(非常に快適)

FF14 漆黒の反逆者

FF14のベンチ-マーク
最高品質20990(非常に快適)

ドラゴンクエストX

DQ10ベンチマーク結果
最高品質22710(すごく快適)

PCゲームのフレームレート検証

検証用PC

ここからは実際にパソコンゲームをフルHD解像度で動かして、どれくらいのフレームレートが出たかご紹介します。

フレームレートの抽出にはCapFrameXとMSIのAfterburnerを使用。

動画にもまとめているので、あわせてご覧いただくとよりわかりやすいです。

まずは「3D解像度」のみ100%に設定した低画質でフォートナイトを動かした結果がこちら。

フォートナイト(低画質)平均フレームレート
RTX 3080
(Core i7-11700K)
382
RTX 3070
(Core i7-11700K)
365
RTX 3060
(Core i7-11700K)
335
RTX 3060
(Core i5-10400F)
212

フォートナイトはCPUの影響を受けやすいゲームということもありますが、想像以上にフレームレートが伸びました。

記事執筆時点では360Hz以上に対応したゲーミングモニターは存在しませんし、十分すぎる結果です。

フォートナイトを低画質で動かすという点だけで言えば、RTX 3080は不要と言っても問題ないでしょう。

Apex Legends(低画質)平均フレームレート
RTX 3080
(Core i7-11700K)
246
RTX 3070
(Core i7-11700K)
225
RTX 3060
(Core i7-11700K)
210
RTX 3060
(Core i5-10400F)
180

Apex Legendsもフレームレートは伸びていますが、フォートナイトほどの大きな伸びはありません。

フレームレートの上限が300ということもあり、平均値は少し低めに出ています。

そのほかの人気ゲームはすべて最高画質でプレイして、平均値を算出しました。

最高画質での平均フレームレート
VALORANT364fps
Rainbow Six Siege320fps
Death Stranding152fps

VALORANTやレインボーシックスシージのような軽めのゲームなら、最高画質のままで常時300以上をキープ可能。

Death Strandingのようなグラフィックの重いアクションゲームも、常時144以上で安定しました。

レイトレーシング性能

続いてレイトレーシング(DXR)に対応したゲームの平均フレームレートをチェックしました。

解像度はフルHD、ゲームのグラフィック設定はすべて最高に設定しています。

CoD:BOCW
DXR ON122fps
DXR OFF198fps
WATCH DOGS LEGION
DXR ON48fps
DXR OFF86fps
Cyberpunk 2077
DXR ON66fps
DXR OFF84fps

CoD:BOCWのDXRは見た目がほんのり変わる程度なので、基本的にはOFFを推奨します。

シングルプレイのモードをじっくり楽しむなら、DXRをONにしてもよいでしょう。

WATCH DOGS LEGIONとCyberpunk 2077はグラフィックは極めて重いですが、DXR ONの状態でもおおむね快適にプレイできます。

Core i7-11700KとRTX 3070なら、重量級ゲームも最高画質で快適にプレイ可能です。

高解像度モニターでの検証

WQHD(2,560×1,440)と4K(3,840×2,160)でも快適にゲームを動かせるかを検証しました。

DLSS(Deep Learning Super Sampling)をONに設定し、最高画質で検証した結果がこちら。

Death Stranding
4K134fps
WQHD150fps
Cyberpunk 2077
4K34fps
WQHD58fps

Cyberpunk 2077はDXRもONの状態で検証した結果です。

Death Strandingは4Kでも快適に動かせましたが、Cyberpunk 2077を4Kの最高画質で動かすのは少々しんどいです。

4Kで最新ゲームをサクサク動かしたいなら、RTX 3080以上のグラボが必要ということでしょう。

ゲーム実況のライブ配信

ゲーム実況をTwitchでスムーズに配信できるかも検証しました。

配信ソフトは無料で使えるOBS(Open Broadcaster Software)を使用、配信と同時に録画も実施します。

Apex Legendsの配信

Apex Legendsの配信を試したところ、以下の設定でスムーズに配信ができました。

OBSのおすすめ設定
ゲームの画質低~中
出力解像度1080p(1,920×1,080)
FPS共通値60
映像ビットレート6,000 Kbps
配信エンコーダハードウェア(NVENC)
音声ビットレート128
高度なエンコーダ設定Quality
録画品質高品質、ファイルサイズ中
録画フォーマットmkv
配信後にmp4へ再多重化
録画エンコーダハードウェア(NVENC)

最高画質のままでも配信は可能ですが、たまにカクつきが発生するため、画質を少し落としたほうが安定します。

配信中はCPU使用率に余裕があるため、録画エンコードはソフトウェア(x264)に変えても問題ありません。

配信するゲームによってCPUやGPUの負荷は変わるので、その都度最適な設定を見つける必要があります。

スマホゲームも余裕で配信可能

PUBG MOBILEの配信

キャプチャーボードをつないでスマホゲームの配信も試してみました。

iPhone8でPUBG MOBILEの配信を試したところ、こちらも1080pかつ60fpsでスムーズに配信&録画できました。

スマホゲームやコンソール機の配信がメインなら、もっとスペックの低いPCでも十分快適です。

激安パソコンでライブ配信する方法
10万円以下の激安パソコンでゲーム実況をライブ配信する方法フォートナイトやApex Legendsなど、人気ゲームのライブ配信に挑戦したい! と考える方はとても多いですが、ゲーム実況の配信...

