レビュー

G-Tune P3レビュー|13.3型コンパクトゲーミングノート

G-Tune P3

マウスコンピューターが販売する薄型・軽量ゲーミングパソコン、G-Tune P3をお借りしました。

持ち運びやすい13.3型のゲーミングノートで、GPUにはRadeon RX Vega M GHを搭載。

小さなボディにどれだけの性能を秘めているのか、人気ゲームをプレイして詳しく検証しました。

コンパクトなゲーミングノートを探している方はぜひご覧ください。

G-Tune P3の特徴

G-Tune P3

G-Tune P3がどういったパソコンなのか、特徴を整理すると以下の通り。

13.3型のコンパクトボディ

FPSゲームも快適に遊べる

ナローベゼルで高い没入感

ゲーム実況・動画配信も可能

60Hzのディスプレイ

一部ゲームと相性悪い

「そんなことよりどれくらいフレームレートが出るのか知りたい!」

という方はこちらからご覧ください。

スペック

CPUやグラフィックス(GPU)など、お借りしたモデルの基本スペックは以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-8709G
GPURadeon RX Vega M GH
メモリ16GB
ストレージM.2 SSD 512GB

CPUは第8世代のCore i7で、AMDの内蔵GPUを搭載した珍しいタイプ。

4コア8スレッドで動作周波数は3.10GHz(最大4.10GHz)と、ノートパソコン向けのCPUとしてはなかなかのハイスペック。

詳しいスペックはCPU-Zをご覧ください。

CPU-Zの結果

仕様上の消費電力(TDP)は100Wとかなり高めですが、これはGPUも含まれているため。

CPU-Zによると、CPU単体としてのMax TDPは45Wのようです。

Radeon RX Vega M GHについてはGPU-Zの結果をご覧ください。

GPU-Zの結果

内蔵GPUながらGTX1650と同じくらいの実力があります。

ただし、ゲームとの相性なのか多少のクセがあるため要注意。

詳しくはこのページの後半にまとめています。

ラインナップ

G-Tune P3の価格は以下の通り。

CPUGPUメモリストレージ価格(税別)
Core i7-8709GRadeon RX Vega M GH16GBM.2 SSD 512GB179,800円~

ゲーミングノートでは珍しい13.3型というコンパクトさを実現していることもあり、価格は少々高めです。

持ち運びやすさより価格の安さを優先したい方は、以下のようなモデルがおすすめ。

CPUGPUメモリストレージ価格(税別)
Core i5-9400GTX16508GBM.2 SSD 256GB119,800円~
Core i7-9750HGTX165016GBNVMe M.2 SSD 256GB
HDD 1TB
129,800円~
Core i7-9750HGTX1660 Ti16GBNVMe M.2 SSD 512GB149,800円~

いずれも15.6型とサイズは大きくなるものの、値段は大幅にダウン。

GTX1660 Ti搭載モデルなら、ほとんどのゲームを最高画質で快適に動かせます。

手の届きやすいゲーミングノートを探している方は、G-Tune P5も候補に入れてみてください。

G-Tune P5
G-Tune P5レビュー|第10世代CPU搭載の2020年モデルマウスコンピューターが販売するゲーミングノート、G-Tune P5をお借りしました。 GTX1650を搭載したエントリーモデルで、...

