レビュー

Core i7-12700KとRTX 3080のベンチマーク|DDR4-3200メモリ使用

Core i7-12700KとRTX 3080のベンチマーク

Core i7-12700Kを購入したので、RTX 3080と組み合わせて人気ゲームをどこまで快適にプレイできるのか検証しました。

Intelの最新世代CPUの性能が気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

検証用PCのスペックや概要

Core i7-12700KとRTX 3080

今回、検証のために用意した環境は以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-12700K
GPUGeForce RTX 3080
メモリDDR4-3200 32GB(16GB×2)
ストレージ1.5TB M.2 SSD
電源1200W(80PLUS PLATINUM)

メモリがDDR4なのは、DDR5メモリを買えなかったから。

容量は32GB(16GB×2)積んでいますが、ゲーム用途なら基本的に16GB(8GB×2)あれば十分です。

必要以上にメモリを増やしても、ゲームのフレームレートにはほとんど影響しません。

CPUとGPUの細かい情報を知りたい方は、こちらをご覧ください。

CPU-Z
CPU-Z
GPU-Z
GPU-Zの結果

グラボは玄人志向のGG-RTX3080-E10GB/TPを使用。

電源が1200Wとなっているのは手持ちの電源がこれしかなかっただけで、NVIDIAの公式サイトによると、RTX 3080搭載PCの推奨電源は750Wとなっています。

RTX 3070の検証結果

Core i7-12700KとRTX 3070のベンチマーク

Core i7-12700KとRTX 3070の組み合わせで検証した結果もまとめています。

CINEBENCH R23などの重複するベンチマーク結果は省いているため、以下の記事もあわせてご覧いただくとよりわかりやすいです。

Core i7-12700KとRTX 3070のベンチマーク
Core i7-12700KとRTX 3070のベンチマーク|DDR4-3200メモリ使用Core i7-12700Kを購入したので、RTX 3070と組み合わせて人気ゲームをどこまで快適にプレイできるのか検証しました。 ...

定番ベンチマークのスコア

Core i7-12700K

ここからは定番のベンチマークソフトのスコアをご紹介します。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

3D Markのスコア

3D Mark

まずは超定番の3D Markから、主要ベンチマークを試した結果がこちら。

Time Spy

Time Spyのスコア比較
RTX 3080
Core i7-12700K
16,861
RTX 3080
Core i7-11700K
15,367
RTX 3070
Core i7-12700K
14,041
RTX 3070
Core i7-11700K
13,054

CPUが変わっただけでスコアが1,000以上伸びました。

Fire Strike

Fire Strikeのスコア比較
RTX 3080
Core i7-12700K
33,869
RTX 3080
Core i7-11700K
29,826
RTX 3070
Core i7-12700K
29,189
RTX 3070
Core i7-11700K
26,740

Fire Strikeもスコアが大幅に伸びています。

Port Royal

Port Royalのスコア比較
RTX 3080
Core i7-12700K
11,120
RTX 3080
Core i7-11700K
10,999
RTX 3070
Core i7-12700K
8,392
RTX 3070
Core i7-11700K
8,299

レイトレーシングの性能をチェックするPort Royalは微増といったところ。

これは筆者の推測ですが、レイトレーシングの処理はGPUに依存する要素が大きく、CPUの性能は影響しづらいのかもしれません。

定番ベンチマークのスコア

FF15FF15とFF14(暁月のフィナーレ)のベンチマークソフトを、それぞれフルHDの最高設定で走らせました。

いずれも大幅にスコアが上がっています。

FF15

FF15(フルHD、高品質)のスコア比較
RTX 3080
Core i7-12700K
15,580
RTX 3080
Core i7-11700K
12,191
RTX 3070
Core i7-12700K
13,339
RTX 3070
Core i7-11700K
11,734

FF14 暁月のフィナーレ

FF14(フルHD、最高品質)のスコア比較
RTX 3080
Core i7-12700K
27,019
RTX 3080
Core i7-11700K
22,066
RTX 3070
Core i7-12700K
24,604
RTX 3070
Core i7-11700K
21,084

人気ゲームのフレームレート

フォートナイト

ここからは実際に人気ゲームをプレイして、フレームレートの平均値を算出しました。

今回検証したのは以下の通り。

  1. フォートナイト
  2. Apex Legends
  3. Call of Duty: Vanguard
  4. VALORANT
  5. Rainbow Six Siege
  6. モンスターハンターライズ

それぞれ順にご紹介します。

フォートナイト

フォートナイト(FHD 最高画質)の比較
RTX 3080
Core i7-12700K
162
RTX 3080
Core i7-11700K
155
RTX 3070
Core i7-12700K
142
RTX 3070
Core i7-11700K
151

