レビュー

Core i7-12700KとRTX 3070のベンチマーク|DDR4-3200メモリ使用

Core i7-12700KとRTX 3070のベンチマーク

Core i7-12700Kを購入したので、RTX 3070と組み合わせて人気ゲームをどこまで快適にプレイできるのか検証しました。

Intelの最新世代CPUの性能が気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

検証用PCのスペックや概要

Core i7-12700KとRTX 3070

今回、検証のために用意した環境は以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-12700K
GPUGeForce RTX 3070
メモリDDR4-3200 32GB(16GB×2)
ストレージ1.5TB M.2 SSD
電源1200W(80PLUS PLATINUM)

メモリがDDR4なのは、DDR5メモリを買えなかったから。

容量は32GB(16GB×2)積んでいますが、ゲーム用途なら基本的に16GB(8GB×2)あれば十分です。

必要以上にメモリを増やしても、ゲームのフレームレートにはほとんど影響しません。

CPUとGPUの細かい情報を知りたい方は、こちらをご覧ください。

CPU-Z
CPU-Z
GPU-Z
GPU-Z

グラボはPalitのRTX3070 GamingPro OC 8GBを使用。

電源が1200Wとなっているのは手持ちの電源がこれしかなかっただけで、NVIDIAの公式サイトによると、RTX 3070搭載PCの推奨電源は650Wとなっています。

オーバークロック設定

TUF GAMING Z690-PLUS D4

マザーボードはASUSのTUF GAMING Z690-PLUS D4を使用。

「Ai Overclock Tuner」という、自動でオーバークロックしてくれる設定を使用しています。

Ai Overclock Tuner

手動設定ではブルースクリーンを連発したため自動設定に任せました。

CPU設定
メモリ設定

BIOSで設定できる項目はマザーボードのメーカーやパーツ構成によって変わるので、参考程度にご覧ください。

定番ベンチマークのスコア

Core i7-12700K

ここからは定番のベンチマークソフトのスコアをご紹介します。

ライバルであるRyzen 7 5800Xと比較できるとベストと思いますが、あいにく所持していないため、前世代のCore i7-11700Kとの比較がメインです。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23

まずはCPUの性能をチェックするCINEBENCH R23のスコアから。

CINEBENCH R23(Multi)のスコア比較
Core i7-12700K
21,702
Core i7-11700K
13,904
Core i5-12600K
16,831
Ryzen 5 5600X
10,132

12世代CPUはCINEBENCH R23向けにチューンされているようですが、素晴らしいスコアです。

シングルコアのスコアはこちら。

CINEBENCH R23(Single)のスコア比較
Core i7-12700K
1,883
Core i7-11700K
1,492
Core i5-12600K
1,827
Ryzen 5 5600X
1,535

Core i7-12700Kのスコアが高いのはもちろんですが、Core i5-12600Kも健闘しているのがわかります。

3D Markのスコア

3D Mark

続いて超定番の3D Markから、主要ベンチマークを試した結果がこちら。

Time Spy

Time Spyのスコア比較
RTX 3080
Core i7-11700K
15,367
RTX 3070
Core i7-12700K
14,041
RTX 3070
Core i7-11700K
13,054

さすがに上位グラボであるRTX 3080のスコアには届かないものの、CPUが変わっただけでスコアが1,000近く伸びています。

Fire Strike

Fire Strikeのスコア比較
RTX 3080
Core i7-11700K
29,826
RTX 3070
Core i7-12700K
29,189
RTX 3070
Core i7-11700K
26,740

こちらはRTX 3080に匹敵する伸びを見せました。

Core i7-12700KならRTX 3070の性能を最大限に引き出せるということでしょうか。

Port Royal

Port Royalのスコア比較
RTX 3080
Core i7-11700K
10,999
RTX 3070
Core i7-12700K
8,392
RTX 3070
Core i7-11700K
8,299

レイトレーシングの性能をチェックするPort Royalはほとんどスコアに差が出ず。

これは筆者の推測ですが、レイトレーシングの処理はGPUに依存する要素が大きく、CPUの性能は影響しづらいのかもしれません。

定番ベンチマークのスコア

FF15FF15とFF14(暁月のフィナーレ)のベンチマークソフトを、それぞれフルHDの最高設定で走らせました。

FF15

FF15(フルHD、高品質)のスコア比較
RTX 3080
Core i7-11700K
12,191
RTX 3070
Core i7-12700K
13,339
RTX 3070
Core i7-11700K
11,734

