レビュー

GALLERIA XTレビュー|GTX1660 SUPER搭載モデル

GALLERIA XT

ドスパラのゲーミングパソコン、GALLERIA XTをお借りしました。

記事執筆時点でドスパラの人気ランキング2位に輝いている人気モデル。

Core i7-9700とGTX1660 SUPERを搭載したミドルクラスのスペックながら、124,980円~で買えるコスパの高さが魅力です。

このページではGALLERIA XTの実力を、あらゆる面からじっくり検証しました。

15万円前後の予算でゲーミングPCを探している方は、ぜひご覧ください。

GALLERIA XTの特徴

GALLERIA XT

GALLERIA XTがどういったパソコンなのか、特徴を整理すると以下の通り。

約14万円で買える高コスパマシン

高画質・高フレームレートで遊べる

ゲーム実況や動画配信も余裕で可能

クリエイティブ用途でも十分活躍

モニターの接続端子が最小限

裏配線ではなくSNS映えしづらい

Apex LegendsやフォートナイトなどのFPSゲームでどれくらいフレームレートを出せるのか知りたい!という方はこちらからご覧ください。

スペック

CPUやグラフィックス(GPU)など、お借りしたモデルの基本スペックは以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-9700
GPUGeForce GTX1660 SUPER
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージ512GB NVMe SSD
1TB HDD

CPUは第9世代のCore i7-9700で、8コア8スレッドで動作周波数は3.00GHz(最大4.70GHz)とパワフル。

細かいスペック面はCPU-Zをご覧ください。

CPU-Zの結果

グラフィックカードはGeForce GTX1660 SUPER。

GTX1660とGTX1660 Tiの中間に位置するモデルで、フルHD解像度のモニターならほとんどのゲームを最高~高画質でサクサク動かせる実力があります。

GPU-Zの結果はこちら。

GPU-Zの結果

メモリも16GB搭載されているため、最新ゲームはもちろん動画編集などの用途でも役立ちます。

価格

GALLERIA XTの価格は124,980円~で、配送料と消費税込だと139,678円。

約14万円で買えるゲーミングPCとして考えると、かなりお買い得。

標準仕様のスペックは以下の通りで、今回お借りしたモデルとはストレージ容量など一部スペックが異なります。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-9700F
GPUGeForce GTX1660 SUPER
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージ512GB NVMe SSD
2TB HDD

無料アップグレードなどのキャンペーンが適用されたり、時期によって仕様や価格が変動するため、最新情報は必ず公式サイトにてご確認ください。

また、ドスパラは48回まで分割手数料も無料なので、まとまった出費を避けたい方は分割払いがおすすめ。

翌日出荷にも対応しているため、お住まいの地域によっては注文の2~3日後にパソコンを受け取れるのも魅力です。

リカバリーメディア作成サービスに対応

リカバリーメディア作成

GALLERIA XTはリカバリーメディア作成サービスにも対応。

リカバリーメディアとはパソコンに不具合が起きたとき、初期化して元の状態に戻すためのもの。

一昔前はパソコン購入時にリカバリーメディアが付属していましたが、最近は付属していないことがほとんど。

初期設定の際に作るのを忘れてしまったり、手間をかけるのが嫌でリカバリーメディアなんて作ってない!という方も少なくありません。

納期が3日プラスされて費用も10,000円(税別)かかりますが、自力でリカバリーメディアを作るのが面倒な方は注文時に追加しておくことをおすすめします。

ケース外観

ここからはケースの外観を見ていきます。

ガレリアのミドル~ハイエンドクラスでおなじみのKTケースです。

GALLERIA XT
GALLERIA XT

仕様上の大きさは高さが約450.2mm、奥行きが約520.7mm、横幅が約207mm。

写真だと伝わりづらいですが、そこそこ大きいです。

右側面
左側面

仕様上の本体重量は約13.9kgとずっしり重いです。

腰が弱い方はとくに、ダンボールから取り出すときやパソコンを移動させるときなど要注意。

大きくて重量もあるので、購入前に設置場所を決めておくことをおすすめします。

天板
底面の通気口

上下左右、ところどころメッシュ状になっていて、ケース内部に熱が溜まりにくいように設計されています。

冷却性を優先しているからか、CPUファンの回転音などはそこそこ聞こえます。

インターフェイス

前面パネル

ケース前面のインターフェイスは以下の通り。

主なインターフェイス
  1. USB3.0 ×2
  2. マルチカードリーダー(SD、microSD)
  3. ヘッドホン
  4. マイク
  5. リセット
  6. 電源

