レビュー

Core i5-10400FとRTX 3060 Tiのベンチマーク

Core i5-10400FとRTX 3060 Tiのベンチマーク

予算15万円でゲーミングPCを手に入れたいなら、Core i5-10400FとRTX 3060 Tiの組み合わせがおすすめです。

このページでは定番ベンチマークソフトをはじめ、人気ゲームを実際に動かしてどの程度フレームレートを出せるかについてまとめています。

ミドルスペックのゲーミングPCを探している方は、ぜひ参考にしてください。

検証用PCのスペックや概要

Core i5-10400Fのベンチマーク

今回、検証のために用意した環境は以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i5-10400F
GPUGeForce RTX 3060 Ti
メモリ8GB(8GB×1)
ストレージ240GB SSD
電源750W(80PLUS PLATINUM)

メモリは16GB(8GB×2)が望ましいですが、今回は8GB(8GB×1)で検証しました。

また、電源が750Wとなっているのは、手持ちの電源がこれしかなかっただけで、NVIDIAの公式サイトによると、RTX 3060 Tiの推奨電源は600Wとなっています。

RTX 3060 Ti単体のレビューは別途まとめているので、こちらも合わせてご覧いただくと、CPUやメモリによるスコアの変化がわかりやすいです。

GeForce RTX 3060 Tiレビュー
GeForce RTX 3060 Tiレビュー|ミドルスペック最強クラスの高コスパグラボMSIのRTX 3060 Ti VENTUS 2X OCを購入しました。 このページでは、定番のベンチマークソフトや各種ゲームで検...

定番ベンチマークのスコア

Core i5-10400Fのベンチマーク

ここからは定番のベンチマークソフトのスコアをご紹介します。

まずはパソコンの総合的な性能をチェックするPC Mark10を試したところ、6,021というなかなかのハイスコアが出ました。

PC Mark10

一般的な薄型ノートPCだと「Digital Content Creation」のスコアは4,000ちょっとですから、恐ろしいポテンシャルを秘めています。

ゲームはもちろん、ExcelやWordなどの事務作業、各種クリエイティブ用途もサックサクにこなせるスペックです。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20

主なCPUとCINEBENCH R20のスコアを比較してみると以下の通り。

CINEBENCH R20 スコア比較
Core i7-10700
3,514
Core i7-10750H
3,200
Core i5-10400F
3,129
Core i7-9750H
2,871
Core i5-10300H
2,237

ゲーミングノートに搭載されることが多い、Core i7-10750Hとほぼ同じスコアでした。

当然ですが、上位モデルのCore i7-10700には敵いません。

Fire Strike

3DMarkのFire Strike

3DMarkのFire Strikeは21,137と、想定より少し低めのスコアが出ました。

主なグラフィックカードとスコアを比較すると以下の通り。

Fire Strike スコア比較
RTX 3070
26,029
RTX 3060 Ti
Core i9-9900K、RAM 64GB
24,173
RTX 3060 Ti
Core i5-10400F、RAM 8GB
21,137
RTX 2070 SUPER
20,931
RTX 2060 SUPER
19,624

Core i5-10400Fには内蔵GPUがないからか、もしくはメモリ8GBが足を引っ張っているのかもしれません。

とはいえRTX 2070 SUPER以上のスコアを出せているので、ミドルスペックのゲーミングPCとして考えれば十分な性能といえるでしょう。

VR Mark

VR Markの各種スコアはご覧の通り。

Orange Room
Orange Room
Cyan Room
Cyan Room
Blue Room
Blue Room

VRヘッドマウントディスプレイがあれば、グラフィックの重いVRゲームもそこそこ快適にプレイできるスコアです。

オンラインゲーム

定番ベンチマークソフトを、それぞれフルHD解像度の設定で走らせました。

重量級ゲームのFF15は高品質で「とても快適」という結果に。

フルHDモニターならグラフィックの重いゲームもスムーズに動かせます。

FF14とドラクエXはグラフィックが軽いので、最高画質でサックサクです。

FF15

FF15ベンチマーク結果
高品質9374(とても快適)
標準品質12230(非常に快適)
軽量品質13517(非常に快適)

FF14 漆黒の反逆者

FF14のベンチ-マーク
最高品質17538(非常に快適)

ドラゴンクエストX

DQ10ベンチマーク結果
最高品質20644(すごく快適)