フォートナイトはリプレイ機能を使用し、撃ち合い中のシーンを含む、同一場面の平均フレームレートを計測した結果です。

RTX 3080なら最高画質でも快適にプレイできます。

フォートナイト(FHD 低画質 DX11)の比較
RTX 3080
Core i7-12700K
370
RTX 3080
Core i7-11700K
266
RTX 3070
Core i7-12700K
366
RTX 3070
Core i7-11700K
245

低画質はレンダリングモード「DirectX11」で、「3D解像度」のみ100%に設定して検証。

今回検証した限り、低画質はRTX 3070のスコアとあまり変わらず。

フォートナイト(FHD 低画質 PFmode)の比較
RTX 3080
Core i7-12700K
503
RTX 3080
Core i7-11700K
341
RTX 3070
Core i7-12700K
478
RTX 3070
Core i7-11700K
334

こちらはレンダリングモードを「パフォーマンス」に変えて試した結果です。

360Hz以上のゲーミングモニターを使っている方にも安心しておすすめできる構成です。

Apex Legends

Apex Legends(FHD 最高画質)の比較
RTX 3080
Core i7-12700K
168
RTX 3080
Core i7-11700K
151
RTX 3070
Core i7-12700K
160
RTX 3070
Core i7-11700K
142

Apex Legendsはカジュアルマッチを実際にプレイ。

近接での撃ち合いシーンを含めた、5分間の平均フレームレートを計測した結果です。

Apex Legends(FHD 低画質)の比較
RTX 3080
Core i7-12700K
254
RTX 3080
Core i7-11700K
194
RTX 3070
Core i7-12700K
231
RTX 3070
Core i7-11700K
180

画質を落とすと、おおむね240以上をキープ可能です。

Call of Duty: Vanguard

CoD: Vanguard(FHD 最高画質)の比較
RTX 3080
Core i7-12700K
154
RTX 3080
Core i7-11700K
156
RTX 3070
Core i7-12700K
142
RTX 3070
Core i7-11700K
137

Call of Duty: Vanguardはチームデスマッチをボットのみでプレイ。

今回の検証では最高画質の平均フレームレートがあまり伸びず。

CoD: Vanguard(FHD 最低画質)の比較
RTX 3080
Core i7-12700K
252
RTX 3080
Core i7-11700K
208
RTX 3070
Core i7-12700K
236
RTX 3070
Core i7-11700K
207

画質を落とすと平均240を超えました。

非常に快適にプレイできます。

VALORANT

VALORANT(FHD 最高画質)の比較
RTX 3080
Core i7-12700K
443
RTX 3080
Core i7-11700K
337
RTX 3070
Core i7-12700K
439
RTX 3070
Core i7-11700K
302

VALORANTはプラクティスのスパイク解除モードで検証。

グラフィックが軽いこともあり、最高画質で平均値は400を超えました。

実際のマッチでは多少変動すると思われます。

Rainbow Six Siege

Rainbow Six Siege(FHD 最高画質)の比較
RTX 3080
Core i7-12700K
447
RTX 3080
Core i7-11700K
367
RTX 3070
Core i7-12700K
385
RTX 3070
Core i7-11700K
363

レインボーシックスシージはベンチマークモードで検証した結果です。

こちらも素晴らしいスコアを叩き出しています。

モンスターハンターライズ

モンスターハンターライズ(FHD 最高画質)の比較
RTX 3080
Core i7-12700K
217
RTX 3080
Core i7-11700K
144
RTX 3070
Core i7-12700K
194
RTX 3070
Core i7-11700K
142

モンハンライズは体験版のオサイズチ討伐クエストをプレイ。

最高画質でヌルヌル快適にプレイできます。

レイトレーシング性能

FARCRY6

レイトレーシング対応ゲームの平均フレームレートも検証しました。

今回検証したのは以下の通り。

  1. Bright Memory RTX Benchmark
  2. WATCH DOGS LEGION
  3. FARCRY6

順にご紹介します。

Bright Memory RTX Benchmark

Bright Memory(DXR ON)
RTX 3080
Core i7-12700K
104
RTX 3080
Core i7-11700K
101
RTX 3070
Core i7-12700K
83
RTX 3070
Core i7-11700K
79

以下の設定で試したときの平均フレームレートです。

  1. 解像度:フルHD
  2. RTX Quality:Very High
  3. DLSS:Quality

Port Royalと同じく、GPUが同じだとスコアに大きな差が出ないようです。

WATCH DOGS LEGION

WATCH DOGS LEGION(DXR OFF)
RTX 3080
Core i7-12700K
104
RTX 3080
Core i7-11700K
77
RTX 3070
Core i7-12700K
80
RTX 3070
Core i7-11700K
77