なんということでしょう、RTX 3080のスコアを超えてしまいました。

FF14 暁月のフィナーレ

FF14(フルHD、最高品質)のスコア比較
RTX 3080
Core i7-11700K
22,066
RTX 3070
Core i7-12700K
24,604
RTX 3070
Core i7-11700K
21,084

こちらもRTX 3080のスコアを超える結果に。

Core i7-12700Kを使うと、グラボがワンランク上にグレードアップした気になれます。

人気ゲームのフレームレート

フォートナイト

ここからは実際に人気ゲームをプレイして、フレームレートの平均値を算出しました。

今回検証したのは以下の通り。

  1. フォートナイト
  2. Apex Legends
  3. Call of Duty: Vanguard
  4. VALORANT
  5. Rainbow Six Siege
  6. モンスターハンターライズ

それぞれ順にご紹介します。

フォートナイト

フォートナイト(FHD 最高画質)の比較
RTX 3080
Core i7-11700K
155
RTX 3070
Core i7-12700K
142
RTX 3070
Core i7-11700K
151

フォートナイトはリプレイ機能を使用し、撃ち合い中のシーンを含む、同一場面の平均フレームレートを計測した結果です。

Core i5-12600Kでも同じような傾向が出ていましたが、12世代CPUはフォートナイトの最高画質だとイマイチ伸びづらいようです。

といはいえ最高画質で140前後出ていれば、実用上はほとんど問題ありません。

フォートナイト(FHD 低画質 DX11)の比較
RTX 3080
Core i7-11700K
266
RTX 3070
Core i7-12700K
366
RTX 3070
Core i7-11700K
245

低画質はレンダリングモード「DirectX11」で、「3D解像度」のみ100%に設定して検証。

画質を落とすと、Core i7-12700Kが一気に逆転しました。

驚異的な伸び方です。

フォートナイト(FHD 低画質 PFmode)の比較
RTX 3080
Core i7-11700K
341
RTX 3070
Core i7-12700K
478
RTX 3070
Core i7-11700K
334

こちらはレンダリングモードを「パフォーマンス」に変えて試した結果です。

Core i7-12700KとRTX 3070だと、フレームレートが瞬間的に600を超える場面もちらほら。

360Hz以上のゲーミングモニターを使っている方にも安心しておすすめできる構成です。

Apex Legends

Apex Legends(FHD 最高画質)の比較
RTX 3080
Core i7-11700K
151
RTX 3070
Core i7-12700K
160
RTX 3070
Core i7-11700K
142

Apex Legendsはカジュアルマッチを実際にプレイ。

近接での撃ち合いシーンを含めた、5分間の平均フレームレートを計測した結果です。

フレームレートの変動が激しいものの、最高画質でも160前後をキープできました。

Apex Legends(FHD 低画質)の比較
RTX 3080
Core i7-11700K
194
RTX 3070
Core i7-12700K
231
RTX 3070
Core i7-11700K
180

画質を落とすと230前後まで伸びました。

ガチ勢の方でも納得できる性能でしょう。

Call of Duty: Vanguard

CoD: Vanguard(FHD 最高画質)の比較
RTX 3080
Core i7-11700K
156
RTX 3070
Core i7-12700K
142
RTX 3070
Core i7-11700K
137

Call of Duty: Vanguardはチームデスマッチをボットのみでプレイ。

最高画質でも140前後のフレームレートを出せます。

CoD: Vanguard(FHD 最低画質)の比較
RTX 3080
Core i7-11700K
208
RTX 3070
Core i7-12700K
236
RTX 3070
Core i7-11700K
207

Core i7-11700Kではイマイチ伸びづらかった最低画質も、Core i7-12700Kなら240前後で安定します。

VALORANT

VALORANT(FHD 最高画質)の比較
RTX 3080
Core i7-11700K
337
RTX 3070
Core i7-12700K
439
RTX 3070
Core i7-11700K
302

VALORANTはプラクティスのスパイク解除モードで検証。

グラフィックが軽いこともあり、最高画質で平均値は400を超えました。

実際のマッチでは多少変動すると思われます。

Rainbow Six Siege

Rainbow Six Siege(FHD 最高画質)の比較
RTX 3080
Core i7-11700K
367
RTX 3070
Core i7-12700K
385
RTX 3070
Core i7-11700K
363

レインボーシックスシージはベンチマークモードで検証した結果です。

こちらも素晴らしいスコアを叩き出しています。

モンスターハンターライズ

モンスターハンターライズ(FHD 最高画質)の比較
RTX 3080
Core i7-11700K
144
RTX 3070
Core i7-12700K
194
RTX 3070
Core i7-11700K
142

