レビュー

Dell G5 15 SE(5505)レビュー|Radeon RX 5600M搭載モデル

Dell G5 15 SE(5505)レビュー

Dellが販売するゲーミングパソコン、G5 15 SE(5505)をお借りしました。

CPUにRyzen 7 4800H、GPUにRadeon RX 5600Mを搭載したゲーミングノートです。

AMD好きの方は、ぜひご覧ください。

Dell G5 15 SE(5505)の特徴

G5 15 SE(5505)

G5 15 SE(5505)がどういったパソコンなのか、特徴を整理すると以下の通り。

幅広いゲームをスムーズに動かせる

設定を工夫すればライブ配信も可能

タイピングしやすいキーボード配列

動画編集などの用途でも活躍する

ゲームによって相性問題がある

通常版よりコスパが良くない

「各種人気ゲームでどれくらいフレームレートを出せるのか先に知りたい!」

という方はこちらからご覧ください。

スペック

CPUやGPUなど、今回お借りしたモデルの基本スペックは以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPURyzen 7 4800H
GPURadeon RX 5600M
メモリ16GB(DDR4-3200MHz)
ストレージNVMe M.2 SSD 1TB
販売価格175,980円~

CPUとGPUの細かいスペックを知りたい方は、こちらをご覧ください。

CPU-Z
CPU-Z
GPU-Z
GPU-Z

メモリは16GB(8GB×2)、ストレージも1TBと十分な容量が搭載されています。

ゲームはもちろん動画編集などの用途でも活躍するスペックです。

ラインナップ

G5 15 SEの「SE」はスペシャルエディションのことで、通常版のG5 15と異なり、AMDのCPUとGPUを搭載しているのが特徴です。

主なラインナップを整理すると以下の通り。

CPUGPUストレージモニター価格(税別)
Ryzen 5 4600HRX 5600M512GB120Hz144,980円〜
Ryzen 7 4800HRX 5600M512GB144Hz166,980円〜
Ryzen 7 4800HRX 5600M1TB144Hz175,980円〜
Ryzen 9 4900HRX 5600M1TB144Hz192,980円〜

今回お借りしたのはRyzen 7 4800Hのストレージが1TBのモデルです。

RX 5600Mを搭載したゲーミングノートは競合製品が非常に少なく、ドスパラやG-Tuneなどの国内BTOメーカーでは取り扱いがありません。

掲載している仕様および価格は記事執筆時点のものです。時期によって変動するので、最新情報は公式サイトでご確認ください。

Intel CPU搭載モデル

Dell G5 15

通常版のG5 15の主なラインナップは以下の通り。

CPUGPUストレージモニター価格(税別)
Core i5-10300HGTX 1650 Ti512GB120Hz118,980円〜
Core i7-10750HGTX 1660 Ti512GB144Hz166,980円〜
Core i7-10750HGTX 1660 Ti1TB144Hz174,980円〜
Core i7-10750HRTX 20601TB144Hz182,980円〜
Core i7-10750HRTX 20601TB300Hz194,980円〜

以前、Core i7-10750HとRTX 2060を搭載したモデルをお借りしました。

「やっぱりCPUはIntelがいい!」

という方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

Dell G5 15レビュー
Dell Gaming G5 15レビュー|RTX 2060搭載モデルDellが販売するゲーミングパソコン、G5 15をお借りしました。 第10世代のCore i7にRTX 2060を搭載した、ミドル...

デザイン・大きさ

ここからはG5 15 SE(5505)のデザインを見ていきます。

G5 15 SE(5505)
G5 15 SE(5505)

