レビュー

レノボ Legion T750iレビュー|大型ケース採用のフラッグシップモデル

Legion T750iレビュー

レノボが販売するゲーミングPC、Legion T750iをお借りしました。

見た目もカッコ良く、拡張性の高いデスクトップPCを探している方は、ぜひご覧ください。

Legion T750iの概要と特徴

Legion T750i

Legion T750iがどういったパソコンなのか、特徴を整理すると以下の通り。

カスタマイズ可能なライティング

高級感のあるガラスパネルケース

WiFi 6とBluetoothを標準搭載

貸出機の不具合で正確な検証ができず

スペックやインターフェイスなど、順にご紹介します。

スペック

今回お借りしたモデルの基本スペックは以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i9-10900K
GPUGeForce RTX 3080
メモリ32GB
ストレージ512GB NVMe SSD
2TB HDD
販売価格301,431円(消費税・配送料込)※離島除く

CPUとGPUの細かい情報を知りたい方は、こちらをご覧ください。

CPU-Z
CPU-Z
GPU-Z
GPU-Z

メモリとストレージの容量にも余裕があります。

パソコンの仕様および価格は時期によって変動します。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

ケース外観

Legion T750i

中身の見える強化ガラスパネルを採用。

アクリルパネルとはちがい、高級感があります。

Legion T750i

仕様上の寸法は211×483×450mmと非常に大きいです。

本体重量も約15kgとヘビー級。

段ボールから取り出すときなど、腰を痛めやすい方はくれぐれも注意してください。

インターフェイス

前面

USBポートなどのインターフェイスはケースの天面に用意されています。

インターフェイス
  1. USB 2.0 ×2
  2. USB 3.0 ×2
  3. ヘッドホン
  4. マイク
  5. 電源

背面の主なインターフェイスは以下の通り。

背面
  1. USB 3.1 ×1
  2. USB 2.0 ×4
  3. USB3.1 Type-C ×1
  4. USB 3.0 ×2
  5. HDMI ×3
  6. DisplayPort ×1

標準仕様でWiFi 6とBluetoothに対応しているのも魅力です。

ライティング

ライティング

電源を入れると、ケースファンやCPUクーラーなどが光ります。

前面

ケース前面もロゴマークとファンが発光。

ライティング設定

ライティングの設定は専用アプリから変えられます。

ケース内部

背面
ケース内側

2.5インチ×2、3.5インチ×2のストレージを増設できるシャドウベイも用意されています。

SSD
HDD

大型のケースということもあり、拡張性は申し分なしです。

CPUクーラー

CPUクーラー

グラフィックカード

グラフィックカード

メモリ

メモリ

電源

電源

Legion T750iのベンチマーク

Legion T750i

まずはパソコンの総合的な性能をチェックするPC Mark10を試した結果がこちら。

PC Mark10

搭載されているスペックとしては控えめなスコアです。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

CINEBENCH

R23
R23
R20
R20

Core i9-10900KならCINEBENCH R20のマルチコアで6,000以上のスコアを出せるはずですが、何度試してもスコアが伸びず。

モードチェンジ機能

モードチェンジなどの設定も確認しましたが、変わりませんでした。

負荷をかけたときのCPU温度が異様に高いということもなく、おそらくCPUそのものに不具合が発生していると思われます。

Fire Strike

Fire Strike

Fire StrikeもRTX 3060 Ti程度のスコアしか出ていません。

Core i9とRTX 3080なら29,000以上のスコアが出るはずです。

Crystal Disk Mark

M.2 SSD
M.2 SSD
HDD
HDD

ストレージはいずれも標準的な速度です。

オンラインゲーム

定番ベンチマークソフトを、それぞれフルHD解像度の設定で走らせました。

重量級ゲームのFF15は高品質だと「とても快適」、軽量品質で「非常に快適」という結果に。

FF14はグラフィックが軽めなので、快適にプレイできます。

FF15

FF15
高品質11285(とても快適)
標準品質13735(非常に快適)
軽量品質14988(非常に快適)

FF14 暁月のフィナーレ

FF14 暁月のフィナーレ
最高品質22315(非常に快適)

フレームレート検証

フレームレート検証

ベンチマークソフトを走らせるだけではなく、実際に人気ゲームを動かしてみました。

しかしながら、本来の性能を発揮できていないため参考になりません。

平均フレームレート
Fortnite(低画質)255fps
Apex Legends(低画質)173fps
Call of Duty Vanguard(最高画質)124fps
VALORANT(最高画質)331fps
Rainbow Six Siege(最高画質)259fps
Far Cry 6(最高画質)71fps
Watch Dogs Legion(最高画質)52fps
Monsterhunterrise(最高画質)170fps

数値上はそれなりにフレームレートが出ていますが、Apex LegendsやVALORANTではゲーム中の画面がガクガクと揺れる不具合が発生。

pingが高いことによる遅延などではなく、あきらかにCPUまたはGPUに何かしらの不具合が起きています。

残念ながら、ゲーミングPCとしては致命的です。

本来のハイエンドスペックに期待

Legion T750i

レビューのまとめとして、Legion T750iの特徴をおさらいします。

カスタマイズ可能なライティング

高級感のあるガラスパネルケース

WiFi 6とBluetoothを標準搭載

貸出機の不具合で正確な検証ができず

おそらくCPUが原因と思われますが、ベンチマークのスコアや人気ゲームのフレームレートなど、正確な検証ができませんでした。

見た目のカッコよさや拡張性の高さは間違いありません。

今回の不具合は貸出機だけの問題でしょうから、実際の製品は問題ないと思われます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。