おすすめのBTOパソコン

ここからはCore i7-11700KとRTX 3070を搭載したBTOパソコンのおすすめモデルをご紹介します。

掲載している仕様および価格は記事執筆時点の情報なので、最新情報は各メーカーの公式サイトをご確認ください。

GALLERIA XA7C-R37

GALLERIA XA7C-R37

まずはドスパラの人気モデル、GALLERIA XA7C-R37。

Core i7-10700からCore i7-11700にアップデートされました。

主なスペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-11700
GPURTX 3070
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージ1TB NVMe SSD
セール価格233,280円(消費税・配送料込)

搭載されているCPUは「K」なしのCore i7-10700なので、このページでご紹介しているフレームレートから若干落ちると考えてください。

記事執筆時点では「3日で出荷」と、ほかのメーカーと比べて納期が速いのも魅力。

ケースにライティングパーツが標準搭載されているのも特徴です。

Core i7-10700搭載モデルのレビュー

GALLERIA XA7C-R37

CPUに第10世代のCore i7-10700を搭載したGALLERIA XA7C-R37の実機をお借りして、詳しくレビューしました。

CPUが11世代にアップデートして、全体的に性能が底上げされていると思われます。

気になる方はあわせてご覧ください。

GALLERIA XA7C-R37レビュー
GALLERIA XA7C-R37レビュー|ランキング1位の超人気モデルドスパラが販売するゲーミングPC、GALLERIA XA7C-R37をお借りしました。 おすすめゲームデスクのランキング1位(記事...

G-GEAR GA7J-F211/T

G-GEAR GA7J-F211/T

続いてご紹介するのはTSUKUMOが販売するG-GEAR。

主なスペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-11700
GPURTX 3070
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージ500GB NVMe SSD
セール価格230,500円(消費税・配送料込)

+11,000円でCore i7-11700Kにカスタマイズも可能。

ストレージが少なめなので、ゲームをたくさんインストールしたり、動画編集などの用途でも活用するなら注文時に増設しておきたいところ。

DVDスーパーマルチが標準搭載されているのも特徴です。

FRGXB560/B

FRGXB560/B

こちらはフロンティアが販売するGXシリーズ。

主なスペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-11700KF
GPURTX 3070
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージ1TB NVMe SSD
セール価格247,000円(消費税・配送料込)

「KF」とは内蔵GPUを持たないCPUのことで、Core i7-11700Kと性能に差はないのでご安心を。

ゲーミングPCは基本的にGPUを搭載しているので、内蔵GPUは必要ありません。

フロンティアは週替わり&月替わりのセールが大きな魅力。

タイミングさえよければ業界最安クラスで買えることもあります。

LEVEL-G059-LC117K-TAX

LEVEL-G059-LC117K-TAX

最後にご紹介するのは、パソコン工房が販売する最新モデル。

主なスペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-11700K
GPURTX 3070
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージ1TB NVMe SSD
セール価格244,178円(消費税・配送料込)

ストレージが1TBで、12cmラジエーターの水冷CPUクーラーも搭載されていることもあり、価格は少々高めです。

記事執筆時点では出荷予定が3~4週間と長めになっているので、早めにほしい方は要注意。

BTOメーカーの出荷予定は日々変動しているので、最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

これからの定番ハイスペック

Core i7-11700K

低画質のフォートナイトなら300以上のフレームレートを出せますし、ライブ配信も余裕でこなせるハイスペックマシンです。

ライバルであるRyzen 7 5800Xとはそこそこ大きな差があるように感じましたが、Core i7-11700KとRTX 3070の組み合わせは、これからの定番になっていくことでしょう。

ハイエンドモデルのCore i9-11900Kが気になる方も多いと思いますが、ほとんどの方にとってCore i7-11700Kで十分と思われます。

4Kで最新ゲームをヌルヌル動かすことに興味がなければ、グラボもRTX 3070でまったく問題ありません。

予算20万円くらいでゲーミングPCを探しているなら、Core i7-11700KとRTX 3070の組み合わせは、とてもおすすめです。

Core i5-11400FとRTX 3060のベンチマーク
Core i5-11400FとRTX 3060のベンチマークCore i5-11400Fを購入したので、RTX 3060の組み合わせで人気ゲームをどこまで快適にプレイできるのか検証しました。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。