レビュー

GTX1650レビュー|ROG-STRIX-GTX1650-O4G-GAMING

ASUSが販売するエントリークラスのグラフィックカード、ROG-STRIX-GTX1650-O4G-GAMINGをお借りしました。

このページでは、定番のベンチマークソフトや各種ゲームで検証したGTX1650の性能について詳しくまとめています。

ゲーミングパソコンの購入やグラフィックスの買い替えを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

外観と主な仕様

ROG-STRIX-GTX1650-O4G-GAMING

まずはROG-STRIX-GTX1650-O4G-GAMINGの基本情報や外観から見ていきます。

「そんなことよりベンチマークスコアが見たい!」

という方はこちらをご覧ください。

基本情報

ROG-STRIX-GTX1650-O4G-GAMING

ROG-STRIX-GTX1650-O4G-GAMINGの主なスペックを表にまとめました。

ちがいがわかるように、ROGブランドの上位&下位モデルと比較しています。

記載している価格はAmazon(記事執筆時点)を参考にしました。

GTX1660 TiGTX1650GTX1050
アーキテクチャTuringTuringPascal
コア数1536894640
コアクロック1860/1500MHz1830/1485MHz1455/1354MHz
メモリGDDR6 6GBGDDR5 4GBGDDR5 2GB
価格42,404円25,232円22,468円
公式サイト詳しく見る詳しく見る詳しく見る

より詳しいスペックを知りたい方は、ASUS公式サイトにてご確認ください。

GPU-Zの結果は以下の通り。

GTX1650のGPU-Z

ビデオメモリはMicron製のようです。

大きさ

GTX1650をつけた状態

ROG-STRIX-GTX1650-O4G-GAMINGはツインファン仕様で、大きさは約242×127×38.4mm。

ATX規格のケースなら問題なく収まるサイズです。

GTX1650には補助電源を必要としないモデルもありますが、こちらは6ピン×1を使用します。

GTX1650

重量が軽いため、マザーボードと接続しても自重で傾くことはありません。

今回はお借りしているものなので、念のため長尾製作所のVGAサポートステイ(マグネットタイプ)で支えています。

出力端子

出力端子

出力端子は以下の通り。

  • DisplayPort ×2
  • HDMI(2.0)×2

最大4画面まで出力可能で、最大解像度7680×4320(8K)に対応しています。

ライティング

ROG-STRIX-GTX1650-O4G-GAMINGは、ロゴ部分にAura RGBライティングを搭載。

Aura Syncにも対応しているため、音楽とライティングを同期させたり、温度に基づいて色を変えるなど、好みに合わせて発光パターンを変えられます。

ただし、ロゴが小さいため、光らせてもあまり目立ちません。

オーバークロックに対応

ASUSのGPU Tweak IIというアプリを使えば、グラフィックスのコアクロックやメモリ周波数、電圧設定などを細かく調整できます。

ただし、オーバークロックによる故障は保証対象外になる可能性があるため、くれぐれも注意してください。

定格でも問題なく使えます。

ベンチマーク結果

ROG-STRIX-GTX1650-O4G-GAMING

ここからは定番のベンチマークソフトを使って、GTX1650の性能を細かくチェックしていきます。

グラフィックス以外の構成は以下の通り。

CPUやメモリはオーバークロックさせず、定格で動かしています。

マザーボードMSI MEG Z390 ACE
CPUIntel Core i9-9900K
CPUクーラーNZXT KRAKEN X72
メモリCORSAIR DDR4 2666MHz
32GB(16GB×2)
電源CORSAIR HX750i
(80PLUS PLATINUM)
ストレージSAMSUNG 970 EVO Plus 500GB
SAMSUNG 860 EVO 1TB

CPUやメモリがボトルネックになることはないはずです。

Time Spy

GTX1650のTime Spy
Time Spy
RTX2080
10783
RTX2070
9653
GTX1660 Ti
6900
GTX1650
4006

Fire Strike

GTX1650のFire Strike
Fire Strike
RTX2080
22875
RTX2070
21122
GTX1660 Ti
15313
GTX1650
8440

