レビュー

Radeon RX 6600 XTレビュー|RTX 3060やRTX 3060 Tiと性能を比較

Radeon RX 6600 XTレビュー

ASUSが販売するグラフィックカード、ROG-STRIX-RX6600XT-O8G-GAMINGをお借りしました。

このページでは、定番のベンチマークソフトや各種ゲームで検証したRX 6600 XTの性能について詳しくまとめています。

ゲーミングPCやグラボの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ROG-STRIX-RX6600XT-O8G-GAMING

ROG-STRIX-RX6600XT-O8G-GAMING

まずはグラボのスペックやデザインなど、基本的な情報からお伝えします。

「そんなことよりベンチマークスコアが見たい!」

という方はこちらをご覧ください。

主なスペック

ROG-STRIX-RX6600XT-O8G-GAMING

まずは主なスペックを表にまとめました。

ROG-STRIX-RX6600XT-O8G-GAMINGのスペック
ビデオメモリ8GB(GDDR6)
ストリームプロセッサ2,048
コアクロックOC mode:
2607 MHz (Boost Clock)/2448 MHz (Game Clock)
Gaming mode:
2607MHz (Boost Clock)/2428 MHz (Game Clock)
メモリバス幅128bit
メモリクロック16Gbps
占有スロット2.6
補助電源8ピン ×1
サイズ243×134×52mm

アークオンラインストアでは税込67,800円で販売されていたようですが、記事執筆時点では在庫切れの状態。

筆者が確認した限り、主なネットショップは全滅でした。

GPU-Zの情報は以下の通り。

GPU-Z

もっと詳しいスペックを知りたい方は、ASUSの公式サイトをご確認ください。

GPU Tweak II

GPU Tweak II

GPU Tweak IIという無料アプリをインストールすると、グラボのモードチェンジが可能。

  1. OC mode
  2. Gaming mode
  3. Silent mode

出荷状態では「Gaming mode」になっていますが、「OC mode」に変えるとブーストクロックが若干上がります。

メモリークロックやGPUコア電圧などもいじれますが、オーバークロックは故障やトラブルを引き起こすリスクもあるため、こだわりがなければ手を出さないほうが無難です。

GPU Tweak IIはASUS公式サイトからダウンロードできます。

vBIOSの切り替え

vBIOSの切り替えスイッチ

ROG-STRIX-RX6600XT-O8G-GAMINGには物理スイッチが用意されていて、PモードとQモードへ簡単に切り替えが可能。

Qモードは省電力かつ静音を重視したモードのようで、ファンの回転音が若干静かになります。

ゲームがメインならPモードでの使用をおすすめします。

デザイン

ROGらしい個性的なデザインで、とてもカッコ良いです。

ROG-STRIX-RX6600XT-O8G-GAMING
ROG-STRIX-RX6600XT-O8G-GAMING

ツインファンで一見コンパクト見えますが、2.6スロット占有と分厚いこともあり、ずっしりとした存在感があります。

Mini-ITXなどのコンパクトなケースに組み込む際は、高さに要注意。

補助電源

補助電源は8pin×1。

側面図

マザーボードに接続して電源を入れると、ROG STRIXの文字が発光します。

ライティングの例

ミドルクラスのグラボながら、デザインにもこだわりが感じられて、とても満足感が高いです。

出力端子

出力端子

出力端子は以下の通り。

  • HDMI ×1
  • DisplayPort ×3

最大4画面まで出力可能で、最大解像度は7,680×4,320(8K)に対応。

USB Type-Cは非搭載です。

RX 6600 XTのベンチマーク結果

ROG-STRIX-RX6600XT-O8G-GAMING

ここからは定番ベンチマークソフトをはじめ、人気ゲームでRX 6600 XTの性能を細かくチェックしていきます。

グラボは「Gaming mode」で検証。

グラボ以外のパーツ構成は以下の通り。

検証用PCのパーツ構成
CPUIntel Core i7-11700K
マザーボードMSI MPG Z590 GAMING CARBON WIFI
メモリ32GB(DDR4-3200、16GB×2)
CORSAIR VENGEANCE LPX Series
電源CORSAIR HX1200i(80PLUS PLATINUM)

CPUは定格で動かしています。

メモリは32GB(16GB×2)積んでいますが、ゲーム用途なら基本的に16GB(8GB×2)あれば十分。

メモリクロックは2,933MHz(Gear1)に設定しました。

Core i9やRyzen 9など、最新世代のハイエンドCPUを使えば全体的にもう少しスコアが伸びると思われます。

いずれも筆者のPCで検証した結果です。あくまで参考程度にご覧ください。

3D Markのスコア

3D Mark

まずは超定番、3D Markの各種ベンチマークを試した結果がこちら。

Time Spy

Time Spyのスコア比較
RTX 3070
13,054
RTX 3060 Ti
11,465
RX 6600 XT
9,777
RTX 3060
9,016