セールやキャンペーンを要チェック

マウスコンピューターのセール

マウスコンピューターでは定期的にセールや各種キャンペーンを開催しています。

人気モデルが大幅に値引きされたり、非常にお買い得。

ただし、どのパソコンがどの程度安くなるかは時期によってさまざま。

希望のモデルが安くなっていればラッキーです。

気になるパソコンがある方は、こまめに公式サイトをチェックしましょう。

外観・大きさ

ここからはG-Tune P3の外観をチェックしていきます。

外観
外観

マットブラックの天板にG-Tuneのロゴのみというシンプルな天板。

油分などの汚れが付着すると目立ちやすいので、気になる方はこまめに掃除しましょう。

天板
底面

仕様上の大きさは307×215mmで、小さめの鞄にもすっぽり収まります。

薄型ボディ

分厚さは19.9mm(突起部含まず)で、一般的な薄型ノートパソコンと比べると多少厚みはあるものの、ゲーミングノートとしては非常にスリム。

重量

重量は実測で約1.7kg、適度なずっしり感があります。

本当にゲームを動かせるのか心配になるくらい薄くて軽いです。

ACアダプター

ACアダプター

ACアダプターは120Wの大容量のものが付属。

一般的な薄型ノートパソコンのACアダプターに慣れている方だと、意外と大きくて驚くかもしれません。

アダプターの重量

ACアダプター単体で約500gあるため、パソコンと一緒に持ち歩くと約3kg。

ちょっとした筋トレになりそうです。

バッテリーは着脱式で、仕様上の駆動時間は約9.6時間とたっぷり。

とはいえゲームを起動するときは基本的にACアダプターにつなげましょう。

ちょっとした事務作業程度なら、バッテリーだけでも数時間は何とかなりそうです。

インターフェイス

薄型ノートパソコンの宿命ですが、各種インターフェイスは最小限です。

左側面のインターフェイス
  • 電源
  • USB3.0 ×1
  • マイク・イヤホン
右側面のインターフェイス
  • USB3.1 Type-C(Thunderbolt3 対応)×1
  • HDMI
  • USB3.0 ×1

USB Type-CはThunderbolt3に対応で、ディスプレイ出力と常時給電にも対応。

外部モニターへの接続はUSB Type-CかHDMIを使いましょう。

背面

背面には何もありません。

キーボード

キーボード

キーボードは80キーの日本語配列。

キーピッチは約19mmと若干広めで、キーストロークは約1.7mmとノートパソコンとしてはしっかり打ち込める感覚があります。

クセのない配列でスムーズにタイプできますが、打鍵感はそれなり。

タッチパッド

タッチパッドは一体型で、かなり広めに作られています。

さらさらとした質感で、スムーズに操作できます。

電源ボタン
珍しいシール

電源ボタンは今までのG-Tuneになかったデザイン。

IntelとRadeonが合体したシールも珍しいです。

バックライト

バックライトは白色単色。

色や発光パターンを変えることはできません。

ディスプレイ

ディスプレイ

ディスプレイは13.3型で解像度はフルHD(1,920×1,080)の光沢液晶。

リフレッシュレートは60Hzのようで、FPSゲームをヌルヌル動かしたい方はゲーミングモニターにつなげる必要があります。

ナローベゼル(狭額縁)で非常に見やすいですが、角度によっては蛍光灯などががっつり映り込むため要注意。

グレア液晶

つやつやの光沢仕様が嫌な方は、家電量販店などで13.3型用の艶消しシートを買いましょう。

最大開閉時

ディスプレイは最大でここまで開きます。

sRGBカバー率92%

ディスプレイの色域をi1 Display Proでチェックしたところ、sRGBカバー率は92%でした。

色域のグラフ
ガンマカーブ

薄型ノートパソコンとして考えると、なかなか広いです。

厳密な色管理が求められる業務には向かないものの、ゲーミング用途ならまったく問題ありません。

とてもきれいな画面でゲームを遊べます。

G-Tune P3のベンチマーク

G-Tune P3

ここからはG-Tune P3の性能を、各種ベンチマークソフトを使用して数値化していきます。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

CINEBENCH R15

CINEBENCH R15

まずはCINEBENCH R15でCPUの性能をチェックしてみたところ、808cbという結果でした。

主なCPUとスコアを比較してみると以下の通り。

CINEBENCH R15 スコア比較
Core i7-9750H
1,280
Core i5-9300H
868
Core i7-8709G
808
Core i7-8565U
733

何度か試してみたものの、同じく4コア8スレッドのCore i5-9300Hを超えられず。

一般的な薄型ノートパソコンによく搭載される、末尾に「U」を冠したモデルよりは高いスコアが出ています。

Fire Strike

Fire Strike

3DMarkのFire Strikeは8,538でした。

主なグラフィックカードとスコアを比較してみると以下の通り。

Fire Strike スコア比較
GTX1660
11,588
Radeon RX Vega M GH
8,538
GTX1650
8,296
GTX1050 Ti
6,428

