基礎知識

G-TuneのおすすめモデルBEST3

G-Tuneおすすめモデル

このページではマウスコンピューターが手掛けるゲーミングPCブランド、G-Tuneのおすすめモデルについてまとめています。

「有名なメーカーだけどパソコンの性能はどうなの?」

「ほかのメーカーと比べてどんなメリットがあるの?」

と気になっている方は、ぜひご覧ください。

G-Tuneの特徴やメリット

NEXTGEAR-MICRO im610SA3

G-Tuneの特徴やメリットを整理すると以下の通り。

G-Tuneの主なメリット
  • 幅広すぎるラインナップ
  • 裏配線で美しいケース内部
  • 24時間365日の安心サポート
  • 必見のセールやキャンペーン

「基本的なことは知ってるから、おすすめモデルが先に知りたい!」

という方はこちらからご覧ください。

幅広すぎるラインナップ

G-Tuneのラインナップ

G-Tuneのラインナップは、業界内でもトップクラスの幅広さ。

定番のIntel CPUはもちろん、コスパに優れたRyzen搭載モデル、デスクトップにゲーミングノート、さらにエントリークラスからハイエンドまでまったく隙がありません。

「20万円くらいでフォートナイトを最高画質でサクサク動かしたい!」

「10万円前後で買えて、仕事にも使えるゲーミングノートが欲しい!」

など、希望に合ったパソコンがきっと見つかります。

コラボモデルも多数

コラボモデル

有名プロゲーマーとコラボしたモデルや、一部の人気ゲーム推奨モデルも販売しています。

遊びたいゲームが明確な方、好きなプロゲーマーがいる方はぜひチェックしてみてください。

筆者としてはグラビアアイドルの倉持由香さん率いる、G-STAR Gamingのコラボモデルが気になります。

選択肢豊富なカスタマイズ

カスタマイズ画面

豊富なラインナップに加えて、メモリやストレージなどの細かいカスタマイズも可能。

「予算オーバーしそうだから、ストレージを少し減らしたい」

「ゲームがメインだけど、仕事でも使うからOfficeも欲しい」

といった具合で、予算や用途に合わせてパソコンをカスタマイズできます。

「カスタマイズの選択肢が多くて、何を選べばいいかわからない・・・」

という方は、以下のページを参考にしてみてください。

裏配線で美しいケース内部

G-Tuneのデスクトップモデルは裏配線で見た目が美しいです。

ケース内部
左側のケース内部

パソコンを自作した経験のある方ならわかると思いますが、裏配線で組むのはとても面倒くさい。

それでも経験豊富なスタッフさんたちが、1台1台丁寧に配線を整えてくれています。

とくにケース内部を見せたいときは、裏配線にしないと見た目が最悪。

オプションで強化ガラスパネルを選んで、後々メモリやCPUクーラーを光るタイプのものに交換すれば、SNS映えも期待できます。

「ゲーミングパソコンは見た目のカッコよさも重要!」

という方にこそ、G-Tuneはおすすめです。

有名メーカーのパーツを搭載

「G-Tuneはパーツのメーカーを隠している」

という意見がネット上で散見されますが、たしかにグラフィックカードやマザーボードなどのメーカーは公開されていないことが多いです。

しかしながら公開していないというだけで、MSIやASRockといった国内でも定番の有名メーカーのパーツを搭載していることがほとんど。

MSI
MSIのRadeon
ASRock
マザーボード

一般流通しているパーツを搭載していることもあれば、マウスコンピューターが独自に発注したであろうOEM品と思われるパーツもよく見かけます。

聞いたこともないメーカーの低品質パーツが使われていることはまずないので、安心してください。

ゲーミングノートもシンプル

ゲーミングノートもすっきりとしたデザインで、ごちゃごちゃとした印象はありません。

NEXTGEAR-NOTE i7940GA1
NEXTGEAR-NOTE-i5565

ゲーミングパソコンと説明されなければ、少し大きめのノートパソコンとしか思われないでしょう。

Macbookほどのスタイリッシュさは正直ありませんが、老若男女、誰もが使いやすいデザインです。

個性的なデザインを好む方は、値段は高くなるもののDellやHPのゲーミングパソコンを選んだほうがいいかもしれません。

24時間365日の安心サポート

サポートに問い合わせる女性

マウスコンピューター最大の強みともいえるのは、24時間365日対応のアフターサポート。

ゲーミングPCはとくに、仕事や学校から帰ってきて夜間に使用する方が多くなりがち。

お盆やゴールデンウィーク、お正月などの長期休暇をはじめ、深夜や早朝にトラブルが起きたときも、すぐに相談できるのは心強いです。

マウスコンピューターのサポートや保証内容について詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

必見のセールやキャンペーン

マウスコンピューターのセール

マウスコンピューターでは定期的にセールを実施しています。

G-Tuneの人気モデルが数万円単位で安くなっていることもあるので、真っ先にチェックすることを強くおすすめします。

ただし、どのモデルがセールの対象に選ばれるかは運次第。

希望のモデルが安くなっているかどうかは、公式サイトでご確認ください。

他社に負けないコスパ

業界最安値とは言えないことが多いものの、コスパの高さなら有名メーカーに負けません。

人気のミドルスペックで価格を比較してみました。

G-TuneHPDell
モデルEM-BOMEN Obelisk DesktopALIENWARE AURORA
CPUCore i7-9700Core i7-9700KCore i7-9700
GPURTX2060 SUPERRTX2060 SUPERRTX2060 SUPER
メモリ16GB16GB8GB
ストレージ512GB M.2 SSD256GB M.2 SSD
2TB HDD
2TB HDD
販売価格159,800円~176,800円~174,980円~

