ニュース

GIGABYTEのゲーミングPCが最大9万円OFFの激安セール中(11/23まで)

GIGABYTEのゲーミングPC

GIGABYTEのゲーミングPCがAmazonで激安セール中です。

セール期間:11月23日(水) まで

いずれも実機を触ったことはないため、排熱や静音性などの詳細は不明です。

セールの対象は以下3モデル。

主なスペック
CPURyzen 9 5900XRyzen 5 5600XRyzen 5 4500
GPURTX 3080RTX 3060GTX 1650
メモリDDR4-3200 32GBDDR4-2666 16GBDDR4-3200 16GB
ストレージ500GB(Gen4)500GB(Gen3)
セール価格269,980円141,500円119,980円

Ryzen 9 5900XとRTX 3080を搭載した最上位モデルはクーポン適用で99,820円OFFと、約10万円の大幅値引き。

いずれも記事執筆時点のAmazonの販売価格で、消費税と送料も含まれています。

イチオシはRyzen 5 5600XとRTX 3060のミドルスペックで、筆者が調べた限り、記事執筆時点で業界最安です。

フロンティアのセールでは同じようなスペックのモデルが139,800円で販売中ですが、送料を含めるとGIGABYTEのほうがちょっぴり安いです。

フロンティアのセール

ケースはGIGABYTEのC200 GLASSで、控えめなRGBライティングと強化ガラスパネルを標準搭載。(最上位モデルはケースが異なります)

GIGABYTE C200

見た目も悪くないですし、拡張性も高そうです。

ただし、マザーボードは激安モデルのB550M S2H、CPUクーラーはリテールクーラーなど、削れるところはとことん削っているのも事実。

このモデルだけメモリがDDR4-2666というのも謎です。(ゲームによってはちょっぴりフレームレートが落ちます)

Ryzen 5 5600XとRTX 3060の組み合わせで、どれくらいゲームを動かせるかは以下の記事にまとめています。

Ryzen 5 5600XとRTX 3060のベンチマーク
Ryzen 5 5600XとRTX 3060のベンチマークRyzen 5 5600Xを購入したので、RTX 3060の組み合わせで人気ゲームをどこまで快適にプレイできるのか検証しました。 ...

Ryzen 5 4500とGTX 1650のエントリーモデルは、もう少し安く買えてほしいのが本音。

1円でも安くゲーミングPCを手に入れたいなら、格安パーツをそろえて、頑張って自作したほうが出費を抑えられます。

最上位モデルはケースにAORUS C300 GLASSを採用。

AORUS C300 GLASS

メモリはDDR4-3200 32GB(16GB×2)で、マザーボードもB550 AORUS ELITE V2。

CPUクーラーには360mmラジエーターのGP-AORUS WATERFORCE X 360を標準搭載するなど、なかなか豪華なパーツ構成です。

ストレージはGen4対応ですが、500GBと控えめな容量が気になるポイントでしょうか。

とはいえRyzen 9とRTX 3080で約27万円というのは、なかなかお得感があります。

最新世代のCPUにこだわらず、コスパ良くゲーミングPCを買いたい方は、ぜひチェックしてみてください。

Amazonのクーポン

Amazonで購入する際は、クーポンの適用を忘れずに。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です