レビュー

GALLERIA RM5R-G60レビュー|13万円以下で買える高コスパマシン

GALLERIA RM5R-G60レビュー

ドスパラが販売するゲーミングPC、GALLERIA RM5R-G60をお借りしました。

Ryzen 5 3500とGTX 1660を搭載したローミドルスペックで、何もカスタマイズしなければ13万円以下で買えるコスパの高さが最大の魅力。

人気ゲームでどれくらいのフレームレートを出せるのか、じっくり検証しました。

GALLERIA RM5R-G60の概要と特徴

GALLERIA RM5R-G60

GALLERIA RM5R-G60がどういったパソコンなのか、特徴を整理すると以下の通り。

消費税・送料込で13万円以下で買える

幅広いゲームを快適にプレイ可能

設定を工夫すればライブ配信もOK

動画編集用パソコンとしても活躍

USB Type-Cポートがひとつもない

Apex Legendsやフォートナイトなどのゲームで、どれくらいフレームレートを出せるのか知りたい!という方はこちらからご覧ください。

スペック

今回お借りしたモデルの基本スペックは以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPURyzen 5 3500
GPUGeForce GTX 1660
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージ512GB NVMe SSD
販売価格128,280円(消費税・配送料込)※離島除く

CPUとGPUの細かい情報を知りたい方は、こちらをご覧ください。

CPU-Z
CPU-Z
GPU-Z
GPU-Z

最新ゲームを何本もインストールしたり、動画編集などにも挑戦するなら、512GBのストレージは少なく感じるかもしれません。

メモリやストレージなどのパーツをカスタマイズできるのがBTOパソコンの魅力なので、予算と用途に合わせて判断しましょう。

パソコンの仕様および価格は時期によって変動します。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

ケース外観

GALLERIA RM5R-G60

ガンメタリックの筐体にブルーのアクセントカラーが映える、ガレリア専用のSKMケース。

MicroATX規格ということもあり、ゲーミングPCとしては小さめです。

GALLERIA RM5R-G60

正面から見て左側にはクリアサイドパネルを標準搭載。

仕様上の寸法は高さが約425mm、奥行きが約440mm、横幅が約220mm。

仕様上の重量は約14kgあるため、パソコンを持ち上げるときは腰を痛めないように気をつけてください。

底面パーツ
底面パーツ

電源直下のメッシュパーツは取り外しが可能。

パソコンを床に設置するとほこりがたまりやすいので、掃除しやすいのは便利です。

LEDライティング

LEDライティング

ケース前面と電源ボタンの周辺が青く光ります。

水冷CPUクーラーや光るグラボを搭載したGALLERIAもありますが、今回お借りしたモデルは内部パーツが一切光りません。

ライティング中のケース内部

ケースのライティングを変更するには、制御アプリ「Polychrome RGB」のインストールが必要。

BIOSの設定変更も必要になるようで、マザーボードのメーカー(ASUSかASRock)によって設定方法が少し変わります。

アプリのダウンロードや細かい設定方法は、ドスパラの公式サイトをご覧ください。

インターフェイス

ケース前面

ケース前面の主なインターフェイスは以下の通り。

  1. 電源
  2. USB3.2 Gen1 Type-A ×4
  3. ヘッドホン
  4. マイク

USBポートが4つあると、ゲームパッドや外付けストレージなど、さまざまなものを接続できて便利。

インターフェイス

コンソールパネルが斜めに設計されているため、パソコンを机の上下どちらに設置しても使いやすいです。

ケース背面

背面の主なインターフェイスは以下の通り。

  1. PS/2 Mini DIN 6ピン
  2. USB2.0 ×4
  3. USB3.1 Gen2(Type-A)×2
  4. ギガビットLANポート
  5. DVI ×1
  6. DisplayPort ×1
  7. HDMI ×1