天板はツヤ感のあるシルバーで、写真だとわかりづらいですが、天板はラメのような加工が施されています。

光の当たり方によってキラキラと輝きます。

天板
底面

仕様上の大きさは365.5×254mmで、今どきの15.6型としては少し大きめ。

裏側は排熱のために半分近くがメッシュ状になっています。

分厚さ

分厚さは21.6mm。

背面から温風が出てくるので、パソコンの近くに冷たい飲み物などは置かないほうがいいです。

重量

重量は実測で約2.5kgでした。

ビジネス用途の薄型ノートPCと比べるとかなり重いので、持ち歩く前提で考えている方は、しっかりとしたPCバッグを用意したほうが良いでしょう。

据え置きで使う分には気になりません。

ACアダプター

ACアダプター

付属のACアダプターはとても大きいです。

ゲーミングノートは消費電力の高いCPUやGPUを搭載しているため、基本的にACアダプターへの接続は必須。

PCゲームは電力消費が激しく、バッテリー駆動ではパフォーマンスが著しく落ちます。

ACアダプターの重量

ケーブル込みで約942gありました。

パソコンと一緒に持ち歩くと3kgを超えるので、かなりの重量です。

インターフェイス

ここからはインターフェイスを見ていきます。

右側面のインターフェイス
  1. SDカードスロット
  2. マイク・イヤホンコンボジャック
  3. USB 2.0 ×2
  4. ケンジントンロック
左側面のインターフェイス
  1. 電源
  2. mini DP
  3. HDMI
  4. USB 3.2 Gen1
  5. 有線LAN
  6. USB Type-C

本体左側のUSB Type-Cは映像出力に対応。

有線LANも接続できますが、無線LANはWi-Fi 6に対応。

Bluetoothにも対応しているため、マウスやゲームパッドなどをワイヤレスで接続できます。

背面

背面にポート類は何もありません。

キーボード

キーボード

キーボードはテンキーありの日本語配列。

打鍵感はペタペタ系で、ノートPCとしては普通といった印象。

クセのないキー配列で、事務仕事などでもタイピングしやすいです。

左側の配列
右側の配列

強いて気になる点を挙げるなら、エンターキーの横幅が少し小さめ。

ゲームをするうえでは、スペースキーの横幅が狭いのも気になるかもしれません。

電源ボタン
タッチパッド

タッチパッドは一体型で、縦に広く作られている印象です。

単色のバックライトも搭載しており、暗い場所でゲームをするときもミスタイプを防げます。

ゲーム起動中はPC内部の発熱でキーボードも熱くなります。触れなくなるほどではありません。

ディスプレイ

ディスプレイ

ディスプレイは15.6型のフルHD(1,920×1,080)ノングレア(非光沢)液晶。

リフレッシュレートは144Hzで、PS4やSwitchなどのコンソール機では実現できない高フレームレートのヌルヌル感を味わえます。

Webカメラ

Webカメラも搭載しているため、顔出しでライブ配信をしたい方やオンライン会議などを多用する方も安心。

最大開閉時

ディスプレイは最大でここまで開きます。

タッチパネルには非対応です。

ディスプレイのリフレッシュレートはモデルによって異なります。

sRGBカバー率約95%の広色域

ディスプレイの色域をi1 Display Proでチェックしたところ、sRGBカバー率は約95%、AdobeRGBカバー率が約72%でした。

色域のグラフ
ガンマカーブ

ゲーミングノートとしては、なかなか色域が広いです。

Webデザインや写真のレタッチ、動画編集など、ちょっとしたクリエイティブ用途なら仕事でも普通に使えます。

印刷を前提とした用途ではさすがにカラーマネジメントモニターが必要ですが、十分すぎるスペックといえるでしょう。

G5 15 SE(5505)のベンチマーク

G5 15 SE(5505)

ここからはG5 15 SE(5505)の性能を、各種ベンチマークソフトを使用して数値化していきます。

まずパソコンの総合的な性能をチェックするPC Mark10のスコアは5,653でした。

PC Mark10

ExcelやWordなどの事務作業、各種クリエイティブ用途でも活躍するスコアです。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20でCPUの性能をチェックした結果はこちら

CINEBENCH R20 スコア比較
Core i7-10875H
3,471
Core i7-10750H
3,200
Ryzen 7 4800H
2,916
Core i7-9750H
2,871
Core i5-10300H
2,237

ゲーミングノートに多く搭載されている、Core i7-10750Hには一歩及ばず。

とはいえノートPC向けのCPUとして考えれば、十分すぎるほどハイスペックです。

Fire Strike

Fire Strike

3DMarkのFire Strikeのスコアはこちら。

Fire Strike スコア比較
RTX 2060
15,149
GTX 1660 Ti
14,353
RX 5600M
14,276
GTX 1660 SUPER
14,177
GTX 1650 SUPER
10,392