モンハンライズは体験版のオサイズチ討伐クエストをプレイ。

最高画質でヌルヌル快適にプレイできます。

レイトレーシング性能

FARCRY6

レイトレーシング対応ゲームの平均フレームレートも検証しました。

今回検証したのは以下の通り。

  1. Bright Memory RTX Benchmark
  2. WATCH DOGS LEGION
  3. FARCRY6

順にご紹介します。

Bright Memory RTX Benchmark

Bright Memory(DXR ON)
RTX 3080
Core i7-11700K
101
RTX 3070
Core i7-12700K
83
RTX 3070
Core i7-11700K
79

以下の設定で試したときの平均フレームレートです。

  1. 解像度:フルHD
  2. RTX Quality:Very High
  3. DLSS:Quality

Port Royalと同じく、GPUが同じだとスコアに大きな差が出ないようです。

WATCH DOGS LEGION

WATCH DOGS LEGION(DXR OFF)
RTX 3080
Core i7-11700K
77
RTX 3070
Core i7-12700K
80
RTX 3070
Core i7-11700K
77

WATCH DOGS LEGIONは最高画質でベンチマークモードを走らせた結果です。

誤差の範囲ともいえそうですが、RTX 3080のスコアをわずかに上回りました。

WATCH DOGS LEGION(DXR ON)
RTX 3080
Core i7-11700K
56
RTX 3070
Core i7-12700K
68
RTX 3070
Core i7-11700K
45

DXR ONでも70前後まで伸びるため、快適にプレイできます。

FARCRY6

FARCRY6(DXR OFF)
RTX 3080
Core i7-11700K
92
RTX 3070
Core i7-12700K
120
RTX 3070
Core i7-11700K
89

FARCRY6もベンチマークモードを使用。

ゲームとの相性が良いのか、RTX 3080のスコアを大幅に上回りました。

FARCRY6(DXR ON)
RTX 3080
Core i7-11700K
56
RTX 3070
Core i7-12700K
68
RTX 3070
Core i7-11700K
45

DXR ONでも素晴らしいスコアです。

ゲーム実況・ライブ配信

Apex Legendsの配信

Twitchでスムーズに配信できるかも検証しました。

配信ソフトは無料で使えるOBS(Open Broadcaster Software)を使用し、配信と同時に録画も実施します。

Apex Legendsの配信を試したところ、以下の設定でスムーズにライブ配信ができました。

OBSのおすすめ設定
ゲームの画質中~最高
出力解像度1080p(1,920×1,080)
FPS共通値60
映像ビットレート6,000 Kbps
配信エンコーダハードウェア(NVENC)
音声ビットレート128
録画品質高品質、ファイルサイズ中
録画フォーマットmkv
配信後にmp4へ再多重化
録画エンコーダハードウェア(NVENC)

CPUが非常に強いため、ソフトウェア(x264)エンコードでも最高画質のままスムーズに配信&録画ができます。

配信中もゲームのフレームレートはほとんど落ちないため、画質にこだわって配信したい方にもおすすめの構成です。

VTuberにもおすすめ

アバター付きの配信

アバターを表示させながら配信&録画も試してみました。

今回使用した3tenePROというソフトはGPUに依存する要素が大きいようで、ハードウェアエンコードでは「負荷が高い」とOBSの警告が表示されました。

ソフトウェアエンコードなら警告が表示されることもなく、スムーズに配信と録画ができました。

ただし、ソフトウェアエンコードでアバターも表示しているとCPU温度が80度を超える場面が多くなります。

何時間も連続で配信するなら、ハイエンドクラスの簡易水冷CPUクーラーを使ったほうが良いでしょう。

ゲームプレイ中の消費電力

消費電力

Apex LegendsをフルHDの最高画質でプレイし、検証用PC全体の平均消費電力を計測しました。

平均消費電力の比較
RTX 3070
Core i7-11700K
383
RTX 3070
Core i7-12700K
350
RTX 3060 Ti
Core i7-11700K
364

これはCORSAIRの「iCUE」を使用し、HX1200iの電源入力ログを5秒間隔で5分間取得した結果です。

12世代CPUは消費電力が激しいと聞いていましたが、今回検証した限り、Core i7-11700Kより落ち着いています。

ゲームを動かす程度なら、消費電力はあまり気にしなくてよさそうです。

ゲームプレイ中のCPU温度

CPU温度

Apex Legendsプレイ中のCPU温度も計測したところ、平均値は53℃でした。

CPUクーラーはNoctuaのNH-U12A chromax.blackを使用。

ゲームを動かすだけなら、空冷CPUクーラーでも十分冷やせそうです。

CPU温度(CINEBENCH R23)