PCゲームのフレームレート検証

Core i5-10400FとRTX 3060 Ti搭載PC

ここからは実際にパソコンゲームを最高画質で動かして、どれくらいのフレームレートが出たかご紹介します。

動画にもまとめているので、あわせてご覧いただくとよりわかりやすいです。

フレームレートの抽出にはMSIのAfterburnerとGeForce Experienceを使用。

まずはフォートナイトとApex LegendsをフルHD解像度でプレイして、最高画質と低画質、それぞれの平均フレームレートをチェックしました。

フォートナイト
最高画質124fps
低画質192fps
Apex Legends
最高画質120fps
低画質157fps

マップの位置や状況によってフレームレートは大きく変動するものの、いずれも最高画質で100以上をキープできました。

低画質では瞬間的に200を超える場面もあり、Core i5とメモリ8GB(8GB×1)でもRTX 3060 Tiの性能をそこそこ引き出せるようです。

Core i9&メモリ64GBの環境と比べると、さすがにフレームレートは落ち込んでいますが、ミドルスペックのゲーミングPCとして考えれば、十分合格点といえるでしょう。

そのほかの人気ゲームはすべて最高画質でプレイして、平均値を算出しました。

最高画質での平均フレームレート
PUBG146fps
VALORANT189fps
Rainbow Six Siege226fps
モンスターハンターワールド:アイスボーン80fps

VALORANTやレインボーシックスシージのような軽めのゲームなら、最高画質のままで常時200前後をキープ可能。

少し画質を調整すれば300前後も狙えるので、240Hz以上の高リフレッシュレートに対応したゲーミングモニターが欲しくなります。

レイトレーシング性能

続いてレイトレーシング(DXR)に対応したゲームのフレームレートをチェックしました。

解像度はフルHD、ゲームのグラフィック設定はすべて最高に設定しています。

CoD:BOCW
DXR ON70fps
DXR OFF122fps
Battlefield V
DXR ON72fps
DXR OFF116fps

いずれもDXR ONの状態で60以上をキープできました。

ただし、CoDとBattlefield Vは見た目がほんのり変わる程度なので、DXRの必要性はほとんど感じません。

シングルプレイのモードをじっくり楽しむなら、DXRをONにしてもいいと思います。

WATCH DOGS LEGION
DXR ON18fps
DXR OFF38fps
Cyberpunk 2077
DXR ON44fps
DXR OFF72fps

WATCH DOGS LEGIONはグラフィックが激重で、DXR ONの状態ではフレームレートが20すら下回ります。

Cyberpunk 2077はDXR ONで40以上をキープできるものの、場面によってはカクつきを感じることも。

ただ、グラフィックの変化が顕著に現れるので、ゲーム世界観をより楽しみたいならDXRはなるべくONにしたいところ。

DXR ON
DXR ON
DXR OFF
DXR OFF

画質を優先するか、フレームレートを優先するかは、プレイスタイルに合わせて判断しましょう。

ゲーム実況のライブ配信

ゲーム実況をTwitchでスムーズに配信できるかも検証しました。

配信ソフトは無料で使えるOBS(Open Broadcaster Software)を使用、配信と同時に録画も実施します。

Apex Legendsの配信

Apex Legendsの配信を試したところ、ソフトウェアエンコードでは配信動画の画質劣化が目立ち、カクつきも散見されました。

さすがにCore i5では限界があります。

いろいろ試した結果、以下の設定であればスムーズに配信ができました。

OBSのおすすめ設定
ゲームの画質
出力解像度1080p(1,920×1,080)
FPS共通値60
映像ビットレート2,500 Kbps
配信エンコーダハードウェア(NVENC)
音声ビットレート128
高度なエンコーダ設定Performance
録画品質高品質、ファイルサイズ中
録画フォーマットmkv
配信後にmp4へ再多重化
録画エンコーダハードウェア(NVENC)

ゲームの画質を犠牲にしていますが、配信中のフレームレートは常時100以上をキープ。

快適にゲームを動かしながら、配信と録画もこなせました。

配信するゲームによってCPUやGPUの負荷は変わります。ゲームに合わせて設定を工夫することが大切です。

スマホゲームも余裕で配信可能

PUBG MOBILEの配信

キャプチャーボードをつないでスマホゲームの配信も試してみました。

iPhone8でPUBG MOBILEの配信を試したところ、こちらも1080pかつ60fpsでスムーズに配信&録画できました。

配信中のCPU使用率は8%前後、GPU使用率も70%前後とかなり余裕があります。

スマホゲームやコンソール機の配信がメインなら、GTX 1650でも十分こなせます。

激安パソコンでライブ配信する方法
10万円以下の激安パソコンでゲーム実況をライブ配信する方法フォートナイトやApex Legendsなど、人気ゲームのライブ配信に挑戦したい! と考える方はとても多いですが、ゲーム実況の配信...