ストレージ容量などの細かいちがいはあるものの、ほぼ同スペックで比べて最安値はG-Tuneでした。

セールやキャンペーンをうまく活用できれば、さらにお得に買えることもあるので、公式サイトをこまめにチェックすることが大切です。

記載している仕様および価格は記事執筆時点のものです。時期によって変動するものなので、最新情報は必ず各公式サイトをご確認ください。

1円でも安く買うコツ

下取りなどのサービスを活用することで、さらに安く買える場合があります。

少しでも安くゲーミングPCを買いたい方は、以下の記事で安く買うためのコツを解説しているので、ぜひご覧ください。

おすすめデスクトップPC

G-Tune HP-A

G-Tuneの数あるラインナップから、エントリークラス、ミドル、ハイエンドと分けて、おすすめモデルBEST3を選びました。

まずはデスクトップPCからご紹介します。

パソコンの仕様や価格は時期によって変動するので、最新情報は公式サイトをご覧ください。

G-Tune PM-A

G-Tune PM-A

まずは10万円前後で買えるエントリークラスのPM-Aをご紹介します。

主なスペックは以下の通り。

主なスペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPURyzen5 3600
GPUGeForce GTX1650 SUPER
メモリ8GB
ストレージ256GB NVMe SSD
販売価格81,800円~

ゲームによってはグラフィック設定の調整が必須で、メモリとストレージも最低限の容量しか搭載されていません。

はじめてゲーミングPCを買う方、気軽にパソコンゲームを遊んでみたい方におすすめです。

G-Tune EM-Z

G-Tune EM-Z

ミドルクラスのおすすめモデルは、RTX2060 SUPERを搭載したEM-Z。

主なスペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-9700
GPUGeForce RTX2060 SUPER
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
販売価格169,800円~

ほとんどのゲームを高画質でサクサク動かせるほか、リアルタイムレイトレーシングやDLSSといった最新技術にも対応。

VRゲームに興味がある方も、余裕のあるスペックで楽しめます。

G-Tune HP-A

G-Tune HP-A

ハイエンドクラスはRTX2070 SUPERを搭載したHP-Aをピックアップしました。

主なスペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPURyzen9 3950X
GPUGeForce RTX2070 SUPER
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
販売価格269,800円~

FPSゲームを高フレームレートで動かしたい方、モンハンワールドやSEKIROなどのアクションゲームを4Kモニターで遊びたい方におすすめです。

一部スペックが変更になっていますが、HP-Aは実機をお借りして詳しくレビューしたので、気になる方はあわせてご覧ください。

実機レビューはこちら

おすすめゲーミングノート

G-Tune P5

続いてゲーミングノートからおすすめモデルBEST3を選びました。

拡張性や冷却性能ではデスクトップに敵いませんが、ゲーミングノートは持ち運べるのが最大の魅力。

電源さえあればいつでもどこでもパソコンゲームを楽しめます。

G-Tune P3

G-Tune P3

もっとも持ち運びに適しているモデルとして、P3をご紹介します。

13.3型で約1.7kgという、ゲーミングノートとは思えないコンパクトさを実現した人気モデルです。

主なスペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-8709G
GPURadeon RX Vega M GH
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
販売価格179,800円~

小型かつ特殊なCPUを搭載していることもあり、価格は少々高め。

「ノートPCでゲームがしたいけど、大きくて重たいのは嫌だ!」

という方におすすめです。

実機レビューはこちら

G-Tune P5

G-Tune P5

価格と性能のバランスに優れているのは、15.6型でGTX1650を搭載したP5。

主なスペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-9750H
GPUGeForce GTX1650
メモリ8GB
ストレージ256GB NVMe SSD
販売価格119,800円~

メモリやストレージが最小限の容量で、モニターのリフレッシュレートも60Hzのため、カジュアルにゲームを楽しみたい方におすすめのモデルです。

カスタマイズでOfficeを搭載すれば、テレワークや各種事務用途でも大活躍します。

実機レビューはこちら

G-Tune H5

G-Tune H5

Apex Legendsやフォートナイトなどをガチガチにやりこみたい方には、240Hzモニターを搭載したハイエンドモデルのH5がおすすめ。

主なスペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-9750H
GPUGeForce RTX2070
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
1TB HDD
販売価格219,800円~

ゲーム実況や動画配信はもちろん、写真や動画の編集も楽々こなせるハイスペックマシンです。

機材に妥協したくない方、FPSゲームのランクマッチで負けたくない方は候補に入れてみてください。

ゲーミングPCならG-Tune

G-Tune EN-A

G-Tuneはラインナップが豊富すぎるがゆえに、どれを選べばいいか迷ってしまいがち。

まずはおおまかに予算と用途を決めて、条件に合うモデルを絞り込んでいけば大きな失敗を防げます。

コラボモデルから探してみたり、見た目のデザインから選んでみるのもひとつです。

希望にぴったりのモデルがきっと見つかるので、ぜひじっくり検討してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。