GTX 1660 TiとGTX 1660 SUPER、の中間といったスコアでした。

フルHD解像度のモニターなら、幅広いゲームを高画質で快適にプレイできます。

VR Mark

VR Markの各種スコアはご覧の通り。

Orange Room
Orange Room
Cyan Room
Cyan Room
Blue Room
Blue Room

スペックの割にはスコアが低めです。

軽めのVRゲームならそれなりに動かせるでしょう。

VRゲームで遊ぶには、VRヘッドマウントディスプレイを別途購入する必要があります。

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Mark

ストレージ(M.2 SSD)の転送速度は、読み込みで3,484MB/sと素晴らしいスコアでした。

書き込みは少し速度が落ちていますが、実用上気になることはほとんどないでしょう。

一般的なSSD(SATA)やHDDと平均的な転送速度を比較すると、以下の通り。

ストレージの転送速度
NVMe M.2 SSD
(Gen4)
5,000
NVMe M.2 SSD
3,000
SSD(SATA)
550
HDD
120

NVMe M.2 SSD(Gen4)は、今のところデスクトップPCの限られた環境下でしか使えません。

オンラインゲーム

有名オンラインゲームのベンチマークソフトも走らせました。

いずれも解像度は1920×1080(フルHD)のノートパソコンに設定しています。

重量級ゲームのFF15は、高品質で「やや快適」という結果でした。

場面によっては処理が重くなりそうなので、最高画質にこだわらないほうが良さそうです。

FF14は最高画質で問題ないスコアでしたが、ドラクエXはRadeonとの相性が良くないのか、いまいちスコアが伸びませんでした。

FF15

FF15ベンチマーク結果
高品質5114(やや快適)
標準品質7655(快適)
軽量品質9169(とても快適)

FF14 漆黒の反逆者

FF14のベンチ-マーク
最高品質11047(非常に快適)

ドラゴンクエストX

DQ10ベンチマーク結果
最高品質8755(とても快適)

PCゲームのフレームレート検証

G5 15 SE(5505)

ここからは実際にパソコンゲームをフルHD解像度の最高画質で動かして、どれくらいのフレームレートが出たかご紹介します。

フレームレートの抽出にはMSIのAfterburnerや、ゲーム内の設定を使用。

主な人気ゲームの平均フレームレートをまとめた結果がこちら。

最高画質での平均フレームレート
フォートナイト54fps
Apex Legends72fps
PUBG103fps
VALORANT97fps
Rainbow Six Siege116fps
CoD:BOCW62fps
モンハンワールド:アイスボーン44fps
WATCH DOGS LEGION28fps
Cyberpunk 207726fps

フォートナイトは低画質まで落とすと90前後までフレームレートが伸びましたが、GPUのスペックを考えれば、もう少し伸びてほしかったところ。

Rainbow Six Siegeは「Vulkan」で起動するとGPUが正しく認識されなかったので、通常版でのプレイを強く推奨します。

Cyberpunk 2077に関しては、どれだけ攻撃しても敵がダメージを受けないという、ほかのPCでは確認できなかったバグ?も発生しました。

いずれもグラフィック設定を調整すればフレームレートはそれなりに出せますが、搭載されているパーツと相性が良くないゲームもあるようです。

VRゲームの動作検証

Oculus Quest 2を専用ケーブルでつないで、PC用のVRゲームを動かそうとしたところ、SteamVRを起動できませんでした。

Oculus Questの警告画面

Oculus Quest 2はRadeon RX 5600Mをサポートしていないようで、どう頑張っても起動できず。

ほかのVRヘッドマウントディスプレイなら動かせるかもしれませんが、VRゲームで遊びたい方は購入前に推奨環境をよく確認してください。

ゲーム実況の動画配信

ゲーム実況をTwitchでスムーズに配信できるかも検証しました。

配信ソフトは無料で使えるOBS(Open Broadcaster Software)を使用、配信と同時に録画も実施です。

ApexLegendsのライブ配信

いろいろ試した結果、以下の設定であればそれなりに配信ができました。

OBSのおすすめ設定
ゲームの画質
出力解像度720p(1,280×720)
FPS共通値60
映像ビットレート2,500 Kbps
配信エンコーダハードウェア(AMD)
音声ビットレート128
高度なエンコーダ設定
録画品質高品質、ファイルサイズ中
録画フォーマットmkv
配信後にmp4へ再多重化
録画エンコーダソフトウェア(x264)