DVDで映画などを見たい方は+2,000円(税別)~の追加オプションで光学ドライブをつけられます。

背面図

背面の主なインターフェイスは以下の通り。

  1. USB2.0 ×2
  2. USB 3.1 Gen1 ×4
  3. PS/2 Mini DIN 6ピン
  4. ギガビットLANポート

標準仕様では無線でインターネットにつなげられません。

オンラインゲームで遊ぶなら有線での接続をおすすめしますが、無線でネットにつなげるなら+5,980円(税別)の追加オプションで外付けアンテナをつけられます。

Amazonなどで探せば、2,000円前後でUSB接続の無線LANアダプターが見つかるので別途購入するのもひとつです。

モニターとの接続端子

今回気になったのはグラフィックカードの出力ポートが最小限しかないこと。

以下の3つしかありません。

  1. DVI
  2. HDMI
  3. DisplayPort

最近のゲーミングモニターはDVIに対応していないモデルも多いため、3つ以上のモニターで運用したい方は要注意。

1つもしくは2つのモニターで運用するなら一切問題なしです。

ケース内部

ここからはケースの内部を見ていきます。

ケース内部
ケース内部

ATX仕様のケースで内部にかなり余裕あるので、メンテナンスがしやすそう。

ただ、裏配線ではなくケーブルの色も統一されていないため、少々ごちゃついた印象は否めません。

ケース内部を見せられる専用アクリルパネルが+5,000円(税別)で販売されていますが、光るパーツも非搭載なのでSNS映えは期待しづらいです。

ケースのふたはドライバーがなくても指で簡単に外せます。

ケースのねじ止め

ケースを外したとき、ネジをなくさないように注意が必要です。

空冷CPUクーラー

CPUクーラー

CPUクーラーはドスパラではおなじみの「静音パックまんぞくコース」を搭載。

シングルファンの空冷式で、Battlefield Vやモンハンワールドなどの重いゲームを動かしてCPU温度が60~70度前後だったので冷却性能はそこそこ。

ファンの回転音も気になるほどではありません。

見た目もカッコいい簡易水冷を選べるとうれしいところですが、追加オプションでほかのCPUクーラーに変えることはできないようです。

シングルファンのGPU

GTX1660 SUPER

グラフィックカードはシングルファンでコンパクトなGTX1660 SUPER。

メーカーのロゴを発見できませんでしたが、おそらくPalit製でしょう。

シングルファンゆえにどうしても回転数が上がるのか、ファンの回転音は少し大きめ。

うるさく感じるほどではないものの、気になる方はヘッドセットやイヤホンの装着をおすすめします。

メモリ

メモリ

メモリはヒートシンク非搭載のシンプルなものが2枚刺さっています。

ゲームがメインなら16GBでまったく問題ありませんが、追加オプションで増設も可能。

32GBは+18,700円(税別)、64GBなら+47,200円(税別)です。

ストレージ

ストレージはNVMe M.2 SSDとHDDのデュアル構成。

M.2 SSD

M.2 SSD

HDD

HDD

NVMe M.2 SSDはIntel、HDDはTOSHIBAのものが使われていました。

頻繁に使うファイルやゲームはSSD、たまにしかプレイしないゲームはHDDに保存しておくと快適です。

ストレージの容量が足らない方は追加オプションで増やしましょう。

電源

電源

電源は500W(80PLUS BRONZE)のものが搭載されています。

NVIDIAの公式サイトによるとGTX1660 SUPERの推奨電源は450Wなので、問題はないものの余裕があるともいえません。

後々グラフィックカードのアップデートを視野に入れているなら、購入時に電源のカスタマイズがおすすめ。

グラフィックカードの交換は比較的簡単ですが、電源の交換はとてつもなく面倒くさいです。

電源はパソコンにとっての心臓部なので、予算に余裕がある方は追加オプションを検討してみてください。

購入後のパーツ交換による故障やトラブルは保証対象外になる可能性があるので、くれぐれも慎重に。

GALLERIA XTのベンチマーク結果

GALLERIA XT

ここからはGALLERIA XTの性能を、各種ベンチマークソフトを使用して数値化していきます。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