Type-Cに対応したポートがひとつもなく、モニターとの接続も最小限の端子しかありません。

最近はDVI端子を搭載していないモニターも増えてきているので、トリプルモニター以上での運用を考えている方は注意が必要です。

また、標準仕様では無線でインターネットにつなげられない点に要注意。

カスタマイズで無線LANの拡張カードを増設できますが、+8,980円(税込)と少々高め。

Amazonで探せばUSBタイプの無線LANアダプターが2,000円前後で見つかるので、通信速度にこだわらないなら安価なもので代用が可能です。

家庭の都合で有線での接続ができない方は、事前に対策を考えておきましょう。

ケース内部

ケース内部

ケース内部はご覧の通り。

カラフルなケーブルが少々目立つものの、裏配線ですっきりと整理されています。

ケース内部
ケース内部

必要な方はカスタマイズで光学ドライブの追加も可能。

パソコンでDVDなどを見たい方は検討してみてください。

シャドウベイ
シャドウベイ

2.5インチ×2、3.5インチ×2のストレージを増設できるシャドウベイも用意されています。

購入後に自身でストレージを増設するのは少々大変なので、パソコンの扱いに慣れていない方は購入時にカスタマイズしたほうが無難です。

CPUクーラー

CPUクーラー

CPUクーラーはAMDのリテールクーラーを搭載。

ゲーム起動中のCPU温度はおおむね70度台で、冷却性能はそれなりといったところ。

記事執筆時点だとCPUクーラーのカスタマイズはできないようです。

グラフィックカード

グラフィックカード

グラフィックカードはPalitのシングルファンタイプを搭載。

ファンの回転音は多少発生しますが、ケースを閉じた状態だとほとんど気になりません。

メモリ

メモリ

メモリはヒートシンク非搭載のシンプルなものが2枚(8GB×2)刺さっています。

ゲームがメインなら16GBでメモリ不足を感じる場面は滅多にないものの、動画編集などで必要性を感じたら32GBに増設しても良いでしょう。

ストレージ

M.2 SSD

M.2 SSDはPHISON社製のものが搭載されていました。

放熱用のヒートシンクは非搭載です。

電源

電源

電源は550W(80PLUS BRONZE)を搭載。

NVIDIAの公式サイトによると、GTX 1660搭載マシンの推奨電源は450Wなので多少余裕を持たせているようです。

将来的にグラボのアップデートを想定していたり、予算に余裕があるなら、上位モデルにカスタマイズしても良いでしょう。

GALLERIA RM5R-G60のベンチマーク

GALLERIA RM5R-G60

ここからはGALLERIA RM5R-G60の性能を、各種ベンチマークソフトを使用して数値化していきます。

まずはパソコンの総合的な性能をチェックするPC Mark10を試した結果がこちら。

PC Mark10

ゲーミングPCとしては少々控えめなスコアですが、ExcelやWordなどの事務作業、各種クリエイティブ用途も十分こなせるスペックです。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20

主なCPUをCINEBENCH R20のスコアで比較してみると以下の通り。

CINEBENCH R20 スコア比較
Ryzen 5 5600X
4,300
Core i5-11400F
3,884
Ryzen 5 3500
2,622
Core i7-10750H
2,542
Core i5-10300H
2,237

最新世代のRyzen 5 5600XやCore i5-11400Fとはそこそこ大きな差があります。

Fire Strike

Fire Strike

3DMarkのFire Strikeのスコアを比較すると以下の通り。

Fire Strike スコア比較
RTX 3060
18,005
GTX 1660 SUPER
13,318
GTX 1660
11,719
GTX 1650 Ti
9,629
GTX 1650
8,479

