レビュー

Core i5-12600KとRTX 3060のベンチマーク|DDR4-3200メモリ使用

Core i5-12600KとRTX 3060のベンチマーク

Core i5-12600Kを購入したので、RTX 3060と組み合わせて人気ゲームをどこまで快適にプレイできるのか検証しました。

Intelの最新世代CPUの性能が気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

検証用PCのスペックや概要

検証用PC

今回、検証のために用意した環境は以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i5-12600K
GPUGeForce RTX 3060
メモリDDR4-3200 32GB(16GB×2)
ストレージ1.5TB M.2 SSD
電源1200W(80PLUS PLATINUM)

メモリがDDR4なのは、DDR5メモリを買えなかったから。(争奪戦で敗北)

容量は32GB(16GB×2)積んでいますが、ゲーム用途なら基本的に16GB(8GB×2)あれば十分です。

必要以上にメモリを増やしても、ゲームのフレームレートにはほとんど影響しません。

CPUとGPUの細かい情報を知りたい方は、こちらをご覧ください。

CPU-Z
CPU-Z
GPU-Z
GPU-Z

グラボはPalit RTX 3060 Dual OC 12GBを使用。

電源が1200Wとなっているのは手持ちの電源がこれしかなかっただけで、NVIDIAの公式サイトによると、RTX 3060搭載PCの推奨電源は550Wとなっています。

オーバークロック設定

TUF GAMING Z690-PLUS D4

マザーボードはASUSのTUF GAMING Z690-PLUS D4を使用。

「Ai Overclock Tuner」という、自動でオーバークロックしてくれる設定を使用しています。

Ai Overclock Tuner

手動での設定を試みましたが、ブルースクリーンを連発したため自動設定に任せました。

CPU設定
メモリ設定

BIOSで設定できる項目はマザーボードのメーカーやパーツ構成によって変わるので、参考程度にご覧ください。

ほかのCPUで検証した結果

ライバルとなるRyzen 5 5600XやCore i7-11700Kなど、ほかのCPUでもRTX 3060の性能を検証しています。

あわせてご覧いただくとCPUによるスコアの変化がわかりやすいです。

Core i7-11700K
Core i7-11700K

検証結果を見る

Ryzen 5 5600X
Ryzen 5 5600X

検証結果を見る

Core i5-11400F
Core i5-11400F

検証結果を見る

定番ベンチマークのスコア

Core i5-12600K

ここからは定番のベンチマークソフトのスコアをご紹介します。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23

まずはCPUの性能をチェックするCINEBENCH R23のスコアから。

CINEBENCH R23(Multi)のスコア比較
Core i7-11700K
13,904
Core i5-12600K
16,831
Ryzen 5 5600X
10,132
Core i5-11400F
9,406

シングルコアのスコアはこちら。

CINEBENCH R23(Single)のスコア比較
Core i7-11700K
1,492
Core i5-12600K
1,827
Ryzen 5 5600X
1,535
Core i5-11400F
1,325

ライバルであるRyzen 5 5600Xを大きく引き離しました。

ただしこれはあくまでベンチマークのスコアで、ゲームのフレームレートも同じような結果になるということではありません。

3D Markのスコア

3D Mark

続いて超定番の3D Markから、主要ベンチマークを試した結果がこちら。

Time Spy

Time Spyのスコア比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
10,953
RTX 3060
Core i7-11700K
9,016
RTX 3060
Core i5-12600K
9,292
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
8,659
RTX 3060
Core i5-11400F
8,677

当サイトで計測したRTX 3060のスコアとしては、もっとも高いスコアが出ました。

さすがに上位グラボであるRTX 3060 Tiのスコアには届きません。

Fire Strike

Fire Strikeのスコア比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
22,890
RTX 3060
Core i7-11700K
20,097
RTX 3060
Core i5-12600K
20,540
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
20,524
RTX 3060
Core i5-11400F
19,341

Fire StrikeはRyzen 5 5600Xと肩を並べるスコアです。

Port Royal

Port Royalのスコア比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
6,952
RTX 3060
Core i7-11700K
5,216
RTX 3060
Core i5-12600K
5,242
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
5,189
RTX 3060
Core i5-11400F
5,217

レイトレーシングの性能をチェックするPort Royalはほとんどスコアに差が出ず。

これは筆者の推測ですが、レイトレーシングの処理はGPUに依存する要素が大きく、CPUの性能は影響しづらいのかもしれません。

定番ベンチマークのスコア

FF15FF15とFF14(暁月のフィナーレ)のベンチマークソフトを、それぞれフルHDの最高設定で走らせました。

FF15

FF15(フルHD、高品質)のスコア比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
10,877
RTX 3060
Core i7-11700K
8,895
RTX 3060
Core i5-12600K
9,286
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
9,113
RTX 3060
Core i5-11400F
9,043