CINEBENCH

R15
R15
R20
R20

主なCPUとCINEBENCH R15のスコアを比較してみると以下の通り。

CINEBENCH R15 スコア比較
Core i9-9900K
2,010
Core i7-9700K
1,452
Core i7-9700
1,353
Core i7-8700
1,334

Core i7-8700との差が小さく感じますが、おおむね順当なスコアといえそうです。

Fire Strike

Fire Strike

3DMarkのFire Strikeは14,177と、当サイトで計測したスコアと比較するとGTX1660 Tiをわずかに上回りました。

Fire Strike スコア比較
RTX2060 SUPER
18,668
GTX1660 SUPER
14,177
GTX1660 Ti
13,772
GTX1650
8,440

搭載されているGTX1660 SUPERはシングルファンなので、スコアが伸びづらいかなと思っていましたが杞憂でした。

RTX2060 SUPERとはさすがに差があるものの、フルHD解像度のモニターなら、ほとんどのゲームを最高画質かつ高フレームレートで動かせます。

VR Mark

Orange Room

VRMarkのOrange Roomは8,906というスコアが出ました。

重めのVRゲームもスムーズに動かせるでしょう。

Orange Roomより重いCyan RoomとBlue Roomの結果は以下の通り。

Cyan Room

Cyan Room

Blue Room

Blue Room

Steam VRパフォーマンステスト

Steam VRパフォーマンステスト

Steam VRパフォーマンステストも最高スコアの「レディ」なので、VRゲームで遊んでみたい方にもおすすめです。

VRゲームで遊ぶには別途専用のVRヘッドセットが必要です

Crystal Disk Mark

CrystalDiskMarkでストレージの転送速度をチェックしました。

M.2 SSD
M.2 SSD
HDD
HDD

いずれも標準的なスコアです。

Intel CPUで使えるハイエンドクラスのM.2 SSDだと読み込みで3,000MB/sを超えるので、転送速度にこだわる方はカスタマイズがおすすめ。

一般的なSSD(SATA)やHDDと平均的な転送速度を比較すると、以下の通り。

ストレージの転送速度
NVMe M.2 SSD
(Gen4)
5,000
NVMe M.2 SSD
3,000
SSD(SATA)
550
HDD
120

NVMe M.2 SSD(Gen4)は、今のところ第3世代のRyzenとX570チップセットのマザーボードの組み合わせという限られた環境下でしか使えません。

オンラインゲーム

有名オンラインゲームのベンチマークソフトも走らせました。

いずれも解像度は1920×1080(フルHD)のデスクトップパソコンに設定しています。

重量級ゲームのFF15が最高画質で「快適」という結果なので、重めのゲームもスムーズに動かせます。

グラフィックが軽めのFF14やドラクエXなら、最高画質でサックサクです。

FF15

FF15ベンチマーク結果
高品質6417(快適)
標準品質8348(快適)
軽量品質10870(とても快適)

FF14 漆黒の反逆者

FF14のベンチ-マーク
最高品質14395(非常に快適)

ドラゴンクエストX

DQ10ベンチマーク結果
最高品質20357(すごく快適)

PCゲームのフレームレート検証

GALLERIA XT

ここからは実際にパソコンゲームを最高画質で動かして、どれくらいのフレームレートが出たかご紹介します。

フレームレートの抽出にはAfterburnerとGeForce Experienceを使用、フルHD解像度のゲーミングモニターでプレイしました。

まずはフォートナイトの最高画質~中画質でフレームレートがどれくらい変わったかをご覧ください。

フォートナイト
最高画質
98
高画質
123
中画質
202

最高画質でも100前後のフレームレートを維持できるので、とても快適にプレイ可能。

グラフィック設定を調整すれば、144前後で安定させられます。

そのほかの人気ゲームで検証した結果はこちら。

Apex legends
Apex legends
最高画質92fps
PUBG
PUBG
最高画質108fps
Battlefield V
Battlefield V
最高画質52fps
COD:MW
COD:MW
最高画質131fps
レインボーシックスシージ
レインボーシックスシージ
最高画質215fps
CS:GO
CS:GO
最高画質206fps
MHW:IB
MHW:IB
最高画質62fps
SEKIRO
SEKIRO
最高画質60fps
ストリートファイターV
ストリートファイターV
最高画質60fps
DEAD OR ALIVE 6
DEAD OR ALIVE 6
最高画質60fps
League of Legends
League of Legends
最高画質216fps
黒い砂漠
黒い砂漠
リマスター品質62fps