GTX 1660 SUPERと比べると、少しパワーダウンしています。

VR Mark

VR Markの各種スコアはご覧の通り。

Orange Room
Orange Room
Cyan Room
Cyan Room
Blue Room
Blue Room

軽めのVRゲームなら問題なく動かせるスコアです。

グラフィックの重いVRゲームは画質調整が必須と考えたほうが良いでしょう。

別売りのVRヘッドマウントディスプレイを用意すれば、VRゲームもプレイできます。

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Mark

M.2 SSDは読み込みで約3,422MB/sとなかなか優秀なスコアでした。

書き込みは速度が落ちているものの、実用上ストレスを感じることはほとんどないでしょう。

一般的なSSD(SATA)やHDDと平均的な転送速度を比較すると、以下の通り。

ストレージの転送速度
NVMe M.2 SSD
(Gen4)
5,000~
NVMe M.2 SSD
3,000
SSD(SATA)
550
HDD
120

+11,000円(税込)で1TBのM.2 SSDに変更できるので、予算に余裕がある方は検討してみてください。

オンラインゲーム

定番ベンチマークソフトを、それぞれフルHD解像度の設定で走らせました。

重量級ゲームのFF15は高品質だと「やや快適」、軽量品質で「とても快適」という結果に。

GTX 1660でグラフィックの重いゲームを最高画質で動かすのは少々しんどい印象です。

FF14やドラクエXはグラフィックが軽めなので、快適にプレイできます。

FF15

FF15
高品質5510(やや快適)
標準品質7632(快適)
軽量品質10136(とても快適)

FF14 暁月のフィナーレ

FF14 暁月のフィナーレ
最高品質12566(とても快適)
高品質13248(とても快適)
標準品質17296(非常に快適)

ドラゴンクエストX

DQXベンチマーク
最高品質19501(すごく快適)
標準品質19523(すごく快適)
低品質20618(すごく快適)

PCゲームのフレームレート検証

GALLERIA RM5R-G60

MSIのAfterburnerを使用して、人気ゲームの平均フレームレートを計測しました。

動画にもまとめているので、あわせてご覧いただくとよりわかりやすいです。

まずはフォートナイトとApex LegendsをフルHD解像度でプレイして、最高画質と低画質、それぞれ試した結果がこちら。

フォートナイト
最高画質72fps
低画質(DX11)194fps
Apex Legends
最高画質83fps
低画質125fps

フォートナイトの低画質はレンダリングモード「DirectX11」で「3D解像度」のみ100%に設定した結果です。

レンダリングモードを「パフォーマンス」に変えると平均フレームレートは200を超えますが、240で固定するには少々パワー不足。

Apex Legendsは画質を落としても平均144に届きませんでした。

家庭用ゲーム機では到達できない高フレームレートを体験できるものの、ガチ勢の方にとっては物足りないかもしれません。

そのほかのゲームはすべて最高画質で検証しました。

最高画質での平均フレームレート
Escape from Tarkov52fps
VALORANT136fps
Rainbow Six Siege202fps
CoD:BOCW82fps
WATCH DOGS LEGION33fps
Cyberpunk 207734fps
BIOHAZARD VILLAGE64fps
DEATH STRANDING68fps
原神60fps

VALORANTやRainbow Six Siegeのようなグラフィックの軽いFPSゲームは、最高画質でも快適にプレイ可能です。

WATCH DOGS LEGIONやCyberpunk 2077などの重量級ゲームをプレイするなら、やはり画質調整は必須と考えたほうがよさそうです。

DXR(レイトレーシング)は非対応なので検証していません。

VRゲームの動作検証

Oculus Quest 2を専用ケーブルでつないで、PC用のVRゲームを実際に動かしてみました。

Half-Life: Alyx
Half-Life: Alyx
Beat Saber
Beat Saber

Half-Life: Alyxはグラフィックが重く、最高画質では場面によってフレームレートが落ち込みました。

VRゲームのカクつきは酔いやすくなって危険なので、中~高画質でのプレイがおすすめです。

Beat SaberはPCを使わずとも動かせる軽いゲームなので、サックサクに動作可能。

ゲームによって設定の調整は必要ですが、ヘッドマウントディスプレイがあれば、VRゲームも楽しめます。

ゲーム実況の動画配信

ゲーム実況をTwitchでスムーズに配信できるかも検証しました。

配信ソフトは無料で使えるOBS(Open Broadcaster Software)を使用、配信と同時に録画も実施です。

Apex Legendsの配信

Apex Legendsでいろいろ試した結果、以下の設定でスムーズにライブ配信ができました。

OBSのおすすめ設定
ゲームの画質
出力解像度1080p(1,920×1,080)以下
FPS共通値60
映像ビットレート6,000 Kbps
配信エンコーダハードウェア
音声ビットレート128
高度なエンコーダ設定Max Performance
録画品質高品質、ファイルサイズ中
録画フォーマットmkv
配信後にmp4へ再多重化
録画エンコーダハードウェア