前評判通り、GTX1650のスコアを上回りました。

グラフィック設定を適切に調整すれば、ほとんどのゲームを快適に遊べるスコアです。

VR Mark

Orange Room

VRMarkのOrange Roomは4,588というスコアが出ました。

さすがに薄型ゲーミングノートでVRゲームはしんどいかもしれません。

Orange Roomより重いCyan RoomとBlue Roomの結果は以下の通り。

Cyan Room

Cyan Room

Blue Room

Blue Room

Steam VRパフォーマンステスト

Steam VRパフォーマンステスト

Steam VRパフォーマンステストは最高スコアの「レディ」に届かず。

やはりVRゲームを快適に遊ぶには、もう少しスペックの高いパソコンが必要です。

VRゲームで遊ぶには別途専用のVRヘッドセットが必要です

Crystal Disk Mark

CrystalDiskMarkでストレージの転送速度をチェックしたところ、読み込みで約2,000MB/sでした。

Crystal Disk Mark

Intel CPUで使えるハイエンドクラスのM.2 SSDだと読み込みで3,000MB/sを超えるので、まずまずのスコアです。

一般的なSSD(SATA)やHDDと平均的な転送速度をまとめると以下の通り。

ストレージの転送速度
NVMe M.2 SSD
(Gen4)
5,000
NVMe M.2 SSD
3,000
SSD(SATA)
550
HDD
120

NVMe M.2 SSD(Gen4)は、今のところ第3世代のRyzenとX570チップセットのマザーボードの組み合わせという限られた環境下でしか使えません。

オンラインゲーム

有名オンラインゲームのベンチマークソフトも走らせました。

いずれも解像度は1920×1080(フルHD)のノートパソコンに設定しています。

重量級ゲームのFF15が軽量品質で「やや快適」、FF14は最高品質で「非常に快適」でした。

もっとも軽いはずのドラクエXは、なぜかスコアが伸びず。

設定を変えていろいろ試しても「すごく快適」に届きませんでした。

少々特殊なCPU&GPUなので、ゲームによっては相性が良くないかもしれません。

FF15

FF15ベンチマーク結果
高品質2994(やや重い)
標準品質4397(普通)
軽量品質5733(やや快適)

FF14 漆黒の反逆者

FF14のベンチマーク結果
最高品質8125(非常に快適)

ドラゴンクエストX

DQ10ベンチマーク結果
最高品質4832(普通)
標準品質7088(とても快適)
低品質7661(とても快適)

PCゲームのフレームレート検証

G-Tune P3

ここからは実際にパソコンゲームを動かして、どれくらいのフレームレートが出たかご紹介します。

平均フレームレートの算出にはMSIのAfterburnerを主に使用。

目立ったカクつきが発生しないように、ゲームに合わせてグラフィック設定を調整しました。

結果は以下の通り。

Apex legends
Apex legends
中画質68fps
PUBG
PUBG
最高画質38fps
PUBG Lite
PUBG Lite
最高画質103fps
フォートナイト
フォートナイト
最高画質46fps
Battlefield V
Battlefield V
低画質48fps
ボーダーランズ3
ボーダーランズ3
低画質51fps
CS:GO
CS:GO
最高画質137fps

レインボーシックスシージ
レインボーシックスシージ
最高画質92fps
MHW:IB
モンスターハンターワールド
低画質57fps
SEKIRO
SEKIRO
最高画質49fps
League of Legends
League of Legends
最高画質124fps
Rocket League
Rocket League
最高画質165fps

レインボーシックスシージやPUBG Liteなどの軽めのFPSゲームは最高画質でサクサク動かせました。

Battlefield Vやボーダーランズ3、モンスターハンターワールド アイスボーンなどの重いゲームはグラフィック設定を「低」まで落とせばスムーズに遊べます。

グラフィックは粗くなりますが、13.3型の小さなディスプレイだとそこまで気になりません。

カジュアルに楽しむ程度なら、まったく問題なくプレイ可能です。

CoD:MWは起動できず

Apex Legendsやフォートナイトなどは問題なく動かせたのですが、CoD:MW(Call of Duty: Modern Warfare)だけ起動できませんでした。

