ニュース

第13世代インテルCPU搭載ゲーミングPCのおすすめモデル

第13世代インテルCPU搭載ゲーミングPC

10月20日に販売解禁となったIntel第13世代CPU。

国内BTOメーカーでは最新CPUを搭載したゲーミングPCの販売もスタートしています。

全体的に価格は高めですが、最新モデルが気になっている方はぜひご覧ください。

13世代CPUの主なスペック

Intelが発表した各CPUの主なスペックを整理すると以下の通り。

Intel 13th 主なスペック
CPUCore i9
13900K
Core i7
13700K
Core i5
13600K
コア(P+E)
スレッド
8+16
32
8+8
24
6+8
20
クロック(Pコア)3.0GHz~
5.8GHz
3.4GHz~
5.4GHz
3.5GHz~
5.1GHz
L3キャッシュ36MB30MB24MB
TDP/PBP125W

それぞれ内蔵GPUを搭載しない「F」つきも販売されています。

L3キャッシュが増えているほか、Core i9-13900KはCore i9-12900Kと比べてシングルスレットで15%、マルチスレッドでは41%も性能アップしているとのこと。

当サイトでもCore i7-13700Kを購入済み。

後日レビューを公開予定です。

おすすめの最新ゲーミングPC

国内主要BTOメーカーでは販売解禁前より予約受付を開始。

G-Tuneは最新パーツ搭載モデルの販売がいつもゆっくりで、そのうち登場すると思われます。

HPやLenovoなどの海外メーカーも解禁日から1~2ヵ月経ってから最新モデルを販売するパターンが多く、気長に待った方が良いかもしれません。

ドスパラ

GALLERIA

ゲーミングPC「GALLERIA(ガレリア)」でおなじみのドスパラでは、クリエイター向けなど幅広いラインナップを展開。

主なモデルをピックアップしました。

主なスペック
CPUCore i9-13900KCore i7-13700K
GPURTX 3080RTX 3070
メモリDDR5 32GBDDR5 16GB
ストレージ1TB NVMe SSD Gen41TB NVMe SSD Gen4
電源850W(GOLD)750W(GOLD)
販売価格409,979円~339,980円~

最新CPUにZ790のマザーボードを採用していることもあり、かなり高額です。

CPUクーラーは240mmサイズの簡易水冷タイプ、Gen4対応のM.2 SSDなど、パーツ構成は抜かりありません。

Core i5搭載モデルが気になる方は、そのうち発売されるであろうCore i5-13400を待ったほうがいいと思われます。

また、GALLERIAは納品スピードの速さが大きな強みですが、最新モデルは出荷まで時間がかかるようです。

STORM

STORM

コストパフォーマンスの高さが魅力のSTORMでも、13世代CPU搭載モデルを販売。

記事執筆時点だと、Core i9-13900K搭載モデルは販売していないようです。

主なスペックと価格は以下の通り。

主なスペック
CPUCore i7-13700KCore i5-13600K
GPURTX 3080RTX 3060 Ti
メモリDDR5 16GBDDR4 16GB
ストレージ1TB NVMe SSD Gen4500GB NVMe SSD
電源1200W(GOLD)850W(GOLD)
販売価格358,000円~218,000円~

Core i7-13700K搭載モデルはZ790チップセットにメモリはDDR5-4800、240mmラジエーターの簡易水冷を標準搭載。

Core i5-13600K搭載モデルのマザーボードはB660でメモリもDDR4-3200を採用、ストレージもGen3。

Phanteks製のケースは黒と白、色を選べるのも大きな魅力。

記事執筆時点では納期が「5-6営業日出荷」となっているのも安心です。

TSUKUMO

TSUKUMO

TSUKUMO(ツクモ)でも最新CPU搭載モデルを販売。

主なモデルをピックアップしました。

主なスペック
CPUCore i9-13900KFCore i7-13700KFCore i5-13600KF
GPURTX 3080RTX 3070 TiRTX 3050
メモリDDR4 32GBDDR4 16GBDDR4 16GB
ストレージ1TB NVMe SSD1TB NVMe SSD1TB NVMe SSD
電源850W(GOLD)850W(GOLD)750W(GOLD)
販売価格387,300円~312,750円~216,800円~

いずれもメモリはDDR4-3200、ストレージはGen3を採用。

上位モデルのマザーボードはASUSのTUF GAMING Z690-PLUS WIFI D4を標準搭載している模様。

注文時のカスタマイズで内蔵グラフィックを搭載した無印CPUも選択可能ですが、少し価格が高くなります。

パソコン工房

パソコン工房

ゲーミングPC「LEVEL∞(レベルインフィニティ)」を展開するパソコン工房でも最新モデルの販売がスタート。

主なスペックと価格は以下の通り。

主なスペック
CPUCore i9-13900KFCore i7-13700KF
GPURTX 3080RTX 3070
メモリDDR5 32GBDDR5 16GB
ストレージ1TB NVMe SSD1TB NVMe SSD
電源800W(GOLD)700W(BRONZE)
販売価格419,800円~329,800円~

どちらもマザーボードはZ790チップセットで、メモリはDDR5-4800、360mmラジエーターの簡易水冷を積んでいるのが特徴です。

ストレージはGen3のようですが、実用上なにも問題はありません。

記事執筆時点では出荷予定が「4週間後」となっているため、すぐに欲しい方は注意が必要です。

フロンティア

フロンティア

週替わりセールが人気のフロンティアでも13世代CPU搭載モデルが販売中。

Core i7-13700KF搭載モデルは異様な安さですが、セールのラインナップと仕様、価格は毎週変わるため、参考程度にご覧ください。

主なスペック
CPUCore i7-13700KFCore i5-13600K
GPURTX 3070RTX 3060 Ti
メモリDDR4 32GBDDR4 16GB
ストレージ1TB NVMe SSD1TB NVMe SSD
電源850W(GOLD)650W(BRONZE)
販売価格264,800円~215,800円~

いずれもマザーボードはH670チップセットで、メモリはDDR4-3200を採用。

格安モデルに多いやや古いデザインのケースではなく、中身の見えるスタイリッシュなケースを採用しているのもポイント。

時期によってはゲーミングマウスがおまけでもらえることもあるようです。

最新情報は公式サイトにてご確認ください。

コスパ重視の方は慎重に判断を

GALLERIA XA5R-66XT

円安や世界情勢など、さまざまな影響を受け、PCパーツや周辺機器はじわじわと値上がりしています。

CPUとしての性能は前世代の12世代から着実にアップしているようですが、システム全体のコストパフォーマンスという点で見ると、なかなか厳しい印象です。

コスパ重視でゲーミングPCを選びたい方は、最新CPUにこだわらず、Intelの12世代やRyzen 5000シリーズを選んだほうがいいかもしれません。

何を重視してPCを選ぶかは人それぞれなので、じっくり悩んで判断してください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です