WATCH DOGS LEGIONは最高画質でベンチマークモードを走らせた結果です。

WATCH DOGS LEGION(DXR ON)
RTX 3080
Core i7-12700K
84
RTX 3080
Core i7-11700K
56
RTX 3070
Core i7-12700K
68
RTX 3070
Core i7-11700K
45

DXR ONでも大幅にスコアアップしています。

FARCRY6

FARCRY6(DXR OFF)
RTX 3080
Core i7-12700K
127
RTX 3080
Core i7-11700K
92
RTX 3070
Core i7-12700K
120
RTX 3070
Core i7-11700K
89

FARCRY6もベンチマークモードを使用。

FARCRY6(DXR ON)
RTX 3080
Core i7-12700K
106
RTX 3080
Core i7-11700K
72
RTX 3070
Core i7-12700K
99
RTX 3070
Core i7-11700K
71

DXR ONでも素晴らしいスコアです。

ゲーム実況・ライブ配信

Apex Legendsの配信

Twitchでスムーズに配信できるかも検証しました。

配信ソフトは無料で使えるOBS(Open Broadcaster Software)を使用し、配信と同時に録画も実施します。

Apex Legendsの配信を試したところ、以下の設定でスムーズにライブ配信ができました。

OBSのおすすめ設定
ゲームの画質最高
出力解像度1080p(1,920×1,080)
FPS共通値60
映像ビットレート6,000 Kbps
配信エンコーダハードウェア(NVENC)
音声ビットレート128
録画品質高品質、ファイルサイズ中
録画フォーマットmkv
配信後にmp4へ再多重化
録画エンコーダハードウェア(NVENC)

CPUとGPUが非常に強いため、ゲームの画質を落とすことなく配信&録画が可能です。

ソフトウェア(x264)エンコードでも余裕があるため、画質にこだわって配信したい方にもおすすめの構成です。

おすすめのゲーミングPC

Core i7-12700KとRTX 3080

Core i7-12700KとRTX 3080を搭載したゲーミングPCは、記事執筆時点で一部のBTOパソコンメーカーで販売を開始しています。

いくつかピックアップしてご紹介します。

価格や仕様は時期によって変動するため、最新情報は各メーカーの公式サイトでご確認ください。

TSUKUMO

G-GEAR GA7J-H214/ZB

今回調べた限り、もっとも安く買えるのはツクモ。

標準仕様だとRTX 3060が搭載されている、G-GEAR GA7J-H214/ZBをカスタマイズするのがおすすめ。

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUCore i7-12700KF
GPUGeForce RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GB(8GB×2)
ストレージ1TB M.2 SSD
電源750W (80PLUS GOLD)
販売価格308,999円(税・送料込)

CPUは内蔵GPU非搭載の「F」つきですが、CPUとしての性能に差はありません。

筆者が検証で使用したマザーボード、ASUS TUF GAMING Z690-PLUS D4のWiFi搭載モデルが採用されていて、無線でネット接続も可能。

バランスの良いパーツ構成です。

パソコン工房

SENSE-F069-LC127K-VAX

続いてはパソコン工房。

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUCore i7-12700K
GPUGeForce RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GB(8GB×2)
ストレージ1TB M.2 SSD
電源800W(80PLUS TITANIUM)
販売価格314,180円(税・送料込)

クリエイターPCとして販売されていますが、ゲーム用途でもバリバリ活躍します。

メモリはDDR4-3200で電源も最低限のスペックですが、ゲームを動かす分には問題ないでしょう。

ドスパラ

GALLERIA ZA7C-R38

最後はドスパラのGALLERIA ZA7C-R38。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-12700K
GPUGeForce RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GB(8GB×2)
ストレージ1TB M.2 SSD
電源850W(80PLUS GOLD)
販売価格333,280円(税・送料込)※離島除く

Windowsは11ではなく10ですが、購入後にアップデートが可能。

RGBファン搭載の水冷CPUクーラーをはじめ、グラボの傾きを防ぐリジッドカードサポートも標準搭載されています。

Core i9ならfpsがさらに伸びる

Core i7-12700K

今回はCore i7-12700KとRTX 3080の組み合わせで検証しましたが、CPUをCore i9-12900Kに変えると、さらにスコアが上がると思われます。

フルHD解像度のモニターでゲームを動かすなら、Core i7-12700Kで十分すぎますが、こだわる方にはCore i9がおすすめです。

ハイエンドクラスのゲーミングPCを探しているなら、Core i7-12700KとRTX 3080の組み合わせを検討してみてはいかがでしょうか。

POSTED COMMENT

  1. IG より:

    素晴らしい検証ですね!楽しませていただきました。11700K 3080構成でAPEXをしていますが12700Kの平均フレームレート爆上がりに驚きと悲しみがw 正直ここまで変わるとは思っていませんでした。13世代あたりで3080を延命措置ができそうと思うことにします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。