グラフィックが重めのBattlefield Vだけ60を下回りましたが、ほとんどのゲームを最高画質で快適に遊べました。

Apex LegendsやCoD、PUBGなどはグラフィック設定を調整すれば、さらに高いフレームレートも出せます。

約14万円で買えるゲーミングパソコンで、これだけのフレームレートを出せるのはなかなか優秀です。

ゲーム実況や動画配信も可能

ゲーム実況をTwitchでスムーズに配信できるかも検証しました。

配信ソフトは無料で使えるStreamlabs OBSを使用、配信と同時に録画も実施です。

モンスターハンターワールド アイスボーン

モンスターハンターワールド アイスボーンで試したところ、配信動画の解像度を少し落とせば最高画質のまま60fpsで配信できました。

フレームレートは20前後落ち込むため、FPSゲームを配信するならグラフィック設定を調整したほうがよさそうです。

PUBG MOBILE

キャプチャーボードをつないでスマホゲームのPUBG MOBILEも試したところ、まったく問題なくスムーズに配信できました。

スマホゲームに限らず、PS4やSwitchなどのコンソール機の配信用パソコンとしても活躍しそうです。

クリエイティブ用途の動作検証

GALLERIA XT

続いて動画や写真の編集など、クリエイティブ用途でも快適に使えるかを検証しました。

Premiere Proで動画編集

Premiere Pro

AdobeのPremiere ProでYoutube動画の編集を試したところ、まったく問題なく動かせました。

メモリも16GB搭載されているため、動画編集用パソコンとしても十分活躍します。

After Effectsでがっつり演出を作りこんだり、4K動画の編集も視野に入れているなら、メモリ32GBへの増設を考えてみてください。

4K動画の書き出し

参考までに、4K動画の書き出し時間を計測しました。

検証のために用意したのは、GoPro HERO7 Blackで撮影した4K 60fpsの動画データ。

書き出し条件とかかった時間は以下の通り。

H.264(Youtube 1080p FHD)6:44
H.264(Youtube 2160p 4K UHD)8:09

一般的な薄型ノートパソコンだと書き出しに40分以上かかることもザラなので爆速です。

フルHD動画なら書き出し速度はさらに速くなります。

LightroomでRAW現像

Lightroom

デジカメで撮影したRAWデータの書き出し速度もチェックしてみました。

有効画素数3,635万のニコンD810で撮影したRAWデータ100枚をLightroomで書き出したところ、かかった時間は2分12秒。

プロのフォトグラファーが業務用途で十分使える書き出しの速さです。

主なCPUと結果を比較したグラフはこちら。

CPU別 RAW現像の処理速度
Core i9-9900K
1:55
Core i7-9700K
2:08
Core i7-9700
2:12
Core i7-8700
2:35

RAWデータの書き出しはCPU性能が大きく影響するため、順当なスコアです。

Lightroomの書き出し条件は以下で統一しています。

Lightroomの書き出し条件
画像形式JPEG
画質100
カラースペースsRGB
画像のサイズ未調整(撮影データそのまま)
解像度350
メタデータすべてのメタデータ
(人物情報や撮影場所の情報は削除)

GALLERIA XTレビューまとめ

GALLERIA XT

最後にもう一度GALLERIA XTの特徴をおさらいします。

約14万円で買える高コスパマシン

高画質・高フレームレートで遊べる

ゲーム実況や動画配信も余裕で可能

クリエイティブ用途でも十分活躍

モニターの接続端子が最小限

裏配線ではなくSNS映えしづらい

ケース内部の見栄えにこだわりがなく、使用するモニターも1~2台で問題ないなら、欠点はほとんど見当たりません。

ドスパラの数あるラインナップの中で、No.2に輝いているのも納得です。

フォートナイトやApex Legendsなどを高フレームレートでサクサク動かしたい方、ゲーム実況や配信にも興味がある方は、GALLERIA XTを候補に入れてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。