基礎知識

DellとHPの特徴や価格差を徹底比較

DellとHPの比較

ゲーミングパソコンは高い買い物ですから、失敗はしたくないですよね。

とくに人気メーカーのパソコンとなると迷ってしまうのも無理はありません。

そこで今回は世界的に高いシェアを誇るDellとHPが販売するゲーミングパソコンの特徴を比較しました。

ALIENWAREやOMENが気になっている方は、ぜひご覧ください。

会社概要など基本情報の比較

パソコン作業中の男性

具体的なパソコンのスペックなどの説明に入る前に、まずは両社の基本的な情報から見ていきましょう。

DellとHPの会社概要

両社の会社概要を比較しました。

日本法人の概要
DellHP
正式社名デル株式会社日本ヒューレット・パッカード株式会社
資本金3億500円100億円
設立1989年6月1999年7月
売上高非公開非公開
従業員数約1,800名約3,000名
本社神奈川県川崎市東京都江東区

設立はDellのほうが早いものの、資本金や従業員数で見るとHPの大企業ぶりが際立ちます。

世界規模の従業員数になるとDellは約14万人、HP(Hewlett Packard Enterprise)は25万人。

どちらもとんでもない大企業です。

記載している情報はいずれも記事執筆時点のものです。最新情報は各社の公式サイトなどでご確認ください。

両社のシェア比較

Dell Gaming

HPもDellも非常に高いシェアを占めるPCメーカーですが、記事執筆時点では国内シェア、世界シェアともにHPがDellをわずかに上回っています。

Canalysが発表した2019年Q3の世界PCシェアランキングは以下の通り。

世界PCシェアランキング(2019年Q3)
  1. Lenovo(24.4%)
  2. HP(23.6%)
  3. Dell(17.0%)

国内シェアについては2019年第1四半期(1月〜3月)の出荷台数ランキングがIDC Japanから発表されました。

国内PCシェアランキング(2019年Q1)
  1. Lenovo・NEC・富士通グループ(37.3%)
  2. HP(18.7%)
  3. Dell(15.6%)