CoD:MW
CoD:MW

エラー画面を見る限り、どうやらRadeon RX Vega M GHでは起動できないようです。

CoD:MWで遊びたい方は、少なくともGTX1650以上を搭載したゲーミングパソコンを探しましょう。

格闘ゲームと相性悪い

格闘ゲームは低スペックPCでも最高画質でスムーズに動かせることが多いのですが、今回はダメでした。

最低画質に設定しても、ひどいカクつきが発生。

ストリートファイターV
ストリートファイターV
低画質26fps
DEAD OR ALIVE 6
DEAD OR ALIVE 6
低画質15fps

格闘ゲームで60fpsをキープできないということは、まともに遊べるレベルではないということ。

多少のカクつきならまだしも、ほぼスローモーションのような状態でした。

ほかのジャンルはそれなりに動かせたのに、スト5とDOA6だけピイポイントで動作が重くなったのは謎。

Radeon RX Vega M GHと相性が良くないのかもしれません。

ゲーム実況や動画配信も可能

ゲーム実況をTwitchで配信できるかも検証しました。

配信ソフトは無料で使えるStreamlabs OBSを使用、配信と同時に録画も実施です。

MHWの配信

まずは低画質のモンスターハンターワールド アイスボーン。

配信動画の解像度を1,228×691に落として、フレームレートを30にすれば問題なく配信できました。

配信はできるものの、グラフィックの粗さが目立つため、視聴者には見づらいかもしれません。

高画質で配信するには、もっとハイスペックなゲーミングパソコンが必要です。

PUBG MOBILEの配信

続いてキャプチャーボードをつなげて、スマホゲームのPUBG MOBILEをテスト。

こちらは何の問題もなくスムーズに配信できました。

PS4やSwitchなど、コンソール機の配信用パソコンとしても使えそうです。

クリエイティブ用途の動作検証

G-Tune P3

続いて動画や写真の編集など、クリエイティブ用途でも快適に使えるかを検証しました。

Premiere Proで動画編集

Premiere Proで動画編集

AdobeのPremiere ProでYoutube動画の編集を試したところ、とくに問題なく動かせました。

ちょっとした動画編集なら問題なくこなせそうです。

ただ、画面が小さくて作業しづらいので、外付けモニターの活用をおすすめします。

また、メモリを16GBから増やせない仕様のため、After Effectsで凝った演出を加えたり、4K動画の編集などは厳しそうです。

4K動画の書き出し

参考までに、4K動画の書き出し時間を計測しました。

検証のために用意したのは、GoPro HERO7 Blackで撮影した4K 60fpsの動画データ。

書き出し条件とかかった時間は以下の通り。

H.264(Youtube 1080p FHD)30:13
H.264(Youtube 2160p 4K UHD)33:42

一般的な薄型ノートパソコンと比べて少し速い程度でした。

ハイスペックゲーミングPCだと、同じデータを10分以内に書き出せます。

LightroomでRAW現像

LightroomでRAW現像

デジカメで撮影したRAWデータの書き出し速度もチェックしてみました。

有効画素数3,635万のニコンD810で撮影したRAWデータ100枚をLightroomで書き出したところ、かかった時間は3分3秒。

主なCPUと結果を比較したグラフはこちら。

CPU別 RAW現像の処理速度
Core i7-9750H
2:18
Core i5-9300H
2:56
Core i7-8709G
3:03
Core i7-8565U
3:24

一般的な薄型ノートパソコンよりは速いものの、飛びぬけて素晴らしいスコアともいえません。

Lightroomの書き出し条件は以下で統一しています。

Lightroomの書き出し条件
画像形式JPEG
画質100
カラースペースsRGB
画像のサイズ未調整(撮影データそのまま)
解像度350
メタデータすべてのメタデータ
(人物情報や撮影場所の情報は削除)

G-Tune P3のまとめ

G-Tune P3

最後にもう一度G-Tune P3の特徴をおさらいします。

13.3型のコンパクトボディ

FPSゲームも快適に遊べる

ナローベゼルで高い没入感

ゲーム実況・動画配信も可能

60Hzのディスプレイ

一部ゲームと相性悪い

15.6型以上のゲーミングノートが多い中、13.3型という小型化を実現したのはすごいです。

たとえば出張が多い方で、宿泊先でもFF14にログインしたいときには最適な1台といえます。

しかしながらCoD:MWは起動できなかったり、スト5やDOA6はまともに動かせないなど、ゲームによって相性がある模様。

持ち運びやすさをそこまで求めないなら、G-Tune P5などのスタンダードなモデルがおすすめ。

薄型・軽量なゲーミングノートを探している方は、G-Tune P3を候補に入れてみてください。

\RTX30シリーズ搭載モデルが5万円OFF!/

マウスコンピューターのセール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。