ゲームのグラフィックを犠牲にしていますが、この設定なら60以上のフレームレートを維持しながら配信&録画が可能です。

1080pかつ60fpsでの配信は頻繁にカクつきが発生するため、あきらめたほうがよいでしょう。

また配信と録画、どちらもハードウェアエンコードにしているとGPUの限界がくるようなので、録画はソフトウェアにしたほうが良さそうです。

配信するゲームによってCPUやGPUの負荷は変わります。ゲームに合わせて設定を工夫することが大切です。

スマホゲームなどは配信可能

スマホゲームの配信

キャプチャーボードをつないでスマホゲームの配信も試してみました。

iPhone8でPUBG MOBILEの配信を試したところ、こちらは1080pかつ60fpsでスムーズに配信&録画できました。

スマホゲームやコンソール機の配信なら、こまかい設定をいじらずとも高画質での配信が可能です。

クリエイティブ用途の動作検証

G5 15 SE(5505)

続いて動画や写真の編集など、クリエイティブ用途でも快適に使えるかを検証しました。

Premiere Proで動画編集

Premiere Proで動画編集

まずはAdobeのPremiere ProでYoutube動画の編集を試しました。

メモリが16GB搭載されているので、複雑な演出やエフェクトを加えない限りスムーズに動かせます。

After Effectsを使ったり、4K動画の編集も視野に入れているなら、メモリは32GB欲しいところですが、注文時のカスタマイズには非対応。

自身でケースを外してメモリを増やすという手もありますが、メーカー保証の対象外になる恐れがあるので、自己責任で判断してください。

4K動画の書き出し

参考までに、4K動画の書き出し時間を計測しました。

検証のために用意したのは、GoPro HERO7 Blackで撮影した4K 60fpsの動画データ。

書き出し条件とかかった時間は以下の通り。

H.264(Youtube 1080p FHD)6:04
H.264(Youtube 2160p 4K UHD)12:11

一般的な薄型ノートパソコンだと40分以上かかることもあるので、爆速といえる結果です。

LightroomでRAW現像

LightroomでRAW現像

デジカメで撮影したRAWデータの書き出し速度もチェックしてみました。

有効画素数3,635万のニコンD810で撮影したRAWデータ100枚をLightroomで書き出したところ、かかった時間は3分8秒。

主なCPUと結果を比較したグラフはこちら。

CPU別 RAW現像の処理速度
Core i7-10750H
2:13
Core i7-9750H
2:18
Ryzen 7 4800H
3:08
Core i7-10510U
3:32
Core i5-10210U
5:31

CINEBENCH R20のスコアを考えるともっと速く書き出せそうですが、何度試しても3分を下回ることはありませんでした。

実用上気になることはほとんどないですが、価格帯も考えるともう少し頑張ってほしいところです。

Lightroomの書き出し条件は以下で統一しています。

Lightroomの書き出し条件
画像形式JPEG
画質100
カラースペースsRGB
画像のサイズ未調整(撮影データそのまま)
解像度350
メタデータすべてのメタデータ
(人物情報や撮影場所の情報は削除)

AMDにこだわりたい方におすすめ

G5 15 SE(5505)

レビューのまとめとして、G5 15 SE(5505)の特徴をおさらいします。

幅広いゲームをスムーズに動かせる

設定を工夫すればライブ配信も可能

タイピングしやすいキーボード配列

動画編集などの用途でも活躍する

ゲームによって相性問題がある

通常版よりコスパが良くない

今回検証した限り、筆者としてはIntel CPU&NVIDIAのGeForceを搭載した通常版をおすすめします。

ベンチマークのスコアは悪くないものの、実際の運用ではイマイチという、AMDの悪いところが出てしまっている印象です。

価格帯も決して安いとはいえず、あえてスペシャルエディションを選ぶ理由がなかなか見つからないというのが本音です。

AMDにこだわりたい方は、候補に入れてみても良いでしょう。

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。