CINEBENCH R23を10分間走らせているときのCPU温度も計測したところ、平均76℃という結果でした。

70度台をキープできるなら問題ありませんが、CPUを酷使する場面が多い方は、簡易水冷CPUクーラーを導入したほうがいいかもしれません。

おすすめのゲーミングPC

Core i7-12700KとRTX 3070

Core i7-12700KとRTX 3070を搭載したゲーミングPCは、記事執筆時点で一部のBTOパソコンメーカーで販売を開始しています。

いくつかピックアップしてご紹介します。

価格や仕様は時期によって変動するため、最新情報は各メーカーの公式サイトでご確認ください。

パソコン工房

LEVEL-R969-LC127K-TAX

今回調べた限り、もっとも安く買えるのはパソコン工房。

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUCore i7-12700K
GPUGeForce RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GB(8GB×2)
ストレージ1TB M.2 SSD
電源700W(80PLUS BRONZE)
販売価格261,080円(税・送料込)

メモリはDDR4-3200で電源も最低限のスペックですが、ゲームを動かす分には問題ないでしょう。

中身が見える新型ケースで、デザインがカッコいいのも魅力です。

安さ重視で選ぶならおすすめです。

TSUKUMO

G-GEAR GA7J-H214/ZB

ツクモは標準仕様だとRTX 3060が搭載されているG-GEAR GA7J-H214/ZBをカスタマイズ。

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUCore i7-12700KF
GPUGeForce RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GB(8GB×2)
ストレージ1TB M.2 SSD
電源750W (80PLUS GOLD)
販売価格270,499円(税・送料込)

CPUは内蔵GPU非搭載の「F」つきですが、CPUとしての性能に差はありません。

筆者が検証で使用したマザーボード、ASUS TUF GAMING Z690-PLUS D4のWiFi搭載モデルが採用されていて、無線でネット接続も可能。

バランスの良いパーツ構成です。

ドスパラ

GALLERIA ZA7C-R37

ドスパラでもCore i7-12700Kを搭載したGALLERIAが販売中。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-12700K
GPUGeForce RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GB(8GB×2)
ストレージ1TB M.2 SSD
電源850W(80PLUS GOLD)
販売価格293,280円(税・送料込)※離島除く

Windowsは11ではなく10ですが、購入後にアップデートが可能。

RGBファン搭載の水冷CPUクーラーをはじめ、グラボの傾きを防ぐリジッドカードサポートも標準搭載されています。

フロンティア

FRGBZ690/B

最後にご紹介するのは、フロンティアの最新モデル。

OSWindows 11 Home 64ビット
CPUCore i7-12700KF
GPUGeForce RTX 3070
メモリDDR5-4800 32GB(8GB×2)
ストレージ1TB M.2 SSD
電源1000W(80PLUS GOLD)
販売価格294,200円(税・送料込)

価格だけで比較すると高く見えますが、メモリがDDR5-4800の32GBで、電源も1000Wを搭載。

パーツをひとつずつ見ていけば、妥当な金額といえそうです。

そのうち週替わりセールにも12世代CPU搭載モデルが登場すると思われるので、こまめにチェックすることをおすすめします。

ハイスペックPCにはCore i7

Core i7-12700K

11世代と比較すると、大幅に性能がアップしました。

ようやくRyzen 7 5800Xと肩を並べられる性能に仕上がってきた、という印象です。

フォートナイトやApex Legendsなどのシューターゲームを高画質かつ高フレームレートでプレイしたいなら、Core i7-12700Kは頼もしい相棒となってくれることでしょう。

ストリーマーとしてライブ配信に力を入れたい方にとっても、安心しておすすめできるパーツ構成です。

DDR5メモリを使用すると、どの程度性能がアップするのかについては後日検証してみる予定です。

ハイスペックゲーミングPCを探しているなら、Core i7-12700KとRTX 3070の組み合わせを検討してみてはいかがでしょうか。

POSTED COMMENT

  1. まーちゃん より:

    こんちには!
    YouTubeも見させていただいております。

    ひとつ質問させてください。

    ワンクリックOCは通常と他2パターンありますがどちらを選択した場合のR23のスコアでしょうか?

    ご回答お願い致します

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。