LenovoはIBMやNECのPC事業を買収、2018年に富士通のPC事業も傘下に収め、世界のみならず国内でも大きなシェアを誇ります。

2019年の年間1位に輝くのは果たしてどのメーカーなのでしょうか。

全国の販売店舗数

Dellの直営店は東京秋葉原の「ALIENWARE STORE AKIBA」です。

場所は「秋葉原駅」の電気街口を出てすぐ。

洗練された店内レイアウトで、Dellのすべての商品を触ってみることができます。

専門店はこの1箇所のみですが、Dellは専門スタッフによる説明を受けらる「リアルサイト」という店舗を、全国の約30の家電量販店の中で展開しています。

一方、HPには直営店などの専門店がありません。

専任スタッフが最適な製品をアドバイスしてくれるDellのリアルサイトに相当するお店は、全国20店舗ほどの有名家電量販店の中にあります。

店舗一覧はこちらからご覧ください。

プロモーションのちがい

HPはかつて東京都内のJR駅の化粧室の鏡に同社製のミニノートパソコンのモチーフをあしらった装飾を施したり、AKBを採用したCMで話題を呼んだりもしました。

現在はプロゴルファーの有村智恵さんをスポンサードし、ゴルフレッスンなどの紹介などを通じてプロモーションを行っています。

女優の榮倉奈々さんが出演するムービーも人気です。

Dellはタレントを起用するプロモーションではなく、クーポンキャンペーンなどを利用したデル祭りなどのプロモーションを行うのが特徴。

最近は「あなたを夢中にさせるデルシネマ」としてノートPCの機能性の高さをアピールするCMが流れました。

Dellについては型落ちのセール品に関するDMを頻繁に送ってくる印象も強いです。

ゲーミングブランドのちがい

OMENデスクトップ

両社ともゲーミングPCは2つのブランドを展開。

いずれも同じようなスペックで比較すると大きな価格差はないため、見た目の好みで選ぶのが正解かもしれません。

それぞれの特徴や主なラインアップをピックアップしてご紹介します。

記載している仕様及び価格は記事執筆時点のものです。最新価格は各公式サイトをご確認ください。

ALIENWAREとDell Gaming

Dellのゲーミングブランドといえば、言わずと知れた「ALIENWARE」ですね。

ALIENWARE
ALIENWARE
Dell Gaming
Dell Gaming

ALIENWAREは個性的なデザインで機能も価格もハイエンドクラス。

NEW ALIENWARE AURORAゲーミング デスクトップの価格を調べてみました。

NEW ALIENWARE AURORA(デスクトップ)の主なラインアップ
CPUGPUメモリストレージ価格(税別)
Core i7-9700GTX1660 Ti8GB2TB HDD153,980円~
Core i7-9700RTX2060 SUPER8GB2TB HDD166,980円~
Core i7-9700KRTX2080 SUPER8GB2TB HDD248,980円~

「そんなに高くなさそう」と思う方もいそうですが、標準仕様はメモリ8GBでストレージがHDDのみという点に注意。

構成を変えていくと、じわじわ価格が上がっていきます。

Dell Gamingは比較的落ち着いたデザインで、手の届きやすい価格帯が多め。

ゲーミングノートのDell G3 15で、主なスペックと価格をまとめました。

Dell G3 15(ノート)の主なラインアップ
CPUGPUメモリストレージ価格(税別)
Core i5-9300HGTX10508GB512GB M.2 NVMe SSD104,980円~
Core i7-9750HGTX165016GB256GB M.2 NVMe SSD
1TB HDD
129,980円~
Core i7-9750HGTX1660 Ti16GB256GB M.2 NVMe SSD
1TB HDD
151,980円~

ゲーミングノートのディスプレイサイズは15インチと17インチの2種類。

据え置きで使うなら大画面の17インチがおすすめです。

最新ラインアップはこちら

OMENとPavilion

一方HPでは以下の2ブランドを展開。

OMENはALIENWAREに負けず劣らずのとがったデザインが多く、スペックと価格は高めに設定されています。

デスクトップの主なスペック及び価格は以下の通り。

OMEN(デスクトップ)の主なラインアップ
CPUGPUメモリストレージ価格(税別)
Core i7-9700GTX1660 Ti16GB256GB M.2 NVMe SSD
2TB HDD
168,000円~
Core i7-9700KRTX2060 SUPER16GB256GB M.2 NVMe SSD
2TB HDD
208,000円~
Core i7-9700KRTX2080 SUPER32GB512GB M.2 NVMe SSD
3TB HDD
288,000円~

価格だけを見るとALIENWAREより高めですが、メモリやストレージを同スペックにすると似たような値段になります。

Pavilionはデスクトップ、ノートいずれも7万円台から購入可能で、コスパの高いモデルが多いです。

ただし、最安モデルで最新ゲームを高画質かつサクサク動かすのは少々厳しそうです。

Pavilion(ノート)の主なラインアップ
CPUGPUメモリストレージ価格(税別)
Ryzen5 3550HGTX10508GB1TB HDD77,200円~
Core i7-9750HGTX16508GB256GB M.2 NVMe SSD129,800円~
Core i7-9750HGTX1660 Ti
with Max-Q
16GB256GB M.2 NVMe SSD
1TB HDD
169,800円~

グラフィックカードの「Max-Q」とはノートパソコン用に性能を少し落としたモデルのこと。

最高画質にこだわらず、カジュアルにゲームを楽しみたいならPavilion。

Apex Legendsやフォートナイトなどのバトルロイヤルゲームや、重量級ゲームも最高画質でサクサクプレイしたいならOMENがおすすめです。

最新ラインアップはこちら

同スペック価格比較

パソコンの口コミを調べる男性

両社のゲーミングブランドや価格帯をご紹介したところで、ほぼ同スペックで比較するとどっちが安いのか、以下4パターンに分けてガチンコ比較してみました。

価格比較ポイント
  1. デスクトップ(ミドルクラス)
  2. デスクトップ(エントリークラス)
  3. ノート(ミドルクラス)
  4. ノート(エントリークラス)

記載している価格は記事執筆時点のもので、パソコンの仕様および価格は時期によって変動するものなので、あくまで参考程度にお考え下さい。

デスクトップ(ミドルクラス)

