ニュース

RTX 3060搭載モデルが税込12万円台から!フロンティア無敵のクリスマスセール

フロンティア無敵のクリスマスセール

フロンティア週替わりセールのラインナップが更新されました。

セール期間:12月3日(金) 15時まで

Amazonでブラックフライデーに負けないくらい、今週も業界最安と思われるラインナップです。

少しでも安くゲーミングPCを買いたい方は、ぜひチェックしてみてください。

セール中のおすすめゲーミングPC

今回のセールで注目したいのは以下の3つ。

今回の注目商品
  • Core i5-10400F + RTX 3060
  • Ryzen 5 5600X + RTX 3060
  • Core i7-11700F + RTX 3080

スペックなど順にご紹介します。

いずれも配送料が別途プラスされます。

Core i5-10400F + RTX 3060

Core i5-10400F + RTX 3060

そこそこのスペックのゲーミングPCを、とにかく安く買いたい方におすすめのモデルです。

送料を含めると13万円を超えるものの、RTX 3060搭載モデルがこの価格で買えるのは安いです。

ただし、メモリが16GB×1という点に要注意。

同じ16GBでも、8GB×2と16GB×1ではフレームレートに大きな差が出ます。

メモリのカスタマイズ

筆者が確認した時点では、カスタマイズで8GB×2が選べないため、購入後の増設がおすすめです。

ゲーミングPCに必要なメモリ容量
ゲーミングPCのメモリは16GB(8GB×2)がおすすめな理由ゲーミングPCを買うとき、メモリの容量で悩んでしまう方はとても多いです。 このページでは、ゲーミングPCに搭載すべきメモリ容量をは...

Ryzen 5 5600X + RTX 3060

Ryzen 5 5600X + RTX 3060

性能と価格のバランスがもっとも優れているのがこちら。

GPUは先ほどご紹介したモデルと同じRTX 3060ですが、Core i5-10400FとRyzen 5 5600Xでは性能が段違い。

メモリも16GB(8GB×2)で安心感があります。

フォートナイトやApex Legendsなどのシューターゲームを高フレームレートで快適にプレイしたいなら、こちらのモデルがおすすめ。

Ryzen 5 5600XとRTX 3060でどれくらいフレームレートを出せるか気になる方は、以下の記事をご覧ください。

Ryzen 5 5600XとRTX 3060のベンチマーク
Ryzen 5 5600XとRTX 3060のベンチマークRyzen 5 5600Xを購入したので、RTX 3060の組み合わせで人気ゲームをどこまで快適にプレイできるのか検証しました。 ...

Core i7-11700F + RTX 3080

Core i7-11700F + RTX 3080

最後にご紹介するのは、RTX 3080を搭載したハイスペックモデル。

価格だけを見ると高く感じますが、このスペックで税込24万円台は激安。

メモリも32GBとたっぷりで、ライブ配信や動画編集などの用途でも活躍する1台です。

予算25万円くらいで探しているなら、候補に入れてみてはいかがでしょうか。

無線LANが必要な方は要オプション

フロンティアGHシリーズ

フロンティアのデスクトップは、無線LAN非搭載のものがほとんどです。

ご自宅の都合で有線をつなげられない方は、見積画面で無線LANアダプターを追加することをおすすめします。

また、フロンティアのゲーミングPCはモデルによって送料が異なるため、必ずカートに入れた段階で最終的な金額を確認してください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。