VRMark

GTX1650のOrange Room

VRゲームもそこそこ快適にプレイできそうです。

VR Mark(Orange room)
RTX2080
11701
RTX2070
11535
GTX1660 Ti
9920
GTX1650
5531
Cvan room
GTX1650のCvan room
VR Mark(Cyan room)
RTX2080
10854
RTX2070
9499
GTX1660 Ti
6327
GTX1650
3592
Blue room
GTX1650のBlue room
VR Mark(Blue room)
RTX2080
3451
RTX2070
2965
GTX1660 Ti
2011
GTX1650
1092

SteamVR Performance Test

GTX1650のSteamVR Performance Test

SteamのVRベンチは「レディ」に一歩届かずといったところ。

重量級VRゲームでなければ、問題なく動かせるでしょう。

FF15

FF15
高品質4052(普通)
標準品質5284(やや快適)
軽量品質6971(快適)

フルHD解像度でベンチマークを走らせたところ、軽量品質で「快適」という結果に。

高画質でも動かせないことはなさそうですが、場面によって重く感じることがありそうです。

FF14 漆黒の反逆者

FF14のベンチ-マーク
最高品質9703(非常に快適)
高品質10911(非常に快適)
標準品質18239(非常に快適)

FF14なら最高品質でもサクサク動かせます。

DQX

DQXベンチマーク
最高品質23388(すごく快適)
標準品質23515(すごく快適)
低品質24434(すごく快適)

ドラクエXはかなり軽いゲームなので、最高品質でまったく問題なく動かせます。

フレームレート検証

ここからは実際にいくつかのゲームをプレイして、フレームレートの平均値を算出しました。

いずれも最高画質に設定して、フルHD解像度のゲーミングモニター(リフレッシュレート240Hz)で検証しました。

Apex Legends

APEX LEGENDS
最高画質(フルHD)52fps

Apex Legendsは最高画質だと50前後のフレームレートしかでません。

それなりにプレイはできますが、敵と打ち合いになったときなど圧倒的に不利です。

勝率を上げたいならグラフィック設定を落としましょう。

Apex Legends(フルHD:最高画質)
RTX2080
138fps
RTX2070
118fps
GTX1660 Ti
102fps
GTX1650
52fps

PUBG

PUBG
最高画質(フルHD)61fps

PUBGも最高画質(ウルトラ)では60前後のフレームレートで止まります。

Apex Legendsほど素早い動きはないものの、中画質程度に落としたほうがスムーズに動かせます。

PUBG(フルHD:最高画質)
RTX2080
154fps
RTX2070
152fps
GTX1660 Ti
104fps
GTX1650
61fps

フォートナイト

フォートナイト
最高画質(フルHD)66fps

フォートナイトも同じく、最高画質(エピック)では60前後のフレームレートしか出ません。

中~高画質に落として、敵チームに負けないようにしましょう。

フォートナイト(フルHD:最高画質)
RTX2080
189fps
RTX2070
174fps
GTX1660 Ti
117fps
GTX1650
66fps

レインボーシックスシージ

レインボーシックスシージ
最高画質(フルHD)138fps

レインボーシックスシージは少し古いゲームということもあり、最高画質で140前後のフレームレートを出せました。

とても快適にプレイできます。

レインボーシックスシージ(フルHD:最高画質)
RTX2080
227fps
RTX2070
215fps
GTX1660 Ti
210fps
GTX1650
138fps

CS:GO

CS:GO
最高画質(フルHD)176fps

CS:GOもグラフィック設定が軽めなので、最高画質でサクサク動かせます。

CS:GO(フルHD:最高画質)
RTX2080
280fps
RTX2070
265fps
GTX1660 Ti
263fps
GTX1650
176fps

Battlefield V

Battlefield V
最高画質(フルHD)58fps

バトルフィールド5は最高画質だと平均フレームレートは60を切ります。

シングルプレイなら問題ありませんが、マルチプレイやバトルロイヤルモードで遊ぶなら、中画質程度に落とすことをおすすめします。

Battlefield V(フルHD:最高画質)
RTX2080
153fps
RTX2070
125fps
GTX1660 Ti
108fps
GTX1650
58fps

METRO EXODUS

メトロエクソドス
最高画質(フルHD)55fps

メトロエクソダスも最高画質では60を切ります。

ただ、シングルプレイのゲームで素早い展開も少ないので、50前後のフレームレートでもとくに問題はありません。

METRO EXODUS(フルHD:最高画質)
RTX2080
122fps
RTX2070
111fps
GTX1660 Ti
86fps
GTX1650
55fps