まずはフルHDモニターでFPSゲームを最高画質かつ高フレームレートで動かせる、デスクトップのミドルクラスで比較しました。

デスクトップ(ミドルクラス)の価格比較
DellHP
モデルNEW ALIENWARE AURORAOMEN by HP Obelisk
875-1096jp
CPUCore i7-9700K
GPURTX2070 SUPER
メモリ16GB
ストレージ512GB M.2 NVMe SSD
2TB HDD
価格218,480円~258,000円~

ケースや電源、搭載されているCPUクーラーなど、さまざまなちがいも考慮すべきではありますが、Dellのほうが約4万円も安かったです。

デスクトップ(エントリークラス)

続いてデスクトップのエントリークラス。

MMORPGやアクションゲームなど、幅広いゲームを適度な画質で遊びたい方におすすめ。

デスクトップ(エントリークラス)の価格比較
DellHP
モデルNew Dell G5HP Pavilion Gaming Desktop 690-0051jp
CPUCore i5-9400
GPUGTX1650
メモリ8GB
ストレージ256GB M.2 NVMe SSD
2TB HDD
256GB M.2 NVMe SSD
1TB HDD
価格101,180円~133,100円~

ストレージ容量をまったく同じ条件にできなかったものの、それでもDellが安くなりました。

今回調べた限りでは、デスクトップならDellのほうが若干安いようです。

ノート(ミドルクラス)

続いてゲーミングノートの価格を調べました。

持ち運びも可能な15インチのミドルクラスです。

ノート(ミドルクラス)の価格比較
DellHP
モデルNEW ALIENWARE M15OMEN by HP 15-dh0000
CPUCore i7-9750H
GPURTX2060
メモリ16GB
ストレージ512GB M.2 NVMe SSD512GB M.2 NVMe SSD
1TB HDD
価格209,480円~204,800円~

HDDが1TB多いにもかかわらず、HPのほうがわずかに安くなりました。

ノート(エントリークラス)

最後に最安価格帯で比較してみました。

ノート(エントリークラス)の価格比較
DellHP
モデルDell G3 15HP Pavilion Gaming 15-dk0000
CPUCore i5-9300H
GPUGTX1050
メモリ8GB
ストレージ512GB M.2 NVMe SSD1TB HDD
Optane メモリー 16GB
価格104,980円~109,800円~

エントリークラスではDellに軍配が上がりました。

デスクトップでは数万円単位の差があったものの、ゲーミングノートの価格差は数千円程度。

なかなか悩ましい選択になりそうです。

購入時にチェックすべきポイント

パソコンの購入を悩む女性

ゲーミングパソコンを選ぶとき、どうしても価格やスペック、デザインに注目しがち。

いずれも重要なポイントですが、ほかにも気を付けるべき点をご紹介します。

主なポイントは以下の通り。

要チェックポイント
  1. 少しでも安く買うコツ
  2. アフターサポート
  3. 納品にかかる日数

順にご紹介します。

少しでも安く買うコツ

ゲーミングパソコンはエントリークラスでも約10万円しますし、スペックを求めていくとあっという間に数十万円が消えます。

だからこそ安く買うためのコツを知っておきましょう。

セール情報をチェック

ゲーミングパソコンを買うときに真っ先にチェックすべきは、各メーカーのセール情報。

時期によって差はあるものの、DellやHPでも頻繁にセールやキャンペーンを実施しています。

Dellではクーポン適用で対象モデルの価格が5%OFFになったり、ストレージの容量をアップグレードできたり。

HPでは対象モデルが最大40%OFFになるなど、かなり大胆な値引きが実施されます。

いずれも時期や対象モデルが限られているため、希望のパソコンが安くなっているかは運次第です。

セールの対象モデルや各種クーポン、キャンペーンの内容は時期によって異なります。最新情報は各メーカーの公式サイトをご確認ください。

Amazonや楽天もチェック

両社とも公式サイトでパソコンを注文できますが、Amazonや楽天市場でも買えることは知っていますか?