RTX 3060と比べて8%ほどスコアがアップ。

RTX 3060 Tiとはそこそこ大きな差があります。

Fire Strike

Fire Strikeのスコア比較
RTX 3070
26,740
RTX 3060 Ti
23,781
RX 6600 XT
22,683
RTX 3060
20,097

Fire StrikeはRTX 3060から12%ほどスコアが上がりました。

Port Royal

Port Royalのスコア比較
RTX 3070
8,299
RTX 3060 Ti
6,954
RX 6600 XT
4,570
RTX 3060
5,216

レイトレーシングの性能をチェックするPort Royalでは、RTX 3060のスコアに届きませんでした。

まだレイトレーシングはGeForceに分があります。

定番ベンチマークのスコア

FF15FF15とFF14(暁月のフィナーレ)のベンチマークソフトを、それぞれフルHDの最高設定で走らせました。

いずれも順当なスコアといえそうです。

FF15

FF15(フルHD、高品質)のスコア比較
RTX 3070
11,734
RTX 3060 Ti
10,730
RX 6600 XT
9,240
RTX 3060
8,895

RX 6600 XTでは「とても快適」という結果に。

グラフィックの重いゲームも、そこそこ動かせます。

FF14 暁月のフィナーレ

FF14(フルHD、最高品質)のスコア比較
RTX 3070
21,084
RTX 3060 Ti
20,082
RX 6600 XT
18,348
RTX 3060
18,308

FF14はグラフィックが軽めということもあり、「非常に快適」でした。

人気ゲームのフレームレート

フォートナイト

ここからは実際に人気ゲームをプレイして、フレームレートの平均値を算出しました。

今回検証したのは以下の通り。

  1. フォートナイト
  2. Apex Legends
  3. VALORANT
  4. Rainbow Six Siege
  5. Escape from Tarkov
  6. モンスターハンターライズ

それぞれ順にご紹介します。

フォートナイト

フォートナイト(FHD 最高画質)の比較
RTX 3070
151
RTX 3060 Ti
133
RX 6600 XT
112
RTX 3060
106

フォートナイトはリプレイ機能を使用し、撃ち合い中のシーンを含む、同一場面の平均フレームレートを計測した結果です。

RX 6600 XTは最高画質でも100以上で安定します。

フォートナイト(FHD 低画質 DX11)の比較
RTX 3070
245
RTX 3060 Ti
244
RX 6600 XT
218
RTX 3060
236

低画質はレンダリングモード「DirectX11」で、「3D解像度」のみ100%に設定して検証。

平均値は200を超えますが、RTX 3060と比べるとやや見劣りします。

フォートナイト(FHD 低画質 PFmode)の比較
RTX 3070
334
RTX 3060 Ti
322
RX 6600 XT
255
RTX 3060
302

こちらはレンダリングモードを「パフォーマンス」に変えて試した結果です。

240以上出ていれば実用上は十分ですが、RX 6600 XTはGeForceと比べて低画質のフレームレートが伸びづらい印象です。

フォートナイトは場面によってフレームレートが大きく変動するので、計測タイミングが変わるともう少し結果が変わる可能性もあります。

Apex Legends

Apex Legends(FHD 最高画質)の比較
RTX 3070
140
RTX 3060 Ti
142
RX 6600 XT
118
RTX 3060
110

Apex Legendsはカジュアルマッチを実際にプレイ。

近接での撃ち合いシーンを含めた、5分間の平均フレームレートを計測した結果です。

このゲームもフレームレートの変動が非常に激しく、今回の検証ではRTX 3060 Tiがもっとも高いスコアでした。

Apex Legends(FHD 低画質)の比較
RTX 3070
180
RTX 3060 Ti
171
RX 6600 XT
164
RTX 3060
158

画質を落とすとRX 6600 XTも144以上で安定します。

非戦闘中であれば、全体的にもう少しフレームレートは伸びます。

VALORANT

VALORANT(FHD 最高画質)の比較
RTX 3070
302
RTX 3060 Ti
288
RX 6600 XT
284
RTX 3060
283

VALORANTはプラクティスのスパイク解除モードで検証。

グラフィックが軽いこともあり、最高画質で240以上のフレームレートを出せますが、実際のマッチでは多少変動すると思われます。

Rainbow Six Siege

Rainbow Six Siege(FHD 最高画質)の比較
RTX 3070
363
RTX 3060 Ti
347
RX 6600 XT
332
RTX 3060
344

レインボーシックスシージはベンチマークモードで検証した結果です。

RTX 3060のスコアに一歩届きませんでしたが、十分すぎるスコアです。

Escape from Tarkov

Escape from Tarkov(FHD 最高画質)の比較
RTX 3070
92
RTX 3060 Ti
92
RX 6600 XT
89
RTX 3060
90