モンスターハンターワールド

モンハンワールド
最高画質(フルHD)39fps

モンハンワールドはかなり重いゲームなので、最高画質では平均フレームレートが40を切ります。

動かせないことはないですが、モンスター2匹に襲われたときなど、目に見えてカクつきます。

60前後のフレームレートを出せるように、グラフィック設定を工夫しましょう。

モンスターハンターワールド(フルHD:最高画質)
RTX2080
104fps
RTX2070
95fps
GTX1660 Ti
71fps
GTX1650
39fps

SEKIRO

SEKIRO
最高画質(フルHD)58fps

SEKIROはフレームレートの上限値、60にギリギリ届かないくらい。

プレイに大きな支障はないため、最高画質でプレイできます。

SEKIRO(フルHD:最高画質)
RTX2080
60fps
RTX2070
60fps
GTX1660 Ti
60fps
GTX1650
58fps

デビルメイクライ5

デビルメイクライ5
最高画質(フルHD)63fps

デビルメイクライ5は最高画質で60前後のフレームレートを出せます。

アクションゲームは60をキープできれば合格点です。

デビルメイクライ5(フルHD:最高画質)
RTX2080
193fps
RTX2070
176fps
GTX1660 Ti
129fps
GTX1650
63fps

Anthem

アンセム
最高画質(フルHD)47fps

Anthemはモンハン並みに重いため、最高画質だとフレームレートは50を切ります。

カクつく場面も多くなるため、画質を落としてプレイしましょう。

Anthem(フルHD:最高画質)
RTX2080
99fps
RTX2070
90fps
GTX1660 Ti
65fps
GTX1650
47fps

ストリートファイターV

ストリートファイターV
最高画質(フルHD)60fps

ストリートファイターVは最高画質で上限の60fpsをキープできます。

ストリートファイターV(フルHD:最高画質)
RTX2080
60fps
RTX2070
60fps
GTX1660 Ti
60fps
GTX1650
60fps

DEAD OR ALIVE 6

DEAD OR ALIVE 6
最高画質(フルHD)60fps

DOA6も最高画質で60ベタ付きです。

ただ、バトル前後のムービーシーンなどはフレームレートが多少落ち込みます。

DEAD OR ALIVE 6(フルHD:最高画質)
RTX2080
60fps
RTX2070
60fps
GTX1660 Ti
60fps
GTX1650
60fps

League of Legends

League of Legends
最高画質(フルHD)343fps

League of Legendsはグラフィックがかなり軽いので、フレームレートは300を超えていきます。

League of Legends(フルHD:最高画質)
RTX2080
363fps
RTX2070
359fps
GTX1660 Ti
347fps
GTX1650
343fps

Rocket League

Rocket League
最高画質(フルHD)164fps

Rocket Leagueもかなり軽いゲームなので、160前後のフレームレートを出せました。

Rocket League(フルHD:最高画質)
RTX2080
248fps
RTX2070
247fps
GTX1660 Ti
233fps
GTX1650
164fps