こちらも当サイトで計測したRTX 3060のスコアとしては、もっとも高いスコアです。

わずかながらライバルであるRyzen 5 5600Xのスコアを上回りました。

FF14 暁月のフィナーレ

FF14(フルHD、最高品質)のスコア比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
20,556
RTX 3060
Core i7-11700K
18,308
RTX 3060
Core i5-12600K
19,973
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
20,507
RTX 3060
Core i5-11400F
18,579

FF14ではRyzen 5 5600Xのスコアに一歩届かず。

人気ゲームのフレームレート

フォートナイト

ここからは実際に人気ゲームをプレイして、フレームレートの平均値を算出しました。

今回検証したのは以下の通り。

  1. フォートナイト
  2. Apex Legends
  3. VALORANT
  4. Rainbow Six Siege
  5. モンスターハンターライズ

それぞれ順にご紹介します。

フォートナイト

フォートナイト(FHD 最高画質)の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
120
RTX 3060
Core i7-11700K
106
RTX 3060
Core i5-12600K
97
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
108
RTX 3060
Core i5-11400F
106

フォートナイトはリプレイ機能を使用し、撃ち合い中のシーンを含む、同一場面の平均フレームレートを計測した結果です。

何度か検証しましたが、Core i5-12600Kは最高画質だとイマイチ伸びづらい印象です。

フォートナイト(FHD 低画質 DX11)の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
238
RTX 3060
Core i7-11700K
236
RTX 3060
Core i5-12600K
322
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
374
RTX 3060
Core i5-11400F
216

低画質はレンダリングモード「DirectX11」で、「3D解像度」のみ100%に設定して検証。

Ryzen 5 5600Xには届かないものの、Core i7-11700Kのスコアはおろか、Core i5-11400FとRTX 3060 Tiのスコアすら上回りました。

フォートナイトを240fps固定でプレイしたい方にとって、Core i5-12600Kは有力な選択肢となりそうです。

フォートナイト(FHD 低画質 PFmode)の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
316
RTX 3060
Core i7-11700K
311
RTX 3060
Core i5-12600K
427
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
493
RTX 3060
Core i5-11400F
303

こちらはレンダリングモードを「パフォーマンス」に変えて試した結果です。

やはりRyzen 5 5600Xには一歩届かないものの、平均400以上は驚異的なスコアです。

Intelの11世代CPUとはいったい何だったのでしょうか。

Apex Legends

Apex Legends(FHD 最高画質)の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
129
RTX 3060
Core i7-11700K
110
RTX 3060
Core i5-12600K
122
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
124
RTX 3060
Core i5-11400F
114

Apex Legendsはカジュアルマッチを実際にプレイ。

近接での撃ち合いシーンを含めた、5分間の平均フレームレートを計測した結果です。

フレームレートの変動が激しいものの、平均値としては120前後。

Apex Legends(FHD 低画質)の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
166
RTX 3060
Core i7-11700K
158
RTX 3060
Core i5-12600K
201
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
211
RTX 3060
Core i5-11400F
155

画質を落とすと200前後まで伸びました。

ここまで出せていれば文句はないでしょう。

VALORANT

VALORANT(FHD 最高画質)の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
298
RTX 3060
Core i7-11700K
283
RTX 3060
Core i5-12600K
404
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
502
RTX 3060
Core i5-11400F
280

VALORANTはプラクティスのスパイク解除モードで検証。

グラフィックが軽いこともあり、最高画質で平均値は400を超えました。

実際のマッチでは多少変動すると思われます。

Rainbow Six Siege

Rainbow Six Siege(FHD 最高画質)の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
349
RTX 3060
Core i7-11700K
344
RTX 3060
Core i5-12600K
373
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
409
RTX 3060
Core i5-11400F
349

レインボーシックスシージはベンチマークモードで検証した結果です。

こちらも素晴らしいスコアを叩き出しています。

モンスターハンターライズ

モンスターハンターライズ(FHD 最高画質)の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
132
RTX 3060
Core i7-11700K
122
RTX 3060
Core i5-12600K
170
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
162
RTX 3060
Core i5-11400F
122

モンハンライズは体験版のオサイズチ討伐クエストをプレイ。

ゲームと相性が良いのか、Ryzen 5 5600Xより高いスコアが出ました。

最高画質でヌルヌル快適にプレイできます。

レイトレーシング性能

FARCRY6

レイトレーシング対応ゲームの平均フレームレートも検証しました。

今回検証したのは以下の通り。

  1. Bright Memory RTX Benchmark
  2. WATCH DOGS LEGION
  3. FARCRY6

順にご紹介します。

Bright Memory RTX Benchmark

Bright Memory(DXR ON)
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
68
RTX 3060
Core i7-11700K
53
RTX 3060
Core i5-12600K
55
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
51
RTX 3060
Core i5-11400F
53