メモリやストレージなど、構成をカスタマイズしたい方は公式サイトでの注文をおすすめしますが、楽天ポイントをためている方には楽天での購入がおすすめ。

Dellは楽天市場に公式ショップがなく、ソフマップやビックカメラなどの量販店が一部モデルを販売しています。

HPのDirectplus楽天市場店はポイントアップキャンペーンなどを開催していることも多く、タイミングが良ければかなりお得に購入可能。

楽天市場を頻繁に利用している方は、ぜひチェックしてみてください。

支払方法をチェック

メーカーによって選べる支払い方法も異なります。

支払方法の比較
DellHP
支払方法クレジットカード
デビットカード
分割払い
銀行振込(前払い)
コンビニ決済
クレジットカード
分割払い
銀行振込(前払い)
代金引換

HPは代引きに対応していますが、パソコンの金額によって手数料が変わること、一部モデル(OMEN X byHP 900シリーズ)は未対応なので要注意。

Dellはコンビニ決済に対応していますが、こちらも代金30万円未満まで。

ゲーミングパソコンは安くても10万円前後の出費になりますから、ポイントの付くクレジットカード払いがおすすめ。

まとまった出費が痛い方は分割払いを検討しましょう。

アフターサポート

続いてアフターサポートについて。

両社とも購入から1年間は無料で標準保証がついて、使用環境に合わせて有料のオプションに加入すると安心感がアップ。

「無料で利用できるサポート」という点で見ると、HPのほうが充実しているといえそうです。

アフターサポートの比較
DellHP
標準保証引き取り/訪問修理
アクシデンタルダメージサービス
Webサービス「カスタマーサポート」
HP サポートアシスタント
LINEサポート
Twitterサポート
チャットサポート
Café de OMEN(OMEN専用のサポート)
引き取りサービス
クイックエクスチェンジサービス
PC無料セキュリティ診断サービス など
有料オプションPremium Support
Premium Support Plus
クライアント設置サービス など
HP Care Packサービス
なんでも相談サービス
どこでも訪問サービス
マルウェア・セキュリティ対策 など

Dellの標準保証は極めて基本的な内容のみで、有料のPremium Supportに加入すると24時間365日のサポートを受けられます。

Premium Support Plusに加入すると、落下や液体こぼれなどによる損傷も修理してもらえるなど、サポート内容がさらに充実。

HPは無料で利用できるサポートが多く、チャットをはじめLINETwitterにも対応。

24時間365日対応ではないものの、何かあったときにすぐ問い合わせられます。

OMEN専用のサポートもあるため、アフターサポートを重視するなら値段が少し高くてもPavilionよりOMENを選んだほうが安心です。

納品にかかる日数

「すぐにでもゲーミングパソコンが欲しい!」という方こそ、とくに注意すべきポイントが納品までの日数。

ビックカメラなどの量販店で買って帰るなら問題ありませんが、ネット注文は届くまで時間がかかります。

両社の公式サイトから注文した場合の通常納期は以下の通り。

納品日数の比較
DellHP
通常納期通常約2週間(営業日)最短5営業日
即納対応一部モデルのみ

いずれも営業日でのカウントとなるため、土日祝日はもちろん年末年始などもカウントから外れます。

HPも「最短」で5営業日なので、少なくとも1週間ほどかかると考えたほうがよいでしょう。

Dellには一部即納モデルがあり、平日午前中に決済が完了すれば最短で翌日に届きます。

即納に対応したモデルは限定的なので、希望に合うモデルがあればラッキーです。

納品日はお住まいの地域や時期によっても変わるため、正式な納期は各メーカーへ確認が必要です。

HPとDellの特徴比較まとめ

パソコンゲームで遊ぶ女性

今回はHPとDellのゲーミングパソコンの特徴を比較しました。

いずれも独創的なデザインで、唯一無二の存在感を放つモデルを数多く販売。

価格だけで比較するとDellのほうが安くなるモデルは多かったものの、アフターサポートの充実ぶりではHPに分があります。

フロンティアやドスパラ、パソコン工房と比較すると価格は少し高めですが、「ほかとはちがうゲーミングパソコンが欲しい!」という方におすすめ。

公式サイトに限らず、Amazonや楽天市場なども探してみると、よりお得に買えるかもしれません。

気になっているモデルがあるなら、各社のキャンペーンやセール情報をこまめにチェックして、安くなったタイミングを逃さないようにしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。