基礎知識

Call of Duty: Vanguardのグラボ別平均フレームレート

Call of Duty: Vanguard

Call of Duty: Vanguardが2021年11月5日に正式リリースされました。

筆者はスタンダード版を予約し、早速マルチプレイを中心に遊んでいます。

このページには推奨スペックをはじめ、当サイトで計測したグラボ別の平均フレームレートを簡単にまとめています。

ゲーミングPCで最新のCoDをプレイしたい方は、ぜひご覧ください。

11/9 追記:
Core i7-12700KとCore i5-12600K、Ryzen 5 5600Xの検証結果を加えました。

CoD: Vanguard 推奨スペック

CoD: Vanguard

Battle.net公式サイトに掲載されている推奨スペックは以下の通り。

CoD: Vanguard 必要動作環境
OSWindows 10 64bit
CPUIntel Core i3-4340
AMD FX-6300 以上
GPUGeForce GTX 960
Radeon RX 470 以上
メモリ8GB 以上
ストレージ177GB 以上

必要動作環境とは、最低限のプレイができるために必要なスペックと理解してください。

これ以下のスペックだと、まともに動かせないと考えたほうが良いでしょう。

続いて推奨動作環境がこちら。

CoD: Vanguard 推奨動作環境
OSWindows 10 64bit 以上
CPUIntel Core i5-2500k
AMD Ryzen 5 1600X 以上
GPUGeForce GTX 1060
AMD Radeon RX 580 以上
メモリ12GB
ストレージ177GB 以上

最新ゲームとしては比較的軽いように感じます。

ひとつ注意したいのがストレージ容量。

すべてのゲームモードをプレイするには、ストレージを大量に消費します。

ストレージの空きに余裕がない方は、事前に対策を考えておきましょう。

CoD: VanguardのGPUベンチマーク

カスタムゲーム

実際にCoD: VanguardをフルHD解像度(1,920×1,080)でプレイして、どれくらいフレームレートを出せるか検証しました。

プレイしたのはカスタムゲームのチームデスマッチで、マップはHOTEL ROYALで固定。

HOTEL ROYAL

筆者以外のプレイヤーはすべてボットで、強さはハードに設定しました。

ボットの設定

別のマップやオンラインでのマルチプレイ、キャンペーンモードやゾンビモードではフレームレートが変動する可能性があります。

まだすべてのモードを試せていないため、あくまで参考程度にご覧ください。

最高画質のフレームレート

画質設定

最高画質は品質プリセットで「ウルトラ」を選択。

DLSSやNVIDIA REFLEXなどの項目は一切いじらず、すべてデフォルトの状態でプレイしています。

DLSS
NVIDIA REFLEX

前作(BOCW)と前々作(MW)はDXR(レイトレーシング)に対応していましたが、今作は非対応でした。

パーツ構成ごとの平均フレームレートは以下の通り。

CoD: Vanguard 最高画質 平均fps
RTX 3080
Core i7-11700K
156
RTX 3070
Core i7-12700K
142
RTX 3070
Core i7-11700K
137
RTX 3060 Ti
Core i7-11700K
116
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
120
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
124
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
110
RTX 3060
Core i5-12600K
96
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
94
RTX 3060
Core i5-11400F
98
GTX 1660 SUPER
Core i5-11400F
47
GTX 1650
Core i5-11400F
36

意外とグラフィックが重く、GTX 1660 SUPER以下のグラボだと平均60を下回ってしまいます。

RTX 3080クラスのグラボなら、最高画質で144以上出せるので非常に快適。

高画質でプレイしたいなら、Core i5とRTX 3060がひとつの目安になりそうです。

メモリは16GBで十分

検証用PCのメモリはDDR4-3200の32GB(16GB×2)を使用し、2,933MHz(Gear1)に設定しました。

メモリ使用量

検証中のメモリ使用量をチェックしたところ、おおむね14GB前後で安定していました。

ほかのゲームと同じく、容量は16GBあれば問題なさそうです。

ただし配信ソフトなども使用する場合、メモリ使用量が16GBを超える可能性が高いので、32GB積んでおいたほうが良いでしょう。

Intelの12世代CPUとRyzen 5 5600Xは、メモリクロック3,200MHzで検証しました。

低画質のフレームレート

続いて品質プリセットを「最低」に設定して検証した結果がこちら。

CoD: Vanguard 最低画質 平均fps
RTX 3080
Core i7-11700K
208
RTX 3070
Core i7-12700K
236
RTX 3070
Core i7-11700K
207
RTX 3060 Ti
Core i7-11700K
202
RTX 3060 Ti
Core i5-12600K
219
RTX 3060 Ti
Ryzen 5 5600X
228
RTX 3060 Ti
Core i5-11400F
175
RTX 3060
Core i5-12600K
204
RTX 3060
Ryzen 5 5600X
220
RTX 3060
Core i5-11400F
167
GTX 1660 SUPER
Core i5-11400F
123
GTX 1650
Core i5-11400F
112