黒い砂漠

黒い砂漠
リマスター品質(フルHD)49fps

黒い砂漠はリマスター品質だと50前後のフレームレートしか出せません。

頻繁に画面がカクつくため、画質調整は必須です。

黒い砂漠(フルHD:リマスター品質)
RTX2080
103fps
RTX2070
60fps
GTX1660 Ti
60fps
GTX1650
49fps

ゲーム実況・配信検証

ここからはパソコンゲームの動画配信について検証した結果をご紹介します。

配信ソフトはStreamlabs OBSを使用、WEBカメラとFaceRigを使って画面左下に私の顔をトレースしたアバターも表示。

Twitchでゲーム実況を配信しつつ、フルHD解像度の60fpsで録画も実施しました。

配信結果

MHWのゲーム実況テスト

モンスターハンターワールドを最高画質でプレイしながらTwitchで配信したところ、目に見えてフレームレートが落ち込みました。

普通にゲームをプレイしたときと、実況動画を配信・録画しているときのGPU使用率などの変化を比較すると以下の通り。

通常時

通常時

配信時

配信時

CPUとメモリの負荷が上がって、フレームレートも10以上落ち込んでいます。

フレームレートが30を切ると、カクつきが激しくまともにプレイできません。

視聴者にもカクついた動画を配信してしまうため、フレームレートが多少落ち込むことを想定してグラフィック設定を見直しましょう。

ゲームの実況動画をスムーズに配信・録画できるかは、グラフィックス以外にCPUやメモリ、ストレージの性能も影響します。もちろんネット回線の速度や安定性も重要です。

GTX1650を安く購入するコツ

ここまでGTX1650の性能面についてご覧いただきました。

ここからは実際にGTX1650を買おうと思ったとき、どこで買うとお得なのかご紹介します。

グラフィックカード単体で買う場合と、GTX1650を搭載したゲーミングパソコンを買う場合、それぞれについてまとめています。

グラフィックカード

グラフィックカードを買うとき、真っ先に検討したいのはパソコンの専門ショップや家電量販店。

秋葉原に行ける方はもちろん、近所に馴染みのお店がある方は、まずは足を運んでみてはいかがでしょうか。

ただ、お住まいの地域によってはグラフィックカードを安く買えるお店が近くにない方もいるでしょう。

ネット通販でグラフィックカードを買うときのおすすめショップと、注意点を表にまとめました。

グラボ購入におすすめのショップ
TSUKUMO品ぞろえが豊富で梱包も恐ろしく丁寧。
都内だと注文の翌日に届くのも魅力。
PCパーツを買うときの信頼度は抜群です。
ドスパラドスパラ専売品のPalitのグラボが安いです。
価格最優先で考えるならPalit一択でしょう。
MSIやASUSなども取り扱っています。
ark(アーク)秋葉原の老舗パソコン専門ショップ。
梱包の丁寧さやサポート面は完璧ですが、
品ぞろえと発送スピードではやや劣る印象。
Amazon品ぞろえと発送の速さ、カスタマーレビューの
件数では圧倒的。簡素すぎる梱包が最大の弱点。
精密機器の購入にはおすすめしません。
楽天市場品ぞろえはAmazonに負けないが、
梱包や発送スピードはショップ次第。
楽天ポイントを使えるのが最大の強み。

楽天で買うときはビックカメラやJoshinなど、有名量販店なら発送が速くて梱包も丁寧なのでおすすめです。

Amazonは梱包が非常に簡素で、デリバリープロバイダだと段ボールがタバコ臭くなったり、箱がつぶれるなど扱いが雑なことも。

私はなるべくAmazonで高額商品は買わないようにしています。

ゲーミングパソコン

グラフィックカード単体ではなく、GTX1650搭載ゲーミングパソコンの購入を考えているならコスパの高いBTOパソコンがおすすめ。

当サイトで販売実績の多いBTOパソコンメーカー3社について、それぞれの特徴や注意点をまとめています。

各社の特徴を比較したうえで、予算と用途にあったゲーミングパソコンを見つけてください。

G-Tune
G-Tuneまとめ
ドスパラ
ドスパラの特徴まとめ
フロンティア
フロンティアのゲーミングPC

GTX1650レビューまとめ

ROG-STRIX-GTX1650-O4G-GAMING

今回はASUSが販売するROG-STRIX-GTX1650-O4G-GAMINGの性能を細かく検証してみました。

SEKIROやデビルメイクライ5などのアクションゲームをはじめ、ストVなどの格闘ゲーム、League of Legendsなどは最高画質で快適に動かせました。

ただ、Apex LegendsやPUBGなどのFPSゲームをプレイするなら、中~高画質程度にグラフィック設定を落とさないとしんどいです。

「パソコンゲームに興味があるけど、あまりお金をかけたくない」

「最高画質じゃなくてもいいから、幅広いゲームで遊びたい」

という方には、3万円以下で買えるGTX1650がおすすめです。

予算や用途に合わせて、納得のいくグラフィックカードを選びましょう。

当サイトで人気のゲーミングPC
NEXTGEAR-MICRO im610
NEXTGEAR-MICRO im610
おすすめ
CPUCore i5-9400
GPUGTX1660
メモリ8GB
価格99,800円~
GALLERIA XF
GALLERIA XF
おすすめ
CPUCore i7-9700K
GPURTX2070
メモリ8GB
価格178,980円~
NEXTGEAR-MICRO am560
NEXTGEAR-MICRO am550
おすすめ
CPURyzen5 3600
GPUGTX1650
メモリ8GB
価格82,800円~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。