ニュース

メモリ16GB×1の激安ゲーミングPCが大量に登場!フロンティアのウル寅セール

フロンティアのウル寅セール

フロンティア週替わりセールのラインナップが更新されました。

セール期間:1月7日(金) 15時まで

今回は年末を挟むこともあり、セール期間が2週間と長くなっています。

セール対象モデルもたっぷり用意されているようなので、すぐに売り切れることは(おそらく)ないでしょう。

年末年始でゲーミングPCの購入を検討されている方は、ぜひチェックしてみてください。

セール中のおすすめゲーミングPC

今回の注目商品は以下の通り。

今回の注目商品
  • ゲーミングヘッドセット付属モデル
  • イチオシRyzen 5 5600X搭載モデル
  • シングルチャネルメモリの格安モデル

それぞれ順にご説明します。

いずれも配送料が別途プラスされます。

ゲーミングヘッドセット付属モデル

Core i7 + RTX 3070 Ti

まずはCore i7とRTX 3070 Tiを搭載したハイスペックモデル。

第10世代CPUとはいえ、RTX 3070 Ti搭載モデルがこの価格で買えるのは安いです。

こちらのモデルに加え、一部のハイスペックモデルにはゲーミングヘッドセットがおまけでついてくるとのこと。

ゲーミングヘッドセット

バトロワ系ゲームガチ勢の方が納得できる性能なのかは不明ですが、はじめてゲーミングPCを買う方にとっては便利かもしれません。

本音を言うと、なぜこのハイスペック構成でメモリが16GB×1なのか少々疑問です。

予算にもう少し余裕がある方は、注文時にデュアルチャネルへのカスタマイズをおすすめします。

イチオシRyzen 5 5600X搭載モデル

イチオシRyzen 5 5600X搭載モデル

こちらは毎週セールに登場している筆者のイチオシ構成。

しかしながら5,000円ほど値上がりしています。

値上がりしても他社と比べれば十分安いのですが、買い時を待っていた方は悔しい思いをしているかもしれません。

あくまで筆者の個人的な意見ですが、ミドルスペックのゲーミングPCとしては、性能と価格のバランスがもっとも優れているパーツ構成だと考えています。

バトロワ系ゲームを高フレームレートでサクサク快適にプレイしたいなら、非常におすすめな1台です。

Ryzen 5 5600XとRTX 3060でどれくらいフレームレートを出せるか気になる方は、以下の記事をご覧ください。

Ryzen 5 5600XとRTX 3060のベンチマーク
Ryzen 5 5600XとRTX 3060のベンチマークRyzen 5 5600Xを購入したので、RTX 3060の組み合わせで人気ゲームをどこまで快適にプレイできるのか検証しました。 ...

シングルチャネルメモリの格安モデル

最後にフロンティアが得意とする、シングルチャネルメモリ(16GB×1)の格安モデルをピックアップしました。

RTX 3060
RTX 3060
GTX 1660S
GTX 1660S
GTX 1650
GTX 1650

CPUとGPUだけを見れば、間違いなく業界最安といえますが、いずれもメモリが16GB×1。

容量が同じ16GBでも、8GB×2と16GB×1ではフレームレートに大きな差が出ます。

フォートナイトやVALORANTなどのフレームレートが重要なゲームをプレイするなら、注文時にカスタマイズするか、購入後の増設がおすすめです。

メモリ16GB×1のゲーミングPCを買うときの注意点について動画にまとめているので、よろしければあわせてご覧ください。

届くまで時間がかかることを覚悟

フロンティアGHシリーズ

今週のセールは年末年始を挟むこともあり、筆者が確認した限り、ほとんどのモデルが年明け以降に順次出荷となっているようです。

年末年始の休暇でPCゲームをたくさん遊びたい方も多いと思いますが、フロンティアのセール品に関しては間に合わないと考えたほうが良いでしょう。

また、フロンティアのゲーミングPCはモデルによって送料が異なるため、必ずカートに入れた段階で最終的な金額を確認してください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。