レビュー

FILCOの木製パームレストのレビュー|PCゲーマーにおすすめ

FILCO 漆塗りパームレスト

FILCOのパームレストを購入しました。

思っていた以上に使い心地がよく、仕事で使うときはもちろんFPSゲームで遊ぶときも役立っています。

どういった製品なのか、何がそんなにいいのか、詳しくレビューしました。

天然の木を使用したパームレスト

FILCOパームレスト

今回購入したのはFILCOのパームレストMサイズ。

寸法は360×81×20mmで、数ミリの差はあるもののテンキーレスのREALFORCEにぴったり。

テンキーありのキーボードをお使いなら、横幅440mmのLサイズを買いましょう。

FILCOのパームレストといえば、天然の木を使用しているのが特徴。

REALFORCEと色を合わせたくて漆塗版を購入、価格はAmazonで5,582円でした。

職人がひとつずつ手作業で作っているそうで、同じ模様はないんだとか。

ロゴマーク

真っ黒なのでわかりづらいですが、右上にFILCOのロゴがあります。

タイプしやすい高さ

滑り止めのクッション

滑り止めのクッションが付属していますが、つけなくてもツルツル滑ることはありません。

クッションの有無でパームレストの高さがどう変わるか比較してみました。

クッションあり
クッションあり
クッションなし
クッションなし

REALFORCEはそこそこ高さがあるため、クッションありのほうがタイプしやすいです。

普段使っているキーボードに合わせて判断しましょう。

ちなみに一度クッションを張り付けてしまうと、きれいにはがすのは難しそうです。

スリットで反りを防ぐ

裏面のスリット

FILCOのパームレストは天然の木を使っているため、経年劣化で反ってくることがあるそうです。

裏面にスリットを入れることで反りを極力防いでいます。

どの程度反るのかは、使い込んでみないとわからないですね。

REALFORCEの快適度が大幅UP

REALFORCE TKL SAとパームレスト

実際にREALFORCEと合わせて使ってみました。

ものすごくタイピングが楽になりますし、FPSゲームなどをプレイしてても疲れにくくなりました。

パームレストがないと手首が反るような形になるため、毎日何時間も作業していると腱鞘炎になってしまう人もいるんだとか。

ツルツル滑らかな肌触り

FILCOのパームレストを買うとき、唯一気になっていたのが肌触り。

木製というだけで「なんだかザラザラしてそう・・・」と思っていました。

ところが実際に触ってみると、ものすごく肌触りが滑らか。

しっとりとしたツルツル感があって、肌になじむ感じがとても心地よいです。

ただ人によっては固いと感じることもありそうです。

フカフカした肌触りや、手首が沈み込むような感触が好きな方は木製ではなくウレタン製のパームレストを使いましょう。

ゲーミングノートも相性良し

ゲーミングノートとパームレスト

ゲーミングノートと合わせてみるとどうだろう、と思って実際にやってみました。

15.6型のGALLERIA GCR2060RGF-Eなら、サイズ感もいい感じでした

パームレストの高低差

ゲーミングノートにパームレストを使うなら、クッションはつけないほうがいいかもしれません。

そこそこ厚みがあるゲーミングノートなら、クッションを付けたほうがよいでしょう。

キーボードのアップ

ノートパソコンのタッチパッドを頻繁に使う方で、手首が痛くなりそうな方はパームレストの使用を考えてみてはいかがでしょうか。

パームレストを買うならFILCO

REALFORCE TKL SAとパームレスト

はじめてFILCOのパームレストを買ってみたのですが、人気商品だけあってさすがの使い心地です。

漆塗タイプは通常の木製パームレストより2,000円ほど高額。

でも真っ黒のパームレストは見た目がカッコいいので大満足。

キーボードやマウスなど、ゲーミングデバイスのカラーにこだわっている方には強くおすすめします。

漆塗タイプは黒以外にもカラーバリエーションがあるみたいなので、人とちょっとちがうパームレストを探している方はチェックしてみてください。

長く大切に使い込んで、木の経年変化を楽しんでいきます。

\当サイト限定キャンペーン実施中!/

Amazonギフト券キャンペーン

キャンペーンの詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。