今回30分ほど配信を試したところ、カクつきなどのトラブルもなく終始安定していました。

配信が静止画になってしまうときは、OBSの出力解像度を1080pから720pなどに落とすのがおすすめ。

配信するゲームによってCPUやGPUの負荷が変わるため、ゲームに合わせて設定を工夫する必要があります。

アバター表示でも配信が可能

アバター表示で配信

FaceRigを使用してアバターを表示させながら配信を試したところ、こちらもスムーズに配信ができました。

ただし、長時間の配信ではさすがにカクつきなどが発生してしまうかもしれません。

VTuberとして活動していくことを考えているなら、もう少しスペックの高いゲーミングPCを買ったほうが安心です。

クリエイティブ用途の動作検証

GALLERIA RM5R-G60

続いて動画や写真の編集など、クリエイティブ用途でも快適に使えるかを検証しました。

ゲーム以外の用途でもサックサクです。

Premiere Proで動画編集

Premiere Proで動画編集

まずはAdobeのPremiere ProでYoutube動画の編集を試しました。

動画素材をカットしてつなげたり、テロップや効果音を加える程度の編集なら、処理の遅延を感じることはほとんどありません。

After Effectsで演出を加えたり、4K動画の編集を視野に入れているなら、もう少しスペックを上げたいところ。

がっつり動画編集をやるなら、少なくともメモリは32GBにカスタマイズしておくことをおすすめします。

4K動画の書き出し

参考までに、4K動画の書き出し時間を計測しました。

検証のために用意したのは、GoPro HERO7 Blackで撮影した4K 60fpsの動画データ。

書き出し条件とかかった時間は以下の通り。

H.264(Youtube 1080p FHD)6:01
H.264(Youtube 2160p 4K UHD)6:25

ハイエンドクラスのゲーミングPCと比べると多少差はあるものの、十分な性能といえそうです。

ビジネス向けの一般的な薄型ノートPCだと、同条件で40分以上かかることもあります。

LightroomでRAW現像

LightroomでRAW現像

デジカメで撮影したRAWデータの書き出し速度もチェックしてみました。

有効画素数3,635万のニコンD810で撮影したRAWデータ100枚をLightroomで書き出したところ、かかった時間は2分12秒でした。

主なCPUと結果を比較したグラフはこちら。

CPU別 RAW現像の処理速度
Ryzen 7 5800X
1:13
Ryzen 5 5600X
1:45
Ryzen 5 3500
2:12
Core i5-10400F
2:18
Core i7-8700
2:35

書き出しにはストレージ性能も影響するものの、おおむね順当なスコアといえそうです。

当サイトで検証してきた限り、Lightroomの書き出しはIntelよりAMDが速いことが多いです。

写真撮影が趣味の方にとっても、快適に使えるPCといえるでしょう。

Lightroomの書き出し条件は以下で統一しています。

Lightroomの書き出し条件
画像形式JPEG
画質100
カラースペースsRGB
画像のサイズ未調整(撮影データそのまま)
解像度350
メタデータすべてのメタデータ
(人物情報や撮影場所の情報は削除)

はじめてのゲーミングPCにおすすめ

GALLERIA RM5R-G60

レビューのまとめとして、GALLERIA RM5R-G60の特徴をおさらいします。

消費税・送料込で13万円以下で買える

幅広いゲームを快適にプレイ可能

設定を工夫すればライブ配信もOK

動画編集用パソコンとしても活躍

USB Type-Cポートがひとつもない

性能に限界はあるものの、13万円以下で買えるゲーミングPCとして考えれば、コスパは悪くありません。

家庭用ゲーム機からゲーミングPCへのステップアップを考えている方にもおすすめです。

記事執筆時点では48回まで分割手数料が無料で、翌日出荷という超スピード納品にも対応。

そこそこのスペックをコスパ良く手に入れたいなら、GALLERIA RM5R-G60を候補に入れてみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。