自作の費用目安とBTOとの比較

Core i5-10400Fのベンチマーク

ここからはCore i5-10400FとRTX 3060 Tiを搭載したゲーミングPCを、いかに安く手に入れるかについて解説します。

自作したほうが費用を抑えられるというメリットはあるものの、万が一故障やトラブルが起きたとき、すべて自己責任になるというデメリットもあります。

ゲーミングPCを自作するか、BTOメーカーの完成品を買うべきか迷ったときは、以下の記事を参考にしてください。

自作とBTOパソコンの特徴を比較
自作とBTOパソコンの特徴を比較!両者のデメリットを解説「ゲーミングPCが欲しい!」 と思ったとき、ドスパラやパソコン工房のようなBTOメーカーで完成品を買うか、自作するかで迷う方はとて...

価格重視で組む場合の見積

PCを自作する様子

リスクを理解したうえで、とにかく費用を抑えたいなら自作がおすすめ。

一例として、以下の構成なら11万円台で組むことができます。

自作する場合の見積
CPUIntel Core i5-10400F18,660円
マザーボードGIGABYTE B460M DS3H8,209円
GPUMSI RTX 3060 Ti VENTUS 2X OC58,080円
メモリCORSAIR CMK8GX4M1A2666C165,245円
電源玄人志向 KRPW-L5-600W/80+ (600W)4,941円
ケースThermaltake Versa H172,915円
ストレージCrucial BX500 240GB16,967円
OSWindows 10 Home 64bit(DSP)
合計115,017円

ストレージとOSはセット販売の価格です。

価格は抑えられているものの、ストレージ容量が240GBと非常に少なく、電源も80PLUS認証で最低ランクのSTANDARDと、スペックを犠牲にしている感は否めません。

そこそこ安心感のあるスペックで仕上げるとなると、13万円前後は考えておいたほうが良いでしょう。

PCパーツの価格は時期によって変動します。最新価格は各販売サイトでご確認ください。

無線LANは別途費用

無線LAN子機

先ほどご紹介した構成の場合、インターネットは有線でつなげないといけません。

ご家庭の都合で有線をつなげられない方は、Wi-Fiに対応したマザーボードを買うか、無線LANのアダプターなどを別途用意する必要があります。

Wi-Fi対応のマザーボードは高いので、費用を抑えたいならUSBタイプの無線LANアダプターがおすすめです。

ゲーミングPCが無線LAN非搭載だったときの対処法
ゲーミングPCが無線LAN非搭載だったときの対処法「ゲーミングPCを買ったのに、ネットにつながらない!」 と悩む方は意外なほど多いです。 早くゲームがしたいのに、ネットにつな...

BTOメーカーの販売価格

新型ガレリア

手先が器用でない方や、PCに苦手意識がある方は、BTOメーカーで完成品を買いましょう。

ゲーミングPCを販売するメーカーはたくさんありますが、とにコスパの高いモデルをピックアップしました。

主なスペック
フロンティアドスパラパソコン工房
モデルGXシリーズGALLERIA
RM5C-R36T
LEVEL-M046
iX4-SAX
CPUCore i5-10400FCore i5-10400
GPUGeForce RTX 3060 Ti
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
販売価格119,980円~119,980円~125,980円~
最新情報公式サイト公式サイト公式サイト

いずれも消費税と配送料が別の価格です。

フロンティアの掲載モデルはセール品のため、買えるかどうかはタイミング次第。

いつでも買えるという点では、ドスパラに軍配が上がります。

パソコンの価格や仕様は時期によって変動します。最新情報は各社の公式サイトで必ずご確認をお願いします。

価格以外の点も要比較

BTOメーカーでゲーミングPCを買うとき、価格だけに注目してはいけません。

とくにゲーミングPC初心者の方は、アフターサポートにも注目したほうが良いでしょう。

メーカーの選び方について以下の記事で詳しく解説しているので、よろしければあわせてご覧ください。

ゲーミングPCメーカーの選び方
ゲーミングPCメーカーの特徴と失敗しない選び方ゲーミングPCを買おうと思ったとき、どのメーカーを選べばいいのか迷ってしまう人は少なくありません。 テレビCMで見かけるような有名...

Core i5で十分快適に動かせる

実験用の自作PC

CPUがCore i5だとRTX 3060 Tiのポテンシャルを発揮できないのでは、と予想していましたが、性能が劇的に落ち込むことはありませんでした。(多少は落ちています)

動画編集や写真のRAW現像など、ゲーム以外の用途でもパソコンを駆使するなら、CPUはCore i7やRyzen 7を選びたいですが、ゲームを動かすだけならCore i5でも十分。

設定を工夫すればライブ配信もこなせますし、メモリを16GB(8GB×2)にすれば全体的にもう少しスコアが伸びるでしょう。

15万円以下でコスパの良いゲーミングPCを探しているなら、Core i5-10400FとRTX 3060 Tiの組み合わせは、とてもおすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。