以下の設定で試したときの平均フレームレートです。

  1. 解像度:フルHD
  2. RTX Quality:Very High
  3. DLSS:Quality

Port Royalと同じく、GPUが同じだとスコアに大きな差が出ないようです。

WATCH DOGS LEGION

WATCH DOGS LEGION(DXR OFF)
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
66
RTX 3060
Core i7-11700K
61
RTX 3060
Core i5-12600K
64
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
61
RTX 3060
Core i5-11400F
62

WATCH DOGS LEGIONは最高画質でベンチマークモードを走らせた結果です。

誤差の範囲ともいえそうですが、Ryzen 5 5600Xのスコアをわずかに上回りました。

WATCH DOGS LEGION(DXR ON)
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
53
RTX 3060
Core i7-11700K
36
RTX 3060
Core i5-12600K
52
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
50
RTX 3060
Core i5-11400F
51

DXR ONでも快適にプレイできるようです。

FARCRY6

FARCRY6(DXR OFF)
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
86
RTX 3060
Core i7-11700K
83
RTX 3060
Core i5-12600K
93
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
90
RTX 3060
Core i5-11400F
84

FARCRY6もベンチマークモードを使用。

ゲームとの相性が良いのか、RTX 3060 Tiすら上回るスコアでした。

FARCRY6(DXR ON)
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
75
RTX 3060
Core i7-11700K
68
RTX 3060
Core i5-12600K
77
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
72
RTX 3060
Core i5-11400F
68

DXR ONでもRTX 3060 Tiを上回るスコアをキープ。

素晴らしい性能です。

ゲーム実況・ライブ配信

Apex Legendsの配信

Twitchでスムーズに配信できるかも検証しました。

配信ソフトは無料で使えるOBS(Open Broadcaster Software)を使用し、配信と同時に録画も実施します。

Apex Legendsの配信を試したところ、以下の設定でスムーズにライブ配信ができました。

OBSのおすすめ設定
ゲームの画質
出力解像度1080p(1,920×1,080)
FPS共通値60
映像ビットレート6,000 Kbps
配信エンコーダハードウェア(NVENC)
音声ビットレート128
録画品質高品質、ファイルサイズ中
録画フォーマットmkv
配信後にmp4へ再多重化
録画エンコーダハードウェア(NVENC)

CPUの性能が大幅にアップしたこともあり、ソフトウェア(x264)エンコードでも配信と録画ができました。

さすがにソフトウェアエンコードだと、配信中のCPU使用率が100%に張り付きます。

ハードウェア(NVENC)
ハードウェア(NVENC)
ソフトウェア(x264)
ソフトウェア(x264)

従来のCore i5ではハードウェアエンコード一択だったため、大躍進といえるでしょう。

ゲームによって最適な設定は変わりますが、PC1台で快適にライブ配信が可能です。

ゲームプレイ中の消費電力

Apex LegendsをフルHDの最高画質でプレイし、検証用PC全体の平均消費電力を計測しました。

平均消費電力の比較
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
336
RTX 3060
Core i7-11700K
320
RTX 3060
Core i5-12600K
282
RTX 3060
Core i5-11400F
295

これはCORSAIRの「iCUE」を使用し、HX1200iの電源入力ログを5秒間隔で5分間取得した結果です。

12世代CPUは消費電力が激しいと聞いていましたが、今回検証した限り、Core i5-11400Fのスコアをわずかに下回りました。

何度か試したものの、結果はほとんど変わらず。

Core i5-12600Kに関しては、消費電力はあまり気にしなくていいのかもしれません。

Ryzen 5 5600Xに匹敵する性能

Core i5-12600K

10世代、11世代とCore i5の性能をチェックしてきましたが、Core i5-12600Kは間違いなく歴代最強のCore i5といえるでしょう。

フォートナイトなどのシューターゲームの場合、Ryzen 5 5600Xの性能に一歩届かない印象ですが、実用上は十分すぎるほどのフレームレートを叩き出してくれます。

ようやくRyzen 5 5600Xと互角に戦えるレベル(超えたとは言えない)になってくれました。

今回は筆者が争奪戦に敗北したためにDDR4メモリでしか検証できていませんが、DDR5メモリに換装すると、もう少し性能アップを期待できるのかもしれません。

DDR5メモリの供給が安定してきたら、改めて性能をチェックしてみる予定です。

ミドルスペックのゲーミングPCを探しているなら、Core i5-12600KとRTX 3060の組み合わせは非常におすすめです。

Core i5-12600KとRTX 3060 Tiのベンチマーク|DDR4-3200メモリ使用Core i5-12600Kを購入したので、RTX 3060 Tiと組み合わせて人気ゲームをどこまで快適にプレイできるのか検証しました。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。