画質を落とせば、Core i5とGTX 1650の組み合わせでも快適にプレイできました。

Intelの11世代CPUはボトルネックになってしまうのか、RTX 3060 Ti以上のグラボではフレームレートが伸びきらず。

Ryzen 5 5600Xや12世代CPUのほうがフレームレートは伸びやすいです。

少しでも高いフレームレートにこだわるなら、グラボだけでなくCPU選びも重要です。

画質はかなり粗くなる

品質プリセットを「最低」にまで落とすと、当然のことながらグラフィックがかなり粗くなります。

最高画質
最高画質
最低画質
最低画質

掲載サイズだとわかりづらいので、一部を拡大した状態がこちら。

最高画質
最高画質
最低画質
最低画質

最低画質では濡れた地面がのっぺりとした描写になり、壁のひび割れもぼやけています。

フレームレートは上がるものの、映像が粗くなりすぎると、それはそれで快適とは言えません。

どこまで画質を落とすかは、お使いのゲーミングPCのスペックやプレイスタイルに合わせて判断してください。

おすすめのゲーミングPC

CoD:Vのプレイシーン

ゲーミングPCを販売しているメーカーはたくさんあります。

有名どころの特徴をざっくりまとめてみました。

主なゲーミングPCメーカー
ドスパラ価格は時期によって変動が大きいものの、おおむねコスパ良好。
最短翌日出荷という業界最安レベルの超スピードの納品が大きな魅力。
G-Tuneアフターサポートが24時間365日対応で、チャットやLINEでも相談可。
ゲーミングPCをはじめて買う方や、苦手意識がある方におすすめ。
パソコン工房プロゲーミングチームや有名ストリーマーとのコラボモデルが人気。
見た目にこだわりたい方にはRGB Buildモデルがおすすめ。
フロンティア毎週更新されるセールは、業界最安レベルのお買い得品が多数登場。
台数限定のため人気モデルは売り切れには要注意。
TSUKUMOAVerMedia推奨認定パソコンなど、個性に富んだモデルを販売。
見た目の派手さには欠けるが、堅実なPCを探している方におすすめ。
Lenovo時期による変動が激しいものの、業界最安レベルのPCを多数販売。
タイミングが悪いと、納品に2か月以上かかる場合があるため要注意。
HPデザインに富んだゲーミングPCを多数販売。
見た目のカッコ良さにもこだわりたい方におすすめ。
ASUSゲーミングノートのラインナップがとても豊富。
不定期で実施するセールは、型落ちモデルを中心にお得に購入可能。

ゲーミングPCの仕様や価格、在庫状況は日々変動しています。

購入を検討している方は、こまめに公式サイトをチェックすることをおすすめします。

RTX 3060以上がおすすめ

Palit RTX 3060 Dual OC 12GB

CoD: Vanguardをコスパ良く快適にプレイしたいなら、グラボはRTX 3060がおすすめ。

最高画質でも100前後のフレームレートを出せて、画質を落とせば144以上で安定させることも可能です。

今回は検証できていませんが、RTX 20シリーズのグラボも同様に快適にプレイできると思われます。

RTX 3060の関連記事はこちら

推奨ゲーミングPCも販売中

CoD推奨ゲーミングPC

ドスパラではCoD: Vanguardが快適にプレイできる、推奨ゲーミングPCを販売中。

主なスペックと記事執筆時点の価格(消費税込、送料別)は以下の通り。

CoD: Vanguard 推奨ゲーミングPC
モデルGALLERIA
ZA9C-R39
GALLERIA
XA7C-R36T
GALLERIA
UL7C-R37
CPUCore i9-11900KCore i7-11700Core i7-11800H
GPURTX 3090RTX 3060 TiRTX 3070
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe M.2 SSD(Gen4)1TB NVMe M.2 SSD
販売価格459,980円209,980円229,980円

もう少し価格を抑えたい方は、通常モデルのRTX 3060を搭載したGALLERIAがおすすめです。

より詳しい情報はドスパラの公式サイトでご確認ください。

ミドルスペック以上のPCを推奨

RTX 3060 Ti

公式サイト上の推奨スペックは意外なほど低めでしたが、実際に動かしてみるとしっかり重い印象です。

画質とフレームレートを両立させたいなら、ミドルスペック以上のゲーミングPCが必須と考えたほうが良いでしょう。

予算に合わせて、納得のいく1台を選んでください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。