タルコフは日中の「WOODS」にスポーンし、林の中を走り回った際のフレームレートを計測。

今回の検証では、ほとんど差が出ませんでした。

モンスターハンターライズ

モンスターハンターライズ(FHD 最高画質)の比較
RTX 3070
142
RTX 3060 Ti
128
RX 6600 XT
133
RTX 3060
122

モンハンライズは体験版のオサイズチ討伐クエストをプレイ。

Radeonと相性が良いのか、RTX 3060 Tiより高いスコアが出ました。

最高画質で快適にプレイできます。

レイトレーシング性能

FARCRY6

レイトレーシング対応ゲームの平均フレームレートも検証しました。

ゲームによってスコアが大きく変わるため、相性や最適化の問題があるように思います。

Bright Memory RTX Benchmark

平均フレームレートの比較
RTX 3070
79
RTX 3060 Ti
68
RX 6600 XT
22
RTX 3060
53

以下の設定で試したときの平均フレームレートです。

  1. 解像度:フルHD
  2. RTX Quality:Very High
  3. DLSS:Quality

RX 6600 XTはDLSSに対応していないため、DLSSの項目を選択できません。

DLSSの項目

Port Royalのスコアも伸び悩みましたが、RTX 3060の半分以下のスコアです。

WATCH DOGS LEGION

WATCH DOGS LEGION(DXR OFF)
RTX 3070
77
RTX 3060 Ti
69
RX 6600 XT
66
RTX 3060
61

WATCH DOGS LEGIONは最高画質でベンチマークモードを走らせた結果です。

DXR OFFなら最高画質で快適にプレイできます。

WATCH DOGS LEGION(DXR ON)
RTX 3070
45
RTX 3060 Ti
41
RX 6600 XT
8
RTX 3060
36

DXR ONでは平均フレームレートが一桁という結果に。

何度か試しましたが、ほとんどスコアは変わりませんでした。

これではまともにゲームを動かせません。

FARCRY6

FARCRY6(DXR OFF)
RTX 3070
89
RTX 3060 Ti
84
RX 6600 XT
94
RTX 3060
83

FARCRY6もベンチマークモードを使用。

ゲームとの相性が良いのか、DXR OFFならRTX 3070より高いスコアが出ました。

FARCRY6(DXR ON)
RTX 3070
71
RTX 3060 Ti
71
RX 6600 XT
69
RTX 3060
68

FARCRY6ならDXR ONでも快適にプレイできるようです。

ゲーム起動時にRadeonのロゴマークが表示されることもあり、ゲーム自体がRadeonに最適化されているものと思われます。

ゲーム実況・ライブ配信

Apex Legendsの配信

Twitchでスムーズに配信できるかも検証しました。

配信ソフトは無料で使えるOBS(Open Broadcaster Software)を使用し、配信と同時に録画も実施します。

Apex Legendsの配信を試したところ、以下の設定でスムーズにライブ配信ができました。

OBSのおすすめ設定
ゲームの画質低~中
出力解像度1080p(1,920×1,080)
FPS共通値60
映像ビットレート6,000 Kbps
配信エンコーダハードウェア(AMD)
音声ビットレート128
録画品質高品質、ファイルサイズ中
録画フォーマットmkv
配信後にmp4へ再多重化
録画エンコーダハードウェア(AMD)

ゲームによって最適な設定は変わりますが、PC1台で快適にライブ配信が可能です。

ゲームプレイ中の消費電力

消費電力

Apex LegendsをフルHDの最高画質でプレイし、検証用PC全体の平均消費電力を計測しました。

平均消費電力の比較
RTX 3070
383W
RTX 3060 Ti
364W
RX 6600 XT
313W
RTX 3060
320W

これはCORSAIRの「iCUE」を使用し、HX1200iの電源入力ログを5秒間隔で5分間取得した結果です。

わずかな差ではあるものの、RTX 3060の消費電力を下回りました。

AMDの公式サイトによると、RX 6600 XT搭載マシンの推奨電源は500Wとされていますが、たしかに500Wあれば十分といえそうです。

搭載するCPUやその他パーツによって最適な電源容量は多少変動します。

RX 6600 XTのレビューまとめ

ROG-STRIX-RX6600XT-O8G-GAMING

ベンチマークのスコアはおおむねRTX 3060を上回りましたが、実際にゲームを動かしてみると性能差はほぼ互角といったところ。

消費電力も加味すると、コストパフォーマンスという点ではRX 6600 XTがやや上でしょうか。

レイトレーシングはゲームによる差が激しいため、最新ゲームの映像美を楽しみたいならGeForceを選んだほうが無難に思います。

フォートナイトやVALORANTなどのシューターゲームがメインなら、有力候補として考えてよいでしょう。

動画にもまとめているので、よろしければあわせてご覧ください。

予算や求める性能に合わせて、納得のいくグラフィックカードを選んでください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。